スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

借りぐらしの春泥

 2010-07-28

匣ぐらしのアルバッディ。とか。どうでしょうか。

らびえってぃ…。


SUICIDE ALIが8/8のセットリストをファン投票で決めるよ☆的な企画をしているので

やったぁ生命線聴けるよおおおおおおおおおおお
と喜んだのもつかの間
「現メンバーでライブでやったことのある曲のみ」
ちーん。

Amphibiaは?


裕さん脱退してからヨシュア的な人が原曲持ってきたやつ全部やってないなぁ。
オトナの事情が存在したらどうしよう。うわぁん。
生命線・動脈・扉・迫害・箱詰の胴体あとなんだ。
灰として知る日なんてオムニバス発売した日のあの1回しかしてないもんね。


別に「昔の曲の方がよかったもん☆」みたいな懐古厨じゃないんだが。Stitch DoLL好きだし。
ただ、最近聴いてない曲=ちょっと前の曲
っていう感じ。いつもやる曲固まってるしね。

4年前だとか3年前を昔だなんて言ってはいかん。

こういうのは自分の聴きたい曲と、ほっといても票が入って演奏される曲と、意外と投票が少ない曲を見極めるのが重要だ!
とああでもないこうでもないと考えるスイアリオタクでした。

風のslave聴けたらいいな。あと冤罪。こころはわらうー!



なんか自分の意思で毎日飲んでたのにイヤになってきた。飽き性。
来週はまっすぐ家に帰ろう。


スポンサーサイト

らびたいつ。

 2010-07-26
UNDER CODE PRODUCTION PRESENTS

「NEW BORN“organization”VOL:7」

2010.7.19(mon) FANJ twice

出演:シンディケイト / Cu[be]/ SUICIDE ALI / アイギス / SWEET MADONNA / VAJRA /
ヴァルナ / Re:dis / Vallquar-ワルキューレ- / SCAPEGOAT


どのバンドもたいがい3曲しかやらなかった。
スイアリ4曲は板付き&MCなしの効果ですな。ありがとうー。
でもセットリストが最近マンネリでいやん。

まさかのトリ前で似たり寄ったり同規模のバンドが多くてこりゃーしんどいぞ。
そんなことをいいながら結局スイアリまでの全バンドフロアにいて見たはずなのに記憶が薄いのがたくさん。
あまりに覚えてないやつ省略。





・SWEET MADONNA

衣装も煽りも演奏もヴォーカルのキャラも脱力系。
ここの煽り曲は煽りながらヴォーカルがガリガリ君を客に振る舞うんだぜ。
「スプラッシュマウンテーン!」って聞こえたときのあの無駄な高揚感ったらないですね。

ガリガリくん!ガリガリくん!がーりーがーりーくん!(逆ダイ
今日は梨味をばらまいていたようだ。
そんでもうほとんど歌わずにガリガリくん食ってんのね。歌のお兄さんが。
ああいつか私もガリガリくんを奪いにいきたい!でも前にいきたくない!



・SCAPE GOAT
おもったよりマシだ!と思ったところまでは覚えてるのになにがどうだったのか思い出せない。




・VAJRA
ディルアングレイのコピーバンドですねわかります。
なんかマーマレードチェーンソーとか朔-saku-っぽいのが聞こえてきたんだけど気のせいかな。気のせいだろうな。

ニッ●ンのカタログで、西●カナと同じコーデが買えちゃう!ってのあったんですけど
西野●ナと同じ服を着たたいがいの人は、●野カナを越えられないのが最初から決まってるじゃないですか。
一般人ならそれはそれでいいんだろうけど、同じスタートラインに立つ人だったらそれはどうなんだろー。
パクリ好きだけどね。楽しいパクリ大歓迎。




・アイギス
うわあああああジュキだああああああ。
あのウザさを演出しようとして本当にウザいMC!フリのキレ!可愛いのにうさんくさい笑顔!
Anjyuはけっこう好きでした。なぜか。
ベースの髪が緑色で衣装が赤で一人クリスマスだった。
もっとハードなバンドかと思ってたけどキラキラしてポップな部分もあったね。ジュキだもんね。
ジャンプしながら回るフリ好きやなー。
割と普通に楽しんだ。




・Re:dis
清水屋レコードさんの方向性がよくわかりません。ん?
「いまこの空間に俺達の存在を、存在を」って何回も「存在」を強調してて語彙がすごく…中学生です…。
金髪の小さいヴォーカルが胸をかきむしる痛み全開のパフォーマンスでしたいことはすごくわかる。
なんていうかインパクトはあるよね。あそこまでマジな顔で存在が存在がって言われたら
「痛いけどなんかはまっちゃうそうだ私も痛かった」的な信者がそこそこ釣れるんじゃないかな。と思った。
不思議とこの手の黒くて暴れて歌詞が痛いバンドの需要が尽きないのはそこかな。



・Cu[be]
思い出せないー。


・ヴァルナ
これはこういうネガなんだな。と。
総エナメル!



・シンディケイト
衣装が!ださい!
ださいのを狙って作ってるんだから「ださい」とおもわれたら勝ちなんだろうけどそれにしてもださい!
原色だらけで過装飾でユーイさんなんですかその紫のベレー帽は。
ここね、3年前に見た時はエンターブレイン関係だった気がするんですけど。なぜ地下線。

曲が少年隊とかあのへんの臭いがして目指すところがさっぱり謎だ!
ネタとか踊りとかどうにも見てるとこっちが恥ずかしくて思わず笑った。
ダサかっこいいがコンセプトだったか。そうか。

そんなバンドなのにステージの上がフリーダムすぎて逆に客の方がついて行けてないっていう。
このノリに誰がついていけるんだろう。遠巻きに眺めるには楽しくてよ。

そんで挙げ句の果てに
「フィッシュファイーーーート!」
うわぁまだやってたんだこの曲うわぁ!!!!!!!
「俺、この曲名曲だと思ってるんで!神歌くらい名曲だと思ってるんで!
将来ヴィジュアル系のコピーバンドをする人がいたら是非やってほしいくらい!!!」
ごめん、わたし君がわからない。

ヴォーカルが歌いながらぬいぐるみをくくりつけた竿をフロアにむかって振り下ろす

客がヒモがついたぬいぐるみを受け取る

曲が激しくなる

ヴォーカルと客で引っ張り合いをする

「フィッシュファイ!(逆ダイ)」

それを笑いながら見ている←いまここ

食べ物を貢いだら無料とかいうよくわからない無料ワンマンがあるそうです。
なんかぶっちゃけ今日の印象ここだ!
おそるべしシンディケイト。






・SUICIDE ALI
ステージが高くて
「わぁー全員厚底のバンドなんてイマドキいないよなぁー」っていうのを改めて確認した。
ほんとステージ高すぎて春泥さまが前に出てかっこよくギター弾いていても見えるのほぼ股間だもんね!
まるでヴィジョンでSugarを見ているようだ。はっはっは。
※本日の旅はスーパー股間タイムにてお送りします。

しかもこのタイミングで衣装が元に戻って太股露出するわとうとうブラひもがぶつっと切れるわでさすが私の大好きな春泥様(きらきら
そこにシビれるあこがれるぅー。
ブラひも寿命短かったな。
あとうろこはまたスタンプ作ったのかね?妙に綺麗でしたわ。
板付きでSDは成功です。あれかっこいいー!

とりあえずひいさまの生存を確認したくらい。
やっぱりセットリストねぇ。しかし思い切って暴れました。

おつかればんでっしゅ!イエス!股間!


らびたいつ。


~S.E~
1Stitch DoLL
2誘拐ごっこ
~S.E~
3蒼い狼が見た絶景
4Favorite song
~S.E~





なんか今日ろくなこと言ってない。まぁバンギャルってそんなものさ。







暑い。

ここから先はずっと別れ道

 2010-07-25

例え、バンドがどんな悲惨な解散や脱退をしようが
最低限どこかで
私の与り知らないところで
お金に困らず、出来れば幸せに生きていてくれればいいなぁって思います。

そのことについて一切の反省をせずにのうのうと貢ぎの金で生きていたとしてもだ。
いいんだ。生きているのなら。
最近、やたらそんなことを考える機会が増えた。
いなくなってから考えるのは遅いな。




MoranのZillさんがお亡くなりになったそうです。
http://ameblo.jp/moran-soan/entry-10599789828.html


Moranは凍結したけど
年内に解凍するって発表があった。


だから、あぁフラッシュリングを引っ越しの時に処分しなくてよかったねぇって
私はこれを光らせて指の海につっこんで
またあの素晴らしい光景が見れる!ざまーみろ!


そう思いながら本日HEROINEを引っ張り出して聴いた矢先。



死んじゃったら、もう、誰がどれだけ何をしてもその人の未来に何か良いことや悪いことが起こるわけじゃない。


だけどご冥福をお祈りします。自分がそうしたいから。寂しいな。





祈りは手を離れ
もうすぐ見えなくなる

さよなら愛し月日よ
お別れの景色を切り取り 指に結んであげる
ここから先はずっと別れ道
立ち止まらず歩いていってね
振り返らず歩いていってね


Flower Bed / Moran

一個体として

 2010-07-23
中学の時か高校の時か忘れたんだけど

社会科の男性教諭が職場結婚をして、目出度く子供が生まれましてね


そのころ世間では母親が我が子を虐待死させるニュースが流行っているわけです。今もそうだけどさ。


ある日の授業開始時に、彼は真剣な表情でだいたいこんな内容のことを言った。

「この中の大半の人は、将来、人の親になると思います。
今ニュースで児童虐待とかやっとるけど、だから言っておきたい。

僕も今、子育て中です。子育てって、本当にしんどい。夜泣きが止まらんかったり、そのたびに夜何回も起こされてあやして、すごく体力と精神力を消耗する。戦いみたいなもんですよ。

虐待は、僕も嫁さんも絶対にしない。しません。したくないと思ってます。
でも、ストレスを極限までため込むと、ついカッとなって、例え我が子でもそういう風になってしまう気持ちが今の僕には理解できます。

虐待をしてしまったことは許されないことだし、責任を取らんといけん。でも、同じような暴力に至る気持ちの要因は僕の中にもあるんです。僕だけじゃなくて誰にでも。
ニュースになってるような若い母親だけに起こりうるような特別なことじゃないんです。
ほんとうに誰にでも起こりうることなんです。だから、心の弱い人だけが虐待をするんじゃない。
みんなが弱い部分を持っとる。
支え合って育てていかんといけんのんよ。嫁さんにだけ育休取らせて任せっきりな僕が言うのもね、はばかられますが、とりあえず今、これを覚えておいて下さい。」




この発言は当時の私にはかなり強烈で、今でも思い出す。
収入とか生活とか将来のことを何も考えずにすぐ子供作って産んで最初は赤ちゃんをペットみたいに可愛いがるけど自我が芽生えてきたところで思い通りにならないし収入ないしどん詰まり!な馬鹿親だけが虐待という行為をするんだと思ってました。
当時の話ね!


これ「常に後ろめたさを持て」ってペシミズム的話じゃなくて、「弱さに対する想像力を持て」という話だったような気がします。


この話を書きたかったのはちょうど今日の朝虐待のニュースがあって思い出したのと同期の上司が悪しき体育会系的なアレでもう会社辞めるっていいだしたのといろいろタイミングがある。


弱いから悪い、辛抱強くなるように鍛えていこう。
じゃなくてさ
みんな「たぶん自分はどこかがすげー弱い。」っていう自覚とかそういう想像力があれば世の中うまくまわるのになぁ。そこ解決する社会システムじゃないといけないんだ本当は。

人生のベクトルとしては、強くあろうとするのが正しいと思うよ。もちろん。



人の弱さが許せない人は、自分の弱さも許せてないかそれとも見てないかのどっちかで

だいたいさースフィンクス宜しく人の一生を三つにわけたら、最初らへんと最後らへんなんて最弱もいいとこじゃん?
真ん中がそんなに強いっていったらそうでもないだろうに。いつどこでなにを傲ることがある。
うわー、人間ちっせぇーー。


SUICIDE ALI 4周年。

 2010-07-22
WHITEBLACK LAST TOUR & CROW MUSIC ALL CAST TOUR
GOLD RUSH 2010【京都公演

2010.7.14(wed) 京都ミューズ
OPEN / START
ADV\3,000 / DOOR\3,500 (D別)


【CAST】WHITEBLACK / n'DooL / GRiST
Fang / 鴉楽団(第一期 LAST LIVE)
【GUEST】SUICIDE ALI / LOKI / LICKER



祇園祭と大雨に負けずにSUICIDE ALI4周年を祝いに外回りからガシャーン。
困難に負けないのがバンギャルです。
しこたまパイを買ってとぼとぼ向かう。ハコの前で焼き肉の屋台やってた。いいなぁ。

Fangの最後の曲くらいで入った?


・LOKI
満面の笑みで乗っかりに行くには微妙でそこがヴィジュアル系たる所以なのに
下らない猜疑心なしで「これはこういうバンド」として見れるので
そのびみょーな塩梅の痒さがまた好きだったり。

ドラムが抜けてアヲイに入るらしいという話だけ人づてに聞いてたけど次で活休なんですね。
もったいないという思いが強い。けどやってることが良いところも悪いところも昔から変わってないので
難しいんだろうねぇ。
変わらない、というのはかっこいい。同時に無様な場合もある。
同じところをずっとぐるぐるするっていうのは劇的な変化を遂げるよりも地味にたくさんのモノを犠牲にするのだよ。
仕方がないのかなぁ。うん。もったいない。
夢追い人で終わるLOKIが私は好きだ。
ドラムがrotten words~あたりの平澤篤人っぽいよ!
あっくんとヨシキを足して2で割ったみたい。
24日は行こうね。



1.レジスタンス
2.ルーザー
3.真夜中衛星
4.逆さ指輪
5.夢追い人




・SUICIDE ALI
「お前等気合いいれていくぞー!」「ヴォーイ!」
「お前等声出していくぞー!」「ヴォーイ!」
「お前等、一つになるぞー!」「ヴォーイ!」

4周年的気合い入れ。
スイアリの煽り担当は、客です。たぶん…。

あのね、この前のレッドゾーンでね、dieSが5周年記念でね、
「このバンドで最初にやった曲を…」って言ってbirthdayを演奏してて
感極まって泣いてる子とかいて、私は別に泣くほどの歴史を持ち合わせてないので
ただそれを微笑ましく見ていたのですが、
それでも

で す よ ね !
そ う だ よ ね ! 
そ う く る よ ね !

っていう光景であった。なんつーか納得した。

でね、SUICIDE ALI様は4周年なわけですよ。
誘拐、別れ道、SD、魔法、FS
このセットリスト、どうしたー!
「む!むかしの曲の方がいいもん!」っていう懐古厨では決してないんだ。
Stich DoLL大好きだよ。

だけどさ、だけどさ
今日この状況でこのセットリストじゃなくてもいいんではないですかー。なんせ腑に落ちない。
テンションと天井が高くてさすがMUSE系列音響も素敵で、コンディションはばっちり。
テンションと客の気合いだけ4周年だった。

なんか、「料理は美味しかったけど皿が気に入らなかった」みたいな気分だなぁ。
でもこの人たちって、今まで重大発表ありのライヴで発表しそびれたり(後で物販で発表した)
発売記念で発売した曲演奏してなかったり
時々ドジっ子さんなのでもういいですよこの天然パターン慣れました。
そんな4年目でした。これからもよろしくー。いひひ。
せめてニューオーダーとかあれば…ってそれ三日前のセトリと交換してよ。
春泥さまの衣装はやっぱりワイパン+ロングジャケットだった。
風のslave聞きたかったねぇー。

いまだに上手くのりきれない別れ道。暴れたいけどあばばばば。
天井高いところはStitch DoLLが似合う♪
「一度きりの別れ道」の歌詞ってどうやっても「バンドがんばって売れますソング」にしか聞こえない。きゃははは。

えっと本当に何事もない4周年記念ライヴでした!平和って素晴らしい!
ということにしておこうかな。ううう。おめでとうございます。

~S.E~
1誘拐ごっこ
2一度きりの別れ道
~S.E~
3Stitch DoLL
4正しい魔法の作り方
5Favorite song
~S.E~




・n'DooL
久々に見たら脱獄囚の衣装コンセプトがひたすら妖怪になっていた。
senorパンチョス、その三蔵法師みたいな帽子はYURAさまを思いだすわ。ぶっ。あはは。
パンチョスはいけめんだった。

こういう衣装のすごいコスプレバンドって、正直ネタが尽きるのが早いかお金が尽きるのが早いかだと思うんですけど
動員もやってる曲も皐明のナルシストっぷりもあんまり変わってなくて、
意外と時間の流れに流されてなくてよかった。
n'DooLっていいな!楽しいな
ネタに走り切れてないところの塩梅が好きだったりします。
変わっていることといえば緋呂さんが顔を出したということくらい。

こういうバンドはおバカになった人の勝ちだからひたすら咲いておいた。パンチョスーーー(咲)







見たいバンドは全部見れた。ありがとう今日の出順。
浴衣を着た人で電車が混むので帰りました。
白黒ちょっと見たかったけど、数年前に何回か見て一向にツボらなかったのでまぁいいや。っていう感じ。





バンドと客っていうのは似ているけど最終的に相容れない存在だと思っている。
わたしがいちばん解ってあげてるじゃなくて、私がいちばん好きとかじゃなくて、

私が私の感性で日々どれだけバンドのセンスに向き合っているのか
それが一番大事。

だから初めて見るバンドも何回も見るバンドも復活したバンドも解散するバンドも、結局変わらないの。
目の前にあるもののセンスが全て。基本的にはね。

SUICIDE ALIが4年間を誇りに思うのなら私はここ4年間SUICIDE ALIとヴィジュアル系全般をそういう風に見てきた自分を同じように誇りに思ってもいいんじゃないかな。とか。どうなんでしょ。
今どれだけ好きか?そんなのすぐにわかること。


君はひとかたまり。僕もひとかたまり。
だからこそ人生は壮大なネタ。

俺はファイフィルシーアに行くぞ!ジョジョーッッ!!

 2010-07-21

-sai-始動主催イベント

「離月」

2010.7.11(sun)HOLIDAY OSAKA
OPEN 16:30 / START 17:00
ADV¥2,500 DOOR\3,000(D別)

出演:-sai- / 電脳オヴラアト / マイナス人生オーケストラ / ハナノビョウキ / Lセッション / thee sheeps / SUICIDE ALI(GUEST) / Vacchus(O.A)


夜行→選挙→支度→ホリデー
寝てないのとロマンチックに低気圧をひっさげたので変なテンションになる。うん。ごめん。
雨男探しをするまえにバンギャが雨女なのではないかとふと疑念を抱く。

SUICIDE ALIは二日間ライヴがあったら二日目のが良いライヴをするですよ。テストに出るよ。
ナルシスのチェーンソー配布の時に学習した気がする。毎日がファイフィルシーア。


ああでも二日間見てる人もみんな寝不足でいかれてる可能性は無限大。





・ハナノビョウキ
音響機材オタクのアングラバンドでひたすら映像とノイズと、歌じゃなくてボイスってのが原型だったのに
回数を重ねるごとに普通にバンドになっとる。
紅蝉の曲がちょこちょこ入ってて紅蝉はまぁまぁ好きだったから美味しくいただけております。
スクリーンに「私は貴方の病気です私は貴方の病気です私は貴方の病気です」ってひたすら映し出されて
その言葉を呟き続ける真ん中の人。あのノイズ音。こわいわ!

瞬時に「私は貴方のサイフです」とか
「私は貴方のウロコです」とか
浮かんだけれどオトナなので黙っておきました。
独特の気持ち悪い底辺を這いずり回るような空気に寝不足の頭がマッチしてる。
歌もうちょっと上手かったらなぁ。といつも思う。







・Vacchus(O.A)
うわーすげーだめなガ●ットコス。※ガレットではない。
だめだよ!この空気で執拗に座ってる客をつつくのはすごーく逆効果だよ!
バンドを組んでほんとにステージに立っちゃった勇気というのは誰にもけなされない高尚なモノで
そこをどうこう言おうとはさっぱり思わないけど、けど、演奏がっ…。
曲はディルくさかった。あるある。





・Lセッション
ディルアングレイのセッション。
演奏がガタガタすぎてChild preyがノリづれええええええええええ!キスミーキルミーラヴミィー!!!!
Child preyがノリづらいって一大事だ。
ここらへんのディルってギター2台歪めて適当にやってればなんでもできると思ってましたごめんなさい。
The IIID Empireの方がまだ聴けたかもー。イントロってヘドバンだった気がするが拳を要求されたからなんかがんばってみた。
最後が朔-saku-でよろよろしながら最後までアウトロまで辿り着いた!がんばった!みたいな。


だれかGAUZEとかMISSAあたりの曲セッションでやってくれないかな。




・thee sheeps
シモテのギターの人が(ベース?)顔が恐いのに喋ったら凄まじくおバカという超お得なキャラだった。
いやーあれいいな!きゅんきゅんしたわ!
「俺達、京都と大阪を中心に活動してて毎月大阪でも活動して毎週活動してて(以下略」
「俺が口の中虫に刺された話ききたい?京阪でこうやってねてたら…」
ヴォーカル「ラストいくぞーーーーーー!(ジャーン」

サビのメロディーが聴かせどころで適度にシャウトして適当にハードめで
どれとってもいまどきのコテオサバンドの様式なんだけどあんまりハードすぎないのが聴きやすい。
あとアンケートの内容が思いの外的確な質問で好感だった。あと思ったよりは演奏まともだった。
これならまた見たいか…も。ぼけーっと最後まで聴いた。


sheepっていう単語は単複同型で単数形も複数形もsheep
だからsheepsにはならなかった気がする。えっ。





・マイナス人生オーケストラ
「いっつもドラムってね、同期を聴いてリズムをとるんじゃなくて、
オッサンがボールペンでヘッドホンを「コツコツコツッ!」って叩いてるんだけど、今日はオッサンがいないみたいです。」

ク リ ッ ク が な い ん で す ね わ か り ま す !

ステージに装飾系男子って札が貼ってあってあれいいなぁと思った。装飾系男子!
白塗りでうさみみでハイカットのスニーカーで、限りなくヴィジュアル系っぽいアングラサブカル。
客は思いっきりバンギャルなのだし。
ああージュリセン振り回すの楽しそう。ジュリセン振り回しながらピコピコで鬱歌詞。
ハイテンションで敢えて鬱陶しいキャラだけど押しつけがましくないのがいいですね。
ヴォーカルの人が死ね死ね言う曲で拡声器持って2柵のほうまでうろうろしてた。
間近で見るとこえええええ。
私はけっこう好きかな。




・SUICIDE ALI
気合い入れて行くぞ!ヴォーイ!

しゅ…春泥さまの衣装が…!前のワイパン+ロングジャケットに戻っている…!
腹と太股露出ブラヒモも悪くないけど私やっぱりこっちの方が好きだ!ワイパンに厚底は正義だ!
隠したほうがエロいことだってあるではないですか。あと動いたときに裾がきれいに靡くの。
Stitch DoLLでラビシャンとアシンメトリーに動くところとか、衣装のシルエットが似てるからよかったんじゃないかな。
ストールはあの青いキラキラで、羽根飾りはちゃんとあったから小物類はあるんだ。
ブラひも衣装どこいったんだろう。
あとセットリストが新旧うまく混ざっていて満足です。ニューオーダー始まり。

ふとした時に顔を上げるとラビシャンがふわふわ左右に揺れててスーパーナイスな腰つき(byペーパードレスレディ)だったよ!
どれも手探りな感じがまったくなくて、わーもーやっちゃえ!みたいな空気に乗せられて心底楽しく暴れた。
首が痛いの途中でどっかいったもん。
有害のベースやっぱり良いね。有害はベースを聴く曲だと思う。
全体の7割くらい春泥さまの衣装を堪能していた。あれいいよ。しみじみ。
FSでぐちゃっとなって終了!満足した。頭パーン!


SE
01.THIS NEW ORDER
02.笛吹童子
03.誘拐ごっこ
SE
04.Stitch DoLL
05.僕という有害な要素
06.Favorite song
SEローエント街道





・電脳オヴラアト

嗚呼素晴らしきかな男のキャミソール!!
トモロウさんのキャミソール!!
そだね、ゴルスパの時にもこんなん見た気がするよね。
そんで左にラビシャンみたいなのがいたのか。あうあう。
ゴルスパとスイアリでこの世のありとあらゆるイケメンが揃うと豪語していた私です。
それを思い出すくらいやってることがあんまり変わらないと思った。
良いとか悪いとかじゃなくて、どうしてもこうなっちゃうんだよ。たぶん。
トモロウさんという人のクセみたいなもんが遠巻きに好きです。遠巻きなの。

HAKURAIが好き!全体に独特の気持ち悪さというか後味の悪さがポイント。
人工甘味料みたいに、喉の奥にしつこくべっとり残っちゃう何か。
愛慾で玲さんが手を前でくるくる小躍りしながらステージを横断するスーパー占領タイム。
だめだ!どうやっても視線がそこにしかいかないぞ!
玲さんはイケメンだなぁ。うぇへへへ。

虎虎虎を生で見た回数より爆寸で聴いた回数の方が多いという。
この曲で暴れるのほんとーに好きなので満足でした。
10月のツーマンはこれとシャーマンでセッションがいいですどうでしょう。



これだけの対盤を揃えたトリのバンドに感謝しつつ眠さが限界で帰った。すまない。

二日分のずっしりとした至福感を噛み締めながら疲労困憊で泥のように寝た。
うわーい春泥さん春泥さん(ゴロゴロ


おつかレバンデッシュ。


今日も一日夜でした。じゃなくて雨でした。

京都なーう

 2010-07-18

スイートルーム。的な。
京都の山奥にいます!



フレンチようござんしたー(リア充アピール)




妹「この牛肉と鰻のマリアージュって、どっちが受けでどっちが攻め?」


妹「虚構の乳と書いて、虚乳。」







非リア充アピール。なう。

頭、タダであげるよ。

 2010-07-18
『オトノクスリ箱034 リスクノオト創刊10周年記念祭』


2010.7.10.(sat)大塚レッドゾーン
OPEN 16:30 / START 16:45
前売¥2,500 / 当日¥3,000 (別途ドリンク代¥600)
[出演] SaTaN / SUICIDE ALI / the fool / THE SOUND BEE HD / Calmando Qual / dieS / ギャロ / GPKISM
MC:Jaaたけや(日本一気まずいピン芸人)


オープンからスタートまで15分なのがすごくよかった。
今はひたすらこの界隈のバンドが好きなので快適なイベントです。
MCは同じネタを3回聞くとさすがに右から左っす。ごめん。

あとは毎度終了時間が遅いのだけなんとかしていただけると良いのだけどねぇ。
最後まで見てたらバス乗れないとこでした。
関東圏内のちょっと遠いとことか遠征の人とかしんどいと思う。アンコール入れて10時過ぎには終わってほしいな。





・GPKISM
「リスクノオトの表紙にしてくださいって日本語で言って。」
「What's? ワカリマセン…!!」

相変わらず打ち込みでゴシック。
そのウィッグなんかおばちゃんパーマみたいでやだ…。
一見近寄りがたい雰囲気だけどMCがどんどん崩壊してゆく。これはこれでいいと思った。
うしろで小さくドラムを叩いてるどこでもドラが可愛いわ。




・ギャロ
ええっとスカルファックリボルバーズは一度見ました。
けっこうおもしろかった。知らない間に解散していたの。
そんで前回のイベントで東京秘密倶楽部っていうメガネスーツの集団を見て
それの本業バンドがこれで
ヴォーカルの子がベビーフェイスなのに歌い方がオッサンで可愛い。
よくわからないところでデスボ。
「ぃぃですかあ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"」みたいな。

ていうかバンド全体が「若そうなのにオッサン」なのが良い。あの見た目でヘンに懐メロだし。
そんで演奏はまだ青いかな。
ベースの顔いかつい人のリーゼントがツボに入った。学ランを着せたい。
最後の曲でチョコレートを握って溶かして顔にぐわーって塗りたくったまま歌ってた。
文字に表すとなかなかアナーキーでかっこいいけどごめん鼻にもついててちょうわらったよ。
そこそこ面白かったから対盤にいると良いなぁ。くらい。





・Calmando Qual
「現実の世界では人々は醜い争いを繰り返している」
「あと数時間もすれば怒り、悲しみ、憎しみですら愛おしく思えてくるだろう」

ああー大塚レッドゾーンが劇場になっちゃった。
会場の扉はヴィジュアル系暗黒界のマッドハッターこと響さんの手によって封鎖されてるそうです。
そうだねーライヴハウスは現実じゃないって言ってくれる人私は好きだなぁ。
ライヴハウスの中の出来事は現実ではないのだから持ち込んでほしくないものがたくさんあります。はっはっは。
こういう思いっきり嘘くさくてうさんくさいバンド大歓迎。
虚構を虚構として愛するフィルターがバンギャルには必要だ。
中の人が透けて見えるようなバンドは前に行かないし直視もできないんだけど響さんの向こう側には響さんの中の人がいないの。
だから笑顔で見れる。凝視できる。
そして一向に触れたいと思わない。

てか演奏が上手いよね。テクとかじゃなくて、隙間があってそれが良い。
ひたすら歌うようなギターが素敵。
セットリストもやってることも前回とあまり変わらないので
このままいくとある日突然に方向変えそうだなぁっていう心配をしています。


ケンカさんが可愛すぎてキュン死しそうだ!!!!!







・SUICIDE ALI
ギ…ギターの音だしが…きこえなかった。よ。

レバン1曲目って最近なかなかない。
そのご暴れる曲をえいさほいさと詰め込まれてひたすら暴れる旅。
Stich DoLLはねー棒立ちで聞いちゃうけど
聞いてるうちに心臓が暴れて手に汗握ってる。
精神的に暴れ曲だと思う。

目の前で人が狂っている様子をただ眺めて「勝手に」感動したり「勝手に」暴れたりするような空間が好きだ。
見ている私のあぶれた自意識なんてせいぜい拳に変えてしまおう。
自分がいなくなるような景色の一部になってしまうようなこの曖昧な空気が一番素敵。
Stich DoLLの弦楽隊の動きは「たくさんある人形の中の2体が動くイメージ」らしい。なるほどね。
休符からまた動き出すところでいつも感動する。

誘拐ごっこでトラブル発生。音がなくなりかけたけどなんとか持ち直し。
春泥さまのうろこは進化するらしい。
暴れすぎていろんなものがふっとんだ。
頭振らなきゃ損だもの!!!




SE
01.レバンデッシュリング
02.誘拐ごっこ
SE
03.Stitch DoLL
04.人間の要
05.Favorite song
SEローエント街道




・the fool
小休止
・THE SOUND BEE HD
続・小休止 外のモニターでぼんやり見る。たのしげ。うん。





・dieS
「あたまー!タダでちょーーだーーーい!!」
見るたびに新しい名言が生まれている荒瀬。

dieSはねぇ音に背中を押されて歌にのせられてしまうから危険。
動かずにはいられない。シャーマンの血肉わき踊る高揚感。
頭に血が上る感じ。こういうバンドには積極的に巻き込まれるが勝ち。

birthdayって曲を聴いたのが2回目?だと思うんだけど
5周年か。おめでとう。
どの曲もドラマチックだったりエロティックだったり
ギラギラした揺るぎないエネルギーがあるから
変な話、ああdieSは根本的なところを変えなくても生きていけるなぁって思うんだ。強い。
綻びがなくて全員がdieSが好きでdieSを理解している(ように見える)
演奏する人の「dieSが好き」と観客の「dieSが好き」っていうのがそこそこ噛みあってるので
サウンドもモチベーションもブレがない。その強さを羨ましく思った。
拳振り上げてひたすら暴れてました。おめでとう!



1.シャーマン
2.Scar.to.low.now.YOU.ME
3.MA(裸)RIA
4.birthday
5.侵入
6.バーサーカー






・SaTaN
うわああああああああああああああああああああああああああ
HI-NAさまが…!
HI-NAさまがロリータに!!

魔界きってのイケメンが美少女になっているのだわ。
あたし、これからはHI-NAさまのことをひいなたんと呼ぶことにするわ。
頭にでっかい赤いリボンの白塗りの美少女ひいなたん。嗚呼ひいなたん!

そんでヴォーカルの人は赤い網の金太郎みたいな下着とも服ともいえないアイテム且つ乳首に黒いテープで目張りがしてあってエナメルのハイレグって一体どうなっとるんじゃああああああああああ。
ステージにライトが当たった瞬間にわらった。

久々に衣装と乳首ネタで爆笑できるバンドにありついた。感動した。
ありがとうSaTaN!!大好きだSaTaN!!

MCもコミカルでおもしろい。
死刑執行の場面あたりで離脱しました。この時点で10時半。
バスの時間がぁぁぁぁ。

どうやらひいなたんのおいしい場面を逃したらしいのでハンカチを噛む勢いです。







そんでバスに揺られて大阪へ。
次の日もファイフィルシーア。素敵だぁ。




定時ダッシュ

 2010-07-14



外回りおわった!
京都にトルネード†インします。
SUICIDE ALI4周年です。


4年前の7月ってなにしてたんだろう。スイアリ見たの8月だからなぁ。
12012のワンマンに行っていた気がするなぁ。
ここが貴様の墓場だー!




今日は祇園祭だから人多かろう。
大雨で鴨川がやばいらしい。

敢えて言うならそう
絶望だ。

災害にくじけないのがバンギャルという生き物です。



そうなんです4周年を祝いつつRuvieの2周忌を悲しみつつ。



Nameless Songがびっくりするくらい名曲だ。





茨木市通過中。

お前がMost greed!

 2010-07-12
金曜日バスで東京
土曜日インストア
土曜日ライヴ
土曜日バスで大阪
日曜日ライヴ


バンギャル充!!



いろいろおもしろすぎたので頭パーンしそう。
二日目は春泥さまが前の衣装だった。うろこは今のまんまだった。げへへ。


今日はよくわからない中華を食べました。おいしかったけどよくわからない。
帆立貝に春巻きがトルネードインしてた。シャガール的な世界を体感した。



与党の過半数割れに思わず「1番である必要はあるんですか?2番じゃダメなんですか?」と事業仕分けで流行ったセリフを呟いた。あれ流行語大賞になっていいレベル。
2番じゃだめだからこうなっとるのだよ。
ぜひとも「日本の技術は世界一ィィィィィィィィイ!」と言っておきたいものです。ジョジョヲタだもの。


はー消去法でしか何かを選べないって辛いですね。


ねぇそういえばMoranが解凍するらしい。こんなに早いと思わなかったからうれしい。
レンジでチン。ちがう。

またフラッシュリングつけて暗闇に飛び込めるんだ。素敵だねぇ。
イノセント故の狂気抱いて必死に生き死に騒いでるんだこんなにー!

今度こそマニキュアとサイレントウィスパーの音源化を所望いたします。あれしてないよねたぶん。
凍結発表前の大阪ワンマンが最後でしたが同じ闇の中でを聞きそびれたのでこんどこそ!と。
キラキラしてふわっとしててギターリフと歌詞が突き刺さるあの空間にまた会えますように。
ギター…ギターってやっぱりそうなの。どうなの。


あとWaiveの3回目の解散ツアー?決まったらしー。もう一回どこか行きたいな。
頑張れ僕の財布!ファンは財布!ファンは財布!


ラクリマ復活にWaive復活ときたら次はWyseとPIERROTでしょ。なんつって。
グニュウ復活しないか…な…。そしてどれもリアルタイムで見たことない。

漆黒のしんほにー

 2010-07-09
わざわざ振り込んで先行チケットを買う理由は


椅子!

タオル!


だったのですが粗品のタオルが今年からポスターに変わったらしいです。
あのね、遠征ってのはね、ポスターを潰さずに家まで持って帰るのがすごーく難しいんだぞー!
14しか無理だな。無い物ねだりだけどDollyみたーい。兎唄とカメレオンききたいよう。
Dollyのアー写がむやみに格好いい件
いいねいいねこの楠本まきっぷり。

NOIZってホールで見るとあの凄まじいモッシュはどうなるのですか。
わたしいつぞやのMTPでナミキジャンクションの一番後ろにいたのに押しに押されて気が付いたら2列目でエンジェルTAKA汁を浴びていたことがありました。そういえば。

今年ってシークレットゲストあるんですかね?
ゴールデンボンバーとか人格ラヂオとかどうだろう。去年はブギーマンでした。


見たいバンドに赤チェック。

~13日~
GUEST:spiv states / GUEST:DuelJewel / GUEST:heidi. / GUEST:LuLu
ヴァルナ / A / M / 我羇道 / ギャロ / CODE7203‐KineSicS / シンディケイト/ ネガ / Hi:BRiD / MURASAKI / Megaromania / Rubik…全16BAND

~14日~
GUEST:宇宙戦隊NOIZ / GUEST:DuelJewel / GUEST:NoGoD
Arc / E’m~grief~ / ANOTHER DIMENSION / S.D.I / KYOKUTOU GIRL FRIEND /ジゴロ / SUICIDE ALI / SOMATIC GUARDIAN / Dali / DANGER☆GANG / ドクターモルモット / TЯicKY / n’DooL…全16BAND

~15日~
GUEST:Dolly / GUEST:マイドラゴン / GUEST:
Az:Madius / ALSDEAD / シネマストリップ / SwallowtaiL-スワロウテイル- / セインティア / 東京ミカエル。 / DragonWAPPPPPPER / 針槐-ハリエンジュ- / お遊戯ゎが魔々団×【PaRADEiS】 / 水樂 / 平成維新 / Luzmelt…全15BAND




わあああ荷物つめなきゃ。


円陣しながら「俺はファイフィルシーアに行くぞ!ジョジョーッッ!!」とか言ってみたい。


ジョジョ


JOB is SHIT!

 2010-07-08
ニートの海外就職日記がすごい。


これは日本脱出したくなるなるー!俺に有給を使わせろー定時で上がらせろー
ああーやっぱり語学と会計はやっておこう。
ワンマンの時だけ帰国しよう。
むしろ現地イベンターになろう。
フィンランドでスイアリとディスパとHIMとラスマスとウニクルビあたりが対盤するのが夢だから。ふふふ。
ナウでヤングでユニバースなバンギャルになりたい。
だんだん狭さがいやになってくる。

働くために働くという考えがバカバカしいから、さっさとこういう考えを広めておいた方がいい。
自分で思い立って行動できる人なんて本当に少ないけど、みんな事なかれ主義なんだったらあそぶために有給
が取れる世の中がスタンダードになればみんなそれに流されるんじゃね?と思います。

私は例え将来コンビニが20時に閉まっても一瞬しか腹を立てないぞ。
なぜなら私も20時くらいには家に帰りたいからだ。
他人が休めれば自分も休める。だから私は休む。みたいにどうにかならないか。


先輩が結婚するから仕事やめたんだ。
もうちょっと働きたかったけどねぇーって。
専業主婦が楽チンなのも一理あるけど
気を遣った部分もあるんだと思う。

家事があるから残業しませんそのうち産休とります育休とります。

営業で外回りしてきた同期いわく「おたく、よく女子社員なんか雇ったね。結婚するからランニング期間が短いし休日出勤いやがるからうちは男しか入れないよ。はっはっは。」みたいなボスがいたんだそーだ。


あのさーおまいがさー定年して老後に日本を支える若者の数は少なくてさー、
そんで残念ながら人口のおよそ半分くらいはオンナで出来てるぜ。と。


今、本気で出世したいとおもったら結婚は無理だろう。
子育てなんかもっての他だし。


いちばん付き合いがよくて
いちばん残業するひとが周りの信頼を得ることができるみたいな我慢大会やんね。


まぁ職場によるんだろうけど就職した大学の同期からろくな話を聞かないので。あーあ。
あたまわるいから世の中なんとかしたいな。せめて自分の所属するコミュニティー近辺を死ぬまでになんとかしたい。
死ななきゃあと働けるの40年ちょい?転職も考える。
なんとかするにはどうすればいいのかの40か年計画を漠然と立てている。無駄じゃない無駄じゃないんだってば。
だってライヴハウスで願ったことの大半は行動ありきで叶ったと思ってるし。
繋がるとか繋がらないとかあたしがいちばん構ってもらえる☆そんなみみっちい話じゃないよ。もっと正面。見えるかな。

仕事でも遊びでもなんでも、思ったら書くし願ったら行動するから
宇宙のどっかで塵が爆発した光になんて頼らないさ。


昨日の補足とか

 2010-07-08
「そなたが娘の婿というわけか。よくぞここまでやってきた。果たして天界に住むにふさわしい者かどうかわしが試してみるとしよう」

 突然のことに驚いている漁師。その耳元に天女がこっそりとささやきます。
「たぶん父はあなたを試そうとしていています。恐らくは食事の仕方であなたを見極めるつもりです。この天界では食べ物をいただくときは全て横に切ってから口にします。
どうかお忘れなきように・・・」

 天帝は漁師を饗応の場に招待しました。ずらりとならぶごちそうに喜びつつもこれは天帝のテストです。先ほどの天女のささやきを思い出しながら手落ちのないように出されるもの全てを横に切って口に運びます。あまりの卒のなさに天帝はポツリと言いました。

「瓜ぐらいは縦に切って食べたほうがよかろう」

 その言葉を真に受けて漁師はついうっかり瓜を縦に切ってしまいまいた。すると、切った瓜からはみるみるうちに水が溢れ出してきました。その勢いは止まるところを知らず、瞬く間に川となり大河と成り果ててしまいました。

七夕伝説



うん。だいたい合っている。ファイフィルシーアっぽいね。
そして伝説とは理不尽ね。



あとこれEither Wise or Foolよいです。
自作のPVって最近みないなそう言えば。ヴィドールのオカルトプロポーズを思い出したいやなんでもない。




"物質に呑まれ 抵抗する、ロマンチスト
川の底で眠る魚達も 今を共に見聞きし生きる。

逃避癖の男が星に願いをかけている
背後に怯えるのは小動物だから

何億光年もかけ、辿り着き 燃え尽きるその瞬間に
つまらぬ奴につまらぬ願いをかけられた

自分の教えを持たないから
けし粒程の存在に意味を探す

逃避癖の男が星に願いをかけている

ゆるがないものは十数個の粒子のみ
光は選んで弾き返せ。

目を開けて眠る魚を見て笑う子供達

無知がロマンチストを育てる"



精神測定学だったかなあのへんはちょっとかじっただけなんでさっぱりくわしくないけど。
アメリカの学者ガードナーの多重知性では、当初の7つの知能に加え8つめの「博物的知能」、つまり自然への探究心や人工物との識別が近年人間の知能の1つに加えられたらしい。
なんとなくそれ思い出した。
無知がロマンチストを育てる。いいねこのフレーズ。




そういえばなんでVELVET EDENが復活してるんだろう。びっくりです。
非常に見たいのですがお盆の最終日に夜行バスで帰る勇気がありません。


ああードイツ負けちった。押されっぱなしだったのが信じられない。
クローゼェェェェェェ


ニュースつけたら「日本を下したオランダには勝って欲しい」というよくわからない理論を振りかざしている人がいた。

矜持の持ち方が間違っているのか
そもそもプライドが存在しないのか
その発言が完全なる善意の塊であり(法律用語の方の善意な)
私の底意地が悪いからそういう見方になるのか


たぶん全部だ。


男が星に願いをかけている

 2010-07-08

「織姫と彦星って、あれでしょ、親父さんに出された瓜を縦に切るか横で切るかで揉めて川に流されて大変なことになった人でしょ。」




えー、幼少期に覚えた話が順調に経年劣化しております。


確か5歳くらいの時に短冊に「セーラームーンになりたい」 と書きました。私です。


セーラー服美少女戦士…!なれてねぇ…!


微☆少女戦士にはなれた。そうか。そういうことだったのか。



こんな日に限ってグニュウツールのイーザー・ワイズオアフールをランダムに弾き出すピストルズもびっくり私のプレーヤーのアナーキーさに嫉妬。


「何億光年もかけ 辿り着き
燃え尽きるその瞬間に
つまらぬ奴につまらぬ願いをかけられた」



うろ覚えだけどこんな感じ。
これPVがまた素敵なのよね。

「目を開けて眠る魚を見て笑う子供たち。無知がロマンチストを育てる」なんて一節は底しれない感銘をうけました。




今日は子羊とケーキをたべてきた。
ロマンチストだからさ。
ひつじうまい。



ドイツ対スペイン気になるけど寝よう。

この想いにだけリアリティーがあればいい…!

 2010-07-05
Waive

GIGS『CASE OF WAVES』



2010.7.4(sun)BIG CAT
OPEN 16:00 / START 17:00
ADV¥5,250(D別)



再演。

期間限定の再結成。

そういうのは「ただいま」と「おかえり」を言う場所なのであって
復活ライヴっていうものの
再演の意味付けと感動の渦の中には私は入れないだろう。外野だもの。

初めて見た。
今日見ることができて良かった。貧乏根性的な意味合いでなく。

とにかくライヴの完成度が高い!
演奏、安定感、テンション。前向きなエネルギーに溢れて、何一つ不足がなかった。
これは止まってたものを振り返っているのだと感じさせる要素が一つもない。
最近ワンマンでここまできっちり楽しかったバンドを久々に見た。
ワンマンで長時間見たいバンド自体が最近少ないからさー。

これ、5年ぶりだって、復活ライヴだって、いきなり目の前に出されたら誰が信じるんだろう。
「銀河鉄道」の前だったかな。MCで田澤孝介が
「解散の引き金を引いた本人がこういうことを言うのはあれだけど…、うけとめて、今日、越えたい。乗り越えたい、塗り替えたいものがある。」って言ってて。
そこでようやくああこれは再演なんだなぁって思った。


懐古じゃなくて焼き増しじゃなくて
今、一つのバンドが自らの歴史を更新しているその最中。
そんな風に見えた。少なくとも私には。
ライヴとして楽しい。以前活動してたときはどうだったんだろうねぇ。やっぱり気になるねぇ。

後ろで人があふれかえる中押されてカミテに漂流しました。よぼよぼ。
ああ田澤孝介って人はなんて可愛いんだろう可愛すぎるよ力一杯歌ってる時のポーズとか笑顔とか犯罪過ぎるよ!!

杉本善徳という人は非常にキモかっこいいいけめんでした。
なんかじっとりぬめっとしてた。じっとりしたキモかっこいいイケメンだった。

曲ばっかりすごく聴きまくってた時期があったもんでなんかドミソファイターとかassorted lovephobiaとか案外勝手に体が動くんですよ。
むしろこれで動かないほうがおかしい!!あっでもFakeで跳び損ねました。くすん。


あっというまだったなぁ。笑って、手を挙げて、跳ねて、聴いて。の繰り返し。
それで始まってそれで終わる。
お客さんも含めて幸せな光景の一部。

本編ラストの「いつか」がほんとにほんとーによかった。


"あぁ、「いつか」その言葉は「今」への勇気だ"


アンコールのHEART.もだけど、歌詞の一つ一つがこの光景にぴったり合ってるんだよね。なんでだろう。
これはAXいきたかったな。うーん。仕事…。


とにかく幸せな気持ちになれたライヴでした。ありがとう。






うろ覚えMC↓


善「前回の大阪はMUSEでした。キャパここの半分くらいです。ということは、ここにいる半分は来てないよね。ほんと来るのがおそいよ。「大切なものは無くしてからきづ」なんとかって言うけど」
田「ははっ」


善「Waiveってうのは、ケンカをするバンドなんですよ。」
客「…。」
善「となりの奴なんかもう二度と会わないんだから。ケンカしたらいい。ドーミソードーミソードミソーって殴ったらいい。」
客「wwwwwwwwwwww」
田「ほんとに殴ったらだめだよ(笑)そういう気持ちでってことで。」


善「(再演をするならどこがいいかって話になった時に)俺意外と地方のマニアックなところ行ったことないんですよね。四国行ったことないし。」
客「えー」
善「四国に上陸したこともない。にの知ってるよね?ミラーーーーージュの時にいろんなとこ行ったやろ。和歌山のなんだっけ。」
貳「オールドタイム?」
善「そう。」

善「鳥取だっけ島根だっけ。ハコがあることろ」
客「(どっちもあるよー)」
善「あ、どっちもある。そのなんとかなんとかっていうハコの。●●さんていう人がブッキングマネージャーやってる。w●●●の●森さんの●●ノの。」
客「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
田「………いや、おもしろかったけど。………(笑)」




善「5年間。4年半?
みんな必死に生きてきたと思う。
てきとーに生きたやつもおるとおもうけど、
寝て起きたら5年経ってた!ってやつはこん中おらんやろ。

1回、10回、100回、1000回。(ライブで)会う頻度は人それぞれで
もう今日おわったら二度とあわんやつもいる。
俺は死ぬまで一緒にいたいと本気でおもってるけど。

その1回と、1000回全部を足して割ったの平均の濃度が同じであればいいなって
そういうライブだといいなって
おもってまーす。
すごいありがちな言葉だけど
悪い意味じゃなくてほんといい意味でね

今日あって(会えて?)よかった。」



セットリスト。最初と最後以外合ってないと思われる。


TRUExxx
バニラ
わがままロミオ
Baby,I LOVE YOU
Lost in Music
春色
銀河鉄道
Just like me
ドミソファイター
ペーパードレスレディ
そっと…
ASIAN「noir」GENERATION
spanner
君と微笑おう
Dear
will
C.
あの花が咲く頃に
PEACE?
Fake
assorted lovephobia
Sad.
ネガポジ
ガーリッシュマインド
いつか

EN
HEART.



8時過ぎには終わってた。みしまさんありがとうー!
良いライヴって本当に良い。Waiveってすごい。

2010年7月4日

 2010-07-04
Sugarが解散して1年だっけ。7月4日だ。うん。去年は渋谷O-EASTにいたの。
もう3年くらい経ったようなでも先月解散したような。


DVDを見て盛り上がろうとか
なんかネタなことをしようとか


思ってたのですが具現化せず。



大阪BIG CATにてWaiveの復活ライヴを拝んできました。
Waiveは初めて見た音源厨ですが(しかもみしまさんにもらった)何一つ不足のないとても満ち足りたライヴだった。


MCやらいろいろあって。
解散までのわだかまりも全部バンドの足跡なんだなぁって思う。
復活って、そのバンドの歴史をメンバー全員が、もう一度すべて受け止める度量がなければとても成り立たない。
そうでなければただの売名かお金集め以上の行為にならんのです。
もしかしたら結成より解散より復活の意味の方が重たい。


もういちど歴史を塗り替えようとする膨大な力。


なんだかねぇ
過去は良いことも悪いことも混在する荷物のようなものだよ。
ずっと手に持ち続けるのは困難なこと。

でも、もし、ここで、自分が意識の中に持っている荷物を手放さなければ


時間がわだかまりと向き合う自信をくれることもあるし
時間がそのまま流しちゃうことだってあるだろう。これも解決のひとつ。


Waiveが流れていかなくて今日ここに在ったのは、誰かが意識のどこかにその荷物を手放さずにとっておいたからだと勝手にそう思えた。



だから

私はこうしてぐだぐだ思い返しては私の中のSugarの総重量をなるべく維持しておくの。

ドイッチュラン!

 2010-07-04

4-0なんて誰が予想しただろう。
アルゼンチンから4点。

スポーツ嫌いサッカー興味なしだったけどみてるうちに面白くなって意外と見てます。
決勝はオランダとドイツかなぁ。

ドイツはイングランド戦もすさまじいドラマがあったのです。
44年前の焼き増し。すごい!



海外のメディアって、けっこう自国以外のチームのレポートとか評価を真剣にしてる印象を受けるけど
日本は自分のチーム終わったらもうワールドカップどうでもいいムードだ。

私もすさまじいにわかファンなので、たまたま画面にうつった自国のチームをただ応援してただけの人がこんな奴にとやかく言われる筋合いもないと思うが

あんなに日本日本って盛り上がった人はあれだけ真剣にサッカーの試合を見て
他のチームとかサッカーそのものに興味が沸かないんだろーか。と純粋に疑問。


1を見たらその業界の10が知りたくなる性分だから余計にそう思う。
sivaを見たらBlastが気になってそしたら名古屋系と暗黒系が気になってSugarとスイアリに嵌りヴィジュアル系そのものが気になったのがわたし。

だからたまたまドイツを応援して試合をみるとこんどはワールドカップ全体が気になったというわけだ。
どこでなにしてもすることかわらないんだなぁ。
全体を把握したい。細部に主眼を置きつつ全体のテーマを語るものでありたい。
常に興味と外側を含めた目線を持ちたい。
こういうのはオタク気質の一つに過ぎないかも知れないけども。なんなんでしょ。


きちんと外をみなければ内の良さはわからないです。もちろん外の良さも。
高校の修学旅行で東南アジアの先住民族の村に一週間滞在してそう思いました。川が風呂だった。ぼちゃん。



井の中の蛙大海を知らずで、別にいいんじゃないの。
ただ井の中しか知らないくせに井の中さいこーとか言ってるのを見るとあんまりあたまよくないなぁと思う。



明日は日本酒の会をしたあとライヴだ。菊正宗が好きです。
はよねよ。

「わかったわかった、お前が悪かった。」

 2010-07-02

やっと金曜日だあああああうわああああああって盛り上がったけれど取り立ててすることもなし。
紅の豚が好きすぎる。
セリビア行進曲がいいねぇ。


地味に働いて3ヶ月とか経った。
妄想のプランを喋って勝手に企画書とか出したらなんかうっかりハンコもらってぎゃー。
ちがうんだもうちょっと遠巻きに簡素にスマートに生きるつもりだったんだ!!
ベンチャーじゃないぞうちは。

どうしよう意外とそのままのノリで横柄に生きている。
違う自分を持つってのが無理だもんなぁ変わりゃしない。


基本的なスタンスがさー「これが正しい」じゃなくて「こっちのほうが面白い」だからさー
社会人としてはぜんぜん通用しないと思ってたんだよね。
もしかして通用する以前の問題か。そうか。


ああでもちょっとだけつまんないオトナに成るのも面白いと思ったの。
どうせ何しても何かの渦中に巻き込まれるのだからしょうがない。
静かに生きようとすれば逃げとなる。

勉強しよう。よし。
有り難いことにおもしろい人には欠かないらしいから毎日悪巧みをしています。いえあ!




そんでバンギャル的話題ですがBUCK-TICKのツアー決まってましたね。
京都か大阪は行きたいなぁと。


あと30日の金爆とお盆のケーニッヒのチケットを買った。
買った後にどうしよう一年ぶりにLokiさまを見るんだ心の準備がと乙女心の無駄遣いをするのです。
お盆に泣きながらろきさまを指して笑い崩れていたらきっと私だと思う。しらんけど。



楽しいことも自分で拾ってくれば無くならない。これ幸い。

沈黙の海、棒立ちの森。

 2010-07-01
UNDER CODE PRODUCTION PRESENTS
ネガ5TH ANNIVERSARY 全国TOUR2010


「The Counting Song of the Depart[ure]」


2010.06.27(sun) 大阪MUSE

OPEN 16:00 / START 17:00
ADV¥3,200 (D別)

出演:ネガ / Dali / Megaromania / VII-Sense / DOGinPWO / SUICIDE ALI / VELGREED



Counting Songで別のものが浮かぶあやふやなまま甘い蜜の虫みたいですね



やっぱりMUSEの音響は素敵。


・SUICIDE ALI
Stitch DoLLで微☆少女戦士、完全に沈黙しました!

興奮しているような、静観しているような薄氷を踏んでいるようなとりあえず自分の所在がない。
そういう感覚が好き。
休符から動き出すところでゾクゾクした。
わけもなくこりゃあホンモノだわと思った。

陳腐すぎる言い方をするとこういう神様に愛されたとしか思えない瞬間っていうのがたまにあるんだ。いろんなバンドのいろんなライヴでさ。
なにを差し置いても絶対に頭にこびりついて離れない瞬間。
音響と照明と演奏者と取り巻く環境とそれを見るわたしのコンディションの良好さ。
すべての状況がかけ算。
今日のGoshiなんかずっとギチギチ動いてるし特にヒト科に非ず絶好調。
だって、神の子ですもの。
それに加えてアウェーなんだしほらもう楽しくない理由がない。


以前にも申し上げましたがアウェー戦でバンドが成すべきことはたったの二つです。

蹴散らせ!黙らせろ!


目の前のバンドについて必死になにか考えている私を滅却してくれるくらい殺傷能力のあるバンドがたまらなく好き。
この前からくるビリビリした気迫といったらないね。
そうだから私はSUICIDE ALIとSUICIDE ALIが好きな自分が好きね。

オムニバスに入っている新曲が1曲目でさー
初めて聴いたらなんかフツーに歌モノだなぁと思ったのと
この歌詞については後で何か書こうと思っていたんだけど
まぁあんなStitch DoLLをされたんだ。吹っ飛びますわな。

アウェーなりにこうもうちょっときっちり揃って暴れる曲とかやったらよかったかなと思うけど無い物ねだりの範疇である。
FSで「ラストー!」って煽るから暴れまくったのに最後に魔法が来るという楽しくてしんどいサプライズがあってもうなにがなんだかわからないけどつっこめー!
楽しかった。

※春泥さまが魚介類きってのいけめんなのは全世界の常識なので今更書かないでおこうと思います。
※でもびちびち跳ねるのすごい可愛かったです。


SE
01.一度きりの別れ道
02.蒼い狼がみた絶景
SE
03.Stitch DoLL
04.Favorite song
05.正しい魔法の作り方





・VII-sense
外でチェキとか買ってたらなんか好きそうな音がしたから突入するー!

ミューズの扉を開けてぱっと中を見て最初に浮かんだ言葉が
「なんだ、ただのJukaかぁ」だった。
あれなんか違う名前になってるけどJukaだよね。
すごい祭りになってたよね(こういうことばっかり覚えているああ神様

ex.Dioのerina嬢がいた。相変わらずべっぴんさんだ。
いちにーさんしと人の数を数えたら6人いてギター3台。
ギタソロで一人ずつ早弾きソロとかあって
ハードめでもっとボリュームのあるヴェルサイユみたいな。
なるほど派手さを競うのならギター3台正解だわ。あと多少うるさくしてもJukaの歌は負けないしむしろほどよいバランス。
久々にすごい勝ち組なバンドを目撃した。
これはねー需要あると思う。海外でも国内でも。特に海外かな。

あのぎんぎらぎんの立ち襟っぽいロングジャケットなんてそこらへんの人が着たら本当に無様だけどJuka似合ってるもんねぇ。







いろいろ久しぶりに様子を見たい物があったけどStitch DoLLの余韻を残すべく退散したドリーマーでした。
でも家に帰ってドイツVSイングランドで盛り上がってました。今年はドイツがキてる!!
おつかれさまー!!

たこわさうまい。

Re:Re:Kathakali

 2010-07-01
Kathakali主催イベント
「OrienTRiBE VOL.2」



2010.6.26(sat) 西九条ブランニュー
OPEN 17:00 / START 17:30
ADV¥2,000 DOOR¥2,500(D別)

出演:Kathakali / BASKTRIBE / LIX. / クロ×ヒメ / ハナノビョウキ

入場者に「グレイスカイ / Kathakali」配布
Kathakaliは本日より10/21まで活動縮小。

201006262.jpg


主催というものは

主催バンドが、仲が良いor繋がりたいバンドを集めてキャッキャしてるのを遠巻きに(生)暖かい目で俯瞰するものではないですか。


そうだから主催って感じの主催でした。



・ハナノビョウキ
主にex.紅蝉の人による映像+打ち込み+缶ビール。
缶ビールの人かっこいいよあの金髪ショートにハット。
ノイズエレクトロなんとかかんとか。
久しぶりに見たらギターとベースがサポートで入って、見た目だけなら「バンド」って体裁になっていた。
でも基本的にほぼ全部ノイズ。
ガガガガピーーーーーーみたいな。
出たな音響機材オタクによる音響機材オタクのためのアングラバンド。
こういうのはどこに意識を置いて聴いたらわからんです。わからんのがきっといいのです。
「この旋律追いかけよう!」っていうのがことごとくどこかに散らされる。
しかしなかなか素敵な人材が多くて無駄にかっこいいと思いました。
最後の「水差し」って曲好き。

ノアさまが何かする予定だったらしいけど時間の都合で流れたそうな。ねぇ知さんそれだいぶ見たかったよ。




・クロ×ヒメ
衣装チェンジ。エナメルに黒い羽根。
だんだん服も化粧も洗練されている感じ。イケになってゆく。わぁ。
しかしギャル盤の安堵感ってなんでしょうねこのすごくバンギャルに煽られるバンギャルみたいなアットホーム。

途中でマサ柳徹ヒロさんが乱入(某athakaliのギターの人によく似たオカマみたいな何か。好評ソロ活動中)
ほんとうにキモくてびっくりした。
「男ってなにもできないのよね!」って言ってた。
ほんとうにキモくてびっくりした。(大事なことなので二度言いました)

女形じゃなくてオカマ!女形じゃなくてオカマなの!
ジュテーム!と言い残して帰っていった。明日から働けるとおもった。どこで。







・LIX.
見るたびに裕さんがスリムになっていく。でもむちむちはむちむちしてた。

衣装は、今のスイアリよりわずかに「ステージ衣装」として良い。
結局衣装も化粧もこだわり切れてはないけれど、同規模のそこらへんに生息するバンドよりはツボを得ていて良い。
で、曲は好きよ。うん。
演奏…は悪くない。すごく良いって訳じゃない。
バンドとしてきちんとまとまってきてる。
別に好きこのんで無難なバンドになろうとしているのではないと思うんだ。

だから
つっこみにくいわー!っていう。
これっていう感想が浮かんでこない。
コースでたくさん料理だされてそこそこ美味しくて
そこそこ美味しかったのに「どれが一番おいしかったですか」って聴かれたら答えに困る。全部同じくらいで最悪何を食べたのか忘れてる。みたいな。
絶対にこれだけは印象に残るっていうものが必要だ。

ヴォーカルの龍さんって人はすごくヒトくさいのに頑張って頑張ってなにか作ろうとして本当に何かが出来かけてはヒトに戻っていく。っていう一連のプロセスが見てて面白くて
その手のヴォーカリストだとLoki様の印象が強いんですがナカノヒトがあそこまでナルシストになれなくてきっとナイーブなんだろなって伺えるところまで見えちゃうので
こういう楽しみ方は本来よくないんだけどあのひとすきです。
なにか切っ掛けがあったら猛烈に化けそう。

っていう一連の雑念を最後のre:viveで払拭。
この曲だけは歌も演奏もぴしっと合致してる。イントロのベースよい。
ナイトメアとか曲は好きなんだが色気よりは喪失を歌ったほうが今は近いかな思った。特に歌。

続観察。
ベースの人が「クロ×ヒメさんの後やからステージいいにおいがするんかな」って言ってたのをバラされていた。

いつもよく見たらおかしな形状になっているやっくん。シモテで人が折れて痙攣してる。
折れてギチギチのやっくんを見ていると肩コリが酷くなりそうだ。








・BASKTRIBE
「ゼブラにヒョウ柄って大阪人のセンスだね」
…やっぱりそこつっこむよね。
そしてこっちにもやすひろさん(別人)
やすひろさんどんどん可愛くなっていく。あの笑顔でベース弾かれるとこっちまで幸せです。

だんだん曲を覚えてきて演奏上手いし歌はこういうのあんまり聴かないけど上手いんだろうし。
のっかりにいったら楽しいかなぁと言いながら2年くらい観察しているという。
ギターとヴォーカルの人の顔が似てる件について。
相変わらずサポートの人のギターの音が好きすぎるです。

途中でベリー様登場して一曲歌ったよ!
やっぱりあの声好きだなと再確認。





・Kathakali
「活動して5年が経ちました。」
「解散はぜったいしない。けどどこかで区切りをつけたかった。」

ねぇそのすごく解散ノリのMCやめてぇぇぇぇ。

その5年のうち2年か3年くらい見てるんだけどね、正直まったくわからなかった。
Kathakaliの人が何に悩んでなんで活動縮小なのか。区切りの意味がわからん。
今までと一緒じゃダメかなぁって無責任にそう思う気持ちもある。
でもこういうMCのヘンな真剣さを目の当たりにして

2年前のKathakali主催で、わたしはKathakaliのことを「ヴィジュアル系という喧噪の外側にぽつんとある桃源郷。」って書いたの。
あの時思ったことは今でもそうだと思う。
ただ都会で生きようが理想郷で生きようが時間の経過と変化は平等に訪れるってこと。

レベルは違うけど必ず小さな変化があって、何かが生まれたり死んだりしてる。
昨日の不穏も今日の平穏かもしれない。
見える見えないの問題じゃなくてそういうのは必ず平等にやってくる。


だって2年前に聴いた蓮と今日の蓮はこんなに違うんだもの。


ノアさまかベリーさんが「変わらずにやってきて時間だけ経っちゃった」みたいな話をしてたけど
きちんと時間と一緒に歩いてきた部分もあるじゃないか。とアンコールで7人編成のRe:Kathakaliが出てきたときに私は思いました。

今後どう変わるのかわかんないし、単純に今までのkathakali見納めだったらやだなっていう貧乏根性でしっかり見た。
改めていままで続けてきたことに対してもうちょっと胸を張っていいレベルの素晴らしいバンドですよもう。
他にどこにもない独特の世界、センス。曲の多彩さ。

これはまた涼しくなったころにまた見れるといいね。

今はただおつかれ有難う。(無駄な解散ノリ)





↓いろいろ違うけどセットリスト。龍さんとD+Kさん乱入したのどこだったっけ。

Feel fine
シャングリラ
グレイスカイ
プラスティックヘブン
最果ての街に

アンコール(Re:kathakali)
01.蓮
02.Feel fine



結局一日雨降ってた。まさにグレイスカイ。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。