スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

女子力(定期lost)

 2010-11-30
DISHばっかりきいてる。へへへ。なぜだ。


最近ね、メジャーなカルト的な層がないじゃないですか。政治も音楽も。
え、これがまかりとおるの?かっこいい!(笑いを含む)みたいなのが。

だからもうカルトはアングラ界隈に矮小にしか存在しないものだ、と思うことにしたので、
ひたすら斜め下の話題を持ち出してきて、「どうだ知らんだろう(=私は知っている)」っていうしたり顔をするいけすかない人が逆にけっこうメジャー化してきちゃって嗚呼生きづらいなぁわたしたち。みたいな。

誰だって通る苦悩と後悔の曲がりくねった坂道を†


****************************************************


・グラム128円の肉が食べるラー油で飛躍的に旨くなりました。

食べるラー油買うやつなんてプギャーみたいな論調が一部ありますが、人間なんてもともと胡椒に同じ重さの銀を払って生きてきたではないか。忘れてはならぬよ。
ヒトってたぶんちょっと旨辛いものには弱いんですよ。



職場でウルトラCな人事を目の当たりにして言葉が出ないの図。その発想はなかったわ。
21の感想が7割完成。
偉い人のパーティー的なものに出入りしてみたりお針子の真似事したりいろいろやってます。元気です。バンギャルです。

リア充の定義がもはや謎だけどリアルが充実してない人はリアル以外が充実しているものなのか。そこんとこ最近ようわからん。
なにか実態のない空洞をやっかんでいるように見える。
やっかんでいる自分、ていう図が大事なのかも。
やっかんでいる自分、ていう図を守るためにはやっかむ対象もやはり守らねばならない。
ここ最近はそういう「空洞」が人生のテーマ。
ほんとうは中身が自分でもわからないものを必死であるはずだと守っている悲哀。
だから非リア充としてリア充をやっかむのであれば、実態があろうとなかろうとリア充をその人は保守していることになるのだ。

はー、日常に面白い文句を垂れることのできる人は素敵だけど、必要以上に憂う人はよくわかんないわ。脳天気ですかね。

リアルはリアルで楽しんでるけど積極的に話すとちょうつまんないよね。って思う。それだけ。
毎日わりと楽しく生きてます。少なくとも、些細なことを見つけては楽しもうとしてる。
スポンサーサイト

続・人生は壮大なネタ

 2010-11-28
リア充が異教徒のお祭りにお金を落とす

日本の経済が潤う

少なからずさくやさんのお給料に反映される

バンドが潤う

そして、世界平和へ。

※音楽で世界平和への道のり。


『Candleに浮かれて2days Christian』とはよく言ったものです。
グニュウツールのFAT DECEMBERですです。別名、全剃り。
そんなにクリスマスが嫌いかよ!っていう歌。

しかし街を歩いているとうっかり楽しくなって財布の紐がアプリボワゼした。
綺羅星!!!!!
社長、しっかりしっかり棒茄子くださいね。フフフ(吐血
ってあああああああああ!

梅田にいたらクリスマスツリーfeat.七夕という奇特なことをしている人々がいたので恒例のいたずら的にパシャリ。

叶わなくても願ってないということにはならないが、願わないのは叶わないのと同義だ。
20101128.jpg

ついでにお前と狂いたいとか書いておけばよかったね。あんまりとっさに面白いことができません。
ごはんなににしよー。

-OBSESSION in ANGEL-

 2010-11-28
dieS TOUR 2010 “続・見る幻に毒を盛れ

【ANGEL JESUS dieS in EDEN】2days
-OBSESSION in ANGEL-

OPEN 17:30/START 18:00
2Days adv.¥4,000(D代別)

出演:dieS/SUICIDE ALI/uBuGoe/gaudie.
[O.A]大亮

※本編最後にセッションあり


2泥ズ。はじめようか。
LIVE STATIONは割と好きなハコだった。立地もよいし。目黒はいいとこ。






・大亮
dieSの二人のアコースティックユニット。噂には聞いていたが初めて見たらあの
ゆ か た ! ゆ か た !で大興奮。
和服というものはヘンに凝ってないシンプルなものがいちばんグッとくるのだよ。
荒瀬、NO DRUGに合わせてひょこひょこと出てきた。すでに目が笑っている。
あのねぇ浴衣の亮さまがすばらしすぎてあああれで金魚すくいとかしたら萌えだなぁ亮さまげへへ。
本編でもめったに拝めないANGEL JESUS dieS in EDENが聞けた。素敵だ。
客もステージもこののんべんだらりとしながら底辺に萌えが滾っている感じが良いですな。
荒瀬が途中で森進一の何かを唄っていた。

MC
荒瀬「2時間半寝坊しました。…(亮さま見る)」
亮「(穏やかな微笑み)」
荒瀬「2時間半ね、寝かせてくれたんですよ。僕は2時間半寝ることができました!!」
亮「(ニコッ)」

お ま え ら 結 婚 し ろ

とか思った。内助の功。
もうこんな人がいながら渋谷とかひろしとかなんてふしだらなの!ぷんすか。

そのあとの天使もすごくよかったねぇー。
天使はアコースティックでもあんまり曲の印象変わらないんだなぁ。うまく言えないけど。
くりかえすように~のあたりが好き。
ああー。ゆかた。


SE.NO DRUG
1.ANGEL JESUS dieS in EDEN
2.天使





・gaudie.
前見たときは仮面かぶっていきなりバラードで印象に残ってたけど
今日はふつーにディルアングレイみたいな暴れ曲やってて
うん、そう来るとかなり印象薄いぞこのバンド。希釈したギルガメみたいな。
しかも衣装も化粧も印象に残らないときた。
3、4曲目くらいにヘンな歌謡曲がいきなり始まってこのバンドでそれ出てくるかー!ってなってそれはまぁおもしろかった。
だんだん聴いていると、「お!」て引っかかりそうなポイントはあるんだけど、やっぱり地味。
暴れバンドになりきるなら暴れ足りないし、かといって聴かせる曲が売りになるかと言ったらそうでもない。
あのギターは好きだなぁ。テクとか音作りじゃなくて、「ここでこの音入れたらおもしろいだろうな~」っていう感覚が。






・uBuGoe
ヴォーカルの人だけハコではなくホールを煽っている。
赤地に黒レースのブラジャー振り回してるのに客はタオルだったからこれが全部ブラジャーならいいなぁ。
限りなくソフビに分類されます。
ちょっと音が多すぎる感じするんだよねぇ。全体的にがちゃっとした感じ。
あのベースは良いベース。




・SUICIDE ALI
レバンデッシュに始まりFSに至るまで
「暴れる」が9.9で「聴く」が0.1くらいだった。
Stitch DoLLは心の中で暴れ狂う曲であります。くるいたーい!

ああそんでBitが、Bitの髪色ががんばってブリーチした中学生なのがいまだに慣れない。ふへへ。
Bitの髪色だけでファイフィルシーアカリフォルニアとかになりそう。
Traitorの「透き通る夢を~♪」のとこのギターが好き。あそこだけ弾いてみたい。じゃーん。

誘拐ごっこの最中ステージの上手端に、おいそこになんかいるぞー。
機材の隙間から見たら荒瀬がニヤニヤしながら誘拐ごっこ踊っててリアルにふいた。
春泥がギター弾きながらニヤニヤ笑ってた。

もうやだこのカップリング。

ラビシャンが笛吹童子でくるっと一回転してそれがすごく素敵に決まってた。
春泥と同じ動きをしていてもラビシャンはふわふわしてくねくねしている。雲を踏んでそう。

なんかちょっと最近ノリというか煽りというかオープンでわたしは好きでない。
SUICIDE ALIはどんなキャッチーな曲やっても薄暗くてなんか奥まで見えにくいよくわからないのが素敵なバンドなのおおおおおお。
すべてを見せてくれないからこそ、しっかり見ても大丈夫なのだ。きっと。
生身の人間がおとぎ話を体現するのは少なからずそーゆうことなんでしょう。
オープンすぎるとこのバンドのいいところってほとんどなくなると思う。


やっぱりFS締めが好き。あたまおかしくなるこれ。ひひひ。
FSは顔を上げると大惨事ということがよくあるので夢見がちに行きましょう。

光は選んで弾き返せ。

~S.E~
1レバンデッシュリング
2Traitor
3誘拐ごっこ
~S.E~
4Stitch DoLL
~S.E~
5笛吹童子
6蒼い狼が見た絶景
7Favorite song
~S.E~






・dieS
「お前と狂いたーーい!」
「野菜たべたーーーい!」

次のツアータイトルは「お前と狂いたい」とかでいいですか。
あの煽り文句いいよね。2010年度ベスト煽りだろコレ。
客に向かって「狂え!」でも、「狂いませんか?」でもなく。
ただ、「お前と狂いたい」っていう。そこらへんの無意識に滲み出るスタンスまで含めて好きだ。
dieSはねぇやりたいことが明確なのだ。だからブレない。
こういうことがしたい、そのためにこうやったらできる、っていう意思がちゃんとあって、それを完成させるために周りをほいほい巻き込んでいく。
客もメンバーも。
「お前と狂いたい」そのためになにをどうするのか。
わー、巻き込まれるの楽しいなぁって思いながら見ている。

スイアリは逆にやりたいことと出来上がるもののギャップを楽しんでるようなバンドなんでなおさらそう思うのです。

荒瀬はいつもと違ってシャツとジャケットだった。カチっとした服似合う。
後ろでじたばた暴れてたけどうわー天使ききたいと思って前方に移動。
ここのハコは青と白の電飾がつくので天使がすごいことになっていた。
天使は、なんでここがホールじゃないんだろうってなる壮大なバラード。
あとサビのドラムが好き。

cozyさんがシルクハットにタンクトップに手袋に
くろ はだいろ くろ はだいろ くろ 。パンダと逆ー!

侵入って展開が多くてイントロとサビが結びつかない。どっきり。
バーサーカーであたまあげて終了!明日も楽しみだぁ。
ツアーT着た客がわらわらいるって楽しい一体感だよね。


1.シャーマン
2.分身
3.Matador-マタドール-
4.Scar.to.low.now.YOU.ME
5.天使
6.侵入
7.MA(裸RIA
8.バーサーカー





・セッション
いろんな人が入り乱れてわー。

荒「Goshiくんとは言葉がうまく通じません。(にやにや)」
ご「ねー。(にこにこ)」

二人の会話は茶の間のようで第三世界だった。ザ・宇宙人s

あーあーこの選曲はもうイントロで笑いが止まらない。
なんといってもB-Tですよほほほほ。
また荒瀬の歌いだしが似すぎ。っていうかあっちゃん好きだねぇって感じで。
春泥みたいなひろしみたいな人が今井Hiro寿と化していたよ。
おい、ひさし!誰が脱いでいいと言ったんだよばっちり見えてしまったじゃないか。ちく●!!!!
みんなTシャツとかなのにスイアリチームだけメイドインファイフィルシーアで浮かんでました。
そうよね。それはすごく素敵なことだ。ああーひろしさんが細い。
ラビシャンがしっかり歌ってた。マイク握りたくてしょうがなかったのねってくらい。

途中でGoshiが荒瀬をお姫様抱っこしてぎゃあああ。けっこう真剣にあわてている荒瀬というのをはじめてみた。
Goshiそのまま客席にあらーせを放り投げようとしてた。
いいぞもっとやれ。

いろんなものにげらげら笑いながら終了。
はなれてください!そこをはなれてください!


セッションって日本語に訳すと「酒の肴」だと思います。ごちそーさま!


1.JUST ONE MORE KISS/ BUCK TICK
2.神歌/ザマッドカプセルマーケッツ




おでんが食べたいと言っていたら願いが叶った!!!あわふー!
神様としけてるひととご友人様ちょうありがとうでしたむしろすいません。チーズがAカップ。
金魚なう。


本気で二日目に続く。

グリフィンドーーーール!

 2010-11-27
すごい中途半端な時間に終わったのでばくちくもうぇいぶも行けずほぼ他部署の人とAB型限定GIG的な鍋。
意識せずともAB型はAB型を呼ぶ。気が付いたらあ、おまえもかー。

別に血液型が人の気質に影響を及ぼすと思わないが、これだけ血液型別の性格分類諸説が一般に蔓延していたら後天的にその性質を獲得してしまうのも必然ではないでしょーか。

AB型ってなんか変わってるらしよ!という説があると、その人のたくさんある行動の中から「なんか変わってる」部分だけがピックアップされて印象に残り、キャラクターとなっていく。
血の話に限らずよくあることですな。


アマレットをウーロン茶で割るとうまいわ。


いつか揚力の夢を見る

 2010-11-24

いけめんエミュー
エミュー1

第一趾は退化して三趾となっているのがエミューの大きな特徴である。
鱗の生えた大きなあしゆびが砂を踏みしめると「とさっ」という音がするのでドキドキする。
たぶん、どこかで、草原で、砂地で、いまもこれがたくさん走っているのだ。わおー。

脚の動きとともに首が前後に揺れる鳥類の独特のテンポが好きだね。
鳥の脚フェチですどうも。
鳥の脚に鱗があるのは爬虫類からの進化と密接にかかわっているという説がある。

えげつないですが食べるのもすき。中華料理でにわとりの脚がよく出てきますな。八角を入れて甘辛いの。


ワシミミズク
ワシミミズク
沈黙を守る。




ハクチョウ
白鳥

すごーい態度が悪かった。オラオラ系だった。



なんとかカンムリヅル
つる
†ザ・V系っぽい鳥†


鳥はなんでもかわいいのう。
かわいいはなんか違うかな。畏怖をかんじる。

主に拍手レス

 2010-11-23
毎度亀レス(この言葉ってまだ使って大丈夫なんだろうか)ですみませんすみません。

うっかりしてたら8月から返してないよ。




これに懲りずおっしゃりたいことなどありましたら拍手いただけると幸いです。

空拍手くださった方もありがとうございます。励みになります!








主に拍手レス の続きを読む

私と風邪とすすと薔薇とうろことあといろんな何か。

 2010-11-22

Starwave Records presents
「-Starwave Fest Vol.1-」


2010.11.14(sun) 心斎橋Club ALIVE!
OPEN 15:30 / START 16:00
ADV ¥2,500(D代別) / DOOR¥3,000(D代別)

出演: SUICIDE ALI/ THE SOUND BEE HD/ 999-three nine-/ Larme d'ange/ MAGIER SEXALICE/ umbrella/ Magistina Saga/ 十神/ Lix



ダロワイヨのマカロンうまい。ダロワイヨの手前をまがって歩くから目印なのだ。

病み上がりで意識が朦朧としていた。すべては夢の中。

アライブは立つ場所によるけど中音がヘン。ていうかない時あるよ。ドンシャリ。






・Magistina Saga
ギルドが改名。ギルドっていうバンドがV系だけで3つくらいあったらしいからいいんじゃないでしょか。
お立ち台でランプとか本とか掲げちゃうきゃほースイアリだスイアリ。
あのカミテの片方白コン+アートはモロに春の泥のような人を思い出す。あのひと魚よりキツネっぽい。
全体的にメイクがましになっていた。
あとじたばたせずに聞かせる曲は聞かせる、て感じが好感。
女性ヴォーカルの澄んだ声。
セットも衣装もそれなりに演出を心がけてる。粗い部分が多いけど。
もっとハイセンスになろうと思えばなれるんじゃないかな。こだわりは伝わってくるのだけどクオリティがいまいち。
人形もってMCしとった。
あんまり派手に煽らないのになんとなく暴れたくなる曲ではある。





・MAGIER SEXALICE


中からお経みたいな暗黒な何かが流れてきたけどぼけーっとジュース飲んでた。
え、今日ってアンミュレいたっけ。とか思った。ちがうちがう。
惜しいことをした気がするけれどたぶんもっと健康なときに聞きたいね。
ああああ健康な体がほしい。なう。





・Lix
キモい、というのはそれだけで一種の才能だ。
ちひろくんが、キモいの。あのひとキモい。
「ひたすら俺かっこいいオーラを振り撒いているキモいヒト」になぜか目を奪われる。
ダイヤ柄のタイツが…むちむち。
前回よりもシャウトがおおっぴらになっていてノリやすい。
シャウトとか煽りとか、「ここで暴れる!」という合図がLIX.の時はあまり明確でなかったと思うので、暴れやすいのはこっち。
「」はピュアな曲だと思っていたらなんか妙に毒々しくクドくなっていた。
龍たそとちひろくんには歌の解釈にジュリエットとマクベス夫人くらいの隔たりがありますです。
酒を抜くか煙草を抜くかしたほうがいい声量だねぇあれ。高音出てない。雰囲気は出てる。
裕さん黒ゴス。裕さんおんなのこ。
思ったよりおもしろくなりつつあるけどあとちひろくんがすごいバカとかすごいおもしろいこと言ったりしないかな。
とか思いながらわっしょいしてみたよ!





・umbrella
そとでじゅーすこぼしてあたふたしてた。



・Larme d'ange
「あたしたちと、カマ騒ぎするわよ!」
女形とオカマは根本的にちがうの。ベクトルが違う。ね。おかまこわい!おかますき!
ヴォーカルの人むかしは細かった気がするんだけどなぁ。ロングジャケットなのにものすごく着ぶくれしていた。
メロスピみたいなジャンルの何かにクドいメロディをのせて。
ハイチュウを配って遠い2列目の客を引き寄せていた。
ノリを強要されるバンドって好きじゃないんですけど
ああいうキャラでバンドやってるんならしょうがないかも。





・十神
赤いマントを翻し黒髪アシメでなんかコテでなんか薔薇の人がどばーん!
これはすごいDだ
これはすごいDだ

せんせい、十神が、出オチですうー!


しかし本当のオチは歌いだしてからだよもうヴォーカルの一挙一動に笑い崩れた。ぶははははは。
すべての発声がASAGI
すべての仕草がASAGI
Dが好きなバンドマンはいっぱいいっぱいいても、Dみたいなバンドがやりたいバンドってなかなかいないものね。感動したわたし。
ASAGIさん大好き!みたいな。
「オラー!アタマふれー!」とか言って柵に干された最前を足蹴にしとるがな
誰かに育ちのわるいASAGIいわれてた。でも笑ったら人がよさそうなところがウケた。

煽り曲で自分が柵に腰をかけ客に背中を見せ、背面ダイヴを促している。
客がいったー!
客がぶつかったー!
ヴォーカルがよろめいたー!ごふっ。

けっこう本気でくらって柵からズレているのをみて爆笑する我々。
この光景もはや十神の名物と化している。指さして笑ったわ。
先にやってたのはエレミアというバンドの気がしますがナルシス界隈の事情がよくわかりませんです。

下手ギターの人が常にすごいどや顔だった。
上手ギターの人がすっぴんみたいなメイクだった。

ヴォーカルの人は罰ゲームでAgato をNyagatoに改名しているらしい。それって、え、どこのにゃさぎさんですか。
とりあえずDと薔薇とネタが好きなバンギャルは要チェックやで!

おもしろすぎたのでようつべを貼っておく





・THE SOUND BEE HD

このドンシャリな環境になぜかマッチしていた。重たくて鋭くてわー!ってなるのが。
音には湿り気があんまりない。
Takさんの足が細すぎて日本の成人男子の足の細さがあれでいいのかを考える会。
アメリカ帰りのサウンドビーさんでした。
ううん。やっぱり外人ノリだわ。煽りが英語だわ。
セトリがこのあいだのロクメーとほぼ一緒。こういうバンドでバラードが白くて綺麗、ていうギャップがいいよね。

「僕は、まだ十代のころにすごい憧れてたバンドがあって、自分もデビューしたいと思って、デビューした。こんどはもう一度バンドをやって、海外デビューしたいな。って思って、海外に行きました。やりたい、と思ったことは必ず叶えてます。だから、大阪でワンマンをします。」
やたらかっこいいMCだなぁこれ。

去り際にだいすけさんがTakさんの服脱がそうとする

身長差でうまく脱がせない

Takさん、自分で服をはだけで「にやっ」て。
あああああ。
和服って、危険だ…!




・999-three nine-
わー白いレオパード柄のスーツがヤのつく自由業みたいだ。
いぶしぎんでオッサンでロケンローなのにヘドバンも手バンもあるっていうすごい光景だなぁこれひひひ。
下手ギターの若いおにーさんだけ既視感あるとおもったらこの間のドロップで見た見た。
フェルナンデスのVで思い出した。

あのヴォーカルの人寝てないか酔ってるかのどっちかだわ。呂律回ってない。
あと同じこと何回も言ってたけどろけんろーだからいいと思います。
ぼけーっと見てた。けっこうおもしろかった!これはビールでも飲みながら見るべきだ。






・SUICIDE ALI
円陣はくしゅ!

うわあああああああああああああああああああああああああ
Bit el bedi が
Bit el bedi が限りなく明るい茶髪に…!

出てきた瞬間に動きがフリーズ@わたし

ほぼ金髪?とりあえずあったはずの色素がナイ。
どうした。なにがあったっっ。
髪をとつぜんブリーチしてみた不良中学生キャラでなんか第三世界に飛ばされてみんなの想像力を集めてSUICIDE ALIを完成させようとするでも髪をとつぜんブリーチしてみた不良中学生キャラの神様を想像しておいた。
Bitさん頬にチークかすすかよくわからないものがついているよ!
今年の秋冬トレンドはすすで決まり★的に。

ますますヒトとしての生活感が一切感じられずかわゆいのだけれど黒髪萌えのさくやさんは本日SUICIDE ALIよりまた黒髪人員が減ったことを悲しんでいる。
Traitorはキラーチューンというか思いっきり運動会ナンバーなので序盤から暴れる暴れる。前奏の動きがソーラン節である。
有害のフリは体が自動再生してくれるけどBitさん(主に頭髪)を見ていたらうっかり間違えた。
間奏のベースがちょうかっこいい。

春泥のテンションがヘンすぎた目がすわってる。動きが覚醒してる。びちびち。
これも寝てないか寝起きのどっちかだよねあれは。
テンションぶちぎれててよかったんだけどこういう時の風のslaveが逆効果すぎる。ほつれまくってぎゃー。
うっかりギター前にいるとギターが特大音量で聞こえる環境でそれはよいのだけど残念なことにベースの音色がイマイチ追えず。
新曲の歌メロがなんかいいな。サビですごく切ない高音。キャッチー。
やっと暴れながら聴く余裕ができた。
アンコール入れて7曲!
魔法とFSいっしょに来るとしぬる。



~S.E~
1Traitor
2僕と言う有害な要素
3Perpetual check
~S.E~
4風のSlave
5蒼い狼が見た絶景
6正しい魔法の作り方

EN.Favorite song
~S.E~





くはー対盤ちゃんと見ようと思ったら7バンドが限界。これほんと。ぷしゅー。
暴れすぎて靴下に穴が開いたうえにシャツのボタンがとれた。



大江ビル。
大江ビル

ぼけぼけ

 2010-11-22
遠征→二日目→夜行→仕事←いまここ



足が筋肉痛なのかむくんでいるのか不明だがとりあえず重たい。
脳みその中にはツッコミをいれたいことだらけで重たい。


ジャストワンモアキスはいいとして誰ですかセッションで残骸をやろうと言ったのは!



今井ひろしとか櫻井ひろ司とか星野シビ彦がうじゃうじゃ発生していた。俺得。



あとシビたんの転換中の硝子の肖像に爆笑†

あらせひどい。




という散文を休憩時間に抽出中。




うん。いろんな事情で本日のロケッツお休みします。足が限界。



ああああわたしいつもっかいアングリ見れるんだしくしく。



あと15分!

俺の電卓が火をふくぜ!

 2010-11-21
ライヴに遠征しているついてに挑んでみたの。


簿記3級。

人生の大半のことは遠征のついでである。 



「借方」と「貸方」を「せめ」と「うけ」で覚えていたら試験中にわけがわからなくなり

「この掛ってどっちがせめでどっちがうけ」
というふじゅしがパイルダーオン。

資産総受けだから増加すると左
売上攻め!売上攻め!
買掛金はツンデレ受けで増加すると左

為替手形はリバ。

大丈夫だ、問題ない。



最終的に精算表の「うけ」と「せめ」が同じ数にならなくて意味がわからないから粉飾決算をキメた…!
貸借対照表ばくはつしろ。

なんか¥2,500-に申し訳ない結果になりそうだ。
来年リベンジするぞう。
ひさしぶりにテストとか受けるとこう、「ちくちく勉強するのってなんか楽しいな!」という無駄な高揚感を得た。

金勘定に詳しいバンギャルになりたいです。


バンドにおける機材の科目は備品でよろしいか。
ああいまさらすごくSIZNAのディーゼルの減価償却累計が心配だ。



ドラムがバンドの売上金を持ち逃げしたあげく一般人の弟が証人になった場合の仕訳とか
サンホから機材が盗まれた場合の仕訳とかえげつないことを考えた。(実際にあったらしいよ。ね。)




さていまから楽しすぎるライヴ!

イメージは限りなく無添加

 2010-11-15
SUICIDE ALI 主催
-アムじい誕生日記念主催-



2010.11.3(sat) 目黒鹿鳴館
OPEN 15:30 / START 16:00
ADV¥2,800(D代別) / DOOR¥3,300(D代別)
出演: SUICIDE ALI/ THE SOUND BEE HD/ project -Merrow-/ dieS/ marlee/ Serpentine Ghost International/ emmuree/ Dunkelheit


SUICIDE ALIライブ会場限定音源「Favorite song」発売
SUICIDE ALI入場特典:コメントCD





・Dunkelheit
ぬーっとはじまって
ぬーっとした曲を奏で
ぬーっと去っていった…え。
盛り上げようとかオープンに楽しもうとかびびらせようとかむしろびびってるとかそんなのがちっとも感じられず、ぬーっと終わる。
特に衣装もこだわるとかそんなではなく。漠然としたバンドだなぁ。
底辺を這うようで底辺にも行ききらない。
逆光でゼントクコスがそびえたっているとか思った。メガネ。
ラズメルトベースの人がいるらしい、という話だけ伺いました。






・project -Merrow-
ミサルカの別名義。
「こんばんは!人魚たち!」と言われて目の前の客の3人くらいが笑い崩れてた。

黒い衣装にポイントカラーで青。コテコテの衣装でこういう統一の仕方は好き。
久々にこの界隈でちゃんとしたコテらしきものを見た。雰囲気が大事。
ヴォーカルのドラムの拍への反応の仕方がバンギャル。
ああっそこ手をちょんちょんてやりたい!っていうところで絶対に痙攣するヴォーカル。
むしろ客が棒立ち。なんぞこれ。
ヴォーカルがあの平民くさいのに歌って陶酔してたまにキラリとなるのは好きな人好きだろう。
なんか拙いんだけどクドいバラードであそこまでクドく歌われるとヒクか引き込まれるかのどっちかなんだよ。




・Serpentine Ghost International
SGIと感動の再開。きもちわるぃぃぃぃぃぃ。眠い。重い。暗い。真っ暗。
暗すぎてよくわからないけどいのりんはいけめん。

ツインギター、ツインベース。音がねぇ上から降ってくる。
降ってくるっていっても羽とか雨とかそんな軽いもんじゃなくて、
すごく質量のあるものが断続的にぼとぼと落ちてくる感じ。

そんな中をヴォーカルの人が内またでぴょこぴょこしながら叫んでいる。呪詛とかお経みたいな。
すみません今「よぼよぼのおじいさん」という歌詞が聞こえました。病院に行くべきでしょうか。

あのヴォーカルの人は歌のスペック的にシャラクと同等くらいだとおもった。
ナァァァァァ!って言えそうだ。
あのヴォーカルの人に「絶望ですか~」とか言われたら「絶望で~す」で済まないとおもった。

ギタートラブルがあっても誰もあんまり気にしてない。
空気を吸っただけで死にそうになるああ好きだわSGI




「あれはメイクをしっぱいしたひずみだよ!」
「ちがうよ!キモさが3割引のハルカだよ!」





・marlee
女性ヴォーカルの打ち込みダンスビートな感じ。
よくわからないけど体をゆすって乗り切る。
白ゴス!て感じの衣装だったけどバンギャル的にはそのラインストーンのついたバックルが惜しいですハイ。
マニピュレーターの人が一人で盛り上がってた。
この空気と客層やりづらいだろうなぁー。





・THE SOUND BEE HD
ここのバンドのテーマは、「ガイジンが想像するジャパニーズカブキロック」なのだと思う。
ガイジンから「ヴィジュアル系っぽく見える」ポイントを過剰におさえている。っていうのが私には逆に新鮮です。
鬼みたいなメイクも、女形も、和ゴスにコルセットなのも、なぜかヴィジュアル系にあまりない曲の構成も。
べたべたなコテバンドが来るとおもったら中身が外タレ。
その配置のバランスが絶妙。これ、外で見てみたい。
外に出て、オーディエンスの反応を眺めてみたい。
過剰に女を装うのがおかまならヴィジュアル系のおかまとはこれを言うのでは。

さすがに音はかっこいい。好み、ではないけれど。心地よい重低音を支配するヴォーカル。
Takさんのギターはクバールだとすごく好きなのにここだとあんまりグッとこない。なんの差。
一週間後にアメリカツアーらしいからヘドバンする勢いで納得したの。
だいすけさんインナーを上げるのがおそいよ。





・dieS
荒瀬が「しぶやー!」って煽るから
「えっ、ここ目黒…」と思った視線の先は二階席。

渋谷ヒロフミのことかぁ†(クリリンのことかぁ、のノリで)

フロアをほっぽりだして繋がり(のバンドマン)を煽るという行為に新條まゆたんのあの名作を思わずにおれません!
なんという快感フレーズ。…次からシビィさんの顔写真と怪文書が回るんだね。

ノードラッグ始まりの高揚感は異常。
dieSはかっこいいけどクスッと笑えるところがいいの。(※今日は笑いすぎです)
「オマエと狂いたい」からどんどん進化する煽りですが本日は「明日から何もしたくなーい!なにもしなーい!」だった。
あしたからなにもしたくなーい!って煽ってスピーカーばんばん叩いてたやだかわいいこの人。
網タイツのためにさくやさん毎回こころもちカミテにいるのは内緒なんだぜ。うん。
そしておそらく対盤のなかで今日のイベント名を正確に答えられるのはきっと君だけだありがとう。
ヒロシくんありがとうとか言い出した。繋がりアピールおつかれさまです(ハンカチを噛みながら)

ちがうのわたしライヴ中は真面目にdieS好きで荒瀬大ってすごいヴォーカリストだなと本気で思っているのになんかアフターが残念すぎて面白いからネタにしてるけどやっぱりざんねんだけど笑っちゃうもにょもにょもにょ
好きなのに表面で尊敬できないってツラいよね。けなし愛の最果て。好きだけど。好きだけど。はははは。
最近Matadorが色っぽくて好き。cozyさんにセクハラをするな!すごい絵面だ!
ああああああ5曲って短いな。dieSだけいつも異常に短く感じるのなんででしょう。
ベクトルにバーサーカーきたらもう運動会だ。けっこう何も覚えていない。


1.NO DRUG
2.シャーマン
3.Matador
4.ベクトル
5.バーサーカー






・emmuree
雪月花はじまり?
想さんが…白い…!顔じゃなくて衣装が。
あんむれ久々に見たらあああああああ音のバランスがいいなぁああああああああって思った。
バランスがいいというか配置が完璧というかうん、バランスが良い。

そんで鹿鳴館に似合いすぎです。
私は朋さんが鹿鳴館のステージ後方におふとんを敷いて寝起きしていてもなんの違和感も感じないぞ。
朋さんはああいうフィギュアみたい。理想のベースを奏でるフィギュア。
SGIは泥に引きずり込まれる感じだけどあんむれは黒くて透明でサラサラした水。
相変わらずセトリに詳しくありません。棘と罰やったきがするなぁへっへっへー。みたいな。
黒い水にごぽっと溺れてふらふらしてる。
想さんは絵になるね。あのスピーカーに手をついて額を寄せてるのなんかいいなぁって思った。







・SUICIDE ALI
ファイフィルシーアに迷い込んで年月流れやっとアムじいの誕生日を知りました。
よかったね、ずっと祝日だね。来年もずっとお休みだね。
「アムじい誕生日主催!気合入れていくぞー!」

THIS NEW ORDERの重苦しさから始まる。始まりの曲、を選ぶならこれ。
SUICIDE ALIもきっと、バンド提供70%で、見る人の気分が30%くらいのバンドなのだ。もっと多いかも。
極端に言えば、楽しみたい人はいつでも楽しいし(楽しい、の中身は人それぞれ)
楽しまない人はずっと楽しくないだろう。

まだぎこちない新曲も、痣のらびしゃんのふわふわベースも、おもしろい。
いっぱい穴があいてるから、覗き込んで、「そう、これも好き!」っていうところがたくさんある。
私はそれを笑いながら探してる。

曲数が多かったからちゃんとテンションあがりきったかな。少ないとろくなことがないですの。
ステージから投げるものとこっちから投げかけるものの化学反応でライヴはできている。
どちらかが投げすぎても、必要な時に少なくてもたぶんだめ。

途中でなんかおかしい!と思ったら春泥さまの衣装の透明なストラップ(通称ぶらひも)がない!
ジャンプをするとどんどんズレていくトップス。
そのうち春泥の第3のうろこが御開帳†
あのね、ちくび、しまってください…(ありったけの笑顔)

アンコール前にアムじい登場。お花もってる。わぁ。
お花の中にFavorite song がささってた。なんという商売人魂。
告知は12/5から新衣装なのと、ワンマンで紙芝居!
紙芝居かなり楽しみ。えへへ。

そんでアンコールはもちろん発売のFavorite song
途中でBitさんがごく普通に、普通の表情で、
まるで落ちたものでも拾うみたいに屈んで返しのスピーカーを後ろに下げだしたから客が爆笑してステージに上る。
土下座ヘドバン大会。客が板付き。
ぐしゃぐしゃで終了ー!

ひーさまの最後のあそびがかっこいい。


1THIS NEW ORDER
2誘拐ごっこ
3Perpetual check(新曲)
~S.E~
4痣-sailla-
~S.E~
5Rord of the wing
6人間の要
7正しい魔法の作り方

EN.Favorite song






ふらふらしてたら物販が目の毒。
とりあえずアンケート出してチェキを買って帰る。
勢いでFSを3枚くらい買ってみた。勢い大事です。



良い主催だった。終わるとすごくさびしい。おつかれさまでした。

Trick [AND] Treat

 2010-11-11
Vi-Vi(VISUAL VIRGIN)

2010.10.31(sun) 心斎橋 CLUB DROP
OPEN 16:00 / START 16:30

出演:SUICIDE ALI / toxic strawberry / NO-NAME / NeLiS / vlad / 黒翼 / Zozma

SUICIDE ALI入場特典
 ・[SE collection]配布
 ・No.000ラミカ



すごい恥ずかしいイベントタイトル。
無駄に張り切るHappy Halloween!!!!


1か月以上ぶりのライヴで10曲で新曲で特典付き!まぁなにもなくても行くけどさ。

まず特典でSE集を配布するという行為がオタク心を刺激する大変かっこいいことであるように思います。
舞台を見たら舞台セットまで蒐集したくなるのがオタクというものです。
かれこれ1か月以上ライヴがなくて脳内が栄養不足なところへ10曲もするからのうみそが大変だあああ。
すごーくスイアリが見たかった。ほんとに。



(いろいろ割愛)


・vlad
まともに見ると悪くないバンドなのにねぇ前に連れてくる身内の人は選んだほうがいいとおもい…ます。
話しかけるのも出たり入ったりするのも勝手だけどすごく集中できない。
ジャパメタに女子ヴォーカルくっつけてみた感じのあれだ。
全身キューティーフラッシュの人を久しぶりにみた。
にゃんぱいあだらけ。





・toxic strawberry

ゴシックでインダストリアルでデジタルロックな。
重低音と打ち込みに耳障りで甘ったるい声が延々と響く。
さっきから出てるバンドが学園祭すぎたからそんな中でちゃんとバンドとして空気の確立されたバンドを見た。
ビジュアル系、ではないけれど。

今日はね、V系マイナーイベントの中でもかなりレベルがひどいんですよ。
だからさくやさん的にはこういうアウェーなバンドの人に「ビジュアル系のイベントに出ちゃったwwwwwwうはww」
とか思われないか無駄に心配な感じ。
しかしお化粧をするなんか薄暗い界隈は高尚か低俗かの話をすると五十歩百歩な気がしなくもないぞ。
普段はゴシック系のイベントに出ているらしい。なるほど。

歌のおねいさんのブラがずれないかひやひやしながら見てました。ブラにコルセットにスカート。
あの赤いコルセットかわいいなぁ。
ムチをふりまわしてみたりぬいぐるみをつるしてみたりデスボで叫んでみたり。
色気よりもイノセントな方向。

スキンヘッドでツノが生えているリッケンバッカーのベースを抱えたおじさんとオールバックのおじさんがかっこよすぎていけめんなおじさま祭りの様相を呈していた。
ヴィジュアル系産業のノリが特殊すぎるためかバンギャルのわたくしはなにをしてみたらいいのかいまいち不明だったけど空気を吸ってぷかぷかしてみたらそれなりに楽しかった。ずーんってなる。






さっきからバンドの演奏が終わるたびに
身内→帰る
客→物販でバンドマンと喋るか出待ちにいく


の連続でもはや終演後の空気。だってねぇ対盤があれ
「他盤動員だけどスイアリも好きだよ」っていうのがほぼいないもんねぇ。
濃縮されたアレな人の集まり。

フムラの匣のミューズのとき思い出した。

――――――――――
 ス テ ー ジ
――――――――――
 客客客客客客客
客客 客 客客客




客   客
【 物  販 】
――――――――――

以上。
これ寝転がってビール飲みながら見てもたぶん怒られないくらいのスペースだぜ。





・SUICIDE ALI

気合い入れていくぞー!ヴォーイ!
メンバー登場して駄菓子をばらばらと配っていた。
この衣装にあの表情で配るものがマルカワの風船ガムとか五円チョコっていうすさまじい可愛らしさ。
一か月ぶりに見た春泥が可愛いすぎて生きるのがつらい。

のっけからいきなりギターの音が出なかった。のはいいとして1か月のブランクが一年ぐらいのその…演奏…
気を散じてはだめだ!しっかりするんだ!
いろいろかみ合ってなかったけど2、3曲目でテンションを取り戻した。
すごい耳がボケてて冤罪のイントロがFSに聞こえた。なんでやねん。
Stitch DoLLの後に風のslaveが来るのがすごくきれいだなーって。
風のslaveは、何か大事なものを薄くて半透明な紙で何重にも包んであるようなそんな曲だから
一枚でも破れたらだめ。そんな繊細さが好き。

人間の要で大暴れしてはい、新曲。イントロで緊張の走る新曲。
「なんか暴れなきゃ!」という無駄な高揚感と脅迫概念とあといろんなものが入り混じった新曲。

Bitさま→歌詞に必死
楽器隊→演奏に必死
客→ノリについていくのに必死

=みんな必死。

動体視力!動体視力よ!あとは長年培われた勘で乗り切るのよ!
笑いながら頭ふってこぶしあげてたらなんか終わった。ちーん。聴けよ自分。

A,Bメロ暗くてサビでいきなりキャッチーに浮上する最近の流れを踏襲した曲だったとおもいます。
歌詞がききとれない。
そのあとはもうひたすら運動会だった。
FSのイントロの春泥のヘドバンが好きである。

あー、スイアリって楽しいな。幸せだぁ。魔法でモッシュ!
よい旅路でした。






~S.E~
1レバンデッシュリング
2誘拐ごっこ
3冤罪
~S.E~
4Stitch DoLL
5風のslave
6人間の要
~S.E~
7Perpetual check(新曲)
8笛吹童子
9Favorite song

EN.正しい魔法の作り方




アンケートを書いてそそくさと帰る。




「春泥かわいいー!げへへ。」
「あれぜったい目に入れても痛くないね。」
「塩分あるしね。」
「人間と同じ浸透圧だといいね。」



春泥あのね、雨ふりすぎ。

リアルとネットの関係は対義語でいいんですかね

 2010-11-10
こいつはリアル誘い受けのにおいがプンプンするぜぇ…!


と思わざるを得ない尖閣諸島漁船衝突事故の動画流出問題。
しかも、sengoku38の正体が海保職員ていうオチ。
もっと上の階級の偉い人がトカゲのしっぽ切りをしたとかいろんな陰謀ありーの。
まぁ、まるでありがちな小説を読んでいるようだ。
相棒あたりで類似事件が勃発して犯人のすごい偉い政治家が「わたしは、国のために…!」右京さん「そのために犠牲になった方の思いがどれほどのものかわかりますか…!(グワッ」
とかいう妄想をした。

その前にうっかり攻殻機動隊の笑い男事件を思い出したんだよ。
セラノゲノミクスが中国政府だか日本政府に入れ替わっただけである。
とりあえず妄想の種。

これであれだよね、海保職員の自供が報道されてる最中に残りの映像が流出したら笑い男説は完璧だ。とか思ってしまうのってよく叩かれる現実と仮想の区別がついてないってやつ?
動画が流出するからネットを規制していこうって言っている人がいちばん現実と仮想の区別がついてない。
そもそも流出した動画はCGでもアニメーションでもなんでもないから論点ちがう。
ナンセンスな人が多いわね。

『むしろバーチャルなもののほうがリアルよりもより精巧にできている』
というのはそろそろ共通認識とされるべきだ。バーチャルなめんな。そして現実は現実であれ。
精巧だろうが雑であろーがリアルはリアル、これこそが現実だよってきちんとマジレスできるオトナの少なさにしばしば愕然とします。


マジレスかっこわるい、は、バーチャルの話でしょう。
地面を踏んでそこに立っている人に関してはちゃんとした返事しようや。

どうもにっぽん政府のレスポンスの様子を見ていると中国って仮想大陸か何かなのかな。とか思う。

凍てついた炎

 2010-11-08
久々にクロノクロスをプレイ。ミゲル戦で泣いた。

クロノトリガーが神ゲー扱いをされているのになぜかぞんざいに扱われているクロノクロス。
それLVシステムのせいだって信じてる!エレメンツいまだによくわかんない。ツクヨミかわいい。


クロノトリガーは、たまたまタイムスリップしてラヴォスにより滅亡した地球の未来を目撃した主人公が、未来を救うために過去を変え、ラヴォスと戦い未来の地球を救うというお話でした。たぶん。

対してその後プレステで発売されたクロノクロスは、「あのとき変わらなければやがて来たはずの時間はどこに行くのか?」「一つの時間を救うためにほかの時間を殺すのか」というのがストーリーの主軸だったように思います。
「平行世界」とか「パラレルワールド」とかいうのかな。

世界というのは選択と分岐でできていて、なにかを選ぶということは選ばれなかった未来を殺すこと。
トリガーでは、確かに星が死ぬという未来を別のものに変えたんだよ。結果としてはそれが救いだった。
けど、過去を変えたことで来なかった未来とか、生まれるはずだったものとか、そういうものは何処に行ってしまうのか。
っていうトリガーの内省みたいなものを見るにつけああクロスって深いなぁと思うのだ。

CGも音楽もこだわりがあって好きだね。クロノのサントラは光田康典の最高傑作だと思っている。

歩いたところが道になる

 2010-11-07
~15th ANNIVERSARY SPECIAL~

「BRAND NEW DREAM VOL.2」



2010.10.21 西九条BRAND NEW
OPEN 16:00 / START 16:30
ADV¥2,000 DOOR¥2,500(D別)

出演:Zig+Zag(f.東京) / Kathakalia / 関西ビジュメタ一家 Black Mary / Resiment Eve / umbrella / 2nd Dyz / Pan-d-ra(f.東京) /Lix


平日の遅刻必須。


・Pan-do-ra
入ったら「災厄を…†」って言われたからステージ見たら現代アレンジされたPhobiaみたいなのがいて沸いた。
あなたどこのKISUIコスですか…!
イントロが恥ずかしいメタルでAメロ以降がvizellのなんかみたいだった。
よくわからんけど存分にわらった。
ジャジーでオサレな曲もあったけどこのどこを切り取ってもなぜか黒くて気持ち悪い感じ。
「またパンドラのはこが開くだろう!」って言って帰って行った。pan-d-raってバンドらしい。
パンドラの匣。…えっ。
地下線にいそうなナリだったけど90年代のジャリ盤のいろんな要素が貼り付けてあったのではまる人ははまると思います。

ブランニューで見るこの規模のバンドだど演奏はまだ聴けるほうかな。





・Zig+Zag
間に合ってよかった…!
ブランニュー似合うよね。演劇要素の強いバンドなので。
呪いを世に広めるために絶賛活動中。
シニカルだけどどこかがコミカル。コンセプトに合わせてメンバーが全員デフォルトされているから怖いけどかわいい。
焼却炉浄化計画でぼんやりメガネを見ていたらボーカルの投げたごみ箱がわたくしの顔面にクリーンヒットしました。ああああああ。
あとマーブルチョコ投げつけられた。
なんでキワモノ系のバンドって無駄に演奏うまいんですかね。
コンセプトはがちがちなのに意外と客がほいほいノリやすいのがいいところだと思う。
ギターのメガネはいいメガネ。
うさんくさい縁起の悪いバンドだいすき。
座敷童を探すツアーらしくてSEが日本昔話。
ドーパミンたのしいね。
上手ギターのメガネに心奪われる2010秋




・umbrella
雨の音のSE
えっと、LOKIの人だ。メンバーがかなり違うがやってることはだいたいLOKIだと思われる。
作詞作曲と歌い手が変わりませんのでね。
LOKIのYUIはただ感情のままに叫んでる感じだったけど、少しだけ大人びた。
喪失のニュアンスが違う。失くしたものをただ情景の一つとしてきれいに歌い上げている。
その他楽器隊のメンバーさんは知らない人ばっかりでしたがこの人なぜかバンドを組むにあたりメンバーに不自由しないな。とか。
サウンドが前に立ちすぎる且つあとのことがお座なりで、V系バンドとしてはどうなんだろ。てところはあるけどやっぱり曲が好きっていうのは大きい。



・Lix

ええええええええわたし、リクスしらないですう。

幕があいたら仮面かぶったMstがジョジョ立ちしてた。なんぞ。
あのねぇ前よりももうちょっとフリルとレースにまみれたバンドになるみたい。
それにしちゃ曲が古風な…ああそうガーターベルト太もも薔薇スカートでラルクを歌った人だよなあんたは。
衣装はラルクセッションの時とほぼ同じで今日はダイヤ柄タイツ。
裕さんの衣装も黒執事化。でもふとももは譲らない。うん。似合ってる。
ちひろさんの俺かっこいいオーラにきゅん。あと実はあんまり歌えてないラルクもどきなところ。
気分から入ろうとするフロントマンなんだなと思った。できるとかできないじゃなくて、すべては恰好をつけるところから始まる。
ああいう人は信者とか狙いがじゃんじゃんついて崇め奉られてちやほやされるほど輝くのです。

もしかして:Lokiさま属性

龍たそとはけっこう対極のタイプだと思う。
だからこれはたぶんあまりLIX.の曲とか雰囲気を引きずれば引きずるほどよろしくない空気。
いっそじゃりじゃりのダンスビートのやつとか作ったらどうだろうとか無責任に考える。

サポが結局将さんで仮面をかぶった将さんが空中ブランコのササブチヒロシにしか見えない。なんのギャグ。
よくわかんないけどヘドバンしてみた。サンクチュアリ。
どうなるのかねぇー。わかんない。
わかんないけど楽しく活動していってくれたらいいな。とか。



・Kathakalia
カタカリ復活。これからはバンドバージョンはKathakalia名義での活動になるんですと。
今までバンドバージョンはね、たまに出てくるごちそうだから。毎日食べるとどうなるんだろう。
たまに出てくるごちそう認識だからあんまり復活って実感なかったかね。私は。
基本的に3人のカタカリが好き。基本がそこだからたまに人どっさりなのも楽しい。
その逆も然り。
人と音が多い。楽しそうな顔の絶対数が多い。見ていて幸せな光景だと思う。
シャングリラのアレンジがおもしろかった。
KathakaliaはKathakaliaで音源出してほしいねぇ。

一番テンションちがうのはやっぱりマサヒロだと思った。
リズムの揺らぎすら楽しい!生バンドさいこー!みたいな。プレーヤーとしてはたぶんこっちのほうが楽しいんだろうか。
いつも思うんだけどキーボードのグラマリのおねいさんがすさまじく美人。
女性の顔は可愛いと思うことはあっても美形だと思うことは少ないのですがあれはまさに美形だわ。
蓮のイントロのキーボードとか素敵だ。ふっふー。
ノアさまの服よくみたら腹の部分が服じゃなくてボディペイントなんだぜ。
(さわりたい衝動を必死に抑えている)
MCで年内のライブはこれで終了っていわれた。ええええええ。

楽しかったけどなんかさびしい。

1.Feel fine
2.God's still alive
3.シャングリラ
4.最果ての街に
5.蓮








みんな何かに悩んで錯誤している最中。人生も芸術も。

いざゆかんロクメーシーア

 2010-11-03
アムじいさん誕生日おめでとう。


今日は目黒だ。サンマが食べたい。

「痛くない痛くない」

 2010-11-02
ことしもアレの時期がやってきた針がぷすっとあああああああああああああああああ。


母上とのコミュニケーション不全が原因で小4の時に病院で暴れて取り押さえられたことがあるの。
いやだってね、「注射はしない」って言って採血するんだよ。やつら。
注射と採血は入れるのと出すのが違うけれど要するに「針を刺すな」と言いたかった小4女児にしてみれば一休さんもびっくりなとんちであった。おとなってきたないな!と思った。あとてっとり早く親と医者を言い負かす言葉のパターンの習得に励もうと思った。
でも高2の時にマラソン大会に出たくなくてエキセントリックな診断書を書いてもらったから医者には逆らわないことにした。今に至る。




そんなこんなでインフルさんがログインしました。
新型騒ぎってなんだったんですか。三価ワクチンからソ連A型が脱退して新メンバー加入してたYO!
ソ連A型、方向性の違いで脱退† とかバカなことを考えていたらぷすっとやられました。超ブルー。




≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。