スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

今日もあとわずか

 2007-11-30
今日はSCISSORを聴くさ。

切っちゃえ!
スポンサーサイト

西九条BRAND NEWに行ってきました。

 2007-11-29


Kathakaliが楽しかった。思わず音源を買ってしまいました。
あの、声が、漾さん…。


n'DooLは相変わらず。トリでしたよ。ええ。


いろいろあって、死んじゃった(゚∀゚)



あしたもブランニューです。


明日はなんだかすごいことになっとるらし。楽しみだ。ふふふ。


某暗黒バンドの主催と被ったのだけが悔やまれる。

よし、寝る。

fool or wise

 2007-11-26
地を這う蟻の様に
惨たらしく群がるのは
依存に成れ果てた所為でしょう?
君は今 静かに、静かに
甘美な嘘に夢を見る




そこまで、そこまでリアルに私の心情を描写してくれなくていい!
だらだらショック抜けきらない砂糖ヲタはみんな聴くといいよ。ははは。





ええと、最近聞きすぎてよくわかんないことになってるのがこれ。

Thy soul, be deautiful.


Thy soul, be Beautiful/Ruvie




唄に、曲に、ブレがない。迷いがない。

一貫して透明感があって美しい。浄化されていく。これ以上の色付きをあきらめた淡い世界。

白でもなく黒でもない透明。なんかこれ、綺麗で、壮大で、作品として、いいねぇ。


作曲センスが大変好み。一樹曲って、プラで言うところの正曲みたいな。
なんかどこかほの温かい感じが好きだなぁ。底抜けの明るさじゃなくってほんのりした感じが。
実際舞台にはどこにも温度がないと思ったんだけど。あれ?


Type-Bの4曲目、「星天、狂騒。」の情感に脱帽です。これ絶対ナマで聴きたい。



なんでか知らないけど1stミニアルバムを発売したちょっと後くらいに買っているので聞き比べよーいドン。
その頃は地方にいたのでライブに行こうとかそういう発想はなかったのだけど、妙に感慨深いものがあります。
この音源はこれとこれとこれが余計!ってのが全部昇華されてるんだもん。
迷いがなくなったというか、変なしょっぱさがなくなったというか。

あ、でも最初から見た目と埋もれてる中身が釣り合ってなかったとは思う。



とにかくここまで好きになれるのもこれ幸いということでこれからもぼちぼち見に行こうかな。
まだ色々不可解だし。


砂糖もスイアリも相当不可解なんだけどね。

どうやらよくわからないバンドが好きらしい。

気は晴れる間もなくさらなる霧の中へ

 2007-11-25

微☆少女戦士は バンギャル脳が低迷しているようだ。


かれこれ2週間以上おとなしくしています。ありえなああああああい。

最後に見たのはRuvieですね。ああそうさ、あれからずっと音源ヘビロテで機能してない私の脳。

己のmixiミュージックみてうわぁってなった。うわぁ。

CD棚の奥からPV付きのなんか青い2枚の人魚のあれを久しぶりに引っ張りだしたりしてもさもさやってます。

すごいボーカリストだ。と思う。ほんとに。トータルにバンドとしてよりも歌が大いに優るくらい。あーそのへんが問題なのか。





さて。







そんな駄目な子、さくやはお友達に誘われ現実逃避の逃避の逃避をしてきました。





ここに。


非日常には、非日常を以て臨まねばなりませんわ!

と、いうことで大好きなイノセントワールドのお洋服を引っ張り出しいざ、いざあああああああ


「おかえりなさいませお嬢様。こちらには初めてのお帰りですか?」

日本語になってにゃああああああああああああ

「は…はい。」 ←ビビリ

クリームが言えない挙動不審の執事に翻弄された2時間でした(はぁと

なんだかすごいチェキをとりました。

なんだかすごいお茶とケーキが美味しかったです。

 

ケーキ食べかけでごめん。
食べかけでごめん。

 



なんだかすごい笑いました。

すごいね、うん。すごい。


へたれイケメンが織りなす笑い放題非日常疑似的空間なとこがV系との共通項かしら、とか。

無意味で素敵な壮大は大歓迎ですの。



 

ほら、ちょっぴりライブの後のような充足感。はっははは。


 

さくやの輝かしい(黒)歴史の1頁がこうしてまた更新されたのであった。

 

 

むやみに楽しかったから一緒にいこーぜバンギャル。

購買にまたたくよる

 2007-11-23
またたくよる


学校の購買に置いてある意味がわかりません!

紹介のポップまでご丁寧に書かれている意味がまったくわかりません!


「店内には、インザーギ似のお兄さんが働いています☆」













ど れ だ。




ってなわけで、


買っちゃった。えへ。

メガマソのまたたくよる




涼平氏の表現したいことがそのままそっくり表現できるボーカリストは、たぶんこの世にいないのだろうね。
歌詞もリフもメロディーも難解で、違和感である、というところが魅力なので。
つねに「ん?」ってなにかひっかかるとこがね。
だからまず解釈できて情感込めれる人がいないんじゃないのかと。
何を歌っても他人の歌歌ってる的な。
そのへんはアヤビエと大差ない。

よってどのボーカリストも表現者じゃなくて純正楽器になってしまう。
ボーカリスト殺しともいえる有り余る魅力に脱帽です。
ギムナジウムのぶっ飛び具合とかすごい。

トータルにバンドとして見たことがないのでメガマソについてはなんとも言えないんだけど、ただ涼平がすごいね、って。


完全にねじ曲がった異世界で、最後にギ様曲で現実世界に引き戻されてほっとする感じ。
すごく凡庸な曲だからいいな。





ねなしぐさ

 2007-11-21
思ったことを文字にする作業が案外難しいなって。


楽しいことを理由を添えて楽しいって書いても、所詮その人の一過性の感性なのでなんで楽しいのか後でわかんないのね。
書いた張本人のはずなのに。

後から見返してああこうだったな、って思いたい派だからなるべく正確に、おもしろおかしく表したい。


当時手放しにこの音源は素晴らしい!と語ってみせても結局、事細かに文字にしとかないと人の感覚なんて変わっちゃうから後から聴いてありゃ?ってなる。
素晴らしさが理解できる視点を忘れる。


思春期の痛々しい感性でよかれと思ったことがあとからアホみたいに見える時だってあるでしょ?それはなんでそれがいいかを客観的に考えなかったご自分の壮大な陶酔に似た怠惰に罪があり。

感性を殺すのは、自分。まちがっても他人とか環境のせいではない。


なんだかよくわかんない感動にほだされてもそれは一瞬かも。
一瞬を捕まえて剥製か数式にしてしまえばそれ、素敵ねって話で。


だから形にする。何か文字にしたり形にするってことはつまり社会だったり客観性を伴うので、例え自分一人の楽しみで自己満足でいいや!でも必ずそこに他人の目線がないと成り立たない矛盾。


なので、なので、これが楽しかったの!悲しかったの!って書いて一人語り自分語りのつもりで最終的にここあたしの日記だしで終わるのはちょっとヘンな感じだ。
確かに、確かに自分のためにやってるのに違和感。
喉に刺さった魚の小骨のような違和感。

それを隠すために自己満足でやってますという予防線を張る。ふふふ。



だからー、


これは、私のためだけにしているの!


って文字とか言葉にして主張する時点で既に私のためだけではない。
「私のためだけにしている」ということを「伝達している」
おかしいっすね。

そこんとこ無視するならバンギャのいないV盤のライブみたいなもんだよ。
バンギャをたいせつに!



思想の自由と言論の自由は自由の中身がちがう。
自分の思ったことには責任もたなくてもいいがほれ、言ったことには責任取らなきゃ。
それは崇高な自己満足の一部分だけど。



大事なのは他の人の目を使いながら、いかに陶酔するかですよ。
自分の為だけに生きないで。でも自分のために生きて。





さー絶妙で絶悪なバランス感覚に生きよう。


ブログもライブも人生もそんなもん!!

砂糖狂想

 2007-11-19
すごく、好きになり易くて、同じくらい飽きるのも早い。

それでいいよね。一時の楽しさ追いかけ回して、飽きたらまた別の餌が転がってくるから。
私の人生は壮大なネタ。
その時楽しかったのはほんとだよ。嘘じゃないよ。忘れないよ。さようなら。


退屈知らずで、ねちこく執着してじくじく湿ることもなく、さっぱり。
見苦しい自分も見なくて済むからお高くとまっていることだって可能さ。



それが今、どうにもこうにもさっぱりしない。


問題。大問題。
謎の逃避を重ねながら砂糖の一挙一動が大問題。


29だけ行ってこれでよかったのかもなって思ったりー?
ライブに行ったらライブしか見たくないからさ。

うじうじ悩んで中身が楽しめないバカはしたくない。それなら行かない方がいい。

さくやはお馬鹿さんなので、今Sugar見たらライブ以外のこと考えちゃう。だから行かない。
ま、なりふり構わず行くのもアリです。そういう愛もあります。
そう、これは愛。痛くて重苦しい愛。


へはは。相当湿っている。






さくやはねぇ、Lokiファンです。全力でLokiさんを愛しています。
でもそれはSugarがないと成り立たないの。

今あるSugarが崩れたら変質するもんだろうか。無傷じゃないとは思う。






ファンの心なんて、ファンの気持ちなんて無視するべきだ。表面上は。




全然気にしてないように見えて、自分達の好きなことだけしてるように見えて、でもこっそり顔色伺ってくれてるようなとこがまた良かったの。ね?

そのこっそり様子見る人がいなくなったら本当に全てを顧みないバンドになるんだろうな。
傷心覚悟はいいか。
駄目ならまた何か楽しいこと探せる?これ以上がある?








ああ、Sugarが見たい。

バンギャルを下らぬ

 2007-11-18
バンギャルを下らぬ    

詞:微☆少女戦士さくや


ポップスとは無縁のギャ 突き動かす
「ヘドバン」
始まりはね意外なほど顔ファンなものさ

感じるのは無謀な夢 つながりたい。
「狙いギャ」
ぼやき常駐な私ですが 少しお付き合いあれ


二番煎じな見た目やパクリ盤の大安売り
見飽きた光景 叩きたいだけな君はソコにいれば?

パンピそっくりにしたいの?おねえかぶれなあなた
少しはバンギャのバンギャたる所以を考え直したら?

声の届かぬ 狭いハコだからこそ あなたの思いは変わらぬだろうか?
光の届かぬ こんな世界で 間違いなのは バンギャだろうか?








砂糖ウエストワンマン前後あたりに書いたので上げそこねてた。
元ネタは彩冷えるの「音楽を下らぬ」でーす


すごい無理矢理だけど許せ。





なんか色々いじるんだけどブログの使い方がまだよくわかってません。
ブログの使い方がわからないのにサイト作りたい。しょぼいサイト作りたい。
いつか作るよいつか。



とかいってみる。
るるるる。

君は、新手のスタンド使いだね?~るびえ呆記~

 2007-11-16
AUTUMN TOUR 2007「FREE STREET RUSH」


OSAKA MUSE

2007/11/07(wed)
O/17:00 S/17:30(20分に変更)
ADV¥3,000

出演 176BIZ/Ruvie/bis/バイオレット/Envus/n'DooL(O.A)/シンディケイト(O.A)



どうしても、どうしてももう一度Ruvieに会いたくて大阪までダーッシュ。
今ひとつ食指の伸びない対盤に救世主n'DooL。

すごいよね、神だもんね。ゲブ神と関係なくても神だもんね!!






・n'DooL
幕が開いた瞬間に客が爆笑してるよ。

オープニングアクトとかアウェーにとにかく強い。
見た目で笑いがとれるってのが強いよね。インパクト勝負なら今誰にも負けない気がするんだが。
あまりのボリュームにMUSEが狭い。

「魔界へようこそ!」
ぱんちょすの語り短かった。しょぼん。
ぱんちょす、頭のひらひらを気にしていた。

こうめいの声がねぇいいよねーぇ。よく伸びるし。ビジュアル系の声じゃないんだけど。いいんだよとにかく!
main dish始まりでうはうは。やっぱりミザリーの動きが楽しい。
めいっぱいバカが出来るバンドって素敵だと思う。
あー、楽しかった。笑った。


main dish
~MC~
new world
DESTINY PARADISE


アー写のCセットさ、こうめいさ、ジョジョ立ち。
なんかいつのまにかアー写が2セットもある。あれー。







・シンディケイト
アンケ書いてうだうだして途中入場。
スパンコールきらきら。でなんか気だるい雰囲気のバンド。

「俺としてはそこ(逆ダイゾーンの後ろがぽっかり)のドーナツ化現象どうにかしたいんだけどね。ドーナツ化現象なってるでしょ?じゃあいまから、だるまさんが転んだしよっか?新しいだろ。やるぞ。だあるまさんがあああああ(略)

「最後の曲はフィッシュファイトっていうんですけどー」
大人数で歌って踊るあれかとおもったらちがった。(歳がバレる

変なぬいぐるみつけた釣り竿を持ち出し、麦わら帽子被り出すボーカル。
わたしにはカヲルに見える。
カヲルがバンギャにむかって竿振り下ろしてた。ってそれはそれであり得るな。


バンギャを…釣ってる
(使徒を…喰ってる。的ニュアンスでお願いします。)


最終的に「やったぜ俺様いっとうしょーう♪」ってでかいクマノミのぬいぐるみ振ってた。
前の客が笑い崩れていった。

私も笑い崩れた。


後でチラシみたら「カッコイイだけじゃ物足りない!!!」って書いてあった。
着眼点は間違ってないよ。V系はカッコイイだけじゃ嫌だ。確かに。うん。





・Envus
裏声が綺麗。真ん中の人メイクがまずいと思われ。
衣装がキューティーフラッシュなのか?
下手の女形がかわゆす。アゴが細くておめめぱっちり。
頭の盛り方はひざきっぽいのにつつましい。ひざきなのに動きがつつましい。





・bis
つかさ…可愛かったのに。ううう。
完璧に中身がビジュアル系なのにノリがよくわかんないことになっててまじでよくわからん。
文化祭クオリティの青春ロックとかヒップホップを混ぜて衣装とか見た目も軽くてでもV系でだめそれいやー。

赤・裸・々かなんかやったかな。反逆テキスト聞きたかった。あー


物販に「これがウワサの渋谷~新宿~池袋」
…。



・バイオレット
別にどこも紫じゃない。
真ん中ってがーねっと(ふくい)のひと?
さくやはガイズとかベルベットとかこういうのまったく区別がつかないようだ!







・Ruvie
また遊びにきたよ。
久々にぐいぐい引っ張られるバンドに出会ってとにかく感動してなにがなんだかわかんない。

とにかく手鞠がきちがい。とってもきちがいだと思う。
ステージに生活感がない。人がいない。温度がない。
歌の世界だけが本当で、全てが歌の上にしか存在しない。温度も、時間も、情感も、歌詞という台詞の上にしかない。
台詞が本当で、それ以外がない。
完璧だ。
ステージ降りたらとか幕が落ちたらとかそんなレベルじゃないの。

MCも普通のこと言ってるのにセリフじみてんだよなぁ。おかしいな。

そんな非日常具合だからこそノリに行くと浮いちゃって、名前を呼ぶのも変だし咲くのも頭振るのも手振りもなんかおかしいけどどうにもできないっていう。
ノって楽しいお手軽簡単なバンドではない。むしろとっつきにくいくらい。
だけどねぇ、目の前で展開する叙情性というかひっじょーに壮大で繊細な雰囲気が秀逸。
自分から乗りに行くんじゃなくってじわじわ勝手にさらわれていくの。


強いて言えば衣装の統一性が今ひとつ残念なのだがね。前の真っ白がよかったー。
もっと見た目ですごいことすればすごいバンドになれそうだ。
ツインギターがなかなか良い感じだ。音の絡みが。


とりあえずさくやがここ最近で一番全力で感動したバンド。
この無駄に壮大な感じがねぇたまらんです。


黒髪にしたらしき人は黒が落ちてなんかやっぱり赤かった。




翅に降る唾とRainy marryとFool or Wyseとあとわからん。



本気でどこで笑っていいのかわからないMC断片
て「大阪の皆さんは元気がないようですね。日本人ならちゃんとあいさつをしましょうこんばんはー!」
客「こんばんは(小さく)」
て「今100人は逃げたな。」
て「告知をします。1月23日にミニアルバム発売が決定しました。(拍手)初回盤にはPVがついています。さぁ、ここから耳の穴かっぽじって良く聞け。一度しか言わないから耳に手をあてて………ここだけのはなし、ちょーいいよ。」
て「さぁ、大阪もっと遊ぼうか、遊ぼうか。」







あまりに感動して、余韻が消えるのがいやで176BIZを見ずに逃げるようにその場を去る次第。
コウタ見て帰ってもいいかな、とか思ったんだけどね。話題の。

ただ、頭がいっぱいでとにかく余韻に浸りたかったの。

その後約一週間アホのように音源をヘビロテす。ああRuvie危険だわ。


次は12月24日。
惚れるのが関東盤多くて切ないっす。

困った時のパートチェンジってなんで成功するんだろう。

 2007-11-14
WHITE BLACK.PRESENTS 厳戒態勢Vol.4


KYOTO MUSE

2007/11/04(sun)
O/15:00 S/15:30
ADV¥2,500


出演 WHITE BLACK/The Grudge/彩~イロドリ~/パニックちゃんねる(東京)/R×U×D×J(滋賀)/SUICIDE ALI(大阪)/n'DooL/Sirius(大阪)/マディーデュオール





スカスカの京都ミューズが快適すぎてどうしよう。
開演10分前にバンド予約で入ったのに30番だどうしよう。







・The Grudge
気持ち悪い要素を全て取り去った蜉蝣みたいな。
突っ込みどころがない。
いけめんがおおくて見てるぶんには見苦しくないんだけどねーぇ。
ノーコメント。





・R×U×D×J
Vじゃない。うん。
あの、麺顔が一人もいねぇ。
ドクロのかぶり物してる人がいた。絶対にさっき蛸薬師通りのネオマート行きましたよね?
ツインボーカルで一人デスボ要員なんだけど歌が破滅的。

その場のバンギャ全員が引く、という光景を久々に目の当たりにして感動した。
どう乗っていいのか、どう見ていいのかわかんねえええええええ的な。
バンギャなんて、V系盤がなければ飛べない鳥も同然なのよ。






・マディーデュオール
ボーカルを見てるとカマ様を思い出す。ぽちゃかわいい。
高音が綺麗に響いてたぜ。

安いコテって感じ。衣装が。中身もうんまぁ。
メロディがゲーソンのようだな、とか思った。






・Sirius
うわあああああ衣装も音も煽りも何もかもが時代に取り残されてる!このノリは何。
ヘヴンリーよりもうちょっと後のラルク。
バンギャという言葉すら存在しない世界からこんにちはした人たちがここに。
ステージングもハイドっすね。髪型もそんな感じだもんね。
私には楽しい。

「腰振っていこうぜ!」って煽るのどうかと思うよとか言ってたらジャンヌみたいな曲し始めた。あああ。








・パニックちゃんねる
ベースの子の絶対領域にお花が咲いてる。かわいいちょうかわいい。
下手ギターいけめんなのにやっぱり様子がおかしいです。キメ顔がなんかこう、やりすぎ!
めぐるまた太ったなぁやせたのになぁ。
適当に乗ってたらいっつも楽しいんだけど今日はなんか特に良かったかね。
よくわかんないけど盛り上がってた。ほんとによくわかんなかった!

手首を!切れー!って振りしてて爆笑。






・SUICIDE ALI
とうとう腕章買ったぜ!
円陣したぜ!
後ろで座ってる客ドン引きだぜ!
きにしないぜ!

ベースが、ベースがすごい進歩してる。ゴリゴリ良い感じの音が出てるね。
ちょっとまだギターのクセが抜けなくてリズムキープも曖昧だけどとにかくベーシスト。
ひろし完全にベーシストになっちまったよ。はは。
ひろしすごいなぁ。

あーでも痛い。音減ったのが未だに痛い。
風のslaveが変だ。ギターリフないから変だ。曲はすごく好きだけど変だ。



スイアリは、素敵。出てきた瞬間にスイアリの世界になるから素敵。
鬼気迫るボーカルと旋律の綺麗さと、暴れ魂となんかどっかアートな世界が素敵。
終わったあと夢かと思うくらい素敵。
反面、何かが心許ない。夢だし、それでよくね?的な何か。
今日のライブはどうだったか、とか感想があまり浮かばないんだよね。
いっつも楽しいと言い切ればそうだしそれでいいんだけど。
テンションとか、今日はこんなライブにしようとか、そういうとこの工夫とか変化がないのかな。
んーよくわからん。


エリアワンマンまでは行って欲しいってのはさくやのエゴです。
なんか中身がほんとにすごいバンドだから、さ。ほんとすごいと思う。嘘じゃないよ。





赤道(SE)

THIS NEW ORDER
人間の要
CHAIN SAW

SE

Representa
風のSLAVE










・n'DooL
京都MUSEのステージってこんなに狭かったのか!ってくらいの迫力。衣装が。
バカみたいに派手。ってゆーかバカ!全てがバカで客もバカ!
バカのレイヤーかかってるから魔界から来ましたって言われても魔界ねぇそうねぇって思う。
こういうの好き。

基本的に、こうめいの歌声にうっとり。
「咲きなさい咲きなさい咲きなさい~!!」ってちょうかわいいわ。
パンチョスを見に来たはずなのに真ん中の大きい人に心を奪われているそれなんてSugar?的な展開。

えーと、演奏をあんまり聴いてません。っていうか聴くが暇ない。
視覚と腕に力が入ってあとがお座なり。いや、曲は好きなはずなんだ。
踊るだけ踊って咲いてなんかへんてこで楽しいなわーい。
ノリに行けば100%誰でも楽しめるバンド。


パンチョスは歯医者に行ったそうな。


余談ですがmain dishでミザリーを観察するのにはまってまぁす。
どこ見てもおもしろいんだどうしよう。



new world
main dish
MC
special thanks
coup d'etat
DESTINY PARADISE








・彩~イロドリ~
和風なバンド。うん。戦国無双のキャラにいそうな衣装。衣装はすきー。
あーでもひっさびさに見たらなんかゴツいバンドになってるなぁ。
もうちょっと明るくて咲き盤!ってイメージあったけど。
煽りこんな厳つかったっけ?

これ系の盤の中ではけっこう徹底してると思われ。メロディとか同期とかが。マイクのとこに灯籠かけてある。

「かかってこい!」を「ちこうよれー!」って言うのがなかなか斬新だと思った。

ボーカルの短パンの色の切り替えが…▼だけ▼であとが白でそれどうなのって。















結局白黒見ずに帰ってしまいました。ボール投げ参加したかったな。
ボール投げで終わるイベントの何が厳戒態勢なのかよくわかんないけど。





人間の要のライブDVDは、PVって言い張ってもまぁおかしくない感じ。

さくやはひろしがあんまり映りこんでなくて大変不満でーす。

あしたまた、しねばいい。

 2007-11-13
UNDER CODE PRODUCTION PRESENTS

Phantasmagoriaトリビュートアルバム発売記念リリースパーティー

「Tribute to Phantasmagoria」


HOLIDAY OSAKA
2007/11/3(sat)
O/15:30 S/16:00
ADV¥3,150

出演 戮セッションバンド(Phantasまとりく)/Arc(奈良貴族)/ネガ/キボウ屋本舗/Siva/Dali/hurts/MarvelousMaiden/浅川-HOLIDAY OSAKA店長-BAND






マゴのノリで、ただひたすらマゴのノリで地下線2軍を見る。そんなイベント。








開演前にすっぴんの戮と纏が。戮、アルゴンキンのパーカー。
流行ってるのかしら。アルゴンキンのパーカー。




・浅川-HOLIDAY OSAKA店長-BAND
歌が、上手い。振りというか動きもなんか往年のビジュアル系って感じ。
清春にakiの伸びを少し足したような雰囲気が。
顔がまたね、人格(・∀・) と(ё∀ё) とカリメロユーキを足したような髪型もそんな感じでスーツ。
あれが店長?店長何者だ。
けっこうゆったりした曲が多くてなんだか名古屋ノリの人格を聞いているようだ。
楽器隊はLICKERの人だと思われます。
ベースボーカルで、そこも歌が上手いんだけどそれがコーラスするからなんだかすごいことになっとる!!
バンドのクオリティは今日一番高かった気がする。
オープニングアクトのしかも店長のセッションバンドで、ハコにいる全員が聞き入ってるこの状況をなんとしよう。

「みなさん、咲いたりして楽しんでくださいね。でも、ものを壊したり(幕を)破ったりしないでください」
ってぽつぽつと言ってた。

幻想曲やったんだがこれがまた良い。
店長、店長辞めて真面目にバンドする気ないですか?






・Marvelous Maiden
うわぁまた出た!またメイク間違ってるってばそれぇ。
ボーカル、かおがこわい。
ボーカル、リンゴ喰った。
ボーカル、リンゴ割った。

ひたすら暴れる系のバンド。
リンゴに釘付け。
あれだけ殆どメイク間違えてるのに上手だけ完璧なんだよなぁおかしいなぁ。

尊敬するふぁんたすまごりあのーとか言ってた。
とりあえずリンゴ。





・hurts
あーなんかすっかり地下線ぽくなっとる。
外見とか雰囲気とか勢いだけ好き。そこだけね。
中身があんまり感じられないというかもっと無駄な壮大さがあればいいのに。
ステージより客の暴れっぷり見てる方が好きなの。






・Siva
ベースに青いライトが!ニコニコベーサーかわゆす。
セルもんはなんかスイアリにいそうな感じだ。外装が。
ネオアークのベースがなんかすごい。いや、柴の曲でもすごいんだけど人の曲と比べるとまたすごいことに。
ギターがまた素敵。ぎゅんぎゅん曲げ方が素敵。ちょうかわいい。
カイリ、歌詞も台詞も飛んでいるわ。ネタは?シャリは?

地下線のノリとはほど遠い地下線バンドを地下線のノリで見る、っつーのがイレギュラーで楽しかったね。
逆ダイがちゃんと逆ダイだ。げふってお腹に来るのが好き。
でもなぜか美薬は、ここでつっこんで来る!ってとこであんまりつっこんでこないという展開。
ドラム相変わらず酷い。

去り際にぽりがピックを投げている横で、ジャケットから小銭と煙草を出して客にあげてて衝撃だった。
ばかいり…。
アウアアの、アウアアのポケットから煙草と小銭でてきた。あうああ。




NEO ARK
美薬
Brave
Riot





・奈良貴族(Arc)
コンセプト変えますーもう今までの曲やりませんー。
で、髪立ててスーツしてメイクしてドン!
ああ、見た目がそのへんのショボ盤イベントにいそう。
貴族ってのは、貴族ってのはなあああああああ

どこらへんが大人になりたくないコドモ達なのか理解できないままあれは終了したらしい。
で、中身が空っぽな状態なわけだ。
煽りも何もかも今ひとつArcとの違いがわかんなくて、見てて悩む次第。
普通に衣装つけてもかわんないなぁって。

結局マゴの曲しかやんなかったけど、カバーっていうよりコピーでしたね。
そこに中身がないから。
孫の曲を孫の曲通りにやってればそれは盛り上がるし、楽しい。けどそこが少し悲しい。


ダッダッ ダッダダッダッ きさきー!!



Pixy false
神歌
狂想曲







・Dali
衣装すごくなってた。黒に金で。
ケエトが特にすごい。縦襟マントにミニハットに仮面。
後ろに燭台のようなものまでセッティングされとります。ダリってこんなこてこてだったっけ。
ああ、この人たちそういえば耽美革命出るもんなーとか思いながら。
誕生日おめでとう!ばーん!ってやってた。
ダリ2周年と旬奈の誕生日らしい。
れんは2周年を覚えてない様子。祝われて、え?何?って。

トラッシュで「ホリデーそんなもんか?ホリデーならやれるだろ」とか謎の煽りをしてた。
適当にのってれば適当に楽しいんだけど。






・ネガ
「ネガは、Phantasmagoriaの遺伝子を受け継いで…」
あ、また言ってる。
まさにTribute。
心夜コスがコスじゃなくなてった。しょんぼり。金髪巻き毛はー?
ネガはMaterial Painやってたんだけど、じんがBメロの横揺れを精一杯やってておもしろかった。
ここらへんが遺伝子なのかっ。

ラストは壁。壁をこわそうかー。「○○を○○○そうかー?」って煽るの絶対流行ってるよね。

こう、全力で来い!って意味で言ったんだろうけど
「明日のことなんて考えるな!明日また、死ねばいい。


氏ねばいい。
斬新だ。





・キボウ屋本舗
キボウ屋が解散したら、エイジは白塗り学園に入るに違いない。っていう白塗り具合。
中身があんまりコドモとかわってない。
コドモは、音がペラい楽器にピコピコサウンド合わせて、軽くて、でも歌詞は重たくてライブ感が適度にあってそこんとこ好きだったのにな。
ベースとドラムがなまじしっかりしてるぶんうるさい。
そしてツインボーカルの意義がやっぱり見いだせないしMCもすべってるしいいのかねぇ。





・Phantasまとりく

「ねぇ、戮って、キサキさんいなくてもちゃんと動くんだね。」
「あたりまえだろwww」

妃ってすごいよね。自分で自分のこと神って言って、普通の人だと、ハァ?って言われるのがオチなのに。
いつのまにか、神って言われてるもんね(ネタで言ってる人もいるが

デスボに、咲きっぷりに、振りの揃いっぷりに、暴れ魂に、とにかく全てに孫ファンの愛を感じた。
今までとちがうの!ぜんっぜんちがうの!
ひとえに、愛です。愛。
孫ファンつええな。
人の言葉を借りると、もうさくやは孫ファンのファンでいい。

Glitterのサビの振りがアホすぎて笑いがとまらん。
でもなぜか踊ってしまう。笑いがとまらん。


やっぱり神歌はしないのね、健気だね。










拍手返し

あしたまた、しねばいい。 の続きを読む

より深い白に世界を塗りかえてく、きっと。

 2007-11-09



ART POP ENTERTAINMENT PRESENTS

学校法人 白塗り学園高等学校 特別企画
白塗り外-ロッキンライブな修学旅行、西へ向かって走れ!!-
~まさにロックなライブだと思われ...大阪編~

ESAKA MUSE

2007/10/28(sun)

O/5:00 PM S/5:30 PM
ADV¥3,300



出演 SEX-ANDROID/新興宗教楽団NoGoD/最鋭輝/ピノキヲ/グルグル映畫館/太平洋ベルト/ザ・ゴールデンスパイダー






ゴルスパ見にいったよ。
なんだか知らない世界に足を踏み入れたよ。
どう書いていいのか分からんがとりあえず書くぞ。おりゃ。



「白きは、美しきかな。」
「白きは、尊きかな。」

ってつらつらと字幕が。百人一首のあれが犬神の人にすり替わってるんだが。


ええっと、基本的に劇に沿って進行していってちょこちょこ演奏がある感じ。
そして割と劇がどうでもいい感じ。

演奏≧小ネタ>劇

うん、こんな感じだ。
合間合間の小ネタをどれだけ拾って楽しめるか、がこのイベントの鍵だと思われます。


概して言えばヴィジュヲタとアニヲタとゲーヲタの三重苦なイベント。
このイベントが100%楽しめる人はとっても三重苦。


えーっと話の筋は

関東の白塗り学園の学生と先生が修学旅行で大阪に来ます。
そこに謎の白塗りうゆにーたんが登場。彼は仲間をさがしているようだ。
いつのまにか天野氏がうゆにーたんに再会。うゆにーたんは白塗り幼稚園から関西のライブハウスに売り飛ばされるという悲しい過去が。最後には白塗り学園関西支部が出来るというはなし?

あ、これで合ってる?間違ってたらこっそり教えてくださーい。


一杯一杯で細かいこと覚えてないから話の筋とかちゃんとしたレポ見たかったらがんばって他の人のレポを探したほうがいいと思われます。
だってすべては感想文だもの!



・最鋭輝
華の都、銀座の産声でジャズとシャンソンが子守唄
夜の蝶たちに育てられ、流した浮き名も数知れず。

そんな今世紀最初で最後のムーディスト。昔は最輝牙としてヤンキー雑誌に載ったとか載らないとか。

ガットギター一本で歌い踊り、客を乗せるスキルを持ったとんでもない人。
「女神たち(客)、手ビート(手拍子)を!」
「メルシィ!」

あーこんなミラーボールが似合う人初めて見た。
昭和のサウンドと髪型がひたすらシュールだ。江坂が一瞬にして銀座になった。
もっきー可愛い。
白塗り学園の音楽教師だそうです。




・SEX-ANDROID
禿様のベースがとっても好き。歌うベースとはこのことを言うのだろう。
しっかりリズムキープをしつつ思いっきり渋い旋律鳴らしてるのがすごい。

今日は脚立なかったけどピロピロもヌンチャクもありました。
ゆうだい咲かれまくって「あ、おれ今モテてる(嬉しそう)」

とおる氏は末様の財布をカツアゲしてた。





・ピノキヲ
SEGAの申し子(自称)
編成が、うゆにーたん(サポ)とドリキャスとペットボトルその他で構成される架空の、いや、二次元のバンド。
うゆにーたん可愛い。
ランドセルしょったおかっぱ市松模様可愛い。
32歳超可愛い。

「愛だの恋だのどうでもいいんだよ。ただ、SEGAの素晴らしさを伝えたいだけなんだ!みんなどうせプレステとか持ってるんでしょ?あんなゴミハード」
「えーっと今日は自転車で入りをしました。」

SEGAのゲームは世界一!って客に歌わせてた。すごいな。

「昔は関西にも、ダビデシトアエルとか仲間がいたのに。」
う…うわぁ。

とにかくおにーたま可愛いよいおにーたま。






・新興宗教楽団NoGoD
白塗りパーカーで楽器は全員頭盛ってて、団長は顔の半分がビジュアルメイクで半分がデーモン小暮閣下仕様。

「気づいたんだけどさ、こういうメイクすれば誰でもこういう顔になれるじゃん」

ああ、団長自虐的すぎる。ぶさいくすぎる。ダンスが俊敏すぎる。

そして歌がうまい。唯一歌素敵でした。
勢いあるバンドだねぇ




・ ザ・ゴールデンスパイダー
晃士の巻き髪がああああああ!って白塗り!ああカズも白塗り!

白塗り学園に影響(汚染)されて白金蜘蛛仕様。今宵はザ・プラチナスパイダーとでも呼ばせていただこうかしら。
末様財布取り返してたこ焼きを奪っていた。

なんか、イベントで浮くの心配しててちょっと浮いてたけどまぁそれもどうでもいいレベルで。
個性派テクニシャン揃いの対盤で全然負けてないっつーかかっこいいよね。
トモロウワールド全開で楽しかった。
ヴェッカーラバーでへどばんだへどばんだ!!
アンコールではけるとき白塗り晃士が咲いてた。不覚にも可愛かった。




・太平洋ベルト
吉川氏がかっこよすぎる。イケメンだ、青白いイケメンが目の前に!
ファンシーロックってあんまりファンシーでもないんだけどファンシーという言葉すらシュールに感じる。

「こけしが燃えた」が衝撃すぎて色々ふっとんでいますわ。





・グルグル映畫館
この界隈の曲あんまり聞かないんだけど、思ってたより全然聞きやすかった。
乗せ方とかが上手いし。沼倉さん蚊に刺されてた。

天野「ぎざもゆるすだお!」
吉川「ショコタンって、ショタコンに似てるよね!」
天野「(爆笑)」

天野「曖昧3㎝そりゃぷにってことかい?」
  「みんな俺のために一万年と二千年前から愛してるって歌ってくれるかー!!!!」
  「わからないやつは置いていくゾ☆」
  「もっとこうすれいぶのノリでー」
  「昔は虜がー」

紅歌わされたのもここだったかな(笑)


今一度言う、

アニヲタとゲーヲタとビジュヲタの三重苦イベントだと。
笑いっぱなしでそこそこ三重苦の私にはすごい楽しいイベントでした。
イベントとして、完成度が高い。


アンコールは初めてのチュウ。
全員並ぶと、白い。すごい。

どきっ!バンギャルだらけのカラオケ大会

 2007-11-04
しもじものー



孫のトリビュートアルバム発売記念ツアーみたいなやつに行ってきました。
ほんとは今日あんじゅ見に行きたかったけどねぇ。
今から京都MUSEでスイアリとンドゥールですのん。




カラオケはひたすら振りの確認した気が…


空気読まずに香風積とか入れて感動したお

グニュウの歌詞って厳しいよね。
自然の厳しさとか摂理とかそんなモノを突きつけられて、さぁ己の愚鈍さに気づきなさい、的な。
自己愛とか無力さとか。

そういうところが好きよ。うん。

自己満足ライブ感想はまた書く。おし。
白塗り学園もまだ半分。お座なりだらけの人生さ!

コピーの価値は

 2007-11-01
DJA主催イベント

「見納め。」


HOLIDAY OSAKA

2007/10/21(sun)
O/15:30 S/16:00
ADV/¥2,800


出演 Danne Ja Arc/[GUEST]WHITE BLACK/ザ・ゴールデンスパイダー/SUICIDE ALI/Lupo Label/℃/M/BERLIN/R/GARЯNA


MAR率いるDJAことDanne Ja Arc の見納めライブ。そうです、コピバンです。
コピバンが主催をやっちまうのです。


と、その前に


ホリデー近くのロ●ソン店員のおじいさんが!おじいさんが大変なの!


「(時計見て)4時開演でしょ?でも出待ちとかしたら10時になるねぇたいへんだねぇ」

「ええっと、今日のバンドなんやったっけ。DMC?あはははははは(※DJAです)


DMC in おじいさんのボキャブラリー。


日本の終わりを感じた。
超ごめんなさいバンギャがごめんなさい麺がごめんなさい!あやまんなさい!
基本的にハコの近くのコンビニはごめんなさいですよね。






●GARЯNA
ボーカルの動きについていけねぇ!俊敏すぎる振り禁止!
ベースがまぁまぁ。
ベースはコドモAにいそう。
歌謡曲系。わたしはねむくてついていけん。





●M

えむはムックのえむ。
うわ、コス来た。コス!

もう、コピバン宣言をしなさい。
コピバンだって主催が出来る時代なの。
私ムックはアルバム一枚しか聞いてないのにこれとこれとこれをすればだいたいのムック像!っていう地雷を全て踏んでるのが逆にハイセンス。
根暗本舗とか色々言ってた。もう暗すぎて鬱だ。こういうのだめー。
MCが鳥肌実中将みたいだ。



●℃
ロリータ℃は「ろりーたどしー」と読むんだがさて、と思ったら「しーです!」とのことでした。

衣装の統一性も方向性もわからない。
V系には女形がいるもんだからとりあえず上手においとくか、巻いてティアラしてスカートはけばよくね?って感じなの。
それをする意味とか理由とかコンセプトがあああああああ!
オブスキュアみたいな曲してたがまーどれもこれもどっかで聞いたことあるフレーズだこと。





●ベルリン
地味に2回目。

バンドの個性とかコンセプトとかオリジナリティーとかそんな次元じゃないっす!
純然たるガレットとディスパのミックス。あ”-----って言い方が量産。あとはひろし。
同期の使い方がディスパ。
他の要素がまったく感じられない混じりっけなし!
いやぁこれ楽しいわ。
煽りすぎてわけがわからないとこもディスパ。
客のノリはイマドキの暴れ盤ちゅーかま、ディスパみたいな変なノリはないんだけどね。
そこは手振りいるだろ!ってとこでしないから悲しい。後ろで好きに暴れてみたい。
とにかく暴れてみたい。どきどき。
上手の子がにこにこしててかわいかった。




●R
今日一文字バンドおおすぎ。
だれかあさぎ呼んでこーい。

キャンデーホリックあたりのみくコスか!コスなのか!
やたら煽ってた。





●Lupo Label
光る腕輪配られた。お祭りとかで使うあれ。

しゃるのバカ要素があるNOIZででも変なショボさで、なんでもアリで、楽しい。
ピンクのかわいい子がいきなりギター投げ捨ててピンクのマイクでツインボーカル。
頭の盛り方が完璧。かわゆす。でも体つきが男だ。わぁ。
ボーカルが、アニマル柄の前身たいつ?で尻尾と首輪に鈴。おかしい。
なんか変なバンドだった。ちょうたのしいよ。

でさぁ、音源が。ジャケットがPSのソフトのサイズ。
且つ格ゲー仕様。バーチャファイターみたいな仕様なんじゃこりゃ!
エンターブレインの子らしい。




●WHITE BLACK
かわりなーし。いつ見てもおんなじ。
下手ギターのMCが寒いんだけどなんだ、恒例になってるのん?

「今日は僕といっしょに…金のエンゼルが出てくるまでチョコボールを一粒ずつ食べませんか。そして、糖尿病になったら一緒に高須クリニックに通院しませんか。」

高須って美容整形しか思いつかん。
バンギャ整形しろってか!

ああ、下手ギターまたフロアにおりてきた。
すわってギター弾いたり客といっしょに上手ギターに拳あげてた。
意味がわからない。



●SUICIDE ALI
円陣わっしょい!
久しぶりで曲名がぶっとんでる。
ぶっとんでるのに体が勝手に動くの。形状記憶のように。

4人になって初めてみた。ごーし、ごーしが痩せすぎだ。
今までやってた曲はやっぱ音少なくて違和感だけどさ、Representaみたいな曲は逆に4人でいいんじゃないのか。
生命線も同期増やしてたから思ったよりはすんなり聴けた。
ひろしのベースがたどたどしいのが萌える。ひろしかわゆす。
ひろしの顔ファンです。

衣装が微妙にリメイクしてあった。天野喜孝の絵みたいな装飾品が。
そういえば天野喜孝ぽいよね。全体的に。ロープレ。

CHAINSAWの振りが絶望的です。ごーしがにゃんにゃんするの!
や、CHAINSAW回してるの図なんだろうけどにゃんにゃん!
にゃっぴーとか言ってる場合じゃないからまじで!

Yuuが、囚人の設定になった。
囚人が☆柄のギターか、そうか。

でもやっぱり4人だと絵面がさみしかったり。
だからほら、下手空いてるよ!ねぇってば!


ああ、スイアリいいなぁ。
もっとあれとあれとあれをすればすぐに出世しそうなもんなのに。もったいない。

アンケートに超余計なことを書いた。うっかり砂糖のノリで。
反省はしてるが後悔はしてない。ごめんな。




SE

THIS NEW ORDER
生命線
Representa
CHAINSAW
Favorite Song






●ザ・ゴールデンスパイダー
晃士の巻き髪ってどこに行ったのでしょうか…しょんぼり。
眼鏡スーツのグラスチェーンがいるよ。下手に。

ギラギラして哀愁でアツいのが素敵。うっかりのめり込むと火傷するぜ!
ヴェッカーラバーとかインドっぽい曲で暴れすぎて首が死んだ。はは。
歌詞のぶっとび具合が非常に好き。

トモロウ氏が西川に似てる疑惑。
彼、天才。ヴォーカリストとして。役者だなぁ。
あれだけギラギラ個性派な集団のフロントマンってすごい。
欲を言えばもう少し、色がつけばいいのにな。何か意外性が欲しい。
雰囲気に対して真面目過ぎるというかなんだかねぇ。


つつけばつつくほど楽しいからみんな乗っかりに行ったらいいよ!





●Danne Ja Arc
コピバンがワンマンをして、主催で散る。
コピーって、なんだろうね。

MARキモすぎてもうなんていうか酷い!すっぴん酷い!声がそっくりなのが酷い!
自分から率先して手振りとヘドバンしてる。
ハイクオリティだ!そうだ、ハイクオリティ。バンギャとして。

ギャ男が憧れに近づきすぎて、なまじそれが面白すぎた悲劇。

「アリーナ!2階!見えてるよ~。男の子~!ちゃんと見えてるからね!」
爆笑。とにかくおなかいたい。
ジャッジメント?とかずっと笑ってたし。
なんでこの人はヴィジュアル系しようとおもったんだろう自分とyasuの声がそっくりなことに気づいたんだろう。

アンコールで「これがどうしてもやりたかってん!」

上半身裸にサスペンダー…
客がきもーい!って叫んで「それ、正しい」って返してた。 はははは


とにかくばくしょう。
もう年に一度でいいから復活してください!さくや、待ってる。

今日の日を伝説としていつまでも語り継ごう。むやみに感動してむせた(笑いで
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。