スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

それはきっとキミがね浮かべた痣なの

 2009-09-30
『めがっさ☆ごっちゃまぜ-5限目-』


2009.9.26(sat) HOLIDAY SHINJUKU
OPEN 14:30 / START 15:00
ADV. ¥2,800(D別)

出演:チョコレヰト工場 / SUICIDE ALI / De'solerMerveille / 其の行方…穢 / ΩおめがΩ / 非合法Splash / DivariAre / maggot / デルデビ / 煌族R / マリア / NACHIwithシピレットビーバー / 歌謡どうでSHOW


インストアイベントのあと歩いて行って、いちおう中に入ってみる。
再入場ありだからすぐ出よう。
そしたらマリア様に遭遇しちゃいました!わぁぁ。




・マリア
一行に要約すると
髪の毛がレインボーで新宿の路上で奇声をあげながらヘドバンをしている映像がネットで話題になり数ヶ月前にはどうしようもない理由でお縄を頂戴して新聞に載った人。
動画で見たのよりもすごいDEBってますが大丈夫ですか。
青い「侍」のTシャツに、腰巻き?スカート?とぱつぱつのレギンス。
やっぱり奇声をあげながらヘドバンをしていた。
我々バンギャル、一般人には「奇声」としか形容しようのないものを「デスボ」や「シャウト」などと分けているわけですが、あれは「奇声」です。ほんとうに。
なんで普通に打ち込みを作れる能力があるんだろうこのヒトとか考えた。
この閉鎖空間で見てもだれも近寄らないしおもしろがってる人も見受けられないしやっぱりマリア様路上で頑張ろうぜ!!
これ以上拝聴したら耳が死ぬってところで終わった。
このビルでホストをやっているらしいので宣伝して帰っていった。
なんていうか、、、、なんていうかー!




コンビニ前にいたみねさんを回収して3人でごはんを食べに退出。
ドトールの客を半分ホリデーによこしたいくらい満員だったのでマックです。
わたしのアイスココアが…!
世間はチキンタツタで騒いでいたので私も大騒ぎしたかったのですがインストアイベントの余韻で死にかけていたためハンバーガーと爽健美茶Mをちくちくと摂取していました。
前方で麺みたいな人がキュアを開いて話し込んでいました。


30分前行動でハコに戻ろうとしたら路上が客引きのホストだらけ。マリア頭振ってないかな。






・非合法Splash
普段ホリデーでコテオサでありがちなバンドやってそうな人がセッションでネオビジュアル系を網羅してみた!東京傷年とかリンダとか迷彩とか。
なんかがっつり気合い入れてメイクして衣装着てステージに立って、一応アーティストというカテゴリーに属するのなら現存の売れ線のバンドの曲なんかやらねぇくらいのプライドが欲しいよね。
っていうのも無茶な文句にきこえるけどなんだかそう思ったのでした。
シモテギターが黄泉よりかわいい黄泉だった。

ゆーりさんがベースのでかい人がLokiさまに見えるとか呟いたのでLokiさまにしか見えなくなった。
しかもそのあと黒髪を束ねてヒョウ柄のタンクトップで搬出してた。がーーん。





・SUICIDE ALI
完全に「このイベントに出て客をかっ攫いたいです」じゃあなくて、「インストアイベントのあとにどうしてもライブがしたいです」って感じ。なのかな。
2列くらいは埋まってた。
春泥が水を得た魚のようにビチビチ動くのがもうかわいくてかわいくてぜったいにあれ目の中に入れても痛くないぞ!
インストアイベントでプルプル震えてたりおろおろしてた人が格好良く楽器を演奏したり叫んだり煽ったりしてるのを見ると非常に平和な気持ちになるのでした。
衣装も化粧も素敵で出てきたら4人でかっちり絵になってるっていう状態に既に満足。適度にファンタジーをくれる。

誘拐ごっこはメンバーも見ていて楽しそうでいいよね。
レバンデッシュリングで、春泥とラビシャンが同じタイミングで体の向き変えるのがおもしろい。
二人で目配せしてにやにやしてなんかやっておる。
ここからだとHIYさまがあんまり見えないよー。
あああああたまふるの楽しいな!いいな!ビジュアル系って感じだな!
ビットさんが頑張ってバンギャルを釣り上げていた。

ワンマンの感慨みたいなものをずっと引きずっていて
わたしの持てる全ての客観と主観でスイアリは素晴らしいバンドだと思う。
スイアリはいいよ!かっこいいし、肝心なところがショボくないし、でも可愛げがあるし、
なんかこう目の前がひたすら幸せなのだ。






SE
1.蒼い狼が見た絶景
2.僕という有害な要素
3.誘拐ごっこ
4.レバンデッシュリング
5.Favorite song






・チョコレヰト工場
ぴあすの人とかのセッション。
血糊!包帯!和柄!
うわぁ、絶対にチョコレヰト作ってなさそう
とか思ったけどまともにバンドになっていたので良し。
あの赤黒いギターの騒音っぷりはなんだデシベルの問題じゃなくて騒音。
ボーカルが変な子で11/29の告知を「いいにく…つくろう…」とか言ってた。
鎌倉幕府っていつできたんだっけ?
「みんなに秘密を教えちゃいます!こっちだけ眉毛描いてませーん!」って前髪あげたら眉毛描いてないほうがイケだった。
この!雌豚がー!って叫んで帰っていった。





・De'solerMerveille
白塗りで恰幅の良すぎる人の特効服の…
ネタ系かと思ったらそうでもないしでどうしようもなかった。
なんとか狂乱ってかいた幕をやぶって捨て
ヤンキー文化のダサいとこだけ抽出しましたみたいな。
前列のファンも特効服なの!
うわー猛烈に私の美意識の外だって思うより先に未だにこういうバンドでも需要あるんだ新宿すげーなとかしみじみ思ったのでした。
途中で意識沈没。






チェキを買ってアンケートを書いてバスで帰る。
一日おつかれさまでした。スイアリだいすき。ひひひひ。



スポンサーサイト

続・ファイフィルシーア見聞録

 2009-09-30
SUICIDE ALI
「第4のwaltz」インストアイベント

2009.9.26(sat) 自主盤倶楽部START 16:00~



インストア特別企画第一弾!!
「ファイフィルシーアにログインできるかな企画」

あなたのファイフィルシーアでのキャラクター、もしくは
ファイフィルシーアに存在すると面白いと思う新キャラはどんなキャラですか?
問1「キャラの名前」
問2「簡単なストーリー」


※インストア中に優秀作品2名様と、ほかに応募してくれたかた抽選で1名様に何かいいことがあります。





っていう宿題が我々に科されておりました。宿題です!宿題。
タリーズで頑張って書いてみる。




メンバー入り。
黒い。でかい。ひらひら。厚底。

簡単に挨拶したあとで早速新キャラ披露会。
事前に提出したキャラ用紙を、なんだか読まれる雰囲気だ!え!それ全部読むの?読んじゃうの?きゃああああ。っていう空気。

春:え、これ、読み上げるつもりだったんだけど…うまく伝わってなかったな…え、え、これ、読んでいい?
客:(頷く)

春→H→B→Rの順番に一人2枚づつ読み上げ。
春泥に読まれたよ一番にな…。
自分の妄想の中身を人に声に出して読まれるという心臓に棒でグリグリ穴を空けられる感じのアレでした。はう。

岡山県でシャブを作ってファイフィルシーアの闇の商人に流してそっからラビシャンに的なキャラがあった。みんな爆笑。
H:誰やこれ…!!!もう一度言う、誰や!!
H:俺が前回いらんこと言ったから…

嗚呼ラリシャン。

あとたまに機材を破壊しに来る幽霊とか、アムじいさんが好きな老婆とか、ファイフィルシーアの中での神様とか。
15㎝のピンヒールを履いた筋骨隆々の気弱な女子とか。ろ○さま投入されました。
HIY様の「(ヒール)はかんかったらええのになぁ」が地味にツボった。

会場の盛り上がりとかほぼ無視でキャラ用紙に見入って考え込んでる4人。
Bitさんの突っ込みが割にシビアだったと思う。


採点の集計結果は1位がひとりで2位が二人でした。
あとで5人でチェキを撮るそうな。




けっこう時間かかった。
ここから質問コーナー







・草食男子ですか?肉食男子ですか?

春:肉、食べるのは好きです…?えっ?なに?草食とか肉食ってどういう意味?喧嘩っぱやいとか?


wwwwwwwwwwwww

司会:女性に対するアプローチが積極的かどうかっていう意味ですよ。
春:そういう意味なんや!!今まで知らないまま草食系男子って言葉を聞いてました!そういう意味やったんかー。じゃあ、見た目は草食で、(実は)肉食です。

(うわぁいちばんタチ悪いぞそれ!)
(たしかに。)
(魚系でしょ!)


H:僕は肉好きです。ええっと、どちらかというと肉食ですね。

B:俺は春泥と逆かなぁ。「肉食と見せかけて草食」でしたっけ?
春:逆!逆!
B:あ、そっか。じゃあ俺は、見た目が肉食で、中身も肉食。」
司会:肉食ということですか?
B:そうですね。肉食です。


R:僕は…うーん、肉食ですね。血の滴る感じが好きです!(笑)



スイアリ肉食率高い。




・今回のアルバムの曲の中で、やっていて楽しい曲

春:前回も言ったんですけど、誘拐ごっこです。シャウトするところがあるんですけどストレス発散って感じで。
H:誘拐ごっこです。みんなで飛び跳ねるところとかがだんだん揃ってきて、きれいだなって思います。僕は飛べないですけど…。
B:誘拐ごっこですね。動きとか揃ってきて~(だいたいHIYさまと同じだったような)
R:これ、誘拐ごっこって答えなくちゃいけない流れですけど蒼い狼がみた絶景です。



・ワンマンライブの感想

春:ワンマンをやるといつものイベントが短く感じて、こう完全燃焼できないまま終わっちゃう感じなんですけど、ワンマンは(以下失念)

H:楽しかったです………ナルシスは、個人的にちょっと悔しい思いをしたところもあったんですけど…とにかく楽しかったですね。

B:ワンマンライブは、5回目?6回目?になるんですけど(以下失念

R:僕は6月にSUICIDE ALIに加入して、8月にワンマン2本あったので、曲を覚えるのがとにかく大変でしたね。でもワンマンをやったことで達成感のようなものがありました。



・無人島に何か一つ持っていくとすれば

あ、これ前もあった。


春:前回聞かれた時に携帯って答えて、電波入らないよって言われたんですよ。う~~~ん、ちょっと、シンキングタイムください。


司会:じゃあ今度は逆の方から聞いていきましょうか。

R:ええっと、人。好きな人と一緒にいたいです。


B:このあいだ何て答えたっけ?
客:猫!
B:あーそう!よく覚えてるねー!でも今日家で猫と喧嘩したので、犬にします。犬と一緒に行って後悔させてやります。(にやっ)
司会:でも猫はむしろ「助かった!」って思うかもしれませんよ。
B:うまいこと言いますねー!


H:いま、犬って答えようとしてたんですけど…。ベタじゃないですか…。
司会:犬でいいんじゃないですか?
H:そうですか…?じゃあ犬。黒いポメラニアンがいいです。


司会:春泥さんは?
春:えーーーーーっと、うーーーーーん。今ぱっと思い浮かんだのはナイフなんですけど。ベタですよね。
一同:?
春:ナイフです!
H:なんで?
春:だって、ナイフ便利やでー?木とか切れるし。木くりぬいて脱出できるかもしれんやん!!


(泳いで帰れよ魚。)
(ほんとだよ。)






・今日のライブの意気込み

R:この間の鹿鳴館で機材トラブルがあってすっっごく悔しかったので、今日はリベンジします。

B:インストアイベントあとのライブはいつもすごく充実してるから今日も頑張る的なこと

H:インストアイベントも初めの時はすごい緊張してたんですけど、だんだん楽しめるようになってきたので…今日はいいライブを宣言します!絶対いいライブにします!

春:明日のことは考えずに死ぬ気でやります。死ぬ気で。もう、最後かもしれないんで。
B:最後?
春:今日死ぬ気でやるから死ぬかもしれんやん~!
B:ああ。



最後に一言は新キャラ企画がおもしろかった、が多かったような。
そこからカメラタイム。事前に言ってほしかったなこれ。


握手&サイン
6つ目の帽子書いてもらったりケーキとかいろいろくぁwせdrftgyふじこlp;@



全部終わってから新キャラ企画のご褒美にチェキ撮影。
3人集まったらみんなドレスコードが黒。さすがです。
前に椅子3つで真ん中に自分。後ろにふたり立つ。
両隣は指名していいそうな。歌舞伎町にクラブスイサイドアリとか作って欲しい。
なんだかクラス写真になった。今更だけどガチガチに緊張した。ことばにならない。

さ:(作った)キャラいつかお話に出してください~。
B:まかしといて!!



ああああもうなんだかよくわかんないけどホリデーに突撃じゃー!

そんな雲のようなずるさも一つの方法。

 2009-09-28
GRiST活動2周年&4th MAXI先行発売主催イベント

「The Theory of Evolution」



2009.9.12(sat) 西九条BRAND NEW
OPEN 16:30 / START 17:00
ADV.¥2,500(D別)


出演:GRiST / LOKI / Kathakali / dotrip. / GoDeath / Dear L'Novel /
/ GRiST feat.地味ストリー(O.A)



・GRiST feat.地味ストリー(O.A)
・GoDeath
・Dear L'Novel

遅刻。



・dotrip.
この人はカリガリが大好きなんだろうなって歌い方だった。
ていうか全般的に密室が好きそう。
どこか哀愁漂うポップだったり歌謡曲だったり。
わたし雨女~♪ってあれ聴いたことあると思ったらセッションで見たわ。
ギターの音が好みでした。
MCぐだぐだ。





・LOKI
かかってこーい!って
歌詞とか、そういう中身の脆弱さの割にはハードな感じになっていくんですが。さて。
心地良い爆音と、痛くてたまにぐさっと来る歌詞と、見た目の統一感のなさ。
ほんとうに中身はけっこう好きなんだけどなぁ。
どうも外観がしっくりこなくて、でも中の人的にはこれ以上どうこうする気がなさそうだ。
衣装も化粧も失敗してマイナス要素になるくらいだったら普通のロックバンドでいいんじゃないかなとか。
見ることに集中しなければこの前から迫ってくる音はすごく好きだな。
遠巻きにぼんやり眺めたい感じ。
夢追い人がとてもいい曲。






・Kathakali
はははアウェーアウェー。
衣装から得られる印象と、曲の印象がぴったり符号しているのでそういった意味では今日いちばんしっかりビジュアル系なんじゃないかな。どうだろう。
ここらへんがたぶんさっきのバンドに足りないとこなんだよね。
グレイスカイって、しんみりしてて散漫な印象の曲だったのに今日のはえらいズドーンと来た。
やっぱりしんみりしてるけど、メロディーが強く頭に残るような迫力。
Kathakaliっぽさをまったく損なわないけど適度に試行錯誤のあとが見えるのが微笑ましい。
雲を観察するような気持ちです。イメージ的に。
うっかり前にいくとノアさまが回った瞬間に腕飾りとかが当たりそうになるから気を付けろ!
じわじわテンション上がっていくセットリストでした。
人少ない!でもどうでもいい!
重大発表は、10/11から期間限定でバンド形式になりますって告知。
ベースとドラムがサポートですって。いいなちょっとそれ気になる。



1.グレイスカイ
2.新世界
3.シャングリラ
4.蓮






・GRiST
なんかここ、すんごい頑張ってるの。
おめめぱっちりにして、絶対領域出して、ピンクのドレス着たり、かっこよくタクト振っちゃったりして!
最大限の努力をして、俺たちかっこいいでしょ!お耽美系でしょ!頑張ってるでしょ!
っていう自分を、ネタにしている。の…か…?

「美しくなる努力を最大限にしているけど実は全員ブサイクっていうポイントを自覚していてむしろ売りにしている清々しいバンドで客もそんなダメなところにキュンとしている」
という図でいいんでしょうか。
何をしてもネタに見えるけどゲラゲラ笑いきれるほどオープンにお笑いではないその微妙なラインにハマるひとはハマっちゃうあれ。
見るたびにベースの人の生え際を観察している私です。
必死に髪をお立てになっているところがヒットしました。

シモテのギターが女形にしてはかなり男顔なのにピンクのドレスを着ている。でも肩の脂肪の付き方は女子のそれである。
頬を染めて恥じらって笑うさまが乙女なんだよ!
頬を染めて伏し目がちに微笑むゴツい乙女なんだよ!

どの曲もどの曲も耽美っぽくしてあってまぁありがちだったけど様相が面白かったので最後まで見てしまった。
最後の曲でヴォーカルがニャースを背負って出てきた。
ニャースに咲く客。

なんだこの光景。


アンケートが割とシビアだった気がする。








おつかれさまでした。

寝ても醒めても

 2009-09-27
夜行バス下車

帰宅

スーパーヒーロータイム

寝る

起きる←いまここ



京都の空気の綺麗さに感動した!いや、新宿が汚いだけやねんけど。

そんなわけでスイアリのインストアイベント&ライヴ遠征をがっつりしてきました。
一日新宿に幽閉されてみた。梅田で迷うのに新宿で迷わないさくや。
夜の歌舞伎町をブイブイいわせてやったぜ!(まちがったことは言っていない!

もうほんとうにスイアリ以外はライブハウスにいるよりも外でホストの看板を眺めている方が相当に有意義という新宿ホリデーならぬ新宿ゴミデー状態。
はっ!ホリデーに到着したとたんにとうとうレインボーマリア様を目撃しました!


インストアイベントはいつもより人が少なかったけど楽しかったね。
とりたててトークが盛り上がるわけじゃないけどオロオロしてる4人を見てスイアリ仲が良いなぁと微笑むのです。

企画モノもあっていろんな成り行きで微☆少女戦士はスイアリさんと記念のチェキを撮ったよ!
チェキだよ!チェキ!
クラス写真のようだ。わあああ。
いいなぁこういう乙女ゲーないかな。クラブスイサイドアリとか作るべきかな。
24日が誕生日でしたので良いプレゼントだったと思います。えへへ。



また近々書きたいことがたくさんあるな12日のあれとかさぼってるし。
なんだかんだで幸せな気持ちなので全身全霊でおれバンギャル。

はー眠い。

端っこの隅っこ

 2009-09-20
ホリデー名古屋4周年記念イベント

黒のカタクラフト


2009.9.10(thu) HOLIDAY OSAKA
OPEN 17:00 / START 17:30
ADV.¥2,500(D別)

出演:emmuree / Schwein / The Candy Spooky Theater / dieS
/ Viodish select / gaudie.



ヴィジュアル系界隈の重箱の隅の隅までつついたらこういうバンドが出てきました的なイベント。







・gaudie.
仮面つけて登場。
衣装が余裕で外歩けそう。目の回りが一応黒い。んで音が重たい。
これでボーカルがヴォイヴォイ言ってたらもうありがちすぎてこのバンドについて考えるのをやめただろう。
紙一重でヴォーカルがなよやかで可愛かったのでセーフ。
あの、カリメロ的なキモさ。
音は一応重たいのに声が良い意味で軟弱。そこんとこのギャップと、あと演出良かった。
演奏もまずくないし。
それにしても黒いシャツとジャケットとパンツと革靴でメイクが黒くて音が重たい市場は飽和していると思いました。







・Schwein
ヒナおじさんと愉快な仲間たち
真ん中だけアウアア!絶対領域!ヴィジュアル系!なのにあとの衣装がつなぎ。
真ん中だけSchweinです。
あの衣装なら革靴よりも厚底の方が良いな。
途中で柵に背をあずけてブリッジみたいな体勢になったヒナおじさんと目が合った(気がする)ので笑い死ぬかと思った。
並みの女子よりも体型が女子とはどういうことだ。
相変わらず歌詞がおもしろげ。
雰囲気と曲は好きなんだけど音が下品にがちゃがちゃしてるのがいかんともしがたい印象でした。
きらいきらいきらいきらいしねしねしねしね♪って歌いながらシャツをまくるからもうほんとに乳首をしまえ!







・dieS
今まで出たバンドと毛色は違うけど一応これはこれでダークなバンドだったんだ!今日気が付いた!
荒瀬の目の下の闇闇もさることながらシャーマンとか分身とか、暗いとこからギラギラしたエネルギーがぞわーって出てくる感じがほら
あ、分身ちゃんときいたの初めて。
cozyさんのギターがテレキャスになっていた。シャーマンとかツインギターの音の違いがはっきりしててよかったです。
今日はどこのイベントに出してもこいつアウェーだ!みたいなバンドばかりが出ているのだけどここは際だってアウェー。(褒めている
dieSは、なんだか汗くささがあるよね。汗くさくて、ヒゲが生えてそう。
古典で言うとこのますらおぶりっていうか。でもビジュアル系。
そういう人が、何かに憑かれたように愛だとか死だとか歌っちゃうようなとこがまた可愛くて格好いいのだ。
荒瀬は酒の瓶を持ってまた「メシ食ってるかー!」って煽ってた。
あらせへんなこ。きゅんきゅん。
6曲がすごく短いよ。ワンマンまで耐えるよ。
りょうさまいいにおい。




1.NO DRUG
2.シャーマン
3.分身
4.幻影
5.high-裸-night
6.バーサーカー






・The Candy Spooky Theater
peggyちゃんのなにもかもがでかい!
3年ぶりに見たのに3年ぶりに見たら変わってたのがギターの「人」だけっていうある意味で尊敬するレベルのバンド。
洋モノの安そうなホラー映画とかナイトメアビフォアクリスマスの世界。
ねーねーこれほんとにステージに人いんの?大丈夫?立体映像とかスクリーンではない?って思ってしまうくらいの2.5どころか2.1次元っぷりに感動した。
ジャックから徹底的に生気が感じられません!
そんで日本語を喋っているはずなのに全部英語に聞こえます!
でもたこ焼きスプーキーとか煽られました!どうしたらいいんですか隊長!
見た目が2.1次元なら音も2.1次元だった。NO生気。
演奏も歌もビデオデッキから聞こえてきそうな音質。
なるべくライブ感を出さずに演奏を小綺麗に見せる方法ってないかな。
歌っていうか演奏っていうかもうこれはこういうBGMだよね。シアターだもんね。
バケツみたいな容器に入ったキャラメルポップコーンでも食べながら拝みたいもんだわ。
ああpeggyちゃんかわいいでかい。
Murder Toy~とかSpook HouseとかMerry Go Roundとかやった。気がする。

肉の厚さとか肉の厚さとか肉の厚さとかがまったく違うのにコルセットを着て顔が白くて長い黒髪を振り乱して腰を振るジャックの様子が某oki様を彷彿とさせて涙するのでした。ううう。










・emmuree
想さんの横顔が楠本まきの絵に見える瞬間がとても好きです。
曲名とか誰がどうだったとか詳しいことは相変わらずよくわかんないが今日のセトリは好き。
ちゃんと幽閉された!
よし見るぞって気合いを入れなくても漂ってくる暗闇の上の方だけ吸ってればemmureeは楽しいから好き。楽に楽しめる。
「今日の○○はすごく○○で~」って語れるほど見てないんだけれども曲が始まってジャーンって鳴った瞬間にいやぁemmureeは本当に上手いよね!と思う。
この完璧な調和の具合にはいつも感動する。
均一でも均等でもない。ただ4人が調和している。
まるで自分がいつどんな音を発すれば全体にどう響くかが見えているみたい。
バンドの上手い下手って結局そこらへんにあると信じている素人です。
演奏が始まった瞬間に空間がさーって染まる感じが好きだからemmureeは良い。
ベースの弦が切れるトラブル発生。
ハルカのニワトリのシャツに恋をした。
最後の曲が今までない感じで素敵でした。



1.月溺れる蜜蜂
2.ラブロマンス
3.Gray Note Freak Show
4.葬列とxxx
5.真実の雨
6.Instability





・Viodish select
主原料はパンクなのに、「首切りバイオリニスト♪」とか軟弱にロマンチックに歌い上げちゃってるとこのギャップが不可思議で、そのねじ曲がった雰囲気がまた非常に素敵だ。
これ一回聞いたら癖になりそう。
ちょっと前に視聴したらだいぶ面白かったので楽しみにしてたの。
この界隈でYAMAHAのギターを使っている人を初めて見た。
くるくる曲の表情が変わる不思議さと対極にある見た目の凡庸さが凄まじく俺達どんなところにも綺麗に収まりませんオーラを出している。
ほんと曲ごとにジャンルが違うからセットリストによって全くちがうカラーのバンドになりそう。面白い。
なんていうか見た目よりも中身の引きだしが多すぎるところで損をしているバンドかもしれないとか思ったりもしましたが時間切れなので帰りました。
最後まで見たかった~!


http://www.myspace.com/viodish









人がそんなにいなかったのでやっぱり寒かったですエリアの二の舞。熱燗持ってこーい!

Kとの常連乙

白銀週

 2009-09-19


8月の色んなしわ寄せが来たのでがしがし労働中。

知らないおじいさんに「僕をアッシーくんにしてや!」と愛の告白された。しかも嫁はんの目の前で。

今まで聞いた告白のセリフでいちばんときめいたよそれ!


はーライヴに行きたいな。
26までにがんばって新宿に辿り着くので誰か遊んでくださいっていうかスイアリのインストアイベントに行こう。

第4のwaltz

 2009-09-14
SUICIDE ALI PRESENTS
ファーストフルアルバム先行発売単独公演


「第4のwaltz-virus code:Sailla-」


2009.8.30(sun) HOLIDAY OSAKA
OPEN 17:30 / START 18:00
ADV.¥2,800(D別)





例えば、ずーっと走ってる時でもなんでもいいや。
集中力が成せる技なのか、それとも単に他のことを考える余裕がないのか、途中で何かのリミッターを振り切って感覚が浮くときがある。
全てが見えているけれどなにも見えない。
全てが耳に入ってくるけどなにも聞こえてない。


前半は、曲を縦にどんどん積み上げていくようなワンマンだったなぁ。
その時にいちばんいいものを積み重ね、出来た空気を崩さないようにまた上に音を置いていく。
Road of the wingの風圧とか、弧を描く病のざわざわしてきもちわるーい感じとか、風のslaveの繊細さとか

前の曲の余韻も含めて今演奏される曲。そんな感じ。

前の曲の余韻を踏まえてより高いところに積んでいく。

いつこれが崩れるかわからないっていう極度の緊張感と、それでも薄いものを何枚も重ねていく集中力の先の無心。無我の境地。
変に冴えてるような、ぼーっとしてるような。


Representaで一旦終わった時に、手にじっとり汗をかいていた。
特に動いたわけでもなく、まだヘドバンのヘの字も出てこないのに。
うええ、なんだこれぇ!ってなった。

だってスイアリみたいな暴れる楽しいバンドでこういう境地に至るとはまず思わなかったし。

自分が楽しむ気満々だったのと、バンドが提供するものが非常に良かったのとその相互作用。
これだけ揃ってれば間違いなくいいワンマン。
なんかねぇHIY様のドラムとかが上手く聞こえるんだよね最近。あれ。
本当にバランスがいいので安心して聴けるです。
風のslaveとRepresentaあたりが凄まじかった。


アムじいせんせいの第4のwaltz講座。
アムじいせんせいはハコの入り口のスタンド花につけてあった赤いハートの風船で飛んできたようだよ!
そんなナウでヤングなアムじい先生は腰痛に耐えながら解説をしておられました。
「(板書)消すよぉ~!」がかわいい。あむじいてんてー。
マル秘のプリントの秘が亀仙人のあれになってた。

板書のファイフィルシーアの地図がどう見ても四国です本当に略

客:四国だあれ…
客:四国…

ア:これは四国ではない!!

客:wwwww


さっきまでの流れを完膚無きまでにほのぼのムードに撃沈させてくれました!
ほんとうに撃沈です!
ストーリーは前回と一緒。


そこからえいやっと暴れ曲入れ食いタイム。
有害ひさしぶりでフリを間違えた。

春泥の顔ギターが日に日にグレードアップしていくので見てて面白いです。
カクカク動くし。
そのうち顔芸に走ったらどうしようだって春泥さまは絶世の美男子(笑)だもん!!

ここいらから頑張って頭を振ったのであんまり覚えてない。
最終種目ヘドバン。
ぬーおーだーと笛吹と要とレバンがばらばらになってたのでまだ意識は保てたかな。
前Bitさんがあんまりヒトっぽく煽るの嫌だったけど最近どうでもよくなってきた。
スイアリもちょっとずづオープンになってきた気がする。

さぁFSで夏のヘドバン納め。頭ぐしゃぐしゃでこれはうろこか!私か!編み上げか!みたいな。


夏の終わり幸せなワンマンでした。
あー終わっちゃったつまんない。











SE.
1.Road of the wing
2.蒼い狼がみた絶景

SE.
3.孤を描く病
4.CHAINSAW

SE.観察
5.愛すべき死刑台
6.風のSLAVE
7.Representa

SE.
アム爺さん、紙芝居

SE.雨
8.THIS NEW ORDER
9.誘拐ごっこ

SE.
10.レバンデッシュリング
11.僕という有害な要素
12.笛吹童子

SE.アム爺さん語り
13.痣-Sailla-
SE.ローエント街道

EN1.人間の要
EN2.正しい魔法の作り方
SE.洗礼の朝

EN3.Favorite song
SE.無人の都会

ファイフィルシーア見聞録

 2009-09-14

SUICIDE ALIインストアイベント



2009.9.13(sun) ライカエジソン大阪店
17:00~



このヒトたちは、衣装を着て化粧をしてるのに今からライヴもなんにもないんだそうな。
インストのためだけに!
インストのためだけに!

せ、せめて写真を撮らせろ…!


まぁそんなわけで便宜上はナカノヒトに触れる機会はまったくないわけです。快適。


忘れないうちに印象に残った箇所だけつまんでおきますです。
いつも通りニュアンスだけ拾ってるので正確でない可能性に満ちあふれています。


最初の挨拶でプルプル震えたHIY様が消え入りそうな声で「ヨウコソ…」と言ったので悶えた。



・アルバムの聞き所
ラ:すごく限られた時間で作ったので、それが逆にこう…火がついた!みたいな感じでうまくいったかな。と。

春:曲は成長するものだと思うんですよ。曲を作って実際ライヴでやって、そしたらここ逆ダイ、とか、ジャンプ、とか。そうやって偶然できたものもあるじゃないですか。で、家に帰ってまた聴いて…そうやって成長していくと思います。






・ラビシャンは何者ですか。

要約:ラビシャンはファイフィルシーアにある森に住んでいた。ある日赤い流れ星を目撃し、その日から不完全ではあるが予知夢を見る力を得た。悲惨な状況に陥った森を夢に見たラビシャンは、その真偽を確かめるべく流れ星のおちた方向へと旅に出ることを決意する。不完全な力を得た彼はそのことによって精神状態が不安定になり、現実と夢の区別がつかなくなる。そのためレバンデッシュの闇商人から得た薬で己を保っている。


特技:不完全な予知夢
持ち物:魔法のランプ


H:それはシャブ中ではない?
客:wwwwwwwwwwwwwwww
ラ:ちがう。自分をフラットに保つための薬だからー…

なんだか知らない間に堅気じゃない人が加入していたようです!
ラリシャン



・一晩いくらですか。

春:え?!じゃあ商品券で5万…て、これどういうこと?あ、わかった…わからなくなってきた!

しゅんでいもちつけ!

春:じゃあ、機材車新しくしてくれたらいいです(にこっ)

ねぇ、春泥はじつはすごく恐ろしい人なのではないか…もう、わたし、心臓にヒビが入りそう。うっ。
うわあああああああああああああん。

H:追いかけっこをして追いつけた人!

末っ子キャラな発言。

B:パソコンがほしいなぁ~。あ、マウスっていくらくらい?
ラ:1000円くらいだよそれ。
B:じゃあキーボード!
客:それも1000円くらい…
B:じゃあ両方で!

Bitさんの一晩のお値段=約2000円。

ラ:豪邸に住みたい。海が見えるお城。洋風ね。

おい!なんだよこのバンド内におけるヴォーカルとベースの金銭感覚の隔たりは!
これがファイフィルシーア…なの…?



今回学んだこと:スイアリは意外と安くない







・アルバムでイチオシの曲と、レコーディング中のハプニング
春:誘拐ごっこ。ライヴでやってて楽しい。ハプニングは…HIYが言ってくれます。
H:この外道がっ!
H:イチオシの曲は…風のslaveです。(春泥を見て)今いうのは癪ですけど…ギタープレイにほんとに感動して、こんなにかっこよくなるんやって思った。  
(春泥うれしそう)
あと失念。


・メンバーの意外な一面
ラ→春:あわてるとペンギンみたいな動きをする。
H→春:最初はしっかり者だと思ってたけど…
B→春:長いこと一緒にいるから意外なことがない

ラ→H:最初にスタジオ入ったときはマスクと帽子被ってたからわからなくて、ポスターを見てこの人がヒサシさんなんだ!って思ってた。あ、これ意外な一面じゃなくてただの感想ですね…えっと、面倒見がいい!助けてもらったことがたくさんあります。
春→H:もっと恐い人やと思ってたけど、出会って帰る頃には仲良くなってた。

ラ→B:自分の想像の中のBitさんには笑うとか冗談とかそんなのなくて、冗談とか言ったら「あぁ?」って言われそうなイメージだったけど意外に面白い冗談とか言う!
春→B:猫を見た時の反応がすごい。


B→ラ:アムじいの真似をする。
春→ラ:意外としっかり自分を持ってる。
B:あーそれわかる!話の流れでじゃあこれはこれで決まりねってとこでも、おかしいと思ったら自分の意見を曲げない。





その後握手&サイン会。うろこ。
スイアリの握手会は握手セルフサービスなのでがしがし掴みましょう。
ペンギンを描けと言ったら4人中3人がおばけのQ太郎みたいなやつを描いた。なぜ…。




飲んで帰る。うふうふ。

ジョゼフ気づかれたぞ!

 2009-09-11
jojo.jpg


2009年11月23日(祝月)西九条ブランニュー

dieS presents
「ANGEL JESUS dieS in EDEN」
~AHA TORO の調べ~

出演

dieS
SUICIDE ALI
emmuree
LOKI
dieSUICIDE(O.A)


※本編最後にセッション有
※本編最後にセッション有




※決して微☆少女戦士の妄想ではありません



SUICIダ ALイズと書いてスイサイダアリイズと読む。スゴイダイズ。


ああああああらせおつ。

さくや爆発しろ。ふぎゃー!


Sea of fingers

 2009-09-11
Moran 1st Oneman Tour

「Escort to the Deepest」



2009.8.29(sat) FANJ twice
OPEN 17:30 / START18:00
ADV.¥3,000 (D別)


※Ba.のZillさんが療養のためしばらくお休みされている間にex.Sugarの真悟さんという方が賢明にサポートを務めておられたようです今回は復帰一回目のワンマン。




Hitomiが

「やっぱり、Zillのいるモランはあったかいね!」
っていうから


そんなにしんごは寒かったのか!



と思わず心の中で返してしまったすまん。


何回も見てるのに一向にVeloの顔がつかめない。
メンバーがハケて出てくるたびにところでこの中のどれがVeloなんだろうと10秒くらい考える。
Veloの顔は一体どうなっているんだヴォーイ。


あ、ここのハコは好き。天井高い。

「はじめようか!」
Escort to the Deepest
タイトルからまず格好いいですわ。
そんでちゃんとEscortからはじまるよね。そこらへんは抜かりないよね。


Moranの印象は、薄い、淡い、でもヴォーカルの人がむやみやたらに凄い。
で、具体的にどれがどんな感じなのがMoranなの?っていう。
純粋にワンマンが楽しみだから行ったっていうのももちろんあるけど
ワンマンで見たらこのバンドはどうなるのか。ちゃんとMoranっぽさがわかるんだろうか。
っていう興味関心の方が大きくて

今日見たMoranは案外ちゃんとMoranだったなぁ。と。
もはやHitomiのMoranだなんて言わせないくらい。どこを切ってもMoran。
具体的に言えと言われたらやっぱり困るけど、4人で絵になってる。
途中でだらけもせず、ほころびもなく、ひたすらHEROINEいいアルバムだなって思わせるようなライヴ。
ギターの音だいぶ変わった。

Zillがやつれてキモくなってたので初めてキュンとした。



H:ジルの夏休みは終わったけど、おれたちいまから海水浴だからさ。きみたちの、声が、手が、波になるんだ。
ジルが泳いでくれるよ!

客:ジルー(咲)

H:ヴェロもサーフィンするよ
客:ヴェロー(咲)

H:ソアンも浮輪持ってきたみたいだし
客:ソアンー(咲)

Sea of fingers
ヴェロがサーフィンでソアン浮輪ってなんかわかる…。


やっぱりHitomi好きだな。
完璧に主題に沿ったライヴをしながら細部を楽しむっていうのは出来そうで出来ないことだと思う。
発する言葉の隅々が、一つの冗談ですら「Escort to the Deepest」という主題に帰結していく。
I was stage gazer.
中二病っていうのは、どうやったら自分が格好良く見えるかを常に考え続けてる人のこと。
Hitomiは、常にどうやったら自分が格好良く見えるかを知っている人。
(なにが格好いい悪いの議論は置いておく。)
自分がどうやったら絵になって、どう言えば詩になるかを知っている。
Hitomiのこの動きは絵で、Hitomiのこの言葉は詩。
マイクスタンドをステッキのように使って流し目をするあの瞬間が好き。
たくさんの手を、指を、光を「煽動する俺」っていう絵。
その絵がすごく見たいから私もフラッシュリングつけてわっしょいわっしょいするのだ。



H:歌はいいね、って、おれの好きなキャラクターが言ってたんだけど、本当にそうおもいます。

おい。



ダブルアンコールで私服とバンドTシャツ(すごいかわいい)で出てきてsea of fingersするからこれはどうしたことか。
Escort to the Deepestだし、それに沿うように最後は当然「同じ闇の中で」でしめてくれると思っていた。
なんていうか、らしくないなぁ。なんでなんで?
Hitomiほぼすっぴんだ。目がかわいいけど迫力ない。

寝間着にしかならないバンドTシャツが嫌いだって言ってたけどそれすごく同意します。



そんな感じで最後の最後で深みにはまりきれなかったけどほんとに楽しいワンマンでした。
最初から最後まで楽しいワンマンってなかなか貴重だったりする。
またMoran見たいなって思った。






Soanブログから引用。


1.Escort
2.ハーメルン
3.マニキュア
-MC-
4.目下の泥濘
5.人間の人間による人間のための恋路
6.君のいた五線譜
7.寡黙の夕べ
-MC-
8.Sea of fingers
9.Silent whisper
10.Helpless
11.Lost sheep
-MC-
12.LOSERS'THEATER
13.Stage gazer
-MC-
14.Flower Bed

En1
15.Element
16.今夜、月の無い海岸で
17.Party Monster

En2
18.Sea of fingers(高速ver.)




ホリデーのシークレットがスイアリだったらしいなんじゃそれ。

私と酒とヴィジュアル系と

 2009-09-08
ジャイアンナイトfeat.V


2009.8.23(sun)大塚Deepa
OPEN 13:00 / START 13:30


DJ:大谷ノブ彦(ダイノジ)
  岩瀬ガッツ(iwamaru GG)
GUEST DJ:浅井博章(爆寸)/ 山本昇







Deepaは横長で快適。



岩瀬ガッツがDJではなくただのヘドバン要員になっていた。
岩瀬ガッツはもうV系バンドをしたらいいと思うんだ…。バンギャルはみんなあの顔好きだよね。

ジャンヌSIBARI
大阪で大活躍だったyasuコス様が本日もいらっしゃった。
回転ヘドバンうますぎて拍手おきた。すげー!

ヴァンパイアでDJを襲いに行くコスにフロア爆笑。
ステージの上でいろんなカップルが成立してた。
ルナティックゲートいい曲だなぁ。
ダイヤモンドヴァージンの歌詞はハイドさんを想ってかきました!
キラメキ…
トキメキ…


あの安コス様は人格もサイコもおどれるわキリトになるわで万能すぎるあああの安コスほしいいいい。

十字を切りーっ!!!


ジャパモダで無駄にハッスルしましたケツオコスがすごく似てた!
蜘蛛の意図でざざざーっと人がいなくなるのがおもしろかったので人の群れを横目に一緒に波にのまれてみる。
ノリだいじですノリ。




wishで跳び損ねたすーん。

シドがカバーしたwish流れたからステージにマオコスとRYUICHIコスがいたの。
マオコスがLUNA SEA好きすぎて感極まって泣き出してそれを抱きしめるRYUICHIコス。
客が沸く沸く!ぎゃああああああ。
なにこれ!ちょうおもしろい!ドラマだわ!


ハーケン2回ならいっこアドルフにしようよー。
バイハレで京コスが暴れまくっててふいた。


有紀コスが似過ぎてびっくり。ふつくしい。


ちいさいシャラクが絶望ですかー!
絶望でーーす!


日本一ヘドバンが上手いDJ浅井博章氏が誇る爆寸はセトリが個人的にハズレ感漂いました。
ジャイアンでかかりそうな曲ならかけなくていいじゃん。
フィルスとか傘とか
しかしながらしっかりジョイジョイしたので満足である。
白い闇いい曲。


2回目のヴァンパイアで浅井氏が最前を襲いにいった。
このイベントのいいとこは浅井氏がフリーダムなとこだな。
岩瀬ガッツとモッシュしてた。
そんで華月コスのギター持ってきてXでエアギターして爆笑。

ヴェルサイユって今流していいんだろか…。
心夜コスさんが前に出てきてらしたけどえみるとまゆの中間のような方だった。
うん、いろいろまちがってない!


そのラスト3曲のタイミングでギルガメはよくわからねぇ!
Xジャンプをしてなんだかんだでエンジョイしました。

笑いあり涙あり壮絶な疲労感と達成感。
まるで体育祭が終わった時の気分です。


首が使い物にならなくなって終了。



セトリ拾ってきたので一番下にたたんでおきます。






ここからバカ水溶液の後藤さん主催で甘党酒の会Vol.1、略して「甘酒会」へとなだれ込み。
いざ池袋!

一昨日の暗黒祭に負けず劣らずの濃いメンツ。

たまには大人数でキャッキャするのもいいね!
ビール好きなのに酔う前にお腹いっぱいになるのがいけないことが判明。
本領が発揮できなかったので次からは酒かバクダン攻めで行こうと決意(やめろ

アイジが池かそうでないかで盛り上がってた。
ロキ様はガルーダの楽器隊と組めばいいと思った。
ロキ様の次のバンドが好きになれますように。ううううう。



「じゃあ後藤さんが言うイケメンって誰なんですか?」

「えー、若林(オードリー)!」

\(^o^)/
(゚∀゚)
(´・∀・`)
( ゚Д゚)
(´ー`)y─┛~~
ヽ(゚Д゚〓゚Д゚)ノ

後藤さんの趣味は海よりも深く山よりも高い!



その後カラオケになだれ込み。


JOYだったためSugarはSleepyでしたうわぁLoki様ってけっこういい歌詞書いてるんだな!
オウリさんのB'zの替え歌が面白すぎた。DEMACHI ばんぎゃる!
ゆきちさんが歌うまい。
ああ、ジャイアンでマーベリックききたかった。
ちょこちょこ歌いながらひたすら踊ってました悪のりサーセン。
目指せバンギャルマスター。

ヴィジュアル系の歌詞は中身がなければないほど素晴らしいんだ!という話になった。
NEO ARKほんとうにひどい!歌詞朗読するぞコラ!
ミシマさんの歌った最古のAREAはLoki様のテーマにけてーい。
yasuのセンスは狙いギャ以下。


ダッダッダッダダッダッ!しずなー!

ダッダッダッダダッダッ!しずなー!


おぉしずなよ、我らに救いをお与えください(新盤的な意味で


えひめのこころー!みーかーん!で〆。

次の甘酒は本腰入れてカラオケ大会とかいいな。
それか名古屋食い倒れツアー。


さくや「ダメな大人の会」
オウリさん「大きいお友達の会」

おつかれさまでした。えへへへ。




その後渋谷駅の交番前で藤汰さんを拾ってラーメン屋。
シャンプー貢いだ。嫁だから。ふふふふ。



私と酒とヴィジュアル系と の続きを読む

バンギャル式トライアスロン

 2009-09-07
爆発寸前NIGHT 2009
~ version M~


2009.9.6(sun)西九条BRAND NEW
OPEN 16:00 / START17:00
ADV.¥1,500(D別)


出演:浅井博章

DVC00126.jpg






うわあああああああああいサンコロだあああああああ。

サンコロ!
サンコロ!

この中身のない歌詞!このわからん曲!このシャウト!
ヴィドールのおバカさ加減は日本の宝だと思いました。
地下線イベントばっかり行ってた時にサンコロと人魚あたりはバンギャの一般教養だと思いこみ必死に覚えたんだけど意外にフリやってる人の数が少なくておどろいた。


やっとこさで本家爆寸。
今回は98年以降の曲なので現役バンドも多数。

ステージに音を奏でる本人がいないのに本物以上に異常に盛り上がれる文化はヴィジュアル系の他にないのではないだろうか。
しょっぱなからNOIZコスがドラム以外揃っててステージのボリュームがやばい!


ダッダッダッダダッダッ あさいー!



浅:今回撮影した映像は後でじっくり見てフリの参考にしようと思います。みなさんにお見せすることはありません。
客:えええええええええ
浅:ネットに流したら叩かれるよ?
客:wwwww
浅:○分○○秒のあの女やばいとかいわれるよ?「ヤバスww」とか書かれるよ?
客:ちょwwwwwwwww


キリトコスが似すぎ。ていうかそのもの!
MASS GAMEおいしいです(^q^)
キリトコスの人がビリビリクラッシュメンの時に後方でTERUの真似を始めてしかも似すぎて拍手喝采。
ビリビリは前方より後方がアツかったのである。
Dirセトリはハズレだなぁ。なんでZOMBOID。
とらんすっぷれいとらんすっぷれい。
たぶんジェシカのトシヤコスがいた。


バンギャル症候群のコス5人オンステージ。
すごいボリューム!すごいボリュームです!
それでもかまわないの~ねぇ~振り向いて~♪で一斉に振り向いて浅井氏に咲く。ぎゃははは。

D旗壮観。

先生!やっと激愛のフリマスターしました!
YURA様とAYAコスがまぶしいです!

Actuate Edenのフリで撃沈。ああああ。
ねぇ戮は一体どうなっているの?
浅井氏も難しそうだね!って言ってた。
くそう教則DVDをひっぱりださなければ!


一部からぎゃーーーーーー!って歓声上がって虎虎虎
きりゆうさんが叫んだ!
次の瞬間きりゆうさんいなくなった!

ボロボロになって帰ってきた!


deadmanに間に合わなかった人で兄弟でもなんでもないのですがイントロで前に突っ込んでしまいました。
すりーつーわんごぅ!


ジャイアンナイトでも思ったがヴェルサイユはいま流していいんだろうか…。



今日はハシゴをするので、おれ、この赤いワンピースが終わったらスイアリを見に行くんだ!と念じていたのになんてことだ浮遊した理想

きゃああああひずみいいいいいいいいって叫びながらコスさんめがけて条件反射で突進!つっこめ!
まっるでーしーんきーろーおーのよーーにーーーヴォイヴォイヴォイヴォイ!

視界がヘドバンすぎる。

真っ黒で背中が編み上げのって何の衣装だっけ。
ああひずみが…



タイムリミットなのでwyseの何かを聞きながらハコを出て環状線に飛び乗って地下鉄に乗り換えダッシュ!
まだ出てないよねまだ出てないよねと大阪駅を疾走。
ああっわたし今人生でいちばん必死な気がする。
踊って頭振って走って頭振るトライアスロン。


大丸の出口を出て心斎橋筋のユニクロと不二家のあいだを華麗に曲がって走れ!走れ!
あと3ブロック!あと2ブロック!たぶんここで左に曲がる!よっしゃー!


入ったらリリプロ中。ギ…ギリギリセーフ!ゼェゼェ。


鈴やらなんやらを装着して無事スイアリにありついた。




CROW MUSIC Presents
【INVISIBLE MENACE】

2009.9.6(sun)心斎橋club ALIVE!
OPEN 15:30 / START 16:00
ADV.¥2,500円(D別)

出演:LICKER / ギルド / 関西耽美系~Lily project~ / ZEROZERO
BASKTRIVE / 鴉楽団 / アリィ / Code No.Ⅳ / ディサイド /
   SUICIDE ALI(GUEST)



本日の最終競技

・SUICIDE ALI
ステージが広くて、照明が少なくて、音響もヘンで隙間があって、そんな隙間がある感じにうまく嵌ってた。気がする。
いきなりレバンデッシュリングでヘドバンしてもうどうにでもしてくれ状態。
ああカクカク動いてニヤニヤ笑う春泥はなんてかっこいいんだろうしゅんでいしゅんでい。
ライヴ楽しくて仕方ない!って感じが滲み出ているので好き。

レバンから曲のつなぎに誘拐ごっこのリフのアレンジみたいなやつを弾いちゃったりしてこのこの。
どうしよう…春泥さまがすごくギターが上手いヒト風なことをしている…(激しく動揺している


ほんとに今日は空間の隙間も音の隙間も堂々としてた。
はっと音がなくなってなんとなく気まずい空気がないの。全部SUICIDE ALIの支配下。

スイアリって、どっかこのバンドは趣味でまったりやってます的なひなびた空気があったんだけどここ最近はほんのり気品とか高級感が漂っている。そこのバランスがすごく素敵。
ラビシャンの脚は良い脚。

誘拐ごっこのジャンプと手拍子をループさせて執拗に煽ってたのでいいよ今日の若い客層はそうやって釣るべきなのだよ。

ラストー!でFSかと思ったら魔法でモッシュわちゃわちゃ。
短いけどよし、満足した。

おつかれさまでした!




SE(あなたの物語である)
1.レバンデッシュリング
2.誘拐ごっこ
SE
3.蒼い狼が見た絶景
4.正しい魔法の作り方



ぐったり。



爆寸のセトリ引っ張ってきたので下に畳んでおきます。



バンギャル式トライアスロン の続きを読む

スイーツかっこわらい

 2009-09-06
さくやさんは食べ物の好みがおっさんすぎですとのお声を頂いたので糖分補給を兼ねてたまにはうら若き乙女チックなものを食べてみようじゃないかと昨日はいざ四条河原町

京都は木屋町にある喫茶ソワレにゼリーポンチを食べに行ってみた。


とにかくすごい!色がすごいの。絵の具のようなステンドグラスのような。
妹のはヨーグルト。
ソワレブログ用

ソワレ2ブログ用



プルプルしてしゅわ~っと。
味は普通に美味しいがとにかく見た目うまし!なんというヴィジュアル系。
お店がブルーのライトで薄暗くて、入ったら異世界でした。

その後思いつきでキルフェボンに行って二人でケーキ3つ。
いいんだ爆寸とスイアリをハシゴしてダイエットするんだ!


キルフェボンブログ用

カボチャのブリュレうまー!
手前の皿の配色を見て妹が四天宝寺と呟いたので華麗にスルー


ぎゅーん!

 2009-09-06
SUICIDE ALI PRESENTS

ファーストフルアルバム先行発売単独公演

「第4のwaltz-virus code:Sailla-」

2009.8.22(sat) 浦和Narciss
OPEN 18:00 / START 18:30
ADV.¥2,800(D別)



あの!


ちょっとさ!

たいへんだ!


SUICIDE ALIが



演奏が上手くないか。


と思ったRepresentaのあたり。
いくつも積み重なる音を耳で追いかけるのが楽しくて、気が付くと聴くことに没頭していた。

愛すべき死刑台から風のslaveからRepresentaへ
いいねぇこの流れ素敵。

前半が殆ど聴かせる曲だったんだけど聴かせる曲がちゃんと聴けるよスイアリすげーよ(褒めている
ふらふらどこ行くかわかんなくておいそこっしかり!っていうドキドキハラハラがなくなった。
テク云々を言い出したら鼻で笑われるレベルかもしんないが、バランスが格段に良くなったんで逆に個々が引き立つの。
これけっこう理想的な調和。
HIY様のドラムが上手く聞こえるしBitさんの声がよーーく聞こえるしラビシャンの歌うベースラインとあと春泥さまが顔ギターだし。

そうなの!顔ギターだよ!顔ギターなのだよ!
Representaのジャージャージャジャッジャッジャジャッジャジャギューン!のギューン!で春泥さまの顔がギューン
さくやバキューン!
うおおおお…なにあの生き物ちょうかわゆい。
必死に笑いをかみ殺しながらまじまじと鑑賞しておりました。うろこ。


風のslaveはライヴと音源が別物、って過去誰かが言ってて
あーあのザワザワして繊細で緻密な感じはライヴではお目にかかれないのねと諦めていたがこれが雰囲気出てる。
いくつも重なって響き会う音と呟くような歌声。
んで後半の「そんなに~」からのギターがやばいなこれ!しゅんでいがんばった!

全体的にそうだけど、歌が楽器に押されずちゃんと聞こえるようになったの大きいです。
今日ほどBitさんの歌がちゃんときこえた日はない。もう8/22は記念日にしよう。

聞きこんで楽しいスイアリ。これ新しい。
やーほんとにラビシャンはすごいな。すごいのに変態だな。
ロングコートからちらちら見える網タイツにきゅん。

間のSEの使い方が上手い。
観察がすんごくひさしぶり。


メンバー紹介のSEで一旦ハケてからアムじいさん登場。
ステージにはデッサンとかで使う木製スタンドの上にツタが巻いてあるホワイトボード。
「アムじい先生の第4のwaltz講座」って書こうとして「座」がなかなか書けないアムじい。
これまでのストーリー補完と、saillaがファイフィルシーアへ堕とされたいきさつ、あとlanaの話。
アムじい一番目の神様ちがう。一番目は平和だ。

saillaは慈愛を司る神様だったけど、ジャミエルのせいで憎しみや嫉妬、疑いの感情も一緒に持ったままファイフィルシーアにおちて、その感情はファイフィルシーアにも広まり「virus code:sailla」と呼ばれたらしい。
でもそれまでは愛も知らなかったわけだからよかったのかわるかったのか。まとめるとこんな感じ。
それってすごく普通のニンゲンぽいなと思った。


そのあとは暴れ曲入れ食いタイム。
THIS NEW ORDERで2部始まり!みたいな。
リプレで一旦切ったのもしっくりきたし、今回のセットリスト好きだな。
有害でビチビチ跳ねるうろこ。暴れすぎてうろこ消えかけ!
どの曲もどの曲もベースが「おお!」ってとこがあるんでやっぱりラビシャン好きです。
時々がばーっと歌メロに絡んでくるのいいよね。笛吹とか。
痣-sailla-の二人目のヴォーカルはあのベース。間違いない。


アンコール
Bitは喋るとGoshiになるからきをつけろ!
「歌詞をたくさん間違えました!みんなも俺の歌詞の間違いがわかるくらいにね、アルバム聴いてください」とか言ってた。

FSやらなきゃ帰れませんので怒濤のアンコール2
FSもベースのアレンジがだいぶ変わってるので再録して欲しいですほんと。


終わった後の余韻が今までになくよかったんで、もしかしたら今までで一番良かったライヴかもしれん。とか。ははは。
暴れて良しじっくり聴いて良し。

手応えばっちりのライヴでした。
SUICIDE ALIは好きなバンドで良いバンド。
あーあとねぇ春泥可愛かった。顔ギター。





HIYさまセトリありがとうございます土下座。若干いじったけど。

SE(ナレーション)
1.Road of the wing
2.蒼い狼がみた絶景
3.誘拐ごっこ
SE(観察)
4.孤を描く病
5.CHAINSAW
SE(雨)
6.愛すべき死刑台
7.風のslave
8.Representa
SE(メンバー紹介ナレーション)

アム爺さん登場「第4のwaltz講座」

SE
9.THIS NEW ORDER
10.レバンデッシュリング
11.僕という有害な要素
12.笛吹童子
SE(アムじい)
13.痣-Sailla-
SE(ローエント街道)


EN1.人間の要
EN2.正しい魔法の作り方


EN3.フェイバリットソング
SE












おつかれさまでしたカンパーイ。
さんまの刺身がヌルいとほざいてトマトスライスが乗ってた氷にのせる暴挙に出ながらし様とDCを熱唱。
さんま2


あ、うんたしかに冷たいほうがおいしいこれ。
ミニローズの花束抱いて!しさまー(咲)
外に出たら視界にローディくんがいたので咲いて逃げる立つ鳥後を濁すだめな酔っぱらい。


ワンマン成功おめでとうありがとう。

スイアリ30分見放題

 2009-09-04

スイサイドアリー1stアルバム完成記念30分無料ワンマン


~ファイフィルシーアへの招待状~

2009.8.22(sat)浦和Narciss
OPEN 15:30 / START 16:00
ADV.¥0 (D別)



ワンマン本編の前にプレワンマンみたいな。
並んだ順で入れるらしいが高をくくってのろのろ起床。
ひとんちのトモダチコレクションのこっさんに酷い歌を覚えさせる。うちわもめ!

浦和deデニーズ。うめしらすごはん。

会場に向かうと花どーん。
DVC00112.jpg



無料イベントて、金払いたくないけどちょっと興味あるなみたいな新規動員確保のための戦術なはずなのに、蓋を開けるといつもの客を煮詰めたような…なんか…あの…。
まだサイバーかロクメーあたりでやってればハイラヂの客とかちょっと来れたかもしんないのにね。
浦和遠いよね。


気合い入れていくぞー!ヴォーイ!




っていきなりFSなんですかぁぁぁぁぁぁぁぁ。
いきなり煽り曲。
2年前くらいにアライブで同じことをしてまったく盛り上がらなかった思い出がフラッシュバックしたけど普通に大丈夫そうだったのでスイアリ大きくなったな!とか無駄に感動してみた。
しかし最初から体力を削ることを余儀なくされる。
狼のBitさんの踊りがすごい。
まったく真顔であれをやるところが素晴らしい。
手首をくっと曲げて狼のポーズ、で、で、目を見開いてきょろきょろ。
神の子Bit

誘拐ごっこのジャンプと手拍子の練習をたくさんさせられた。
ああこれは本編前の振り付け講座なのね。
そして一向にタイミングが覚えられないBitさまごめんなさい。

ギターの音がどんどん好みになるふふふふ。誘拐ごっこの間奏好きだ!
頑張ってジャンプする春泥さまにキュンキュン。
こめかみあたりの毛を剃るのは流行ってるんですか?
もうちょっと色を明るくしたら最遊記三蔵コスいけるんじゃないだろか。三蔵。煙草くわえて銃持ってくんないかな。
ひーさまがおでこ出して頭に花をつけていた。
ひーさまの良さがわかってきた(おそい)
全体ちょっとかたい印象をうけたけど楽しく終了。
調子良さそうなのでこりゃー本編楽しみだ。
アンコールしたらあむじいが喋った!






1.Favorite song
2.蒼い狼がみた絶景
SE
3.誘拐ごっこ
4.人間の要

SE
アム爺の語り





本編に続く。

幽閉された冷蔵庫へヨウコソ

 2009-09-02
emmuree Summer Festival 2009

『暗黒Summer's』


2009.8.21(fri) 高田馬場AREA
OPEN 17:00 / START 17:30
ADV.\2,800(D別)

出演:emmuree / cocklobin / DISH / ルーシー / L'eprica /O.A …。(サイレンス)

   ※シークレットバンドあり




夏真っ盛りに暗黒バンドばっかり集めてエリアでどーん。
毎年夏のAREAは何かが起こる。


そんで寒い!冷房とだれも動かないのとそれ以外の何かがちょう寒い!
ガタガタ震えながら納涼。






・O.A …。(サイレンス)
可哀想さんがエスニック。あの衣装にあれだと顔が白すぎて恐いお…。
Zullを久しぶりに見た!ちょうかわいい。
白い巻き毛のヅラにレザーの燕尾ジャケット、白いふわふわのスカート。
センスが装苑とかあっちの人だな。あの白いセミアコはほんとにかっこいい。
ベースの人、空気っていうか闇だ。闇に同化してるよ!
「目を凝らさないと見えないかもしれませんが」って想さんにいわれてた。
演奏がちょっとちぐはぐなとこが目立ったかな。トラブル残念。
唄があまりに情感たっぷりだから打ち込み多めくらいが丁度いいかも?
歌い出した瞬間にああ想さんってすごいやと思った。




・DISH
この夏V系になりますとかフライヤーにあってベースの人とかわりとちゃんと化粧してるのにぜんぜんV系っぽくない。
化粧したロックバンドとヴィジュアル系の差はどこにあるんだろうか。
曲とか雰囲気とか、なんか収まりが悪いの。でもその異端な感じはまぁ好物なので好き。
3人なのにステージに5人くらいいるんじゃね?っていう音と存在感だった。
ベースの音はゴリゴリしててあんまりツボらなかったかな。どっかギターっぽいよこのベース。
ヘッドに孤独とか書いてあるよ。
横からハコスタがすんごく楽しそうに見入ってておい仕事しろー。







・cocklobin
にぐでかああああああああああああああ
一人だけスケールちがう。
あのコートの下にはなにが詰まってるんですか!肉ですか!にぐから肉を抜いたら濁点が残るのですか!
久しぶりにぽりを見て癒される。髪まきまき。
にしても全体あんまり依織ギターっぽくないな。
あのうねうねして癖のある音とフレーズがもっと聴きたいんだぜ。
chloeとtha darkはワンセット!
演奏が始まった瞬間になんか、ライヴが物足りないなぁこのバンド。
メロディーとか音の質とか衣装とか化粧とか、醸し出す雰囲気はこの上なくここらへん界隈の人をわしづかみにする素晴らしいものだけど
chloeのイントロとか意外とガタガタだったんでぬーん。
ライヴで楽しむべきものは、音源にはないものだ。
だから普段はあまりそこの差を気にしないはずなんだけど、あまりに音源にぴっちり隙がなさすぎるからこれはライヴがつらいかもしれない。
まぁ無い物ねだりだけど。







・ルーシー
見てくればんざい!
ルーシーはきっと、見た目だけなら渋谷O-EASTを満員に出来る。
ここらへんで一番上手そうに「見える」演出に長けているバンド。
完璧な見た目。衣装、メイク、演出、高級感、ダークネス。
なんていうかショボ盤にありがちなガッカリポイントを全部うまく削ってる。
でもねでもね、演奏が始まったらナルシスの通常イベントの2番目くらいのレベル。
ドラム…ドラムしっかりするんだ!ツタツタツタツタどてっ!シャーン!
そんで木ネ申さんは一体どこに腹筋をつけたんだこら。
どう耳をすませてもギターが2本ある意味がわからないけど弾いてるところはすこく絵ヅラ的に良い、という状況。
そこの駄目な子具合がまたキュンとするところなの…か?
手拍子とかなんとかノリがオープンになってだめになった。

なんか前回よりものすごく中身が退化したはずなのに見た目はグレードアップして高級感があってその印象だけは強烈に残っちゃう。見た目強し。
しかし今回の印象は「ルーシー練習しろ」という呪文となって深く胸に刻まれたのでした。
ルーシー練習しろ。





・Amber gris (シークレットバンド)
予想はしていたのですが
予想通りだったのはバンド名だけで…

想定外に手鞠がかっこよくなってた。
お世辞にも美形とは言えない人なのに、この輝くオーラ。
纏う空気がイケメン。
キラキラした目で大事そうに歌を歌う。
ああー手鞠。おかえり。うっとり。
あれから1年。わたしほんとに手鞠の歌が聴きたかった。
7割手鞠しか見えてない盲目っぷり。
聞き逃さないように。
ちらっとシモテを眺める。うわぁ。こ、殊さんだ。殊さんだよ。
ああー結局このヒトSugarのときからずっとそういうの着たかったんですよね。わかります。っていう。
スカート短いよ!普通にその服欲しいよ!
痩せてるのに足だけはエロい。
靴…。
ドラムの子の眼鏡はどうした。
ルーシーの後だったのもありますが演奏は良かったと思いました。
素材はよさげなんであとはこのバンドは曲次第だな。

手鞠キラッ☆






・L'eprica
幕が開いたらドラムがハルカコスでヴォーカル想コスでギター朋コス。
ザ・emmureeコスチーム。
メイク道具を借りてムレ本見ながら必死に頑張ったらしい。
いい!このヒトたちは暗黒祭のなんたるかを理解している!
ハルカビーさん似合いすぎだろ。うっかりときめいた。
ビーさんの骨格が好きです。誰かわかって。
小さい朋さん。
MC中にハルカの風呂場エフェクターみたいなあれやってたから爆笑。
れいやが普段はこういう恰好じゃないですがっていやだいたいそんな恰好でしょうが。
そのまま想さんの真似をしながらくるくる歌うから笑いすぎてぜんぜん曲に集中できないぞコレ。
まぁいっか。お祭りだし。
暗黒バンドの割にけっこうさらっと聴けるとこが好きかな。
黒いラルクって感じ。






さ:ほんとに寒ーーーい!熱燗飲みたい。熱燗飲みながらアンミュレ見たい。
後:いいですねそれ!熱燗。




・emmuree
本物のemmuree登場。
本物の想さんはお化け屋敷にいたら相当こわいと思った。
本物の朋さんは人形だった。
本物のハルカはキモかった。Tシャツのピタピタ具合は違うんだ。ってそれいっつもだし。
ああっさらにこう…気温が…さむぅぅぅぅぅい!
ストール巻いてがたがた震えながら青白い顔の想さんに見とれる。
幽閉された世界へようこそ(お化け屋敷的な意味で
曲名をぜんぜん覚えてないけどセトリ不発でした。あ、でもねぇグレイノートは良かった。
emmureeは上手いね。
ほんとうに上手い人ってテクじゃなくていかにその場に調和できるかだよね。
一人一人が音の隙間を残しつつぴったり嵌ってる。
朋さんを量産して欲しい。あれ家に一体欲しい。

ぼちぼち凍えながらアンコール。
寒いから早く出てきて欲しい…とか呟きながら。


んでThe darkside of the moonで平和な気持ちになる。
あーまた来年もあるといいなぁ。
暗黒バンドが好きでしょうがない属性ではないんですが、たまにこうやってお祭りでがっつり見るのも良し。

エアコンはマイルドにお願いします。









終わって居酒屋で熱燗頼んだら当たり前だけど店員が「は?」って顔してた。
こちとら寒いんだよ!さっきまで冷蔵庫みたいなとこに幽閉されてきたんだよ!
突き出しのクオリティー高い。イカの塩辛と熱燗でうぇーい。



良いバンド且つ上手いバンドってのはなかなかいないんだねぇーという話をした。

上手いバンドていいバンドってのもなかなかいないんだろうが。


今更ああSugarは凄かったんだなと思った。ぐさっ。

2009年9月2日

 2009-09-02


第4のwaltz




SUICIDE ALI 1st Full Album


第4のwaltz


発売ageヽ(・∀・)ノ

満を持してのフルアルバム!
バランス良し歌良し震え上がるほど名盤!
過去の入手不可能音源も再録!

風のslaveはこれで再録が3回目ですが今回のがまた逸品!
歌のアプローチとかは一番最初にネットでばらまいてたのに近いかな。

そんで春泥のアメブロに今気づいたよ…なああああ。

中途半端禁止

 2009-09-01
風邪と一進一退の攻防戦を繰り広げながらアイスを片手にニコニコで朝ちゅんとかだめすぎる!

ゆ様の力を借りて攻殻2nd GIGを13話まで見たよ。明日にはSSS突入だな。
横浜には行けず終いだよ。
しゅん。

だれだ台風を呼んだ奴は!


住民票の関係で選挙には行けなかったけど、スイアリワンマンが終わって一杯飲んでうぇーいをしていたら知らないうちに政権交代をしていた!なんと!
ニュースを見ていたら責任を取りますと言った麻生首相が人身供養に見えてきた。南無南無。

今回の結果が、「世の中が悪いのはあいつのせいだ、とりあえず改革!チェンジ!」みたいな、無責任で屈託のない発想の集大成に見えて、そこらへんの頭のおめでたさがなんだかなぁと。

民主主義であるうちは、世の中が悪いのだとしたらその多少は自分のせいです。
果たしてみんなの言う「世の中」の中にちゃんと自分は息をしているか。
人ってどうやったらそういう屈託を獲得できるんだろう。


そういえば、財政状況がそうとう酷いわりにはここの国民は元気すぎるだろと外国の学者が驚いていたらしい。

無関心という意味では日本は世界トップレヴェルでアナーキーな国だと常々思います。
年金はらうもんかー!とか歌っちゃうし。これ関係ない。




≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。