スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

夢と今が交わる場所で

 2008-08-31

~hattrick!8~

2008.8.26(tue)
Open 16:00 / Start 17:00
チケット代無料(D代別)




出演:DI3SIRAE/kathakali/±0/ミクカタリ/BASKTRIBE/Larme d'ange
         /非5星/Stengaze








久しぶりに椅子とテーブルのないブランニューでした。
扉開けたら人多くてなんじゃぁこりゃー。
無料の力恐るべしっ

ドリンクカウンターのお兄さんの愛想の良さは異常。
炭酸だめなくせにSKYY BLUEは美味しいと思う。







・±0
遅刻





・BASKTRIBE
ミクスチャーっぽいアニソンぽい何か。あ、たぶん前も見た。
縦ノリばっかりなイメージあったんだけど意外に横ノリも増えてて
前よりとっつきやすくていいんじゃないのかと
ちゃんと歌演奏出来てます感が逆に絡みづらいかなーとか思ってた。
煽りもっと!煽りをもっと!
ギターの人だけ見た目がちゃんとヴィジュアル系で謎。






・非5星
軍服で登場。ひこぼしって読むそうです。
既に突っ込みどころ満載。
なんていうかショボ盤のショボ盤たる楽しさ満載で涙と笑いが止まらない
「流した涙を忘れるな!流した涙を忘れるな!」
欲しがりません勝つまでは的なバンドなのかと思ったけど逆だった。
見た目割とダークでフライヤーだけ見ると格好いいのに変よ。変だわ。

「飢えて死ぬ苦しみを」とか「愛されて生まれてきた」とかひたすら煽られ続け笑ってはいけないと思いながら腹筋が崩壊しかける私。
後で靖国参拝するからおねがい笑わせて!

目下から頬にかけて黒い線描いてるヴォーカルがフリーザ様にしか見えない。
いきなり途中でストップしたと思ったら
「戦争が終わって…63年。終わらない悲しみが…」とかギターの人の演説が始まる。
絶対にステージにいる全員63年前に生まれてない!
その後ろで両手を広げ恍惚の表情のフリーザ様(仮)
「初めてですよ。この私をここまで本気にさせたのは」とか脳内で適当にアテレコしておいた☆ミ

そんな一生で今が一番幸せみたいな顔にきゅんとしたことは胸にしまっておこうと思います。

Xジャンプそれちっがーう。

で、結局煽り曲だけで帰って行った。
どうせ持ち時間少ないイベントならなるほどこういうインパクトの与え方は有効だよね、とそこだけ真面目に思う。

今日一番色んな意味で心をかき乱されたバンドでした。

ライブDVD配布してたらしい知らなかった。わーん。








・ミクカタリ
前のバンドのせいだけどほっとした。ほっ。
見た目の派手さはないけどしっかり90年代の遺物みたいなギターメロに歌声。
モッシュとかヘドバンしやすいテンポと同期を心得ていると思う。
A・Iって曲が好きだ。なんか覚えちゃった。
はー(休息






・Stengaze
重たくはないけどカジュアルにダークっぽい。
割と好きな方。ステージングが散漫。
ソルダーノに釘付け。
いやRuvieの下手の人が使ってたってだけなんだけどさ。
あーほわっとした音がするぅ。
テラESP






・kathakali
kathakaliには距離がない。

目の前にいるのはキャラでもネタでも演じ手でもない。
人がステージの上で音楽をしていて
私はそれを感動して聴くだっていうけすごく単純明快な構図。
この単純さが実は他では得難いものだったりする。このバンドの温かさ。あったかい。
そこんとこ変わらないといいよね、と思いながら見ています。
たぶん私が最後に行き着くところはこういうバンドなのだろう。
「最後に食べたいものはあるか?」「親子丼が食べたいです」的ニュアンスで。
ぱくってごめん。
人里離れた平和な感じがなんとも言えない。
仕切禁止ってなに、おいしいの。みたいな。

やっぱりシャングリラ好き。しゃんぐりらー♪
ボーカルと一緒に歌う勢いのAメロギターが愛しい。あのギター欲しい。
フロントでヴォーカル二人が会話でもしてるみたいに歌って、後ろで激しくギター。
この絵なんかいいわ。
3曲あっという間。ぜんぜん足りなーい。
さくや は 手フリ を マスター した。


蓮・幻想・最果てとか全部聴かせる系の曲にして冒険したら面白いかもとか考えてうふうふ
アンケート入ってなくてしょんぼり。




Feel fine
God's still alive
MC
シャングリラ






・Larme d'ange
全員オカマ!すごい迫力。女形じゃないよ、オカマだよ。
残念ながら今日ここにいる女子の誰よりも綺麗だ
女装した男に勝てる女はいないと思いますの。
あと女装メイク≠女形メイクということを激しく思い知った。
でも衣装はありがちにコテオサなんね。頭盛ってるしドレスの方が似合うと思う。
でもさー中途半端にヴィジュアル系よりは
おかまがV系やってます!ということを誇張した方がそれはそれで吉なのでこれでよし。
すごいボリューム。ステージが狭い。
諸事情によりオカマ慣れしてるけど4人もいるとすごいわね。うん。
演奏とステージングは案外普通でメタルっぽい歌謡。
なんかもうちょっと面白い煽りとかない?ねぇ。

無料ワンマン行こうと思ったら10/12はちょっとぉ…







・DI3SIRAE
やっぱりディーゼルとメサブギーだった。とっても轟音。
ベースの子のゆるふわヘヤーがなくなってて悲しい思いをした。
お客さんがすごい盛り上がっててアツい。
こういうバンドの醍醐味だと思います。
ヴォーカルの人も煽る煽る。煽りまくる割にはミステリアスな感じ?
普通に喋ってるとこ想像つかないもん。


途中で隣の人が煙草を吸い始めたため避難。





やっとツーマンのチケット買えた。はやく10月にならんかなぁ。

最近はどこのハコに行っても知り合いに会う定め。
おつかれ。


スポンサーサイト

面白いことをより面白おかしく。

 2008-08-30
『 dazzling ruddy afterglow 』 3MAN



2008.8.23(sat) 江坂MUSE
OPEN 17:00 / START 17:30
ADV¥3,000 1drink別途¥500



出演:Sugar/Moran/DaizyStripper





SIZNAさん、また雨です。




入場するときにハコの人に「Moran動員ですか?」と言われた
なぜにそんなピンポイント。Sugarですよ。

初モラン初hitomi。
けっこう人詰まってた。





・DaizyStripper
「タコ焼き食ってんのか大阪あああああああああ」
って3回くらい言った。くってない。
大阪は客の暴れ具合が不満らしい。
すいませんそれ大阪のせいじゃなくて間違いなくSugar客のせいです。
私が思うところのオサレ系の標準みたいなバンドのちょっと上手い方。
ちょっとだけ上手い。うん。
ポップな曲調でキラキラして可愛いくてたまにヴォイヴォイ煽って上手にモッシュ☆みたいな。
腕組んで見てもつまらないので頑張ってノリに行こうとするのでした。
ヴォーカルの人すごい声量あるしよく通る声だからMCの時音の大きさにびっくりした!
ダンデライオンしか知らないけどダンデライオンいい曲だと思います。
最後にジャンヌっぽい煽りをして帰って行った。ちゃんと見えてるからねー!
おとこのこーとか言ってみればよかったのに。2階ーとか(PA









・Moran
中間色のチュールが幾重にも重なった衣装。
ベースの人ゴールドのジャケットとか変わってる。
でもなんかあれ中身がギャル男だ。すごくギャル男だ。
ステージングも一人飛んだり跳ねたり。あれはあれでもういいと思う。
んで、hitomiはよく出来た顔だなぁと思いました。ほんと。人形みたい。
あと目力すごいのね。見開いたら恐いくらい。
MCで喋っててもどこかこの世の人じゃないような不思議ちゃんだった。
遠い。この人なんか遠い。絶対に近付いても遠い。
そんなこと思いながらParty Monsterで前に突っ込む私。
物販で光る指輪売ってるの。
それをみんなつけて飛び跳ねるわけですがこれがほんとに綺麗。

ライトが消えて、真っ暗な中聞こえるhitomiの声と無数に光る指輪。

この光景素敵だわ~。
これだけのためにMoran通ってもいいってくらい。

CDだけ聴いて曲が地味かなぁ?と思ってたけどどうなんだろ。
曲じゃなくて音がなんかこう…散漫な印象なのかしら。
繊細じゃなくて散漫。
ドラムがスネアばしばしうるさくてあんまり好きじゃないのもあるけど。うーん。
ギターもう一本あったらいいんじゃないかな。見た目もボリュームあっていいし。
女形希望で。あーそれだ!

ともかくも前に突っ込んでわいわいするのが楽しすぎた。また見たいなぁ。



もらんゆびわ



どわーっとドリンクカウンターに長蛇の列。
あーさらに人減った。
後ろの方はドーナツ化現象で不思議なゾーンが出来てた。



・Sugar

ジャズっぽい曲で攻める

盛り上がる曲を並べまくしたてる

しっとりして終わる

アンコールでヘドバン〆

このどうにも屈託のないセットリストよ。
私はある方が好き。まぁいいや。
ツインリバーブにテレキャスの日。ごわっとした音。
私はマーシャルにストラトが好き。まぁいいや。
Loki様の声が出ない。まぁいいや。

ものすごく妥協して見る手だてを得た。
ついでにボーカルの歌声を真剣に聴かなくてもライブを楽しむ術を体得した。

出されたものはなんでも美味しく食べるぜ!
これがいわゆる盲目ファンってやつ?
それもちがうけども

まぁいいかな、ってのは確実に目の前のものが楽しいから出る言葉なんだろう。
だって見てると楽しいし、すごいバンドかなーって思うし。

Sugarってね、
「こう在ってしかるべき」じゃなくて
「こうしたほうが面白い」で出来てるバンドだと思う。
演奏上手くなきゃいけないわけじゃないけど、演奏上手い方が面白いから上手い。みたいな。
名古屋系っぽくある必要はないけど、名古屋系っぽい方が面白いからそっちの方向に行く。
別に中の人がそう思ってるわけではないと思うけど
なんとなーくそういう構造になってませんか。
その造りが私に合っている。

と今更ながら思うのでした。
Sugarどうしたらもっと面白いかな。

だったら客もさぁ、こここうした方が絶対面白いとかそっちの方向で
みんなJAMのマイスウィートでぱかぱか咲き乱れてみたらいいんだわ。


アンコールであっくん登場して一回帰って行った。
その後4人出て来る。
客「しんごー!しんごー!」
真「アンコールありがとう!」(ロキが出てきたのでロキー!と歓声)
真「今喋ってたのに(拗ねる)」

その後「せーの!」でクラッカーがパーン(お客さんが事前に用意してた)
本日2度目のしずなバースデーサプライズ。

S「…オッタマゲタ!」

L「インストの時はね、(サプライズ)あると思ってたとかかわいげのないこと言ってたけどどう?」
S「オッタマゲタ!」


んでアンコール。
afterglowすごい好きかもしんない。
ろきさんだいすき。



01.Blossom
02.紅い舌
03.JAM
04.antlion
05.マリシャス
06.苦悩と憂鬱に溺れて
07.自腐
08.Candy
09.月に啼き、朝を晒う花と


EN
01.sleepy
02.afterglow





とりあえずツアー西日本おしまいおつかれさまー!
インスト一箇所行けなかったの心残りだけどまだまだSugarが好きみたいな?
でもここからしばらくお休みします。
秋冬の予定早く出して欲しい(切実


メールフォーム設置しました

 2008-08-28

ご意見ご感想などあればどしどしお寄せ下さい。

面白いバンドを見つけたら教えて下さい(切実

おたんじょうびおめでとうございました。

 2008-08-28
Sugar インストアイベント


2008.8.23(sat) ライカエジソン大阪店
START 11:30



雨!



L S 真 篤  司会


Loki→白い胸元の開いたカットソー+黒ストール+ジーパン+サンダル
SIZNA→ 濃いピンクのTシャツ+ジーパン

後ろで見たから足元あんまりわからず。
ピンクのTシャツが衝撃すぎて後が頭に残らなかった。嗚呼。


人は70人弱くらい?
事前にSIZNA誕生日ケーキを用意したお客さんがいるとのことで
最後にサプライズをしましょうと店員さんから提案。

メンバー入場の時にあっくんじゃなくてサングラスかけたスタさんが登場して普通に椅子に座る。

L「なんか似てるって話になったんです。」

そっから本物のあっくん登場


質問の順番がバラバラな上になんか抜けてる気がする。






・自己紹介
省略



・CDの聞き所
L:「今回のシングルは2曲入りなんですけど、対極にある曲だと思うので違いを楽しんでほしいです。」
S:忘れた
真:忘れた
篤:「2曲目の悲しみに眠る日だまりはサックスとピアノに参加してもらって一緒にとりました。雑って言い方はおかしいんですけど、その場の雰囲気が出ていると思います。」



・一番好きな季節は?
L「どの季節も全部好きです。強いて言うなら秋かな。秋って短いんですよ。いつのまにか始まっていつのまにか終わってる。ちょっと寒くなってもの悲しい感じが歌詞を書いたりするのに丁度いいし、読書に適した季節なので。」
S「春ですね。入学とか卒業とか就職(したの?)とか、環境が変わる季節。」
真「春と秋ですね。」
篤「自分はもう秋以外生きて行けないですね。花粉症だし。」


・初恋の思い出
L「小学校の時に友達と集まって、その場のノリで好きな人に電話で告白しようって話になったんですよ。それで…見事に玉砕しました。」
S「小学校の時クラスのマドンナ的存在の人がいて、マドンナって言っても普通に男子叩いたりとかする子だったんですけど、あー、強いなって感じで。惚れました。」
真「自分もクラスのマドンナ的存在の人がいたんですけど…って言っても強いって意味じゃなくてほんとに優しい子でー。で、なかなか好きって言えなかったからとりあえず消しゴム交換してくださいって。」
客「笑。」
司「それで成功したんですか?」
真「はい。消しゴム交換してもらって…それからその子は転校しちゃったんですけど。」
篤「小学生の時に分度器拾ってあげて仲良くなったんですけど、なんかいつの間にか始まっていつのまにか終わってました(笑)分度器から始まる恋でした。」






・女性を見る時に2番目に見るところ
L「2番目…そんななめ回して見てるみたいな(笑」
客「笑。」
L「そうですねぇ。まぁ、髪ですかね。」
S「これ前のインストで最初に見るとこを聞かれて、自分はって言ったんですけど。」
司「!(え?みたいな顔)」
客「爆笑。」
メンバー薄ら笑い。
S「二番目も胸ですね。右見て左見ます。 」
客「爆笑。」
真「手ですね。手。みんなも手綺麗な人好きだよねー?」
篤「自分は下から見るんですよ。下から上に見るんです。」
司「はい。」
篤「で、手を見ます。」
司「はい…?」
微妙な間
「もういいです」


・最近の癒し
L:「それはグッズ的なものですかね?自分はファンの子にもらったアイピローです。冷蔵庫で冷やすやつなんですけどすごいすっきりします。」
S:「…缶コーヒーとタバコ。あと映画。」
真:「ベースを弾いている時が一番癒されます。」
篤:忘れた



・ショート派ですかミディアム派ですかロング派ですか?
L:忘れた。たぶんロング。
S:「そうですねー、自分より長い方がいいです。」
真:「自分より長い方がいいです。」
篤:「じゃあ自分より短いのがいいです!」
司:「それかなり短くなりますけど(笑」





・オススメの邦画と小説があったら教えて下さい。
L:「日記でも紹介したんですけど宮部みゆきさんの「ICO」って本が面白いです。原作がゲームです。」
S:「あんまり活字は読まないので…あ、おすすめの映画は「DMC」です。けっこうCMとかやってる映画は見ますね。」
真:「自分も活字は読まないです。」以下忘却
篤:「ブルーズパラダイスって本を読みました。自叙伝みたいなものなんですけど…。」
これ?



・靴下の柄を教えてください
L:「サンダルだからはいてない…です。今年の夏は衣装着てる時以外で履いた記憶がないですね。」
S:「黒です。」
真:「僕も黒です。」
篤:「僕けっこうミラクルな色が多いですよ。抹茶とか肌色とか。」
司:「それはご自分で買われたわけですよね?」
篤:「や、家にあったやつなんですよ。親が送ってきたのとか。」


肌色…。



・今日対盤するMoranとDaisy Stripperとの交流は?
L:「これは俺よりも楽器隊の方があると思います。」
S:「ギターのまゆ君とはよくギターの話しますよ。メールで。」
真:「Rei君とよくメールで楽器の話します。すごい趣味が合うんですよ~。」
篤:「風弥君とSoanさんと仲良くしてます。風弥君は僕のドラムセットあげたんですよ。いらなくなったって話したら、下さい!って言われたのであげました(笑)家まで取りにきました。」





そこからサプライズでバースデーでケーキ登場。
蝋燭の数が合ってる。うわぁ。
がんばって吹き消してたのが可愛かった。

そっから握手&サイン

ろきさんの営業80点くらいだった。
でもなんかいいや。あはは。


なんでライカはいっつもジャケットにサインじゃなきゃいけないのかね?

こっち見んな

 2008-08-27
Plug Presents

『Sweet trade vol.1』


2008.8.19(tue) 高田馬場AREA
Open 17:00 / Start 17:30
ADV¥2800/DAY¥3300 1drink別途¥500

出演:9GOATS BLACK OUT/Like absolute myself/NightingeiL/ルーシー/L'eprica




九山羊にブラックアウト。

結局滞在予定を一日延ばし当日券でエリアへGo。
なんかいろいろごめん。
ルーシーちょっと見たかったしレプリカだいぶ見たかった。

言い訳がたくさん重なる全く東京は素敵なとこね。






・ルーシー
衣装も演出も演奏も何もかも格好良い。すんごいかっこいいの。ダサくないの。
それが今ひとつはまれない原因でもある?
このバンドはソツのなさが裏目に出てる気がするん。
でもかっこいいからいっか。みたいな。
真っ黒で無機質な感じが素敵。
ボーカルの人は髪を巻くともはやあれの妖精にしか見えないです。あれだよあれ。
全体ヘアメイクがすごく成功してた。
下手の女形可愛い。貴婦人って感じ。女装じゃなくてあくまで女形なの。
ああごめん今脳内ですごい誰かと被った私のバカ。
アップライトいいなー。
見るたびに音酔いするのはギターの音のせいでしょうか。



終わった後に一斉に呟いた言葉が「ロキ」だった。






・Like absolute myself
略してLAM。
エリアかかってこーい!
どうにもこうにもテンプレ煽り。
お立ち台に煽りボタンとかついてそう。
ピッて押したら「エリアかかってこーい!」とか
全員こーい!とか
ラスト行くぞー!とか
そんな感じの事しか言ってなかった。
黒い暴れてヴォイ。ありがちなんだよねぇ。ありがち。
決して素材が悪いわけじゃないけどその調理法は損ですよ、みたいな。










・L'eprica
ダークなバンドだけどルーシーとはまた毛色が違う。
ダイレクトに突き刺さる音じゃなくて、空気を音で染めてそれに溺れる感じ。
アンミュレとかと同じニュアンスになるんかな。
音がアンバランスだけどそこがなんていうか、愛嬌だと思う。
これで完璧!ってわけじゃないところが愛嬌。
ぼーっと聴くのが楽しかったりした。
音源でないかな。
こういうバンドの楽しみ方を会得した気がする。
最前列付近割り込みお喋りまじ禁止。



以下サポートベーシストについて思ったこと
このバンドで見るとでかい。
衣装も靴も髪型もベースの音も全然変わってなくって
私は今更何か後悔みたいなものが来たよ。この一文すごい余計だ。
たぶんバンギャルはああいうボリュームでああいう音が好きです。
このひとはやっぱり大事な何かを心得ている。
んで上手くなった。
かわいい(ぼそ







・NightingeiL
衣装は普通にジャケットとかパンツなのにシャツだけ大いに血糊まみれ。
血糊も使いよう。
らむーるのひとかー。
音源しか知らないけどそれでも多少なりと月日の流れの残酷さを感じるほどでした。
新宿ホリデーにいそうな感じ。










客席の後方がバンドマンだらけ。


・9GOATS BLACK OUT
凄い。凄いとしか言いようがない。
いやぁ、あの歌は凄いねーってただ感動。
自分の中の何かを崩されて、不安定で、持って行かれる。
思わず引きこまれる。魔性って誰かが言ってた。
限りなく神経質。
昨日よりも煽りが多かったし、ライブっぽい感じもしたけど醸し出すこの空間は異常なまでに神経質だわ。

楽器がさりげない且ついい仕事。
音が混ざる感じはCDよか薄いけど、各パートが部品になってぴったりはまる。
夜想のベースとかすごい色気があって素敵だった。
690minヘドバンたのしす。
Sleeping Beautyの前にutAがryoと目を合わせて「え、弾いていい?俺今弾いていいの?」みたいな感じで面白かった。
あの人は今後色んな意味で客に愛されるんだ思う。

「静かだね…みんないい子たちです。…でも今日はちょっとライブっぽい曲を用意してきました。」
で、新曲。
ライブ感溢れる曲が案外ぴったりはまる。
なんかおもしろーい。

アンコールはあんまりあると思ってなかったらしい。
椅子出して来て普通に座ってた。
「この曲は大事にとっておこうと思ってたんですけど、折角なのでやります。Den lille Havfrue」
音源とけっこう違うけどこれはこれでしっくり来た。
ライブはライブで音源は限りなく音源って感じかな。
不安定で神経質で繊細で綺麗。
溜め息か涙しか出ないわこれは。

来て良かった。



1.sink
2.690min
3.夜想-nocturne-
MC
4.Sleeping Beauty
5.新曲(チクタク
MC
6.新曲(アッパーなやつ
7.float

EN
Den lille Havfrue









みんなアンケートにSUICIDE ALIとか書きすぎわろた。

いつのまに出たの?

 2008-08-26
はるさめ


あんまりレモン意味なかった。

七味をザーザー入れて食べるとそれなりに美味しいです。
ザーザー入れるのがポイントです。
食べ終わる頃になると底に溜まった七味と素敵なデッドヒートが繰り広げられます。

私が七味か
七味が私か

これが世に言う西田幾多郎の純粋経験ってやつ?
倫理のテストに出るかもよ。


痛。


さて今日はブランニューに行ってきました。

音楽は商品かそれとも思想か
バンドは商品かそれとも思想か

客は消費者かそれとも思想の賛同者か

余計な事を色々考えつつ

私は、前者かな。
(某大臣が「消費者はやかましい」と言ったのあれね、どきっとした。)


でもなるべくゆるやかに大事に消費する手だってある。

なかなかできないんだよねぇそれが。
一度でいいから盲目ファンになってみたい。





ブラックアウト

 2008-08-25
SHOCK WAVE ~アポロ~vol.17


2008.8.18(mon) 高田馬場AREA
Open 17:00 / Start 17:30
ADV¥2,800 1drink別途500

出演:9 GOATS BLACK OUT/THE.GOLDEN SPIDER/emmur'ee/chariots/ビリー





朝食:大福
昼食:大福

関東滞在4日目最終日だったはず。だったはず。
お洗濯!


ゴルスパで入場。





・THE.GOLDEN SPIDER
今日出たバンド全体的に渋いんだけど渋いの方向性が違う。
ねちこくギラギラしてる。
すごい好きなバンドで見たら100%引き込まれるし暴れちゃう。
ゴルスパとスイアリでこの地上のありとあらゆるイケメンが揃うと豪語する私。

それはさておきボーカルの人が芸達者で少なくとも曲中は曲の世界にどっぷりです。
妖しい熱いギラギラした色気はきっと他では得られないの。
ちょう素敵なバンドです。
なのに見たの3月のワンマンぶり。はて。
そんでちっとも変わらない。
細かい変化はあるんだろうけどほんと最初見た時から何も変わってなくて
それすっごくいい事だけどだから敢えてこまめに行かないのかなーって。
そんなことを思った。でも好き。
恭弘ギターの音がすごく好みです。
ヨシュア様にしか見えない。ヨシュア様メガネとグラスチェーンをしてスーツを着てまやーんと横一列に並んで欲しい。
晃士の肩幅が好き。
最前のノリが熱い。
日曜の朝はじめて聞いた。けだるい感じが素敵。
ミディアムテンポの曲のエロさがすごい。

久々楽しかったー。

1.リプロイド
2.亡霊-Ghost-
3.ジェシカの心臓
4.ヴェッカーラバー
5.日曜の朝




・emmuree
演奏が素直に上手いと思った。
存在感はしっかりあるのにふんわりまとまってる。空気みたい。
ああ、これがアンミュレの空気だ。
やんわりした狂気とでも言いましょうか。
引き込むとか突き放すとかそういう明確な「動」はなくて、静かにまとわりついて、ずーんと堕ちる。
なんちゅーか、オトナだ。すごいオトナだ。
相変わらず曲の判別つかないし
今日良かったとか今日悪かったとか私にはさっぱりわかんないし
でもこの楽器と歌の織りなす素敵な空気感を感じて、案配のいいバンドだなと思った。
上手い。ずーん。
「幽閉された世界へようこそ」
って言ったあと想さんがやたら笑ってたけどハルカさんが曲間違えてガーベラいきなり弾いたらしい。






・9GOATS BLACK OUT
私はきっと、この人の存在感を形容する言葉を持っていない。
凡人が陳腐な言葉で飾るならそう、天才。
今日初めて見た。
ボーカルのryoって人はね
これとこれしてこういう特徴だからこの人、じゃなくて、ただそこで歌うだけでryoなの。
唯一無二。オリジナル。ホンモノ。そんな言葉を羅列しながら吸い寄せられる。
前に行きたくなる人の気持ちがわかるわ。
いやー凄いわ。凄い。
そんでギターの音が好みすぎる。シンプルで色気があって艶やか。
マーシャルにストラト?
しかもあの人キャラが面白そう。一人アッパー。
ギターもそうだけど演奏に艶がある。
音源がライブでやってるの想像つかないくらいサントラって感じだったので
ライブで見るとどうなるんだろうとおもってたけど案外ライブ感満載でしっくり。
690minでヘドバン楽しそう。ライブはまだ手探りって感じ。
ともかく思いっきり好みのバンドでした。これは危険だ。
ああどうしよう明日も見たい!どうしても!
新曲がやばかった。



1.sink
2.690min
3.float
4.夜想-nocturne-
5.Sleeping Beauty
6.新曲(チクタク






・chariots


余韻に浸りたかったので外に出る。

ドリンクカウンターで巨峰酒ロックを頼んだら明らかにソーダ割りと同じ量の原液注がれたよ!
のめるかー!
のんだー!


ほろ酔いで突入。







・ビリー

みねむらあああああああああああ(再)

ひろしー(咲)

とりあえず咲いておく。ビリーいけめんばっかり。あは。
いまわたしにはーととばしたー!(おつ
一曲も持ってないのに聴いたことある曲ばっかり。
振り難しい!気にしない!
カーキっぽい衣装になってたからありゃ?と思ったらミネが衣装を電車に忘れたらしい。

ミ「俺の衣装今小田原にあるらしいよ。取ってこようかと思ったんだけどねー。」
獏「リハ中に電話かけてたもんな」
客「笑。」
ミ「そんなわけで衣装はバカンスに行きました!かっこよこくなって帰ってくるはずです。メガマソの涼平君みたいな衣装になるから。でっかいリボンつけてー」
客「(ざわざわ)…。」
ミ「いいのかわるいのかはっきり言えよ!」
「きもーい!」
ミ「うん。わかってる。」
客「笑。」
ミ「じゃあSugarのロキ君みたいになって帰ってくるかな。俺Tバックはいて…
  ってあんなに肉ないわ。」

一部の客大爆笑
ミネ愛してる!愛してる!(酔

アンコールまで見て咲き乱れて帰った。
楽しかった。



AREAいいなー心斎橋AREAとか作りたい。


っていう妄想に浸りつつ焼き鳥。砂肝だいすき。



あー明日どうしよ。

おっおっおっ

 2008-08-25
朝から刺激が強すぎるぜヨシ子! (既にヨシ子

うわーうわーうわーうわーうっわー

か○いい。

ちょうか○いい。


スイアリはだんだん私のツボを解ってきたと思います。ほほほ。
正しい魔法の作り方?
日想記にスイアリとかスーアリとか書かれるたびに画面の前で微笑んでいるのは私だけじゃないです。
そして主催にエレミアが追加されてて喜んだのは私だけじゃないです。
薔薇のしもべたち!
今までの主催で一番メンツが良いと思う。
良いバンドの主催には私の好み関係なく良いバンドが集まるって信じてるからほら
ナルシスだったらもしかしたらソールドするかもよ。
なんで砂糖ホリデーとかぶるかね。

てーかほんとにアウアアじゃないのこれ。
行った友達に聞いたらなんか違うみたいなこと言ってた。
背中のタグを確認したい。春泥うしろむいて。ひーさまなにそれ。
31まで待てなーい。

昨日はお金が尽きたので名古屋にすら行ってない。
数えたら今月は12本のライブと2回のインストアイベントをこなすことになっているんだけど一ヶ月って何日あるんだっけ。けけけ。



突然ですがお世話になっているCrybaby Strippersの紅子さんからバトンを二つ頂いたので消費します。

れつごぅ。

おっおっおっ の続きを読む

スイーツ(ロキ)

 2008-08-24
Versailles Presents

Tokyo Metropolis Ⅱ

2008.8.17(sun) Shibuya O-EAST
Open 15:00 / Start 16:00
ADV¥2,000 ペアチケット¥3,500 1drink別途¥500



出演:Versailles/Sugar/摩天楼オペラ/RENTRER EN SOI/Chariots/Dali(O.A)








一ヶ月前くらいにここでRuvieを見てた。

本当に同じ会場なのかしらね。

あの澄んだ空気感はなんだったんだろうと考えている私を見事に笑い飛ばすような出来事が二日後に発生。
そんなこと知るよしもなく雨の渋谷開演ギリギリセーフ。
PA席前くらいでまったり。







・Dali(O.A)
「つまんないよイーストー。ぜんぜんつまんないよイーストー。」
あなた言ってること昨日と変わってないじゃん。
前のツアーもVersaillesと回ったから俺達どんどん耽美になると言い放ち
客に「きもーい」といわれまくってた。
その後は何か言うたびに「きもーい」とツッコミが入った。
地下線ギャつええ
ケエトの衣装すごい。エリマキトカゲみたい。
相変わらず脱力感に苛まれ薄ら笑いを浮かべながら楽しく見る感じ。
いきますよ、はい。
俺がお手本を見せるから。と客に混ざってモッシュしてた。
続きはウエスト(次の日のイベント?)でと言ってトラッシュの途中で帰っていった。
やるきねー!
おもしろかった。







・chariots


戮って妃社長がいなくてもちゃんと動くんだなぁと思いました。


秋都もん痩せてた。にっこり笑う子だったのに。嗚呼。

ごらんよあれが世間一般で言うとこのコテオサだよ。で、戮。って感じ。

「妃さんはファンタスマゴリアのスタジオでここにはいませんが…」
注:誰も訊いていない。

スイーツ(戮)

相変わらず振りが意味が分からない。
目の前の人がやってる振りがなんで私には出来ないんだろう!
見てわかるのに自分じゃできないの。混乱した。うわーうわー






・Sugar
板付きで演奏→幕が開く

青い光の新兵器はツインリバーブだった模様。
京都の時はハコの機材だったのにまじで買ったのか。
んでテレキャス。ぶっちゃけうるさい。ジャーン。
うるさいけどうるさい方が凍え揺れる炎は素敵だと思った。
イントロのあの滝のようにどーってなってるギターとか。
あと凍え揺れる炎始まりがすごく気に入りました。
メメント始まりくらい好きだ。
空気が引き締まるし、雰囲気作れて後に繋げやすい。
そっからスケッチして、ああなんかSugarの空気!だったのに後がなんだこれ。

暴れて踊って終了!それはそれでとっても楽しいんです。そこまったく否定しません。

むしろ煽りとフリががあるSugarいらねーよなって意見には同意しません。

でもねーなんかねー外してる。
JAM・afterglow・自腐・berryの流れにもう飽きた。いつまでするねん。

フリがあって、煽って、ヘドバンして、踊るってのはSugarの可動域じゃん?
あくまで「こんなこともできますよ」という振り幅のようなものだと思うのね。
だから別にそれがSugarの醍醐味!ってわけじゃなかったと思うんだ。

正直煽られる楽しさで比べたらオープニングアクトのダリにすら負けるの。

だったらフリとかヘドバンとかそういう一体感がなくてもお構いなしのSugarにしかない魅力で勝負した方が良くないか。
って話ね。

Sugarのいいところはそこじゃないぞ。と、勝手に思うのです。
実際afterglowのヘドバンが前3列もできてない状況になにかを感じろ。
その私とあとたぶん他の誰かが勝手に思ってるSugarのよさをSugarの中の人がわかってない。
それだけの話なんだけどね。
ああこのバンドなんか迷走してるのかなーって
もしかして自信ない?
ほんと勝手にそう思った。



しかしながら前述の通り私は踊って頭振って一体感のあるSugarの楽しさをそれはそれでまったく否定しませんので
普通に見るぶんには楽しいですよ、ということはやんわりと強調しておきたいです。

後ろで見るの楽だしぃ。
イーストの後ろくせになりそう。
僕にはわからない!

Lokiさんの喉治りますよーにっ。



凍え揺れる炎
咎人の空(mental sketch modified)
MC
JAM
afterglow
自腐
ベリー




・RENTRER EN SOI



ちょっと休憩。
余計なことを上手いこと書くのは難しい。おりゃ。






・摩天楼オペラ
全く関係ないことでalkaloid showcaseで泣いてしもた。しょぼん。
あーいいね。飛ぶ鳥落とす勢いとはこのこと。
ボリューム満点で豪華で強い(主に音が
曲が似たり寄ったりでグダグダになりかねん(なってるかも)とか思ったけど
似た曲ばっかでも私はちっとも退屈しないから良い。
ずーっと豪華で
ずーっと大盛り。
宅ピザのカタログにある具を全部一枚にのっけてください。生地チージーロールでおねがいします。
みたいな。
バランスがどーのじゃなくてこの力一杯のクドさが素敵なの。
ギターメタルでキーボード派手でベースも派手でパワー系ドラマーでヴォーカルが良い意味でねちこい。
あのドラム好きだ。
sara聴けた。ひゃっほー。
honey dropってすごい歌詞切ないよね。
もうちょっとお金をかけてしかるべきバンドだと思います社長。
色遣いは地味だけどすごいいい布と装飾でお願いします社長。
ツアーファイナルらしく後ろの方までばっちり盛り上がってた。

だれだ主催にオープニングアクトで呼んだ恐い者知らずは。







色々あって帰った。最後まで見たかったけど。

Versaillesはなんか同じ名前のバンドが海外にいるから名前変えなきゃいけないらしい。
その事柄自体よりもVersaillesをバンド名にしようと考えた人が他にしかも英語圏にいたというのに吃驚。
だってさ、バンド名を「京都」とか「小田原」にするようなもんだよそれ。
ほんとにヴェルサイユに行ったことある人挙手!



さくすいでさんま食べた。
さくすいまいしてう。





数えたら今日でSugar見て2年経っちゃった。
これからも甘く愛しいといいよね。

漆黒のシンフォニー 後編

 2008-08-23


漆黒のシンフォニー


2008.8.16(sat) 埼玉会館ホール
open 11:00 / start 11:30
ADV\3,500 drink別途¥500

出演
 GUEST: Duel Jewel/Dolly/heidi./ビリー/RENTRER EN SOI
Aibell/KaloZoic/THE SKULL FUCK REVOLVERS/SIVA/SUICIDE ALI/
    Dali/Dio/Braze A Trail/Megaromania/ReivieЯ




後半戦。
疲れてきた。


バンギャルと一緒に地べたに座り込んで営業をしているバンドマンを見てたいへん心を痛めました。
君たちはせめて物販席の向こう側にいなさいよ。



醤油醤油うぇーい。






・Megaromania
ボーカルの子はドーラン塗ってる?
ものっそい白いんですけど。
あの紫のギターESPって感じ。うひゃひゃ。
前盤からだけど髪の色がすごいよね。赤青金銀
衣装がこれぞIDジャパーン。
教科書のようなコテだと思った。
なんでかしらないけど唄メロが頭に入らないっす。





・ReivieЯ
機材>衣装(?
ベース春泥のと一緒だ。
ミュージックマンスティングレイいいですよね。
カジュアルに黒くてヴォーイなバンドなのに何故上手の貴方は赤いセミアコを使う。
人に言われて気づいたギターがしずなに見える。

しずな-動き=ただの池






・Duel Jewel
演奏聴けるし頭振って楽しいし歌上手いよね。
元気に楽しく明るく見れる素敵なバンドです。
しょっぱなメケメケ。
イケメンオーラに騙され続けるさくや。
誰だよゲストオトコって言った奴は!
隼人かわいい。きゅーん。






・SIVA
ベースの音だしだけで柴。
バンギャル始めたての頃にとってもライブ行ってました。
依織さんが好きでした。
前盤とか遊び心で調べたのが切っ掛けで今に至ります。
私のお湯をかけて3分で出来たようなバンギャル人生のうち1分くらいは確実にこのバンドに注ぎ込んだに違いない。
あのギター好きだったなぁ。しみじみ。

んでね、4人になって初めて見た。
衣装なんだかサイバーチックな感じになってるけどセルもんは相変わらずセルもんだった。
装甲ついてまっせ。
カイリ衣装のすごい大事なとこが破れてる。
ゆーいちさん相変わらず衣装にコンバースなんだね。
冷静なって見てしまった今予想以上に音のバランスとかでたらめだ。
これほんとにツインギターで成り立ってたわけ?
たぶん演奏聴かなくても楽しいとこが好きだったね。
何も気にせず暴れて無駄にベース上手くてヴォーカル頭弱くてちょうたのしい!
そこは変わっとらんようです。
「女は…拳と…ヘドバンだろうがあああああああああああ」
ぎゃははははは。
Riot反射的に頭振っちゃった。オメーラ!
久々に中指立ててゴー。
なんか勝手に色々悲しくなった。若いね、私。
やっとワンマンするらしい。
一年前にやれーあほー!






・Aibell



休憩。


外は雨がひどい。きっと春泥の置き土産。
Dollyの物販がすごい可愛い。







・RENTRER EN SOI
演奏がゴツくてかっこいい。骨太で男前。
轟音なのに理路整然としているというかなんというか
でもヴォーカルがひたすら繊細な声なので
どたどたした曲は正直いただけないです。
歌メロ重視のバラードならしっくり。
壊れそうな綺麗な声なんね。
その弱さとか儚さを生かせる方向で行ったほうがいいんじゃないかな。







・Dolly
どこか影があってしんみりできるオサレ系(コテオサ?)好き。
アンティークゴールドって感じ。古めかしい。
底抜けに明るいメルヘンじゃなくって
ふっともの悲しいメロディーがあるのが好き。
で、衣装とかステージが可愛い。フリも可愛い。
なんつか、これは絶対売れるよねとか無粋なことを思いつつ。
あー別珍のジャケット似合う。
聖の水玉模様の衣装が某uvieの燕に見えた。
Alice In Dizzypit好き。
いつかワンマン行きたいな。な。






終わった!



外酷い。
どこの映画の撮影?ってくらい雨ザーザーで雷どかん。
ある者は傘をある者はバンドタオルをある者は持参したバンドTを頭に乗せ走っていく
その後ろから「うわぁ…勇者だ…」と呟く者

それを尻目に空気を読まずビラ配りをするお前達が本当に愛しいよ!私を機材車に乗せろよ!
浦和まででいいです。あはは。

連れと「行くか?もう行くか?」と言って目出度く勇者になりました。
スイアリTじゃ雨は防げなかった。
しぼったら汁が出てきた。
地下道を抜けたら不思議なことに雨は止んでいるし
うわぁ、濡れ損。


遅れた電車に乗り新宿で合流して3人で中華。
あんまり辛くなかったけど美味しかった。
長丁場おつかれ。




来年も出て下さい。スイアリ。



漆黒のシンフォニー 前編

 2008-08-21
漆黒のシンフォニー


2008.8.16(sat) 埼玉会館ホール
open 11:00 / start 11:30
ADV\3,500 drink別途¥500

出演
 GUEST: Duel Jewel/Dolly/heidi./ビリー/RENTRER EN SOI

 Aibell/KaloZoic/THE SKULL FUCK REVOLVERS/SIVA/SUICIDE ALI/
 Dali/Dio/Braze A Trail/Megaromania/ReivieЯ




漆黒2
晒しだー晒しだー




漆黒初めてでした。
人に向かって出なさいと言ったくせにぃ。けけけ
ロビーがあるから快適ね。避難所。
ケトナーとESP没収!





・KaloZoic
ギターの動きおかしい。
ギター頑張れ。
が○っとみたいだった?がれっとではない。





・Dali
なんでアンダー盤は出てきた瞬間衣装だけでアンダー盤だとわかるんだろ。
編み上げハトメ!
お立ち台にはティッシュが箱で置いてある謎。
煽りの一発目が「ださいたまー!」
あかんわこの子。この脱力感に満ちた煽り久しぶりれんたんれんたん。
演奏けっこううるさいのにヴォーカルは煽りも唄もデスボすら脱力している。
「ぜんぜんつまんないよさいたまー。かかってこいよさいたまー。」ってすごいやる気なさそう。
脱力してるのがおもしろいから私はけっこう好きです。だめなばんどうへへー
座ってる客に対して
「起立。起立。きりーつ!!(まだ座ってる客に)お前一生立つなよ!あとで後ろから見てるからな。」
トラッシュってまだやってんだ。
回る瞬間に「いきますよ、はい」って言うのバカっぽくていい。
煽り曲でティッシュ箱を持ってホールの後ろまで走ってきた挙げ句客にティッシュを押しつけて帰って行った。
地球とハコスタと次に出るバンドに優しくないダリ。
ティッシュちゃんと拾えよ!ズボンに詰めるなよ!
「Tゾーンてからしてこい!」ってすごい斬新な煽りだと思う。





・SUICIDE ALI
ぎゃはははアウェーアウェー。
大丈夫このバンドいつどこで見てもアウェーだと信じてる。
あたしが暴れなきゃ!あたしが暴れなきゃ!
なんだこの無意味な高揚感。アウェー大好き。

「スイッッサイドアリー気合い入れていくぞー!ヴォーイ!」
気合い入れの後ほかのお客さんから拍手きました。ありがとうございました。
インパクト勝負(主に客が)

SEはちゃんとセリフ付きのものがチョイスされていた。
そうそうわかってるぅ。
Bitさんはやっぱり外ハネヘヤー。
ヨ様また黒いタイなし。アンプ戻らず。
春泥唇の色濃い。あっちの方がより爬虫類ぽくて可愛い。
HIY様は赤いシャドウどばーん
を確認



まぁなんだ

とりあえず頭振っとこうか。

最前列でガンノリする客なんて後ろから見たら相当キモイよ!うわぁって感じだよ!知ってるよ!
ぼくのせかいをかえして♪
うほっいいうろこ
ホリデーの音響と比べてはいけませんが今日とってもベースの音が良いです。
頭を振っていたのでよくわかりません
全体的に良いテンションです。
頭を振っていたのでよくわかりません
頭を上げたら下手にBit el bedi.が座り込んでいた。いらっしゃい。

春泥いつもの黒ピックなくなった?
やっぱりあのベースはギターアンプに繋いでる。

FSで完全燃焼して終了。俺の夏は終わった。早いわ。

で、このイベントはライブ終了後に幕間の繋ぎでメンバーのトークがあるんですわ

まさかのアムじいさん

告知とかしてた。
とりあえず咲いておいた。あむじいさまー(咲

あのままメンバー出てきて喋ったらなにかが壊れるもんね。
そのへんちゃんとわかってるん。えらいえらい(偉そう



一旦ロビー出てチェキとか。他力本願で頑張りました。

次はheidi.らしいということで汗をぬぐって入場



SE(天界大戦末期~
1.THIS NEW ORDER
SE(人間の要の歌詞改造のセリフ+ワンマンと福岡で使ったSE
2.人間の要
3.僕という有害な要素
4.Favorite song





・heidi. (GUEST)
久しぶりに見たけどあんまり変わってなかった。
口当たりがすごくいいバンドでそこ魅力です。
切ないメロディーで、歌声強くて、ギターが小気味良いということが歌い出し4小節で伝わるの。
ほんと口当たりいい。すぐに入り込める。
似たような曲ばっかりなのか似たような曲に聞こえてしまうのか今ひとつわからんけどそこ残念。
歌い出し4小節でのめりこめて3曲で飽きるかな。歌謡曲の聴けない私は。
対盤にいると楽しいけどワンマンお断りみたいな。
ギターがほんとに小気味良い。





・Braze a Trail
オサレ。凡庸なオサレ。坊みたいな人がいた

1曲だけ聴いて休憩。すいません









・THE SKULL FUCK REVOLVERS
世界の果てへようこそ。
そうここは君達がいつか夢に見たような場所。
『無題』と記された埃まみれの絵本によると退廃の鐘の音が鳴り響く『THE END OF THE WORLD』で繰り広げられた海賊船の幽霊『THE SIOUXSIE AND THE BLACK PEARL号』と飢えた骸骨の海賊団6人の数奇な運命を描いた冒険譚である。
そうチョコレートの甘ったるい香りに包まれた夜はこれから…
そろそろキミ達の耳にも聞こえてくるだろう。
飢えた骸骨の海賊団が奏でるロックンロールみたいなオーケストラが。

大いなる船出に祝福を…
          びじゅなびから転載

ああ、どっかで似たような設定見たことある。しかもさっき見た気がする。
どちからかというとオーケストラみたいなロックンロール?
マンドリンとヴァイオリンがいた。
衣装が黒と白の縦ストライプで統一してあってなかなか派手。
いろんな音がガチャガチャして人どっちゃりで楽しい。
この雑多な感じが案外好きかなぁ。オモチャみたいで。
すっきりしないのが逆に魅力的なんですわ。
キャンディースプーキーシアターと似たような印象を抱いた。
ヴォーカルのステージングも唄メロもなんかどこかヘンだし。
パフォーマンスでも演奏でも化粧でもいいから一つこれだけは玄人!っての欲しい。
ステージ飾りまくるとかでもいいから
ここまできたらコントラバスかチェロ入れれば楽しいのに。

音源買いそびれた。しゅん。






・ビリー (GUEST)
埼玉会館最後列PA席後方よりハートを飛ばします。

ミネムラァァァァァァァァ

一曲も音源持ってないのにだいたい曲がわかる不思議。

ミ「今日俺らゲストなんだけどさー、ゲストってやだよね。」
獏「なんで?」
ミ「ゲストってさぁ、ゲスオトコの略だぜ。」
客「(笑。」
ミ「俺達はギリギリのラインでオッケーだけどさ、DollyさんとかRENTRER EN SOIさんとか怒るよ!」
客「(笑。」
ミ「まぁDuel Jewelとheidi.はいいや。」
客「(爆笑。」


図式化するとこんな感じ?



DollyRENTRER EN SOI

━━━━↑ゲスト↑━━━
━━━↓ゲスオトコ↓━━ ←ここらへんにビリー

heidi.Duel Jewel




うわぁ…。

ビリー(GESUOTOKO)





・Dio
でぃー!あい!おー!ディオー!
剣持って暴れるのやめたらしい。
上手の人だけ90年代コテ
素敵に絶対領域バンド。
ヴォーカルの人が変な方向に自己陶酔しまくってるのを見るのが好きです。
erina嬢はいつ見てもおんなのこだと思います。age嬢とかになれそう。






チケットの半券なくしたー!




とりあえずSIVAの様子見てDollyとDJ見たいから居座ろう。

続く。








主に拍手レス

 2008-08-20
結局昨日もエリアに行く。


レプリカかなり好感触。いいなー関西来ないかなぁ。
久々に殊っさん見た。うわぁうわぁ。

どこのファンかは敢えていわないがあれはない。あのさ、曲中だから今。


ナインゴーツはベースの音までもかなり好み。ベースいいなぁうへへ。
すごくいろんなものに恵まれたバンドだと思うのでした。
そうかーエリアって関係者席がないのかー(遠い目
もう鹿鳴館で元ギャ男バンドマン限定GIGとか出来るんじゃない?
全員で最前列とあと楽屋に入れるパスをめぐって争えばいいのに。バンギャルの気持ちわかるよ。

今から帰る。藤汰さんありがとう。って寝てるわ。






拍手レス



主に拍手レス の続きを読む

高田馬場エリア

 2008-08-19

ゴルスパでガンノリしていぇーい。

アンミュレで幽閉されつつ

9GOATS BLACK OUTをはじめてみた。正式活動一回目。
うわああああギターの音が死ぬほど理想的だ!!あのギター持って帰りたい。
あれ以上うっとりするのはないかもしれない。音だけで感動した。
繊細で艶がある。690minの途中のあれいいよね。
マーシャルにストラト?ちょっと昔のしーたんの音。
アッパーなfloat楽しいし。
ベースの音も艶があるし。
歌がほんとうにすごい。
ライブとしてはまだ手探りな感じだけど
うわぁこれ明日も行くか?行ってしまうか?もう一日泊まっていい?

音源ばっちりげとーした後ビリー見た。ミネに咲き乱れて帰った。ミーネー。
ミネはMCでLokiさんの衣装着るけどあんなに肉ないよとさらっと酷いことを言った。

いやまじで明日も行くか。どうしよー。

バランスが大事。アンバランスも大事。

 2008-08-18
Music Art Production主催復活記念イベント supported by Planet CHILD Music

「天上天下唯我独尊 夏の陣 in 大阪」



2008.8.14(thu) HOLIDAY OSAKA
OPEN 15:30 / START 16:00
ADV¥2,800 drink別途¥600


出演:Angelique/M/Karma-Shenjing/n'DooL/花純月/洋太/SUICIDE ALI/GARЯNA/Wednesday/DIЗSIRE



地方廻って、ホリデーに行って、あーホリデーの音響だぁ。
ローがでかいうえに籠もるんよね。肩凝る。






・GARЯNA
遅刻。





・Karma-Shenjing
ゲームの中のチャイナって感じ。キャラだキャラ。
世界観ちゃんと作りたいのか、明るくかわいく楽しくしたいのか今ひとつそこらへんはっきりしないんだけどかわいいから許す。
屈託の無い笑顔でバンドマン4人に咲かれちゃうと心の底からこみ上げてくるものがあるよね!
ベース玄人。





・花純月
主催事務所の所属アーティストその1
和服改造しました的衣装でベースとボーカルとギター。
あのギターの女形の人サクラ大戦にいそう。
和ロリで眼鏡で金髪巻き髪でっかい赤いリボン。
本当に女子みたいな女形よりも男子が女装してる感漂う方が私は好きなので見てて楽しかったです。
いーおーりー♪









・Wednesday
仙台代表のじゃないよ。
関西の若いバンドの中ではここいちばんキてるとか勝手に思ってる。
可愛らしさとかわかりやすさを強調するバンド流行る中まーよくもこんなかわいげのないバンドするわ。
すっごい背伸びしてんの。背伸びした色気。つっぱるという言い方が正しいかな。
若く見られまいと反逆精神必死なとこが逆に若さ溢れる男前なバンドなのです。
ほんと男前。しみじみ。覇気がある。
スーツにラバソでサングラスかけて出てくるとこがダサカッコイイ。
告知の時に
麺「次のライブは西九条ー」
客「ブランニュー(咲)」
で咲かせてた。バカっぽさもちゃんとある素敵。
ボーカルの人お肌のつるつるさに嫉妬。
黒夢好きですよねそうですよね。演奏割と聞けるし。
Butterflyいいなーはやく音源でないかなー

前回の配布に続きシングル出てたから買ってみた。










・洋太
主催事務所の所属アーティストその2
この事務所は和服っぽいアーティストばっかりいるのかしら。
飴ばら撒いてピンで歌って刀振り回したりしてた。うーん歌えてない。
打ち込みの音がとってもサガフロかクロノかなんかのバトル音楽。打ち込みは好きです。あい。









・DI3SIRAE
ディエスイレって読むん。
黒くて暴れてぎゃーみたいな。
この手のバンドにしてはメンバーのキャラ分けできてて好感。
衣装とかアクセサリーとかちょっと手が込んでる。
よく全員服と顔の判別つかないのいるじゃん。
ベースの子髪型かわいい。ゆるふわなのが好きです。ヨ様あんくらいならんかなぁうへへ。
とりあえずサビは聞かせるメロ!って感じで。
音の数そこまで多くないのにディーゼルにメサブギーかなんかですごい音に酔った。
ハコがいかんのかしら。
ホリデーで耳を鍛える!
ホリデーで耳を鍛える!
あとなんかいっこ面白いことしないかな。






・M
「どうも、Mです。根暗です。」
そうか。根暗苦手だごめんね。

もはやMはMUCCのMが定説になりつつあるおい誰かUCCコーヒー貢げよ今なんて言った。
完コスみたい。逆に清清しい。
客とバンドの間に何か距離があったはずなのに一緒に煽っていぇーいみたいな感じになっとる。







・n'DooL
魔界へヨウコソ!
見た目のインパクトなら確実にヴィジュアル界で5本の指に入る。
ステージが異常に狭い気がするんですけどここほんとにさっきと同じホリデー?
衣装がすごすぎて下手にベースと下手ギターが納まりきらない。ぜんぜん意味が分からない。
目いっぱいバカが出来るバンド大好き。棒立ちだと確実に損をするぜ暴れていきなよ。
あーパンチョスいけめーん。私騙されてるー(笑顔
クーデターの最初の振りはやっぱり農耕だと思った。
なんかもう聴くひまがあったらとりあえず踊ればいいと思うよ。踊ったもん勝ちだよ。
私のフリが一番キレがいいはずだ!とかそういうのを競うんだよ。
こうめい体操のお兄さんだもんっ。
ステージを全部見るひまもあんまりない。
あーNHK教育とかに出ないかなこのバンドうひひ。
ほっとけば爆発的に客がつくと思ってたけど案外そうでもないみたいな。
なんかさー客多い方が絶対楽しいバンドじゃん?
ミザリーさんビッキャで農耕がしたいです。

どっかの学園祭とか出たらいいと思う。










・SUICIDE ALI
気合入れていくぞー!ヴォイ!

どこから見ても突き放してくれる感じが好き。
例え最前列で見ても遠いの。
あんまり構うな!あんまり煽るな!あんまり見るな!
それがファイフィルシーアの説得力。これ別のバンドに激しく訴えたい。
この距離感は素敵だなぁと思う。
でも煽り曲で客の手引っ張っちゃうところがヘンでおもしろいよねぇって毎回感心するんですけど。
安心して前で見れる数少ないバンド。
ついでに平和だし。平和だいすき。
FSでBitさんに手を引っ張られた客が大量に前に積み上げられていくのを見るのが好き。
春泥ごきげんだった。うろこが海ぶどうだった。唇色濃いめ素敵ね。
春泥ギターアンプに繋いでない?
ヨ様の800かえってこないしぃ。
未練がましくギターもう一本欲しいなぁなんて。シングルで。
ジャミエルにとりあえずマーシャルとストラト貢ぎたい。ジャミエル高額蜜。
ジャミエルケトナーにESPとか持って馬鹿にされて天界滅ぼしてそう。
Bitさんが珍しく外ハネヘヤーだった。
なんだか各所で歌詞飛んでたとかいわれてるんですけどあんまり聴いてないのでよくわかりません。

スイアリのライブの出来はテンションと気持ちよく頭が振れるかどうかにかかっている。
それはスイアリがパフォーマーとしてアートワークとしての面である程度成熟してるから。
でもプレーヤーとしては演奏上手いに越したことはなくてそれ当たり前だよね、という話。
上手かったら必ず面白いかって言われたらそうじゃないけど下手よりは上手いほうが絶対楽しい。
加減が大事ね。んで今加減が悪い。
私はライブにストーリーだけ追っかけに行ってるわけでも演奏だけ聴きに行ってるわけでもないから
なおさらこの二面のバランスをどうするんだろうかとかおもった。
今のままでもたぶん好きだけどこういう性分なので。

今日不思議なセトリ。



SE
1.扉
2.愛すべき死刑台
SE(かなしいひとはいない?)
3.笛吹童子
4.生命線
5.Favorite Song
SE(洗礼の朝)





・Angelique
犬神サーカス団の別バンドをチラ見してみた。
犬神サーカス団は見たことありません。
オサレな感じだけど何やってもネタにしか見えないのが芸達者。
演奏上手いし。うわぁあれ咲いたらぜったい楽しい。
谷間いいな谷間(すいません










出るバンド多いー!
ああ、対盤を6つまでにする法律作りたい。
O.Aとセッションバンドはカウントなしでカウントダウンイベントと漆黒と渋谷が大変と浪花が大変は免除するからさ!





漆黒終わった。

 2008-08-17

14/15バンド見た。がんばった。
アムじいさんに遊ばれて捨てられたい。
スイアリの気合入れをしたら他のお客さんに拍手もらった。

ケトナーにメサブギーまじ禁止。

おいそこ地べたで営業するな殴るぞこら。

ティッシュ掃除してよ。


スティングレイ2度見た。いいですよね。
本日イースト。レポ書きたーい。時間なーい。





ここどこ?

 2008-08-15



たぶん静岡に入った。たぶん。
日本狭ーい。
さっきから同じ人ばっかり同じ電車に乗ってる。


これ漆黒は間に合わんね。残念。
しーたん青い光ってケトナーでも使うんかしら。




明日はスイアリ出るからみんな来たらいいよ。

月に啼く。

 2008-08-15
『 dazzling ruddy afterglow 』



2008.8.11(mon) 京都ARC DEUX
OPEN 17:00 / START 17:30
ADV¥2,800 1drink別途¥500


出演:KYOKUTOU GIRL FRIEND/IRODORI/アヲイ/カル・ヴァリ/
   Like absolute myself/Sugar


久々に狭いハコだー!
きっと京都MUSEが改装中だからです。
チケットは全部シャッフル。
引き換え16時からのはずが30分押し。
そのまま開場も開演も30分押しで困った。暑い!

ARC DEUXのオフィシャルサイトの機材一覧は細かい料金設定が書いてあってなかなか面白い。
ツインリバーブ確かにあるある。スモーク1050円なんだ。へぇ。



ハコの作りが特殊なもので楽屋の出入り口が客席からばっちり見える。
ていうか勝手に視界に入るんだもん。
変身前のしずな見放題。ぎゃー。










・IRODORI
英字表記になりました。
衣装が和風じゃなくなっとる!!
見た目ヴィドールみたい。曲は変わってないけど煽りが普通になっててつまんね。
ちょっと前までは「かかってこーい!」が「近う寄れー!」であれ好きだったんに。
そんでいつのまにシャグラスが加入しているのですか。
いろどりのはなをさかせましょ♪ って曲が楽しそうでいいな。
えーでも和服がよかった…






・Like absolute myself
とりあえず黒い服でヴォーカル京ヘヤーでABメロシャウトかなんかでサビは美メロ。
演奏悪くないし歌声も好きな方だけどそれってデフォだわ。
最近こういうの全部同じに見えるんよね。病気かね。







・カルヴァリ
うおおおおおやられた!きゅんとした!ノックアウトだ!ばきゅーん。
あの、たまにキラリと有用性を発揮する凡庸なヴォーカルだいすき。
じっくり見ないと凡庸なバンドに見えちゃう。
やーよくわかんないけど面白いわ。
よくわかんないとこが好きだわ。
ちょっとだけ昔のSugar見てる気分。
いつの間にか必死でこのバンド何が面白いか言葉にしようとしてるとことかさ。
首下り坂の不協和音が好き。
んでやっぱりFatimaなのよぅ。
重たい曲が重すぎないのが素敵ね。
ヴォーカルが手袋してるってだけで割と私の中ではポイント高かったり。



音源買っちゃった。普通に良かった。 月1くらいのペースで見たい。







・KYOKUTOU GIRL FRIEND
アンプの上にプーリップ設置。
「俺の彼女はリストカッタァァァアァァァァァ」って叫んでた。
感情むき出しで叫んでるのかいやでもちゃんと歌ってる。
結構お目にかかれないジャンル。こういうの何と形容していいのかわかりませぬ。
また演奏渋いんよね。全員玄人だ。
派手なフレーズないけど上手さが伝わってくるもん。






・アヲイ
苦手苦手言いながらなんか楽しくなってきた。
回数見るっていうのは強い。
前のツアーのセルム現象。
アルバム買っちゃおうかな。うへへ。
なんでタイトルDEADMANにするねん。
そろそろ手フリとか完璧に出来そう。しないけど。

あー…おとぎかわいい……(?






・Sugar
楽器隊板付き

アンプラグドの時にやってたあのキューティーハニーみたいな前フリ

Loki様入場

スタート

ツインリバーブは素直な子。ちょっと柔らかい。
そりゃ黒猫しようとか思うよ。思うさ。
やっぱりディーゼルは未だに違和感だなぁと実感。
柔らかくて艶のある音色の方がSugarに合ってると思うんだけどね。
そうだから今こそ黒猫。わかってるぅ。にゃーお。
ろきさん結局喉治らないみたい。
ひっさびさ劣情でテンション上がった。
あんあん喘いでるとこのベースがだいぶ変わってた。
ちょっと切ない。

「もっと君たちの可愛い声を聴かせて。そしてもっと…君たちの可愛い顔を見せてください。」とかLoki様は肉の妖精のくせに死んだ魚の目で言い出すからああこのヒトほんと疲れてるわ。
自腐で上手に来て逆ダイのように激しく柵にぶつかりまくってたし。
ろきさんそれはバンギャルの技です。

あとは真悟が「みんなのおかげでここまで来れました」とか言ってたかな。
そんな地方ラスト。あと東名阪。

黒猫とか爆笑しながら見てたのに今なんか笑えない。
ステージの上が面白い以前に面白いことしてる「人」を意識してしまう。
どの曲もそんな感じ。アフターグロウでオープンに煽られるとなおさら。
確実にステージと客が近くなった。なおさら狭いハコ似合わない。
その距離感の破堤はきっとこのバンドの命取りね。
Sugarってバンドは客に突っ込まれて笑われてなんぼだし、
バンドはあたかも客という人間を無視してるようなその距離がたまらなく素敵だった。
「人間」と「人間」じゃなくて完璧に「バンド」と「客」なの。
そういう意味で今のSugarは客のニーズがらズレつつあります。
奇しくも前任ベースの脱退からです。おかしいね。

でもそれとは関係なく私は単純に目の前のSugarが楽しくて好きですよ、って話。
いつか飽きるかもしらんが。
今日初めて見ても好き。今日初めて見たらよかったのにね。
月啼きがアホほどいい曲だった。







男娼と黒猫
劣情、鮮やかなる秘め事を
MC
マリシャス
苦悩と憂鬱に溺れて
afterglow

EN
月に啼き、朝を晒う花と




自分らしくなくていいじゃないか

 2008-08-14



昨晩からGuniw ToolsのPVを見ているのでついでに思ったことを書いてみるテスト

このバンドは当時まったく知りませんでした。小学生だったもん。うわぁー。
ひょんなことから2年前くらいに音源に出会って感銘を受けぼちぼち集めつつ今に至る感じなので
当時のことは今残ってるものから読み取ることしかできないわけですが
言えることはただ一つ。

今出会ってもぜんぜん遅くない!

Guniw Toolsのすごいところは、バンドでありながら常にバンドというアートワークであったところ。
アルバム全曲にPVつけたり映像作品と衣装と舞台セットの殆どを自分で作ったそうな。
バンドが出来ることってライブと音源作成以外にもたくさんあるんだなぁ。
なんだか音楽のためのアートじゃなくて、徹底してアートのための音楽であるという姿勢が伺えるんだけど当時を知る人になかなか出会えないのでここらへんはよくわかりません。
でもこの姿勢こそヴィジュアル系だと私は思うの。
このカテゴリーに括っていいのか大変悩ましいが。
誰か私にグニュウを語っておくれよ。

その姿勢を貫きつつメジャーバンドだったってのも凄い。
本当に自分のしたいことをしているようでバンドという商品として世間のニーズに一応こたえてる。
(ほんとは裏で見えない不自由があったとしてもね
それってすごくない?
何かにつけて前の方がよかったとか昔がよかったとかほざくの嫌いだけどさ、
今きっとそんなバンドいないわ。
いたら私の前に出てきなさいよとか常日頃思います。



んで歌詞とか映像作品の字幕がまたぐさっと来る。

自然界の掟に例えながら絶えず外側に向けて放たれるメッセージ。
音楽的にはたぶん80年代あたりの洋楽のあれやこれやが詰まった感じなんだろうけど
いいね、この何処にもない感じ。強烈なオリジナリティー。

そんなオリジナリティーを発揮しつつもbaby's one doみたいな歌詞書いちゃうんだからすごいわ。
自分らしさなんて発揮しなくても生きていけるんだって
こんなブログ書いてても時々自分らしく書かなくていーじゃん?とか思うの。
言葉なんて組み合わせだし。音楽もそうでしょう。
それでも自分の思ったことを言葉や音楽に置き換えようとする段階こそが私らしさなのかね、
とか思った。

自分らしさは自分には内在せず、探しても見つからず、しかし探そうとすること。ってとこかな。


なんだかようつべにごろごろ落ちてたので貼ってみる。







フェイドストーリーがない。しょぼん。
よし、ホリデー行ってくる。

シズタロス

 2008-08-13
The Glittering World



2008.8.9(sat) 岡山IMAGE
OPEN 16:30 / START 17:00
ADV¥2,800 drink別途¥500


出演:Kaya/Sugar/ジュリエット/カル・ヴァリ/SUICIDE ALI/アヲイ/Mona Lisa/ガアラ



福岡から18切符で鈍行移動。
5時起きでがんばった。
10時間電車に揺られると絶賛病みそうだぜ!
連れとお互いを励まし合いながらも福山のあたりで「おろせーおろしてくれー!」とか言ってた。
惨ライナーと死帝ライナーの組み合わせは最強ですね(遠い目


イマージュはとってもシャレオツなとこでした。1階がカフェ。
割と新しいハコっぽい。
モニターにライブ映像の加工したやつがリアルタイムで映るんよ。
横長で見やすい。





・ガアラ
モニターの加工のすばらしさに釘付けだったすまん
地元にこういうバンド必ず1つはあるその2
で…でぃるあんぐれい?
折りたたみの誘発の仕方おかしす。
機材のことはよくわかりませんがディーゼルもこういうバンドで使うといいなとか思いました。
鋭くてオトコマエな音がした。




・Mona Lisa
前のツアーでナミキにいた気が…
和ゴスの人ギターましになった。ギターはコードほぼなしで不思議な音階。
同期じゃりじゃり。軍服のおじさんが歌う。
今日誕生日らしくて「はっぴばーすでーわったしー♪」とか歌ってた。
「母とは去年から喧嘩したっきりです。」
これを機に頑張ってください。
いつのまにか咲き盤になってた。
ものっそいアングラな感じ。ねぇ白く塗ってみない?

軍服の人物販席で燃え尽きてておもしろかった。ぷしゅー。




・SUICIDE ALI
TシャツDay。背面にバンドロゴあればよかったんに。宣伝的な意味合いで。
おねえさん背中くらいだったらいつでも貸すわよ。ついでに私の首なんて持って行け!
気合い入れていくぞおおおおおお!う゛ぉーい。
なんかね、このバンドは客に愛されてるよね。


久々に上手に行って大正解。ヨ様がいい意味でケバい。濃い!
黒髪ゴスメイクきゃっほい。
もうヨシュアっていうかヨシ子って感じだった。
ヨ様あああああ(咲
あの微妙な内股可愛いよね。
音止まったりマイクスタンド倒れたり弦切れるわでトラブル多発だったけどギターの音良かった。
なんの違いなんだろう
ヨ様逆境に強い子。☆ギターかぶりつき。
久々にヨ様はキレキャラだったんだわと再認識した。きゅん。

演奏も昨日よかマシだった気がする。演奏というか、テンション?
なんだかこのバンドのライブの出来は演奏力じゃなくて主にテンションに左右されてる気がするのは私が暴れまくって演奏聴けてないせいなんでしょうかどうなんでしょうか。
もう殺す気かってセトリでとにかく頭振らなきゃ頭。
Bitさん髪ぺたんこ。御伽ヘヤー(左右対称)になってた。
色的にはめんどくさいとか絶望ですかーとか言いそうな感じ。
HIY様髪の毛くってるー。
顔にペイントなし。ねね、今日時間なかった?
人間の要のサビのバスドラがべースとずれて聞こえて気持ち悪かった。音響のせいにしとこ。
サビ微妙に春泥がステップ踏んでてうける。うろこうろこ。

FSでBitさんが客の手引っ張るの何回見ても面白い。
どんどん前の方にバンギャルが積み上げられていく。
バンギャル大漁じゃー!

完全燃焼で終了いええええええい。

アムじいさんの正体は春泥の親父という設定を勝手に作った。 頑張って。
腰いたい…
ヨシ子のチェキしっかりげと。


S.E(天界大戦末期~今宵何を記すのか
01.レバンデッシュリング
02.生命線
S.E(なんかあかるいやつ
03.動脈
04.人間の要
05.Favorite song
S.E(洗礼の朝






・ジュリエット
巨漢の猫と兎がいた。 猫萌えない。
不思議の国のアリスなんかなーと思ったけどあとの3人が謎だった。
絵本を開いたようなメルヘンな世界がコンセプトとか
最後に「おしまい!」って締めてたからなるほどねー。
元気に明るく可愛く。キラキラしてた。
ちょっと不気味さというかシュールさが備わっていればツボったけどそれじゃ意味ないかなぁ。










・ カル・ヴァリ
Fatimaを見そびれたので私の言っていることはさっぱりあてにならないが
なんかFatimaっぽい!
見た目普通にコテオサ?オサレ?の地味な方で
マニアックさはないしかといってそこまで売れ線ってわけでもないし。
曲も地味な印象なのにたまにふっとシュール。
わーなんだろ、印象淡いのに確実に何かが強烈にヘンだ!

ジャズちっくな雰囲気は悪華あたりのSugar思い出した。
かと思ったら普通にヴォイヴォイ煽ってモッシュするしけっこう曲の幅は広いみたい。
ヴォーカルが際どく凡庸なのが残念。
もしかしてそういうとこがSugarか。
このヴォーカルはカリスマにならなくていいからカリスマっぽくなれるといいな。
ドラムが▼の衣装の時のあっくんコスだ。
京都も対盤にいるので楽しみ。チェックチェック。








・アヲイ
楽しくなってきた。
暴れバンドだけど棒立ちで黙って聞いてるぶんにもけっこう面白いわ。
ドラムのメガネにきゅんっ。
博多の時からシンバル割れたまんま。
御伽マイク食ってた。
いいなーああいう声量も存在感も非凡さも兼ね備えたヴォーカルいいなー。強い。
立ってるだけで非日常へ誘ってくれるような感じ?
ヴォーカリストに欲しいもの全部持ってる。
だから単に真ん中の人すごいよねってだけでこのバンドけっこう楽しめるよね。
ベースに目玉親父のステッカー貼ってあってちょうかわいい。
ベースの人かっこいい。前の春泥の衣装思い出した(好みがわかりやすい。
セットリストがたぶん福岡のと一緒。
いいなーモッシュ混ざりたい。






この時点で9時ちょっと前。
新幹線9時44分発。




・Sugar
SEなしで板付きアレンジから始まってアントリオン。
今日はテレキャス。
サックスとピアノなしでも違和感ない。手拍子はいらんかな。
ロキさん喉治ってない。
MCでしーたん壊れてた。

S「ヨ――――!」
客「笑。」
S「岡山!ヨ―――――――――!」
客「よ―――!」
S「今日ハ、ミンナガ知ラナイ、桃太郎ノハナシヲシマス!」
客「(拍手」
S「昔々、アルトコロニ、真悟ト篤人ガ住ンデマシタ。」
客「笑。」
S「真悟ハ、山ヘ芝刈リニ、篤人ハ、川ヘ洗濯ヘイキマシタ。スルト、大キナ桃ガ流レテキテ、ソコカラシズ太郎ガウマレマシタ。シズ太郎ハ悪イ鬼ヲヤッツケニ行キマスガ、勇気ヲダソウト思ッテ(このへん曖昧)」
スケッチのポーズで
S「SATSUGAIセヨ!SATSUGAIセヨ!SATSUGAIセヨ!」
客「SATSUGAIせよ!SATSUGAIせよ!SATSUGAIせよ!(爆笑」
S「SATSUGAIセヨ!SATSUGAIセヨ!SATSUGAIセヨ!アフターグロウ!」

しずなにSATSUGAIされる鬼可哀相だと思った。
全てにおいて会場が熱い!前3列くらいまでガンノリしてる光景がすごい新鮮。
ろきさんかっこいいろきさんだいすきーえへへー
後ろで見るのまじ快適。あっくん見えないけど。しくしく。
うおおお真悟が麺だ。真悟が麺だ。
ridiculeでろきさんと一緒に折りたたみ大会。見てるとすごいおもしろい。ぎゃはは。
自腐のイントロで時間切れ。
生殺しで会場を後にした。

大好物の桃を食べ損ねたし。しゅん。
おつかれさまでした。


さつがい



どうぞ。

 2008-08-12


SUICIDE ALIソート簡易版

普通のソートが狂おしいまでにめんどくさいので簡易版。
バージョン違いをカウントしてません。
好きな方をクリックしていくと最後に貴方の好きな曲ランキングがずらーっと出ます。



サイトの方に現在入手不可能音源を省いた超簡易版も作ってみたのでそっちもよろしくね。





簡易版はこんな感じ。割と最近の曲が上位にきた。ふーん。



1 風のslave
2 Representa
3 レバンデッシュリング
4 愛すべき死刑台
5 迫害の朝
6 Road of the wing
7 洗礼の朝
8 冤罪
9 CHAINSAW
10 僕という有害な要素
11 雨
12 人間の要
13 笛吹童子
14 弧を描く病
15 生命線
16 赤道
17 扉
18 THIS NEW ORDER
19 Favorite song
20 動脈
21 観察
22 導き
23 無人の都会

砂糖と水蟻のツーマンだけどなんか文句ある?

 2008-08-12
『 dazzling ruddy afterglow 』



2008.8.8(fri) 福岡DRUM SON
OPEN 18:00 / START 18:30
ADV¥2,800 1drink別途¥500


出演:Sugar/R指定/アヲイ/SUICIDE ALI



開演の2時間くらい前から突然の雷雨。
さすが雨男が二人いると違います。
ひろしずな!ひろしずな!
私の脳内SugarとSUICIDE ALIのツーマンだから。
対盤去年のホリデーぶりだ。
ああ、一体何人の甘党がアンケートに今一度スイアリと対盤をと書き殴ったことかなんて大げさに言ってみるテスト。
いやそんなにいないけど。

DRUM SONは横長でなかなか快適。人詰まったらしんどそうだけど。
手荷物以外は持ち込まない方が吉。バサラのポスター貼ってあった。









・SUICIDE ALI
行かなきゃ天神埋めなきゃ最前やらなきゃ円陣
初福岡気合い入れていくぞおおおおおおお!う゛ぉーい!

全体的に緊張してカタい?
Bitさんまじでジャミエルに力吸い取られてるわ。オラに力を!
チェーンソー大好き。真顔であのにゃんにゃん(にゃんにゃんじゃないけど)フリが出来るBitさんはやっぱり神様だと思う。
佇まいがめっちゃ可愛いの。ステージに立つだけで異世界なんだもん。
ファイフィルシーアっていうズレた日常の体現。
この雰囲気が壊れないのがすごいなーって改めて思った。
レバンデッシュリングって激しいのにどこか冷めててざわっとしてすごいい曲じゃね?

うろこの妖精春泥はあのぽきぽき折れそうな動きが良いのです。チェーンソーは特にね。
じーっとしてはっと動くから。
あのスティングレイ欲しい。あれ指弾きしまくったら絶対いい音する。
ヨ様私やっぱりそのアンプ萌えないわ。なんか今日ギターの音がやだー。ぐすん。
ヨ様は可愛い。うむ。



ちょっと不完全燃焼?

今更ながら思ったことは
別に音はそんなに激しくないのに客が隙あらばガンノリしてるのが面白いよなぁと




SE(ワンマンのやつ
1.THIS NEW ORDER
2.CHAIN SAW
SE (レバンデッシュリングピアノアレンジで台詞なし。
3.レバンデッシュリング
4.僕と言う有害な要素
5.Favorite song
SE(洗礼の朝








・アヲイ
ちょっと慣れてきた。
このバンド上手い。
パートごとに見たらそこまでテクニシャンってわけじゃないけどバランスがすごく良いから綺麗に聞こえる。
ドラムとベースが土台になって、ギター乗っけて、その上に存在感のあるヴォーカルがどかーん!みたいな。
しっかり主張しながらも各パートの兼ね合いが素敵。
あーこの綺麗さがスイアリには足りないなって
まぁ無い物ねだりなんだろうけど
芯がブレない。
んでヴォーカルが凄いわ。あの有無を言わせない感じは凄い。圧倒的。
相変わらず苦手だけどさ。うーん。

なんでアヲイのお客さんはDEADMANって書いてあるタオル持ってんだろうと思ったらアルバムのタイトルらしいよ。







・Sugar
あれ、トリじゃないのん?
後ろでまったり。あー後ろいいクセになりそう。傍観者!みたいな。
以前は最前列に居ても傍観者だったのに。そこは変わったんだなーって。
複雑さというか難解さと言うか、そんなものがなくなった。
わかりやすいSugar。
元々V系ファンなんてバンドが難解であればあるほど良いって風潮の産物じゃないですか。
難解さが理解出来る俺かっこいいみたいな話にも繋がるんだけどさ。
自分で言ってすごく耳が痛い。

暴言を吐くならば、今までのSugarの人気ってその風潮+名古屋系難民のニーズに死ぬほどぴったり合致してたんかなぁとか。
色んな切っ掛けでそこから脱却しかけているんですが
これってチャンスじゃね?
今ならSugarをもう一度ちゃんと見れるかもしんない。って思って。
わかりやすいわかりにくい理解するしないとは違う次元でSugarを見れるチャンス。
なんか、とっつきやすい凡庸なSugar(音楽的には非凡)でもきっと私はSugarが好きね。それだけ確認してきた。
2年かかってやっとSugarというバンドが見れたのかしら。
まだよくわかんないけど。

とりあえずアッパー過ぎるセトリでしーたんハッスル大人気。
ジャケットばさーってやって入場。
余所のバンドのスタさんも笑ってた。
今更だけどあれどこから音出てるんだろう。
ろきさん靴は直ったけど喉治ってない。むん。
ろきさん肉の妖精さん。今日妖精さんばっかり。
ギターはロビンさんでした。
真悟MC聞き取れず。

しーたんスケッチのポーズしてくぁwせdrftgyふじこlp;@って言ったからスケッチくるかーと思ったのに

「ベイビー!アイラヴユー!」

だまされたああああああ。


セトリがふっとんでるので順序絶対間違ってる。
afterglowで始まって、JAMと苦悩と媚薬とCandyで終わり?
アンコールあったら絶対ベリーだった。

熱気ムンムンで終了。
心底たのしかった。もう一生Sugar見たい。国民年金でSugar見たい。





・R指定
折りたたみが折りたたみじゃない。
柵をつかんで斜め45°人間発射!みたいな。
鉄棒か。
んで、何回も柵が前に動くのよ。
そのたびにドリンクカウンターのエプロンしたお兄さんが直しに行ってたのを見てげらげら笑ってた。
すいません。
お兄さんがんばって!
ゆ様がちょっと昔のガ○ット(ガレットではない)みたいって言っててなるほど納得。
なんかリストカットー!とか敬礼ヴォーイとかフリしちゃうしょっぱさがいいよね。
暴れて暴れて美メロ手扇子。
敬礼しまくってた。ちょっと暴れたくなった。お客さん楽しそう。

ていうかフライヤーの軍服を楽しみに来たのに軍服どこいった軍服。軍服ー!
アンコールも暴れ曲で終了。


あ、雨上がった。












胃が痛いとかほざいてラーメンを食べず何一つ九州っぽいことをしないままホテルで味噌汁啜ってました。ちーん。
通りもんくれた人ありがとうね。

スペルが違う

 2008-08-11
Sugarのツアータイトル「dazzling ruddy afterglow」が各地で間違えられている。


福岡のチケット落ち着け。
つづりちゃう


例えるならば「ありがとうございました」と「ありがおつございしえmうぃ。」くらい違うよね。



んでこれが本日の京都
京都

惜しい!

他にも間違えてるチケットあるんかな。うーん。

甘く愛しい「バタースカッチ」をどうぞ。

 2008-08-11
『 dazzling ruddy afterglow 』



2008.8.6(wed) 広島ナミキジャンクション
OPEN 17:00 / START 17:30
ADV¥2,800


出演:Sugar/アヲイ/Scarlett/Mr.unknown/LICKER



そんなわけで広島。
駅前の噴水は県民に「ケツ」と呼ばれ慕われております。本当です。

ケツ

ライブの前にお好み焼き食べてロリ服巡り。
PNを横目にジェーンとミルクとジュリエット。
サンモールにはイノワとプリティとエミキュとモワティエ。
あとKERAショとベイビーとメタモもあるのだ。意外に充実。
イノワの秋物が全面的にツボ。
エミキュで試着しててなんかおかしいと思ったらSugarのBrand new worldがかかっている。きゃー。

ナミキの空調なんて嫌いだ。









・Mr.unknown
ニッキーシックスになりたかった人みたいな。しらんけど。
ストラップ短いね。
洋楽みたいな。うーん。
演奏どーのじゃなくて、没個性。
これがうちの個性!ってのがわかんない。






・LICKER
ロックバンドとして見ると結構好き。女性ヴォーカルのこういうのいいよね。みたいな。
数多V系バンドの中に列挙して見るときっとこのバンドはポジションの確保が難しい。
ヴィジュアル系で括ってしまうと逆に振り幅が狭まると思うの。
skyって曲が好き。切ない儚いメロディーいいよね。
なんでかしらないがクロウ盤。
モッシュがんがれ。






・Scarlett
ベースが上手い!しか印象にない。
8分音符の連続って結構難しいのにリズムブレてないしー。
どうしようこのバンドはベースだけが目立ってる。たぶんあれはコントラバスが弾ける。
全体の雰囲気はガ○ットなんですが。ガレットではない。
どこの地方の地元盤にも必ず1つはこういうバンドがいる謎。
衣装ちゃんとしてちゃんと売ったらそれなりになれそう?







・アヲイ
アヲイって
アヲイのイメージって
お洒落なカフェみたいなSEで入場してくるヴォーカル赤い髪でワンピースの敵キャラ!
だったのに。
良い意味で渋くなってた。やってることはあんまり変わってない。
ベースの衣装好き。ベースだけ衣装が豪華。
上手ギターの表情+動きがSIZNA大先生とは違う意味で尋常じゃなかったあれ。
自傷はいただけない。めっ。

私実は暗くて重たい歌謡曲に対して持久力がありません。
例えるならば葬ラ謳を聴いておよげ!たいやきくんまで到達できません。
だから申し訳ないけど苦手な部類のバンドなのです。良いバンドの可能性大だけど。
うおおおしにたくねえええ。
演奏はなんか綺麗だけど。客の暴れっぷりが凄まじい。
しにたくねえええ。

ドラムのメガネがとっっても素敵。









・Sugar
ロキさんアイメイクそれなんかちっがーう。
シャドウ広く塗りすぎた?
いいんだ。妖精さんだから。
新衣装見るの2回目!
あっくんは夏仕様。
ロキさんは冬仕様。
しーたんは春仕様で真悟は秋仕様とかじゃね?
モノクローム春夏秋冬コレクション。

一発目から喉の調子があんまりよくないみたいで高音辛そうだった。
MCは広島暑い的なこと。それ衣装のせいもあると思いますよ。
錆はいつもしーたんの上半身固定のまま上下してる動きに耐えられない。
お化け屋敷に設置してそう。
テレキャスの色をバタースカッチと表現してる人がいて大変ツボりました。
ああ、凍え揺れる炎ってなんていい曲なんだろう。あっくん天才。
イントロのギターだけで泣けるわ。
歯ギターでバタースカッチかぶりつき。ぎゃーん。
afterglowはほんとに拳ノリになっていた。
基本的にSugarって、ステージの上で好き勝手にすごいことになってる人たちを客が好き勝手に見てるって感じなので
ここまでオープンにのせられてのるってのも珍しくていいんじゃないでしょうか。
そいえばCandyとかも最初拳じゃなかったね。
ステージと客席のあの温度差がたまんなく好きなのよって人にはダメかもしんない。
自腐でロキさんの靴底が取れかかってたのに気づいてなんだか焦った。
真悟さんは動きとかあれそれこれがすっかり麺になっている。
麺様だ麺様。ヘドバンいちねんせい。
アンコールではジャケットの裾をマントみたいにばさーってしながら登場。

真「広島といえばー?」
客「お好み焼きー!」
真「よし!」
真「○○といえばー?(ききとれなかった)」
客「猪木ー。」
真「それはダメ。」
客「えええええええいのきー」
篤「そのフリじゃだめじゃん笑。」

その後なぜか中尾彬?のマネをして許してもらうことに。
んでロキさん来た。
L「まぁ真悟もすごく頑張っているので…」
え、そこ擁護ですか。

結局猪木なしで月啼きでじんわり。
すごくゼイタクなセットリストだったわ。
Sugarって相変わらずよくわかんないね。
音楽的に優れていて、それだけでもうっとりできるポイントではあるけど
音楽で表現した音楽以外の何かがあるんだろうなぁと思いながら見てる。
その何かがよくわかんないけど好き。みたいな。
最初に見た時もこんな気分だったかな。楽しい!




rotten words for dear.
マリシャス
MC

骨と翅
凍え揺れる炎
afterglow
自腐
ベリー

EN
月に啼き、朝を晒う花と






中四国九州終了。

 2008-08-10

追記。

昨日何を思ったかタイトルが中四国になってて四国いってねーみたいな素晴らしき脳内バカ日本地図。
妄想で高知あたりに遠征行って皿鉢料理にがっついたことにしておいて九州足しておきました。
すいませんでした。



むかし、あるところに真悟と篤人が住んでました。
真悟は山に芝刈りに行き篤人は川に洗濯に行って大きな丸い玉がながれてきてそこからシズ太郎が生まれました。
シズ太郎は悪い鬼をやっつけにいくけど一人じゃ恐いから勇気を出そうと思ってSATSUGAIせよ!SATSUGAIせよ!SATSUGAIせよ!アフターグロウ!
しーたん…。
ロキさんが出てこなかったから悪い鬼だということで補完しておいた。
ロキさんジャミエルだもん!天界滅ぼすもん!


時間なくて自腐始まったとたんダッシュだわ。くすん。押してたねー。
終電は間に合ったけど終バスはギリ無理で歩いて帰ろうとしたら家がイスカンダル級に遠く思えた。
まそっぷとしか言いようがない。


やっぱりSugar大好き!って感じ。
今日初めて見ても絶対好きやわ。うん。

エネルギー充填120%

 2008-08-08

ヨ様日記を見たせいで80%!

福岡の降水確率は60%!


デスラー砲発射用意!



ファイフィルシーアには税関があるらしい。うっ。




岩徳線変な音がするーのー。

もうすぐ本州脱出。
ここは博多かイスカンダルか。
どうしたん今日ステージに妖精さんばっかり。
ありがとう18切符。

パプワくん。(主に拍手レス

 2008-08-08
マーウス



母のイチオシ☆的な感じで帰郷した私の目の前に14冊積み上げられました。
前作よりアラシヤマの扱いがひどい上にアスがバカになっててひどい。
母上はやく王家の紋章の続きを買ってほしい。
テレプシコーラ新章突入だよ。


そんな感じで拍手レスいってみよう。


パプワくん。(主に拍手レス の続きを読む

ライラ☆ライ

 2008-08-06
ライブ終わった。
ロキ様の靴が早くもダメになったみたい。
感想またこんど書く(またかよ



寝る前に神様お願いだ!お願いだからこれだけはツッコませて!!


SUICIDE ALIファーストマキシシングル先行発売主催イベント

2008年10月04日 浦和Narciss

【CAST】

SUICIDE ALI
O.A. RivaSquall
emmuree
ルーシー
THE GOLDEN SPIDER
デンジャ-☆ギャング
camil'e


開場 16:00
開演 16:30



祝☆ミ emmuree in ファイフィルシーア

ハワイへようこそみたいな歓迎っぷり。VIPだよVIP
スイアリTに手ぬぐいですね、わかります。
ハルカうろこ生えればいいのに。
ヨ☆様だいすき。

ビジュアル系の神様は私に微笑んでるようです。
なんだかよくわかりませんけどありがとうございます。


ひろしまはろくでもないしまだけど?

 2008-08-06
2008.8.5(wed)

Sugarインストアイベント

マジカルスクエア(広島)
START 17:00


マジカル1

マジカル2






正確にはマジカルじゃなくって3Fのハワイアンカフェで行われました。
だって8人しかいないんだもの。
合コンみたいだった。競争率2倍で。


会話のところはいつも通り記憶の断片を妄想で補完しているのでニュアンス以外は正確でない可能性に満ちあふれています。







メンバー私服
Loki→黒ストール+白タンク+ジーパン+サンダル
SIZNA→黒タンク+ジーパン+黒スニーカー
真悟→白地にプリントのTシャツ(ポロシャツだったかも)+ジーパン+革靴
篤人→黒タンク+ジーパン+黒スニーカー

全員サングラス着用


司会はマジカル店員の平田さん。平田さん微妙なテンションがおもしろい。



・メンバー紹介
(省略)


・CDの聞き所など
L「2曲とも今までなかった感じの曲なので今までの曲と比べて聴いてほしいですね。」
S「悲しみに眠る陽だまりという曲は自分が作ったんですけど、サックスとかピアノとか参加してもらったのでいままでよりおもしろい作品になってると思います」
真悟なんて言ったか忘れた。
篤「やっぱり新しい試みをしたのでこの前よりもピアノとサックスが入ったので」
平「豪華な感じ?」
篤「そうですね音が増えたので豪華な感じがします」



質問コーナー

・広島にきてどこかいきましたか?
L「いまさっき着いたところなので(笑)」
客「笑。」
L「これは他のメンバーも同じです。」
3人頷く。




・遊園地は好きですか?

L「…嫌いではないですね。」
S「自分は好きです。」
真「僕は好きじゃないです。暑いし寒いし。」
篤「修学旅行以来行ったことがないんで…」
平「それは嫌いだからとか?」
篤「いや、行けば楽しいんでしょうけど自分から行こうと思わないんですよ。」

平「メンバー4人で行かれたりとかは?」
L「それはないです。」←即答


・(遊園地が好きと答えた人に)絶叫マシーンは乗れますか?
L「あ、ぜんぜん大丈夫です。」
S「自分も大丈夫です。」


・では、お化け屋敷は好きですか?
平「遊園地にお化け屋敷ってあるんですかね?」
全員「…?」

メンバーの反応が微妙だったので打ち切り。



・いつも素敵な衣装でほれぼれします。制作費とか、作るときのこだわりとかあったら教えてください。

L「生々しい質問だな(笑)」
客「笑。」
L「(SIZNAに)どんくらいだっけ?…ちょっと費用は言えないです。」
平「こだわりなどは?」
L「衣装さんが作ってくださるので…そのときに着たいものを作ってもらってます。」
平「曲の雰囲気に合わせたりとか?」
L「曲に合わせて作ることはないですね。バンドのカラーとか雰囲気に合うように。俺よりも楽器隊の衣装のほうが大変です。楽器のひきやすさを考えなければならないので」
平「ああそうですね。けっこう他のバンドさんでもおられますよ。せっかく作ったのに
とんでもなく楽器が弾きづらいみたいな。」


楽器隊3人何か発言したはずだけど覚えてない。




・音楽、バンド以外でこれだけは誰にも負けないこと
篤「えー…音楽バンド以外では誰にも負けたくないので、あとのことはボロ負けですね。じゃ、寝ること笑。」
真「えー…全人口の中で、ソツなく生きる。」
客「笑。」
S「僕から音楽とったらただの社会不適合者ですね。学校の成績とか悪かったし」
平「好きな科目も音楽?」
S「理数系の科目は得意でした。」
L「俺は逆に理数系の科目がダメで…国語とかは得意でしたね。文章読解とか。歌詞も書いてますしね。」
平「歌詞も漢字が多いですよね。」←よく見てるなぁ
L「漢字…漢字というか…そうですね、日本語が好きなので。あまり英語とかもあまり使いません。」





・他のメンバーの秘密を知っていれば暴露してください。
平「当たり障りのないことでもかまいませんよ。後でもめ事になったら困りますし。」
メンバー「笑。」
L「秘密というか…そういう話題がでるほど一緒に行動しないんですよ。」
平「いつも別行動とか?」
L「はい。」

ここらへんほとんど忘れた。
ツアー中オフの時間に町中で会っても「おっ!」ってするだけで通り過ぎるんだと。



・(真悟さんに)猪木のモノマネやってください
真「あれハメられてやってるだけで別にやりたくないんですよ!!なんか元気ですかー!とか言ったらじゃあお前それ本番でやれとか言われて…お客さんにガウンとか渡されちゃうしー…。」
平「じゃあ明日のライブでね、よろしくおねがいします。」
真「えー!!!!(いやそう)」
客「拍手。」
客「アンコールかラストでやってください。」
真「いやほんと猪木とかぜんぜん知らないし…プロレスとか興味ないんで!」
篤「じゃあ頑張ってハメます。」
客「笑。」




・「ひ」「ろ」「し」「ま」であいうえお作文
平「これ最初に言ったもん勝ちですよ。」
篤「「ひ」ろしまは」
平「え、それアリなんですか!?」
真「ろ…ろ…SIZNAさん、「ろ」なんかない?」
S「えー…。」
真「ろ、ろくでもない!」
客「ええええええ。」
S「し…しまだけど。」
Loki「待て広島はろくでもなくも島でもないぞ。」 もっともです。
客「笑。」
S「いや、広島の島にかけて。」
客「あー。」
Loki「え、俺が最後?」
篤「ほら国語得意なんでしょ。」
真「はーやーくっ」
L「えー…」
平「だんだんこう、みんなの視線がね…。」
L「ひろしまは ろくでもない しまだけど またきたくなるところです」
客「おー(拍手)」


このあとなんか言ってた




・広島といえば?
L「お好み焼き。あとこの間のツアーでセルムの椿君と料理が全部300円の居酒屋に入ったのでその印象が強いですね。」
S「楽器屋の店員さんがやさしい!」
平「どこのですか?」
S「パルコの」
平「ああ上のとこの。あそこはよく楽器壊れたバンドマンが買いにいくからじゃないですか?」
真「自分も楽器屋の店員さんですかね。前岡山でアンプが壊れた時にお世話になりました。」
平「前ライブの時おっしゃってましたねぇ。」
真「あともみじまんじゅうと鹿」
平「宮島の鹿は凶暴ですよ。」
篤「もう出尽くしたんじゃない?笑。えーと、広島はいつも宿が大部屋で、修学旅行みたいなんですよ。前のツアーで卍さんが乱入してきたんでそれが印象に残ってます。」



・隣の人のモノマネをしてください。
平「これやったもんがちですよ。」
真「はい!じゃあ俺ロキさんやります。ロキさんが、キムタクのモノマネをしたら。みんな目つぶってー!」
L「なんでそんなにハードル上げるんだよ。笑」
真「目つぶってー!これ絶対失笑する。いくよ」
客「(目を瞑る)。」
「おい、待てよ。」(ドスの効いた声で)
客「あはははははは。」
L「それは俺である必要あるのか?」

平「じゃあ次いきましょう…」
「え、俺だけ?」←やり損




・好きなラーメンの味は?
L「そうですねー最近は味噌が好きですね。」
S「自分は…塩ですかね。さっぱり系で。」
真「元々ラーメン自体そんなに好きじゃないんですけど、カップヌードルのトマト味(?)だけは食べられます。」
篤「塩バターが好きです。」


好きなラーメン屋の話してたけど聞き取れず





・広島の印象はなんですか?
L「広島弁。どこの地方でもそうですけど、女の子が使う方言って可愛いです。」
平「そうですかねー。逆に広島に住んでいると女の子が「じゃけぇ」とか言うのは可愛くないと思いますよ。」
メールで方言使うか使わないかの話
S「広島とか南の方に行くと男の人がみんなガタイがいいような気がします。」
真「僕出身が島根で、何度か広島には遊びに来たことがあるんですけど夏すごい暑いっていう感じがします。」
篤「広島はー道が碁盤目でちょっと京都っぽい。」
平「あ、それは原爆の後に区画整理とか行われたからだと思います。」
篤「すいませんもしかして地雷でした?」
平「いえいえ。明日なんでね(原爆投下の日)。警察とかいっぱいいるんで気をつけてください。(笑顔」




・お好み村に行ったことは?

忘却。思い出したら加筆修正。たぶんないって言ってた。




・メンバーの中で一番しっかり者は?
L「真悟。これは満場一致だと思います。時間に厳しいし」
真「そうですね、俺ですね。」
客「笑。」





・ライブの意気込み
L「今日は暑い中お集まりいただきありがとうございました。えー明日もまた暑いライブになるとおもいますが来たかいがあったと思えるライブにしたいと思ってますのでよろしく。」
S「明日は持ち時間も多いので、なかなかできない曲もできたらいいなと思います。今日はありがとうございました。」
真→イノキやりたくない的なこと
篤→頑張ってイノキさせます的なこと







・握手&サイン
サイン帳持参。無印の絵本みたいなやつまじで便利なのでおすすめします。
SIZNAさんが「沢山」と書いたのを「さわやま」と読んだ人約一名。え、その文脈で?
あっくんが「真悟さんは 今日も 元気。」と書いたのを見て真悟さんが
真「悟の字ちゃんとかけてるね。」
篤「前から書いてますよ。」
真「いやあっくんのケータイの予測変換見たらりっしんべんなかったよ。」

…見たのか。



最後の方全然覚えきれてません。思い出したら適宜修正します。


諸君、私はLokiさんの営業が好きだ。
これは恋よいいえ変だわ。







拍手レス

 2008-08-04
080619_205429.jpg

ついでにペット自慢。

拍手レス の続きを読む

菊と戯れ

 2008-08-04
実家ライフ満喫中。
ごはんがでてくるってありがたいよね!
瀬戸内海は私のものです。牡蠣筏独り占めしたい。
でも泳げません。水に入るのMURYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
春泥さんの泳ぎはさぞかし見事なのでしょうね(ハードル上げ

ヒトは長い年月をかけて海から陸にあがったのだから今更泳がなくてもいいんだぜ!
と、体育の先生に主張して怒られたことがありました。
大人になんてなりませんわ(苦笑)と誓った小四の夏(たぶん
ずげー嫌な小学生。

そんなことを思い出すくらいのどかなので珍しく読書。
大塚英志の「キャラクター小説の作り方」
キャラクター小説の作り方


別に小説を書きたいわけじゃないですけどこれを読むとSUICIDE ALIが楽しいことになります。
第6講の「世界はたった一つの終わりに向かっていくわけではないことについて」
を見ていると、中の人はこれを読んでバンド始めたんじゃないかねってくらいキャラクター小説の構造に忠実。
そんな感じ。


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。