スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「使徒を…喰ってる…!」

 2010-12-31
LYNX

電池の減りがはやい…
いや、これは見た目だけで満足だ。このために生まれてきたボディの色とカバーだ!
ヤシマ作戦だって使徒殲滅だってやっちゃう!

下にストラップついてるよ。

はやくしたくしなきゃあわわわ。
スポンサーサイト

こたえて、つむぐ糸。

 2010-12-31
SUICIDE ALIワンマンライブ
「Cut down the puppet strings」

2010.12.25(sat) 目黒 THE LIVE STATION
OPEN 18:00 / START 18:30
ADV¥2,500(D別)

CAST: SUICIDE ALI
Guest Act: THE SOUND BEE HD

目黒ライブステーションドームに黒い服でわらわら。
水道橋に行きそびれたのではない!断じて!
SUICIDE ALIの東京初ワンマン。今までずっとナルシスだったから。





・THE SOUND BEE HD(Guest Act)
TAKさんの破れたタイツの先は宇宙空間。
TAKさんのギターはふとしたときにエロいんだよう。
あんまり轟音の曲だとわかんないんだけども。
だいすけさんの顔が能面みたいである。
「冬らしい曲をします」って、すべてに光を これけっこう好き。
冬ってなぜかバラードだよね。

基本的に縦ノリも和ゴスも重たいのも嫌いじゃないのでふらふらのっかってみる。
ドラムの人、途中で顔料がぽろぽろ落ちてた。

あとSE気持ち悪くて好きだよ。
しもての女形のひとの困り顔メイクに不意打ちをくらいそうである。

たまに見ると同じセットリストばっかり当たってる気がするなぁ。
たぶんそろそろ曲覚えた。よし。毒がいちばん気持ち悪くてすき気持ち悪いのは正義!
そいえばここもスティングレイか。


1.毒
2.answer
3.粋
4.すべてに光を すべてに愛を
5.delete







・SUICIDE ALI
「SUICIDE ALIーッ!気合いれていくぞー!ヴォーイ!」

過去を想起させる姿も未来をにおわせる姿勢も、
詰まるところ今でしかないということを忘れてはいけない。
そうでなければ過去に苦しみ、未来に逃げられる。


HIYさまがツーバスになってたけど、片方うまく音が出てなかった。
紙芝居の後から復旧…した?
最初の方はなかなか演奏が安定しなかった。

序盤、「レバンデッシュリング」から「CHAINSAW」に至るまで、
「Traitor」以外すべてラビシャン加入前からあった曲。
SUICIDE ALIという「バンド」の時間軸で言うと過去にあたる。
(ここにくる「Traitor」がもう全く違和感がないのはひとまず置いておく)

特出してたのは「弧を描く病」かな。久々に聞いたんだけど、昔よりもっと激情に満ちて気持ち悪い。
底辺を這いずり回るような歌声と、やっぱり這いずり回るような音。
ああ、そうだ、SUICIDE ALIってこんなにキモいバンドだったのだ。
今はこんな白くてきらきらしたナリだけどさー。
異端な感じがなくなっちゃった。

「抜け出せない~」の後の叫び声の壮絶さ。脱力感のあったぬるい感じがなくなり、表現の精度が増した。
見ててビリビリするんだもん。あれは、虚脱感ではないなぁ。
今日の弧を描く病は、過去の弧を描く病を見つめるものであり、そして確実に越えるものだった。

死刑台とか、病とか、冤罪とか、ああいう「虚脱感に満ちた暗くて気持ち悪い曲」っていうのが、もうこのバンドにおいてイレギュラーになりつつある。
これからは、「持ち味の一つ」か、「ベース」に分類されるかもね。ともかくも前面に押し出すものではない。
SUICIDE ALIのワンマンで、そういうバンドのニュアンスの変遷をこれほど如実に感じたのは初めてだ。
やぁワンマンって怖い。
もう一度過去を見つめ焼き直す作業は、二度と過去に生きられないと自覚するからできる。
薄々感づき、今日まで踏みつぶし、努めて見ないようにしてきた違和感の逆襲。
魔法が出たときも、オオカミが出たときも、「まぁこんなのもたまにはありじゃないの」って思ってたけど
もう「たまに」じゃなくなってきてるしさ。
バンドとしてすごく成長したし、その部分はこれからも好き。
だけど、私が好きでどうしても掴んで離したくなかったものが確実に一つなくなりつつある。
次に見るものは、おもしろいものだろうか。好きなものだろうか。
でも客のウケを狙うようなしょうもないバンドではない。絶対に。

だから、すっごく怖いものを見ているんだよ。頭は楽しいのに足がふるえてしょうがないね。
金属だったら疲労をおこして真ん中で折れている。ぜったい。

誰だよこのタイミングでこのイベントタイトルをつけたのは。
とても楽しく、残酷な前半。
風のslaveも勢いで流れていっちゃった。ははは。


じいさん登場。ちらっと見えたくつしたが市松模様で、衣装と合わせてるのかなって思うとそこらへんの気遣いが愛しい。

**************************************
恒例のアムじい紙芝居うろ覚えまとめ

レバンデッシュにある宮廷でチェス大会が開催される。
予選を勝ち抜いた者がチャンピオンに挑戦できる。
挑戦者は、それぞれが自分のマテリアルでオリジナルのチェス駒を作る。

今回、一人の女流彫刻家が大会に挑戦することになった。
彼女の作品は愛とユーモアに満ち、代表作の「Sailla」はローエント街道に飾られ、人々に希望を与えている。
長い黒髪に、切れ長の二重の目を持った美しい女性。
彼女の人柄は作品に表されるように、社交的で明るく、誰からも好かれていた。

そして、若くして彫刻家として名をはせた彼女も、一人の恋多き女性であった。
恋愛のことになると芸術のことなどさっぱり忘れてしまう。
初恋は14歳の時。
半ば駆け落ちのようにして思いを遂げるも、次の日には「やはり私には芸術しかない」と、あっさり男を捨ててしまうのだった。
芸術と恋愛に折り合いをつけることができなければ、彼女に幸せは訪れない。

ある日、彼女に一人の小包が届いた。
差出人は、チェス大会の有名なチャンピオンだった。
チェスのことをあまり詳しく知らない彼女も、その名前だけは知っていた。

中には書類と、赤い箱。
まるで箱に見つめられているかのような気配がそこには漂っていた。
赤い箱の中には、キングのチェス駒。
それは美しいマテリアルが光を放っていた。

(ラグナロクとかいうてた。ゲーオタさん。)

書類には、手紙と、ナイト、ルーク、ビショップの駒の写真(春泥、ラビシャン、HIYの顔写真っぽかったけど)
「邪悪なキングが迫っている。いますぐチェス大会に参加し、残りのナイト、ルーク、ビショップの駒を集めてほしい。大会に行き、勝ち進めばすべてがわかる。」
といった内容が書き記されてた。
彼女はなぜかうれしくなり、大会に挑戦することにした。
ここから先の物語がSUICIDE ALIにどう関係するかは、お主らの想像力に任せるとしよう。

(ひどいうろ覚えですがだいたいこんな感じ)
(個人的には「芸術と恋愛に折り合いをつけることができなければ、彼女に幸せは訪れない。」のあたりが印象的でした。)
saillaのあたりから女子キャラ増えてきてますね。
みんな髪がストレートロングなのは誰の趣味かしら。

とりあえず春泥さんの中の人、絵うますぎです。
**************************************


ここから新SEで登場。
「○○の○○、HIY 」みたいな紹介がついてた。あんまりききとれてない。

後半戦開始。Perpetual checkに始まりここ最近の曲てんこ盛り。
こういう展開だと、1部→紙芝居→2部っていう構成がちゃんと生きてくるね。
そういえばSUICIDE ALIのワンマンで紙芝居いれてぐだぐだしないの初めてだったわ。と思った。
「僕という有害な要素」のラビシャンのスラップすげい。べしべし。
長い黒髪~の後のギターのきゅいーんがすきです。
今期の衣装、ラビシャンの網要素は髪飾りにある模様。ザ・網のヒト。

新曲その2のDouble Checkがよかった。疾走感があってメロディアス、はPerpetual checkと同じなんだけど
なんとなくこっちのほうが好みかな。居心地とか肌触りがよい。
好きなものが今日一つ増えたのでここらへんで安堵。

Stitch DoLLは今年のSUICIDE ALIのターニングポイントだね。
人形を縫い合わせる神父、ていう背徳的なテーマで、暗くていびつ。
でも、最後が「さがしに行くよ 感情の業(カルマ)」で終わるという点において
「ただ終わりだけが見える」って歌うのとはニュアンスが真逆だわ。
負の感情でも、それでもどこかに行こうっていうエネルギーがあるような
そんな感じ。
でもどこに行くのかいまいちわからん。わからないままでいいけど。
そして最終的にヘドバンしてみたらけっこうはまった。あれー。

そして魔法で本編終了してアンコール。
春泥「いつも重大発表言い忘れるんで…いいます。5月に東名阪で主催ツアーします。」

ていうのをものすごく低い声でもじもじ言い放った。
お…おめでと…う。
何回目かのアンコールでHIYさまだけがサンタの帽子をかぶって登場。
さくやさんはもうファンサービスの方向性がよくわからないがHIY様の白い筋肉が好きだ。

本編の終了時よりもアンコールの痣のイントロが鮮明。
わーわたしやっぱりラビシャンのベースはすごいと思うぞ。
音符が見えそう。
いまヴィジュアル界を見渡してもこんなに好みのベースに出会えるか怪しいもんだ。独壇場ラビ。


そんでSUICIDE ALIでアンコールも二回目まで行くとそろそろあれがくるな!あれだな!と思うじゃないですか。
そこでどうして「Road of the Wing」なのさ!
「Favorite song」 を聴くまで!わたしは!ぜったいに!かえらない!
家にかえらなーーーーーーい!

って思いながらアンコールゥ!

トリプルアンコールで登場したBit el bediのたまう
B「みんな、そんなに、好き?」

何このたいそう手の込んだ萌を提供する天然キャラクタア。

客「すきー!」
客「あいしてるー!」

嘘に見える空気がなんだって?

そんなこんなでFavorite songという名の暴れるタイム。
客が前にぎゅうぎゅう重なっていくの楽しい。
春泥の肉かたい。
ふらふらしたけどきっと笑っておわれた。楽しいのは事実。

過去も未来も今も交差したワンマン。
置いてきたものと得たものと見えたものを整理しているうちにSUICIDE ALIについて考えるのがすこし怖くなってきた。

ワンマンの出来としては、構成○で演奏△で集客△
全部○になっても楽しいとは限らないさ。
SUICIDE ALIはなにがしたくてどうなりたくてそのためになにをするんだろう。
謎めいた哲学が、なかなか紐解けない。
紐解く瞬間を心の底から待っているようで、永遠にこなければいいとも思う。

や、ほんとDouble checkがよかったな。ライヴで聴いてスッと入れる曲だった。
大事なのは君の感性。


~S.E~
1レバンデッシュリング
2冤罪
3Traitor
~S.E~
4笛吹童子
5風のslave
~S.E~
6愛すべき死刑台
7孤を描く病
8CHAINSAW

~S.E~

アムじい紙芝居

~S.E~

9Perpetual check
10誘拐ごっこ
11THIS NEW ORDER
~S.E~
12僕という有害な要素
13Double Check
14Stitch DoLL
~S.E~
15蒼い狼がみた絶景
16正しい魔法の作り方

~S.E~

EN1
痣-Sailla-
人間の要

EN2
Road of the wing

EN3
Favorite Song







終演後にじゃんけん大会が行われファイフィルシーアのサンタさんからPerpetual checkの下書きを賜りました。
人間界のサンタさんはなにもくれなかったのでさくやさんは人間界よりもファイフィルシーアの方が好きだと思いました。
物販で諭吉が3人くらい吸い込まれていきました。

あらせだいみたいなひとがライヴ中舞台袖で見え隠れしていたので、
SUICIDE ALIのことでいっぱいのあたまに
「あらせだい たいいくかんうら くぎばっと」という単語だけ覚えておきました。



今日の景色は明日に持って行けない。
今日から明日に運べる荷物も本当に少ない。
残ったものを愛で、別れの言葉をいつも片手に持つ。
人形の糸は切れたので
私はまた明日からおもしろいことを自分で見つけていかないと。

おつかれさま。

さくや家の団欒

 2010-12-29

(夕食にて)

父「おい、このワインの値段を言ってみろ。」
さ「…(ごくり)……は、1,600円。」
父「わははは!映す価値なし!(芸能人格付けチェック)」
さ「いくら?」

父「380円。」
さ「なん…だと…?」

母「まぁー!もうちょっとええワイン買うちゃりんさいや!」
父「はっはっは。1,600円じゃけぇの。」
さ「くそおやじ…。」

(食卓にステーキ入場)

さ「…連邦のモビルスーツは化け物か!(今日のごはんsugeeeeeeeeeeeeeeee)」
犬「ばう!(おれにもよこせ)」

母「…。」



夜な夜なお隣さんがピアノを弾いていて、いつも聞こえてくるのがポケモンのトキワシティのBGMなのだが。
はやくニビシティ行こうず!!と思いながら風呂でぶくぶく。

母に超少女趣味のふりふりのパジャマを着せられる。ああ、日常だぁ。




終わりの始まり

 2010-12-28
考えたら確実によくない結論に至るけど、考えないのは最大の不幸。

数日間おんなじところをぐるぐるしている。



解決する気はもうないけれど、延期する気はまんまんだ。
鳥がいっぱいいるところにいきたいな。海でも。山でも。

※焼き鳥屋に非ず。


携帯を変えてみたけどあんまり気分は変わらなかった。
LYNX初号機。パープルのボディに黄緑のカバーつけてみたんですよね。



思い立ったらすぐやろう!の図

 2010-12-26
(ぱそんこから見た方がいい)

re.jpg


新宿の交番にわたくしのデジカメ様が放置プレイされているのですがどうしたものか。。。。。
引き取るの1月で大丈夫かしら。電話しよう電話。

メリークリスマス。イヴ。

 2010-12-24
サンタさんへ。




今夜わたしにプレゼントを届けるには、ゴルゴ13並の気力、体力、ストイックな心と冷静な判断力を用い、高速道路を走る大型バスに飛び乗り、窓をわずかに明け、的確な場所にプレゼントを投げ込まなければいけません。



がんばってください!
※振込みでも可。



微☆少女戦士さくや




(゚∀゚)

クリスマスマーケット

 2010-12-23

かんぱい。
ch8.jpg


梅田のスカイビルでやってるクリスマスマーケットにNO MORE HEROのノシの人と潜入。

スカイビルって見えるけどなかなかたどり着けない魔境にあると思っていたら、地下道で一本だった。ちーん。
リア充にまぎれながら漂流。

ついたー!
ch1.jpg

時を止めてめりーごーらん。けっこう回転速度が速い。
ch2.jpg

屋台がいっぱい。
ドイツ総領事館がやっているので、基本的に芋とソーセージとパンです。
ソーセージは赤と白があったので準之介さんといっこずついただきました。
ch5.jpg

ジャーマンポテトは日本食で例えると猫まんま。
ch9.jpg



屋台の造りが凝っている。ここのジンジャークッキーはお土産に♪
ch3.jpg



(重たいのでたたむ。おりゃー。)

クリスマスマーケット の続きを読む

オンザ釘バット

 2010-12-22
ろきさまおたんじょうびおめでとうございまーす。ぐすぐす。

やっぱり焼酎を飲むと何かがおかしい…。焼酎を与えないでください。
焼酎を飲むと邪気眼が発動しそうだ。ふらふらぁー。

日本酒はへっちゃらなのに。なんの差。
明日仕事ですが何かー!


ハーゲンダッツの期間限定でくるみ&メープルシロップ的な何かが出ていますがちょうおいしいです。
これは私の中でマカダミアを超えたね。
ショコラストロベリーはとっても微妙。。。。うん。


エリアに行きたかったなぁ。
柚子ー!あらせー!


さくやは、今年もロキさまの二の腕と尻とパ【東京都議会の検閲により削除されました】

Stam1na

 2010-12-21
最近はまっているフィンランドのメタルバンド。スタミナ。

Stam1na / kadonneet kolme sanaa



シンプルにうるさいのけっこう好きだ。そしてヘドバン欲に訴えかける曲ばかりだ。
何言ってるかわかんないけどかっこいいっていいですね。
何言ってるかわかるようになりたいです。

フィンランド語ってやつら一体いくつ格が存在するの?2ケタあるんじゃないか。
ドイツ語の4格で挫折したわたしなのでもうなにも言うことがない。

とりあえず20万貯めよう。そして飛行機に乗ろう。湖と森とメタルの国(偏見を含む)




私信:準之介殿、ノイアーとまではいきませぬがPVの冒頭が尻祭りの様相です。
pakkolasku

SUICIDE ALIきせかえをやってみた。

 2010-12-21
イタいこと大好き!バンギャルのさくやさんが携帯のきせかえに挑戦してみました。
待ち受け、メニュー画面、送受信画面など、携帯電話を使うたびに第3世界液晶上に、
自分の好きなお化粧をしたおにいさんたちがショッカーのごとく登場してくれるらしい。
なんですかその阿鼻叫喚の天獄は…!
レッツ525円。この想い、本命盤(の財布)に届け!

ダウンロードしてぽちっとな。
月額利用登録でSUICIDE ALIとは思えない可愛らしい写真フレームがついてきました。これは使える。

いざパイルダーオン!



うわあああああああああああああああああああああああああああああああああ


【イーノック:神は言っている。この先はネタバレであると…!】

SUICIDE ALIきせかえをやってみた。 の続きを読む

バンギャル的総合活動報告書-2010-

 2010-12-20
また今年もこの時期がやってきた!
記録に、ネタに、後から読み返して泣いたり鼻で笑ったりするために。
今年一年を振り返っておこう企画。

毎度のことながら長いので要らない質問はがしがし削るのだ。

********************************************************


■バンギャル的総合活動報告書2010


このバトンはカスタム自由です。
自分に適してないまたはめんどくさいと思われる質問は遠慮無く削ってください。

まず始めに貴方のヴィジュアル系10大ニュースを教えて下さい。

・2010年ヴィジュアル系10大ニュース
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.


それでは本編にどうぞ。




1.ライヴ・インストア・遠征編

・今年行ったライヴを列挙!(回数でも可)


・今年行ったインストアイベントを列挙!(回数でも可)


・一番多く見たバンドは?


・印象に残った曲


・印象に残ったMC


・印象に残った煽り


・笑ったライヴ


・泣いたライヴ


・感動したライヴ


・つまらなかったライヴ


・対盤が充実していたライヴ


・整理番号、席の番号が素敵だったライヴ


・行きたかったのに行けなかったライヴ


・キャッチしたもの


・印象に残ったインストアイベントのトーク内容


・一番多く行った会場


・初めて遠征した会場、土地


・好きなハコ


・嫌いなハコ


・美味しかったご当地モノ




2.バンド編
・今年出会った素敵なバンドを紹介して下さい


・出会ったのは今年じゃないけどやっぱり今年も素敵だったバンドを紹介して下さい


・見たかったのに見られなかったバンドを教えて下さい


・今年一番キた!と思うバンドを教えて下さい



3.バンドマン(麺)編

・今年一番輝いてたバンドマンとその理由


・輝いてた麺の発言(誌面、ブログ、twitterなど)


4.音源その他総合芸術編


 シングル
1.
2.
3.

 アルバム
1.
2.
3.
 
ミニアルバム
1.
2.
3. 

 
総合
1.
2.
3.


・印象に残ったジャケットを一つ


・ベストミュージッククリップ賞


・印象に残ったフライヤーを一つ


・一番素敵だった衣装


・一番素敵だったメイク又はヘアメイク


・輝いていた物販




5.その他
・2010年ヴィジュアル系を漢字一文字で表すと

・最大に誤算だったこと

・出オチだったこと

・今年の自分のヴィジュアル系に対する情熱を一言で表してください

・今年の自分に一言

・今年ヴィジュアル系に費やしたお金の金額を教えて下さい

・麺の珍プレー好プレー

・バンギャルの珍プレー好プレー

・ハプニング大賞

・ついカッとなってやってしまったこと

・絶望したこと

・これは痛いな、と思ったこと

・麺にあげたもので一番高価なもの

・来年一発目のライヴは?

・来年の野望を教えてください

・来年もまだ、バンギャルなのですか?

・最後にこれだけは言っておきたいこと

・それでは良いお年を!

微のつく処探訪

 2010-12-20
大阪は天満駅から歩いて30秒の処に

なんかシビィさんみたいなバンギャルみたいな名前の安くてうまい中華料理屋があります。


一文字おおいよね。

4746619_907853504_244large.jpg

おやっさんはもともと有名なホテルかどっかのシェフらしい。
なにもかもが旨い!

おすすめはフカヒレスープ。
フカヒレがじょりじょりで幸せな気分になります。あ、豚バラ煮込み忘れてたや。
フカヒレさんを、「わーい春泥のヒレー」とか言いながら食べました。バンギャル的な忘年会でした。


来年はペニシリンを見に行きたい。です。
けこさんおつかれさま。


帰り道にふたたび聴いたSUICIDE ALIの「第4のwaltz」が名盤すぎて禿げそうになった。
禿げるな!生えろ!



第4のwaltzって圧倒的に再録が多くてしかも前より技術的なところが充足していて、もーこれがベストアルバム!
って感じでしたので。
そのあとに今年Stitch DoLLが出たっていうのはけっこう感慨深いことだよ。
例えるなら、下から見ると同じところをなぞって旋回しているけど横から見ると高さがぜんぜん違うっての。
これについてはまたこんど。誰か月曜日を倒してくれ。まそっぷ。


遅い朝の空想

 2010-12-19
いちにのさんどいっち。

おりゃー!
sd1.jpg


断面図。ぜったいにオリーブ入れるの忘れたよね。
sd2.jpg

パンの耳は切り落としてはならんのだ。耳によわいです。
10枚切りの食パンが売ってなくてきのう成城石井でやっとみつけた。

ポインセチアとカーテン越しの日光浴をしながら床に座り込んで食す。
このこ5℃以下の冷たい風と直射日光NGらしいです。メキシコ原産のくせにぃー。
sd3.jpg
おうちでよしよしされてしかるべき生き物。はっぱを裏側から観察するの楽しい。


紅茶はマリアージュフレールのアールグレイインペリアルに国産のはちみつをたくさん入れて飲むの。
素敵な物質に囲まれ、それぞれに名を与え、素敵な符号を身に着ける。
何事も、物質の世界と、それに付随する記号の世界とのバランスを保たなければいけないらしい。


さいきんすごく鳥が飼いたいな。アナホリフクロウとか。
しかしげっ歯類が苦手なので(かぴばらもアウト)、エサとなるかっちかちのネズミを扱う勇気がたぶんない。
無難に桜文鳥とか。ちゅん。

昨日あんな話を読んだから、朝、窓から海水が入ってくる夢をみた。


というわけで朝と物質と空想を楽しんでみようフェアでした。
けっこうおいしかった。ふふー。

沈める寺

 2010-12-18
王は、海の傍に住みたいと願う美しい娘ダユーのために、イスという美しい都を作りました。
イスの都は、海抜ゼロメートル以下の低い地にあります。
ダユーは精霊の力を借りて、巨大な水門を築きました。
そして、精霊に、海を行きかう商船を襲わせ、略奪を繰り返し、巨万の富を築いたのでした。
イスの都は栄華を極め、あふれる富と自由に人々は溺れました。

美しいダユーに求婚する男性は後を絶たず、ダユーは彼らと夜を過ごし、飽きれば魔法の力で殺し、海に打ち捨ててしまいます。
ダユーの狂奔的な生き様と、それを映し出すかのようなイスの都の快楽的な繁栄に神は怒り、
赤い衣に身を包んだ一人の男をダユーの元へ向かわせます。(この男は悪魔であったとも言われています)
彼の姿にダユーは一目で心を奪われました。
しかし、彼こそが罰。
彼は言い寄るダユーをそそのかし、水門を開けさせます。
イスの都はたちまち洪水に襲われ、一夜にして海底に沈むのでした。


年月は流れました。
神の呪いにより海底に沈められた許されざる都は時折、まだ暗く、こんな霧の濃い朝に、海底から浮かび上がるそうです。
海面から、まず、寺院の尖塔が見え、そこから巨大な建物とその周りにある街が、緑がかった海藻と共に浮かび、海水を滴らせながらついにその姿を現します。
寺院からは、僧侶の亡霊が紡ぐ祈りの歌が聞こえてきます。
許されざる都は、歌が終わるとまた、亡霊と共に海底へと沈んでいくのでした。



****************************

前半はケルト伝説で後半はそれをもとにドビュッシーが抱いた幻想。
ソースを図書館に返してしまって手元にないので、なんかまちがってるかも。

ダユーの父王グラドロンは信心深いキリスト教信者で、それを快く思っていなかったダユーですので、この伝説は要するに「キリスト教を信じなかった悪女の顛末」ということになるのかな。
神話とか伝説とか宗教っていうのは、土着の人々の強烈な恣意性を幻想というオブラートで柔らかく包んであるもんです。
そして恣意性をものともせず、幻想だけが独り歩きを始め、思いがけず美しいものを生むことがある。

人の恣意性の外側からインスピレーションというか妄想というか、また新たな幻想を抱いたこの曲は本当に素敵。
ドビュッシー / La cathédrale engloutie (沈める寺)


冷たいから生きようとする

 2010-12-17
こんなに寒いのに雪が降らないなんていやー。


ディスパのライヴに行って、ヘドバン禁止と言われるようなものだ…!



金爆のライヴに行って、ツアーが終わるまでブログでネタバレをするなと言われるようなものだ…!
↑これほんとですとオフィシャルでない人からリツイートまわってきた。真相は不明。



あんだけおもしろかったらそら書きたくなるわよ。うーん。
これ誰が言ったんだろ。
あんだけおもしろいバンドがこんなにつまらないことを言うのは信じがたい。



とりあえず、ヒトは括りつけられる刺激に見合う目先のなにかふわふわしたものが必要なのだ。
雪に限らず。





帰り道交差点のあちらこちらでバイクと何かが接触してた。ガシャーン。
寒いと視界せばまるんだねぇ。
訂正ヒトは自力でふわふわしだす生き物らしい。





寒いとあったかいのがうれしいから寒いのすきだよ。

あと8日。

ばかめたる

 2010-12-15
続・寒さを楽しもうフェアーと題しただたのフィンロック祭り。

森の妖精(公式設定)、コルピクラーニのWooden Pintsはセンセーショナルでした。
ヴィドールのオカルトプロポーズもびっくりなPVの出来栄え。
「メタルって、バカだ…!」と思えたきっかけです。ありがとう妖精さん。
このWooden Pintsという曲、邦題は「酒場で格闘ドンジャラホイ」

酒場でwwww
格闘wwww
どんじゃらほいwwww

みたいな。

ほかにも「Pixies Dance」を「冬の夜空で漢祭」と訳してしまうところがなんともいえません。
空気を読みすぎた邦題。

しかしコルピクラーニのいちばんすごいところはやはりWooden Pintsにおいて「酒場で格闘ドンジャラホイ」意外の表現がまったく当てはまらないということですな。
もはやこれは「酒場で格闘ドンジャラホイ」意外の何物でもない。


2:30あたりのホームビデオクオリティに笑いが止まらないですよ。ヨンネ…

衣装を統一するということと、設定やコンセプトがあるということと、笑えることにおいてはヴィジュアル系とのシンパシイを感じる。ぶはー。


Stargazers

 2010-12-14


ふたご座流星群は14日の20時が大極と聞いたので

ひとんちの冷蔵庫から拝借した缶ビールを友とし一緒に外でじわじわ冷えてみたのですが

周りが明るすぎるのと飛行機の騒音と重なり、うん。わたしには見え難い。

冷えたさくやが待ってるよ!(黙れ

プシュッ。

ビールの群れからエビスだけきれいに抜いて帰ったもんな。おこられるかな。私だったらおこるね。うまーい。

『冷蔵庫と微少女、残念な喪失(エビス)』NOW ON SALE†

明日は川べりまでいこうかな。カラス瓜流すのか。ジョバンニ、ラッコの毛皮がくるよ。

銀河鉄道の夜はブルカニロ博士編が好きです。

繋がる空の彼方で。

Once I had a dream and this is it.

 2010-12-14
ちくちくとNightwishのEnd of an Eraを夜中に見る時分。
Dark Chest Of Wonders
夜中にこんなにテンションを上げていいのか。ユッカは俺の嫁!



寒いときは寒いところの音楽を聴いて寒さを楽しもうフェアを開催するのです。
Nightwish は Tarja Turunenがいた頃がとても好き。なので、少なくとも私の中では2005年くらいで止まっている。
Tarjaは、悪魔のような、女神のような、でも時々ふと、ただの女だ。

「ただの女」の部分に関心が持てなかったから、かつてGhost Love Scoreの後半が好きになれなかった。

I'll be there when you say
Time to never hold our love
なんていうのはさ、打算的だなぁ。誰の作詞か覚えてないけど。

誰かが受け止めてくれるまでを含めて、愛情。
自分が相手の何かを引き受けていることに安堵し、それを矜持とし、そこにすがる。

好きだからそれにまつわる不自由も荷物も好んで受け入れる
あるいは
好きだから同じ重たさの不自由と荷物を分かち合ってほしい

あまりよくない書き方だけれど、裏返したら女性的とか家庭的ってそういうことでしょう。

「私を救って、私を受け止めてほしい」って訴えているこの歌があまり好きでなかったのはたぶんそれ。
不自由の誘惑に負ける人はつまらない。

だけども最近、不自由を選択する、というのはある局面から見ればまた自由でもある。と思った。
私の視座から見るとみすみす自分で不自由を掘り起こしてる人は、その人の視座からすれば自分の意思で自由を選び取ったつもり。たまごが先なのか、ひよこが先なのか。

いずれにせよ、自由だか不自由だかを、呼び込んだり追い払ったりして、その時に楽しそうならいいね。
今ではこれはこういう自由、として頭にインプットされている。Ghost Love Score
ああユッカのドラムかっこいい(ゴロゴロ



Still I write my songs about that dream of mine
Worth everything I may ever be


眠れない駒は夜な夜な独りでに語る

 2010-12-12
浦和Narciss presents
 「漆黒のシンフォニー」

2010.12.05(sun)浦和Narciss
OPEN 16:00 START16:30
ADV \2,800
出演: SUICIDE ALI / 十神 / 緊縛少女 /『正義』崇拝教團JUSTICE KING 
   / Ancestral / ぼたん一家 / 音劇単独表現者洋太



今年初ナルシス。
SUICIDE ALI新衣装お披露目。
入場して先にアー写だけ買った。

うわああああああああ!
うえええええええええええええ!
うおおおおおおおおおおおおおおお!

みたいな。ネタに事欠かない。






・ぼたん一家
「ヴィジュアルもどき」を自称する確かにヴィジュアルとアングラの中間みたいなバンド。
いきなり輪になって踊っててびっくりした。

女性ヴォーカルで、普通にしてればスタイルのいい綺麗なおねえさんなんだろうけど、がに股でヘドバンしてデスボしとる。
たつろーと鳥居みゆきを足して割ったらああいうのが生まれるんだ。きっと。
滑稽だけどあそこまで徹底してたらシュールさとか、かっこよさの方が勝る。
Tシャツに腰みのにレギンスで密室メイク。
腰みのからピンクのゴム手袋生えてるのすごい気になるー!

一家だから「ライヴ=団欒」。そんでメンバーそれぞれ母とか兄とか叔父とか役割があるらしい。
ちゃぶ台に白黒テレビが置いてそうな家だね。
歌は暗めの歌謡曲でけっこう歌うまい。
MCとかゴローさん(ヴォーカル)の作文とか演劇要素が多いかも。
ジャンルからはみ出してるものの面白さとかシュールさ満載で楽しかった。
このイベントでこの規模の箱で、トップにこういうバンドがでて来るんだなぁと思うと関東の層の厚さを感じるに至るのです。
いいなー!




・Ancestral

あーあー前に一回見たかも
ヴォーカルの人のいっぱいいっぱいなハイトーンヴォイスで思い出した。
この時代を感じる煽りはたぶんルナシーとか好きだろな。あの人、ホールを煽っている。
両サイドがなぜが薔薇とレースにまみれたメタラーだった謎。
統一感なさすぎて普通にセッションバンドだと思っていたの。
ベースの人はきっと眉毛の書き方を間違えているよ!





・『正義』崇拝教團JUSTICE KING
その場に跪いて、隣同士で小指をつなぐ客。

「教團は教徒のためにーーーー!教徒は教團のためにーーーー!」


シャツが血糊まみれなのに、顔はおおむね客引きのホストという
いろんな意味でイタいお兄さんたちが出てきた。
さくやさんは、「JUSTICE」も「KING」も間違っていると思った!
誰も『正義』を崇拝していない。死ねー!とか叫んでるよおおこわいよおおお。
なんかこう、笑える方向にダメなバンド。
まずいものをまずいまずいってげらげら笑いながら食べてる感じが。
一部の曲がすごいPhantasmagoriaっぽかった。あれはNEO ARKだ。
隣にいたお客さんが「バビロンのタクマとマゴの戮が一緒に階段から落ちて中身が入れ替わった感じ」って言っててふいた。

「かごめかごめ 籠の中のアナタ」っていう爆笑フレーズが衝撃すぎて忘れられない!
ヴォーカルの人、さんざん前に来いって煽っておきながら「目が悪くてほとんど見えない」発言はだめだと思います!
ヴォーカルの人が常にラリっている。
すごいげらげら笑いながら見てしまった。




・緊縛少女
バンド名よりもっと普通にバンドだった。パンクと歌謡。
歌のメロディーがどこか古風で、90年代のJ-POPみたいな懐かしさなんだけどなんでしょ。
カミテのメガネの人のメガネがいいメガネだなぁと思いながら見てた。薄い顔にメガネは正義。
あと目と眉毛の間の狭さ!

拳あげて暴れたら楽しいバンドなんだろね。
眠たかったのでぼけーっとみてた。





・音劇単独表現者洋太
「独りで和服で刀を振り回してなんか客にヘドバンを強要しているお笑い芸人風の人」
として記憶されていたけれど今日はとくに「ヘドバンの強要」はなかった。
MCはまんまプロレスかお笑いかって感じなのだけど、
以前見た時よりもMCはMC、芸は芸っていうメリハリがあって今のほうがまだ見れる。
演奏は全部同期で、セリフっぽいのが多い。高音とかリズムとかしっかりー!
意外と見てる人がとっつきやすい要素が多いわ。逆ダイとかヘドバンとか。

客の暴れっぷりが自由すぎる…!過疎空間に10人程度のバンギャルがスペースを有効活用して暴れてた。
軽く運動会。
最終的に洋太さん「罪を斬る…!」って刀ふりまわしてた。

そしてとうとう活動休止ですってよ。
「今日はじめてみた人も、今日という日を忘れないで、一人でやってるへんなのいたなぁって、覚えてくれるだけでもいいから…」
って、活動休止にあたり本人が一番さびしそうな可愛げのあるパターン。
コメントしづらいけど記憶に残ったのは確かだ。







・SUICIDE ALI
HIYさまが出てきて、ラビシャンが出てきて、春泥が出てきて、Bitさんが出てきて、
4人揃って、SUICIDE ALI!どばーん!

で、誰。

こんなバンドしらーーーーーーーん!!!!!(ちゃぶ台ガシャーン
特に真ん中の金髪のトルネード花魁アップ(小悪魔ageha)な人が衝撃すぎた。
なにこれ!×4
だれこれ!×4
すごい絵面です!すごい絵面です!
白い生地とスモークで目がちかちかしてきたよう。

ああ、うん。これは確かに、今までのSUICIDE ALIで一番ちゃんとしたヴィジュアル系バンドの衣装だ。
Bitさんの服のウエストのラインとか、春泥の衣装の襟から袖にかけてとか
服としての完成度は高いのだわ。こすちうむぷれい要素高し。
でもこれ、一体どうやって旅するんですか。まぁいいか。
下半身はみんなストイックだった。

------------------------------キリトリ--------------------------------------------
今回、新曲のテーマがチェスなので、それぞれチェス駒をイメージした衣装なんだそー。
全員上は白、下は黒で、服の襟とか裾にチェス駒をプリントした市松模様があった。
Bit→キング
大江さん→ナイト
ラビ→ビショップ
HIYさま→ルーク

ナイトの大江さん、白いジャケットが颯爽登場!銀河美少年!な感じだ。シルエットがきれい。
君のうろこは、きっと輝く。(どや顔)
肩にもうろこぎっしりで、だんだん魚の面積増えてきたよねぇ。
あのネックコルセットがすき。
二の腕に細い紐が巻いてあって漠然と「ハムの人」というワードが浮かんだ。
お歳暮の季節だなぁと身を以て知る。

HIYさまに「俺がガンダムだ!」って言わせたい。
HIYさまガンダムWのサンドロックみたいだった。へへへ。
裸コルセット危険です!ちょう危険です!HIY様、肉が白い。サンドロック。

ほいでねーBitさんがこわいよう。長身+眼力+金髪ガチ盛りの迫力。
赤い石ついた王冠かわいいす。
なんか、取って喰われそうだね。手を引っ張られたら帰ってこれなさそう。
でも後ろにちゃんと赤い羽根ついてるよね。
すごい、ラスボスっぽい。

あとラビシャンがエロくなさすぎてラビシャンだと認識し損ねた。
清く正しい少年僧侶。
ああ、下半身がストイックなラビシャンなんて…!うっ。でも二の腕あるからいい…か。
キモかわいいの「キモ」がどこか別の世界に葬り去られたようだ。おのれジャミエル…!
紫のストライプのスタンドカラーがポイントになってるんですが、全体の統一感を見るとその色の入れ方は謎。

写真より実物のほうが違和感がない。

あと今日はなぜかみんなマイナス10歳肌だった。トゥルンとしてたよー。

--------------------------------キリトリ------------------------------------------

そんで衣装に惚けすぎてPerpetual checkのヘドバンするのを忘れてた。今日の感想の9割くらい衣装だな。
この曲いまだに歌詞が聞き取れないので、衣装と曲と歌詞の兼ね合いがまで頭の中で結びつかない。
にへらにへら笑いながらヘドバン。
途中で大江春泥がおっこちてた。ハムー!

SUICIDE ALIは黒くて、気持ち悪くて、奇妙で楽しいバンド。
Traitorのシャウトも、人間の要のBメロのリフも本当に心が動く。
でも今、これで死刑台とかスレイブとかやっちゃうとどういう景色になるんだろう。まだ想像つかないねぇ。
別れ道とか痣はきっと素敵さ。

いろいろ、よくない方向に想像がつかないのは見極める努力を怠っているから。
惰性で見てるつもりも何もないのになんでだ。

ぼけーっとCHAINSAWでラビシャンを見ながら。二の腕もっふもふしたい。
ラビには網が足りない…!
最近フリを全自動再生しながらステージのいろんなところを見る技を習得しました。
ゆがーんだこえー♪からの展開がかっこいいの。

きっと、時間は何かを篩にかけるためにもある
SUICIDE ALIが何を好み、何を望むのか、そのためにどうあるか今までの時間とワンマンが証明してくれる。
新しい景色が来て、その時にいつまでも笑っていられるといいね。っていうせこい保身を考えている。
今日旅した景色は明日には持っていけないの。
でも明日が来るまでは今日楽しかったことだけが事実だよ。そしてそれを守るために何も顧みない。おかしな話だ。毒、盛れてないねぇ。しみじみ。
どうしてか人間の要で泣きそうになった。歳かな。



~S.E~
1Perpetual check
2Traitor
~S.E~
3CHAIN SAW
4人間の要
5Favorite song
~S.E~


アイラブGoshiTシャツ作ってる人がいた。
あれを着る勇気が紫綬褒章モノだよ。すごい!




・十神
アンケートをごそごそ書きながら今一部で話題の十神。
歌い出しでやっぱりニヤニヤするバンギャル。
だって、Dなんだもーーーん。

よくここらへんでこんなバンドが生き残ってるよ。私、感動した。
低音のビブラート、ファルセット、煽り、一挙一動が気になってしょうがない。これはきっと恋。
演奏わりとガタつくところが多くて、ほんとに全体で1/4スケールのDって感じ。
十神は前任ヴォーカルがいたころを数回見たけど、ヴォーカルってダイレクトにバンドのカラーを左右するんだなぁと思った。
こっちのほうがわかりやすくて私は好き。
そのままあれをしてもこれをしても「なんかDっぽくていいね!」な曲をして、

挙句の果てにアンコール。
ヴォーカルのにゃがとさん(罰ゲームで改名中)が猫耳とにくきゅう手袋してた。
うわぁもうだめだぁこの人。はははは。

ギターの人、「ツアーの思い出は?」って言われて「ネカフェとローソン」って答えてた。
薔薇とレースの高級感がいっぺんにどこかに行った。

そのままヴォーカルの人から重大発表。
いやな沈黙が走ります。
「いままで………十神の、ヴォーカルとして…………加入して………、今日まで、ツアーも頑張ってきましたが……。」


ごくり。



「にゃがと、Agatoに名前が戻ります…!」

まぎらわしいわーーーーーー!
ギターの人に「アガさま、それやりすぎ。」いわれてた。

ほいで最後はLemurian seed やった。これだけ覚えた。EDENみたい。
十神、出るところに出たらツボに入りそうなバンギャいっぱいいそうだなぁ。






全部終わって9時半。ナルシスは終わるの早くてありがたい。
バスの時間気にしなくていいからね。
久々に会う人多くてうれしかったな。

My Favoriteファミレスなデニーズでごはん。雑炊うまい。
おつかればんでっしゅ。
なぜか眠れず。

炎がお前を見つけたのだ。

 2010-12-09
tour 2010 続・見る幻に毒を盛れ

dieS 単独中毒公演

2010.12.4(sat)下北沢MOSAiC
OPEN 18:30 / START 19:00
Adv.¥1,000 (D別)


thank you,SOLD OUT!!!!!!!!!!!

入場者特典:『BERLIN WALL』無料配布


P1000361.jpg

P1000360.jpg

SEからシャーマンが始まって2時間半くらい?もうちょっと、あったかも。
一つも止まることなく、滞らず。かといってさらっと流れることもなく
今、この空間はすごくいい時間の流れ方をしているなぁってin my headのギタソロを聞きながら
笑顔でふらふら暴れる反面、どこか手に汗を握りながら見ていた。


最初にステージから始まる緊張感と覇気みたいなものを感じて、ああこれはイベントではない。ワンマンだ、と思ったの。
たくさんある曲の中から、何を心臓とし、何を頭とし、何を手足とするのか。
ワンマンというのは、『バンド』というヒト一体ぶんを表現するためにあると思います。
およそ2時間半、この白いほぼ正方形のハコの中で、一体のヒトができる。
なにを語り、なにを好み、どんな風にあがき、何処に向かうか。

赤黒いドロドロしたシャーマンも、暗がりに浮かぶ光のような天使も、
音、言葉、立ち居振る舞いが、ひっくるめてdieSっていうヒトを形成する。

だから、dieSは絶対にワンマンをすべきだったし、私はそれを見るべきだった。
続・見る幻に毒を盛れ。

自分が好きだと信じるものは絶対に手放してはいけない。
そして、どうしてそれが好きなのかを見極める努力を怠るのもだめだ。
例えそれが、結果として好きなものを手放す要因になってもだ。

『見る幻に毒を盛れ』は、そういうことじゃないの。って私は思ってる。

フロアにいる人もステージにいる人も、dieSがすごく好きなんだよね。
でもその「好き」は、私の頭の中で幻に変わっていってしまうから、それを打ち破って今の姿を見聞きし、楽しむ強かさが要る。
そんで、dieSには今、楽しませてくれるだけの器量がある。
夢のような光景を、力強い音色で、絶えずこれは現実だ現実だー!と訴える。
そういうとこ強いバンドだようほんとに。びっくりするぐらいおもしろい。


…で、そんなことを考えなくてもギラギラしたサウンドと変なお兄さんたちが楽しませてくれるから、突っ込んでいったらいいんじゃないかな!
この中でMZKさんだけが下北沢だと思った。あれ…。
ふおーバスドラでかい。梅さんの頭がばくはつしている。

赤いライトと、正面を見据える荒瀬のでっかい目が印象的。あの目がとても好き。

fuckerでお立ち台に足をかけ ふとももfeat.網タイツ を撫でまわす荒瀬(うたのおにいさん)をみて、隣の人が悶絶して崩れてた。通報したい。
BERLIN WALLはどこか無機質な感じと空まで抜けるようなサビのギャップが素敵さ。

「dieSではじめてやった曲を」って
birthdayがすごーい情感たっぷりでよかったなぁ。
そこからの新生児と幻影と。dieSの抒情的で綺麗な部分。
荒瀬も亮さまも笑顔が印象的だった。ニヤニヤじゃなくて、ニコッて。
新生児がねーちょうすきなんだよねー。
入りのドラムからギターから歌いだしからなにからもうもう。星だけが一つ男を照らす。


手を伸ばして煽ってはじまり新曲のタイトルが「発情」
「欲情」でも「劣情」でもなく「発情」なの。
ウワーこれすごくちゃんと歌詞カードを読みたい。きゃー。
やっぱりイントロの印象が「バクチク」であった。

待ちに待ったNO DRUGにて

荒「しぶやー!(ヒロフミ)」

ま   た   か   よ
あああああたしNO DRUGだいすきなのにひどい!
一瞬で頭が大草原。げらげら笑い崩れる一部の人たち。
しぶやと言っておきながら亮さまの肩つんつんしてた。
オマエを殴りたーーーーい。グーで殴りたーーーーーーい!


マラリアかバーサーカーかどっちかの入りがギターとドラム合わなくて焦るー
頭ちょうだい!

荒瀬センパイ、「家に帰りたくなーーーーーい!」ってさっきまで煽ってたのが
「帰らなーーーーーーーい!今日は家にかえらなーーーい!君たちもかえらなーーーい!」に進化していた。
あーあーのひと天才だなこりゃ。
(遠征ギャは)家にかえらなーーーーい。

本編最後は天使。あーこれでぴったりはまった。
悲しい天使は、お客さんであり、ステージの上にもあるのさ。
クライマックスを力強く綺麗に締めた。



アンコールで続・毒盛Tシャツ着用。
cozyさんのTシャツに歓声があがっていたけれど、あの歓声を意訳すると「cozyさんが!服を!着た!」だよね。
タンクトップは下着認定なので私は初めて服をまとったcozyさんを目撃したわけです。
なんかTシャツを着てもじもじしてる人に弱いみたい。
梅さんはゆずのTシャツだった。なして。

亮さま出てきて、客に「お前と狂いたーーーい!」って言わせて、「いいんじゃね~?」って。
あああのひとはたぶんすごくモテるとおもいますみたいな。
high-裸-nightでメンバー1人ずつ「いぇー!いぇー!いぇいいぇいいぇい!」の煽り。
cozyさんが意外と煽る煽る。
一周したら男煽りと女煽り。
男すごい…。

high-裸-nightでベースを見る派!
うしろちらっと見たらフロアが沸騰してた。
最後はやっぱりバーサーカーで頭を献上して締め。頭ぶんぶん。

全身の血が煮えたぎるような思いをした。

毒を盛ったの。わたしはね。わーい完全燃焼!



SE.die

1.シャーマン
2.fucker
3.BERLIN WALL
4.Scar.to.low.now.YOU.ME
MC
5.分身
6.Matador-マタドール-
7.ケイレン
MC
8.birthday
9.新生児
10.幻影
11.発情(新曲)
12.NO DRUG
13.in my head
14.MA(裸)RIA
15.バーサーカー
16.天使

EN.1.侵入
2.high-裸-night
3.ベクトル

EN.2.バーサーカー





終演後になんかTシャツ着てたら写真撮影できるっていわれたからうわああああ。
テクノアイドルユニットを結成した。シクヨロ!
dieSS_2.jpg
●泥さんごめんなさい。


リリたすとみねむらと焼肉打ち上げ。

「荒瀬の二の腕おいしそうだったよね。」
っていいながら肉をジュウジュウ焼いていた。

おつかれさまでした。あたまなくなったし。すきすき。

微微微の…

 2010-12-03

2010年流行語大賞が「ゲゲゲの」になりました。

来年は「微微微の」が流行語大賞になれるように努力をしようと思います。
手始めになにをすればいいんだろう。

昨日の夜中
ピエール中野(凛として時雨のドラム)のツイート
「流行語大賞「ゲゲゲの~」の使い方がまだちょっとわからない。ゲゲゲのゲイとか?」

ごめんなさい私も使い方がよくわからないからそれでいいと思いますみたいな



この前、「ルナシーは23日と24日だから、クリスマスに都内でライヴをするバンドは被らなくてラッキーだったよね。あはは。」
とか言っていたらこのざまですよ。
LUNACY復活、完全無料の東京ドームで<黒服限定GIG>


もう便乗して25日はどこにでも黒服で行けばいいんじゃね。
「あの人も後楽園までいくのかな…?あっ、目黒で降りた。」のような感じで。
黒いトランク持っていない。
それと痛い名刺とか持っていたほうがいいですか。
†春泥様狂愛 微少女戦士朔夜† みたいなの。風のslaveの歌詞の抜粋とかしたい。うひゃひゃ。




ええっとほんで明日はGoshiさんのお誕生日なのとあと下北沢に見る幻に毒を盛りにいくのだ。おめでとう!





-OBSESSION in DEVIL-

 2010-12-02
dieS TOUR 2010 “続・見る幻に毒を盛れ”

【ANGEL JESUS dieS in EDEN】2days
-OBSESSION in DEVIL-


2010.11.21(sun) 目黒 LIVE STATION
OPEN 16:30/START 17:00
2Days adv.¥4,000(D代別)

出演:dieS/ the fool / DISH / THE VELVET / SUICIDE ALI / Miss Jelly Fish /
[O.A]dieSUICIDE

スイアリとダイズとあといろんなものを全力で楽しんで二日目。
対盤全部見て楽しいてのは素敵なことね。
好みとかそうじゃないとかはまぁ、あるっちゃあるんだけど

好きじゃなくてもいいバンドっているじゃん?好きなバンドがいいバンドならそりゃあラッキー。
「良いバンド」と「好みなバンド」と「上手いバンド」は違うんです。
そのへんの配分の違いに思いをはせるのもまた楽しいね、と思うの。




・dieSUICIDE
3度目?2度目?のdieSUICIDE

dieSのお客さんとさー、
「ダイスイサイド!気合入れていくぞー!とかやったらおもしろくね。あはは。」とか言っていたら

ステージに先を越された…!
中から雄叫びがきこえてきた。

「すみません円陣やります!(シュタッ」みたいな。
dieSのお客さん巻き込んで「ダイスイサイド!気合いれていくぞー!」「ヴォーイ!」

登場したらSUICIDE ALI全員、首から上だけおニューになっていた。撮影の成果ですかね。
顔を上げると荒瀬がへんなフリつけてた。
うわああ荒瀬と並ぶと春泥さんが薄い。荒瀬も細いっちゃ細いんだけど、なんか次元が違うの。薄い。
生きとし生ける2.5次元です。
Bitの髪が盛り盛り。
ラビシャンはギターだった。音が多くてバンドっぽい誘拐ごっこ。
今スイアリがツインギターだったらこうなるのかぁ。
なんていうか荒瀬が完全に誘拐ごっこをモノにしていた。
春泥さまは襟足を横に流してる。うまのしっぽ?(リスクノオト参照

ぱんぱんすぱぱん!

そんでシャーマン。そろそろインマイヘッド来るかと思ったんに。シャーマン大好き。
ここでなぜかしっかり歌うBit。もうなにがなんだか!
そんでさー春泥さまがさーシャーマンのギター上達しすぎてるのさ。跳ねながら弾いてて悶絶。
前回のアレを鑑みるとすごい上達っぷり。に、見えた。

荒瀬が春泥のニューウロコをじょりじょり触ってて春泥うれしそうで腐るより先にこいつらキモいな、と思った(ありったけの笑顔)
網タイツとかふとももとかが目の前をうろうろしているんだよ。
俺は今、夢の途中(白目)

アクトで滾りすぎて疲れた。夜は長い。




・Miss Jelly Fish
歌えばaki動けばキリト…?
バンド名からは想像できないダークでメロディアスで素敵な90年代の色香漂う。
上手ギターがアンバーグ●スの●さんに似ていていつ履くんだろういつスカートを履くんだろうと精神衛生上アレ。
ヴォーカルの人の鼻にかかった裏声で「さぁぁ…!」って煽るのいいなぁ。
とりあえず歌でどーんと聞かせてくれるのでなんだか安心。
ヘドバン楽しそうだ。



・THE VELVET
「水玉に…染まれ!」
衣装がドットだらけ。衣装だけだと一昔前の東京ミカエル。のようだ。
見た目だけならエリア界隈をうろうろしてそうなオサレ。

中身が思ったよりシュールであのヴォーカルのくねくねしてる人は一度見たら忘れられないね。
メイクも完璧に塗りたくっててた。完璧な塗装だ。
顎とほくろのバランスといい羽まつげやら、楠本まきの漫画に出てきそう。
「圧倒的にかっこいいでしょ。」ってくねくねしながらデヴィッド・ボウイのFashionみたいな曲をしていた。
うん、見た目よりサブカル。なんだろうシュールすぎないところがまたシュールっていうか。
ノリもふつーにオサレな感じでしたけどとにかくインパクト強かった。ヴォーカルの人の顔が忘れられません。

おもしろかったのでmyspace


・DISH
転換中にLaputaの『硝子の肖像』が聞こえてきて爆笑。かげろう祭り。
さーむーいこごえてしまうだーれーもしんじられない!

よし、今日のDISHも楽しく見れそうだー!と序盤はうっとりしていたんだよ。
エピロヲグもずーんてなるけど、なんとか。
今から某クスに走って根本コウヘイという人の球体関節人形とか作ってみたいなぁげへへ。とか。
顔、緑色のメッシュ、服装、立ち居振る舞い、ベースの形と音まで含めてとかすべてがキャラクターっぽい。
あれは眼福だのう。

インダストリアルハニィの前のMCで、シビィさんがdieSの侵入を弾き始めて、笑い崩れるわたしたち。
しかも荒瀬のMCのマネしててちょう似てた。
「おぉーう!みる…まぼろしに…どくを…もれ†」
しまいに曲中だったかどこかで「ひろしくんは渡さねぇぞー!」って叫んでた。
そんなとこまでコピーしなくていい!
しぶや、あとで体育館裏に来い†

そんでインダストリアルハニィ で 本 人 降 臨 
うしろになんかいる!うしろに荒瀬いる!

「渋谷!渋谷!渋谷!」
「根本!根本!根本!」って煽ってた。シビィさんにべったり。

あのね、私は「渋谷さんと根本さんの関係性」も「荒瀬さんと根本さんの関係性」も知らないが、
いろんな意味で後が怖い光景ですこれ。
へへへ(腐
一言コーナーで
根本「ぜんっぜん関係ないんだけど、今日間違って高田馬場エリア行っちゃった。」
客 「wwwwwwwwwwwwwwww」
渋谷「鹿鳴館ならわかるけどさぁ~」

高田馬場駅に用事がなくても通過するだけで無駄な高揚感があるのはバンギャだけじゃなかったぜ。
「もう!」の咲きが揃ってた。
どや顔で咲きまくるシビィさんこわいよう。

はい、で、ここまで面白おかしく見ていたの。だ。
次のUNDERGROUNDと、メロウイエロウでしっかり殺されたよ。溺れる。しんどい。
「ここには僕の居場所なんてないから」の後に、幽霊みたいに「泣かないで」って歌われたらそら泣きます。
腹の奥底を引っかかれる。
日常で、収まるところにうまく押しこめてた感情が、ぐえっと出てくる。
あとこれはほんとに同じギターでやってるんですかね。ぜんぜん違うように聞こえるよ。

DISHはたぶんこれで完結してるの。
たぶん、チケット代はらって「DISHください!」って言ったら、自分がDISHだと思うDISHがいつでもそのまま出てくる。
進歩がない、という意味では決してなく。この空気感はいつまでも変わらないだろうなーっていう。
肺とか喉まできゅーっと絞られるようなライヴ。
短時間で爆笑して落ち込むこの高低差よ。



SE~THE CURE/LOST
1.エピロヲグ
2.LIVINGDEAD GIRLFRIEND
3.インダストリアル ハニィ(飛び入りあり、笑)
4.UNDERGROUND
5.メロウイエロウ





・the fool
今日の出演者が全員少年ジャンプに掲載されてなんか適当な漫画にしたらあのヴォーカルの子が主人公だね。
ヒトって、明るい部分と、暗い部分でできていて、どこを外に向けて発射するかで人の印象って変わると思うのだけど、
その、「明るい部分」の上澄みだけてできているような子だなぁ。笑顔がキラキラ。
何かが全自動で再生されている。
煽りで赤面。シビィさんがこれを言ったら病気だよ、っていうことを平気で言うの!
「みんなありがとう!あいしてるよー!」
「俺たち、あと16時間しか日本にいられないんだ!だけど、今日のこと…絶対忘れないよ!」←ここらへんで涙
そこにクラッとせずになぜか生暖かい目で見守ってしまう性分。
水噴射がひどいのでぜったいに真ん中より後ろに下がる…!

音の多い爆音に酔っぱらいながらふらふら楽しく聞く。歌がまたテキトーなのがいいよね。
それギターで弾いたほうがいいんじゃね。って歌メロ。
歌うというか、今ある演奏に「乗せてる」っていうニュアンス。
前方5、6列くらいわーっと盛り上がってて、泣いて、感動していて、それに取り残されながらぼけーっと見てた。
マイナーバンドで水をかけるのはワンマンくらいにしておいてくれるとありがたいす。





・SUICIDE ALI
カレーも、おでんも、SUICIDE ALIも、二日目が好きさ。

撮影で寝る時間がないないと騒いでいたので心配したけど、大丈夫だ、問題ない。
寝てないときは案外パワーは出る。集中力の必要な神経質な曲を避けるのが正解。
暴れてわけわからなくなる曲ばかりでこっちも二日目でグロッキーだしもうもうベストな感じ。よっぱらい。

そんでやっぱりBitの髪色でフリーズ…。しばらくはこのネタで騒いでると思う。

天界でくすぶっていたBit少年がジャミエルの陰謀によりブリーチを手に入れ髪を脱色して家出をするも第三世界に飛ばされ記憶をなくし仕方なく段ボールに住んでいたら(後のフムラの匣である)いつのまにか仲間が増えて記憶と実家を取り戻す旅をする壮大な家出ストーリー

を妄想しておいた。

1曲目の冤罪でテンションが上がりすぎて首の痛みなんて知らない。ザ・迎えヘドバン。
どの曲もどの曲もわくわくしながら、はい!次!ヘドバン!うひょー!みたいな運動会。

大江春泥がかっこいいのは宇宙の常識。うろこのひとだいすき。
大江春泥を構成するパーツのいろんなものが好き。

しかし今日これはみんなテンションが上がりすぎたねぇー。
心の化粧が剥げている。たったいま笑顔で煽るこれは私の中で「大江ひろし」ぐらい。
ヴィジュアル系は心まで化粧をするものだ。
きっとこれ以上ステージとフロアで何かの受け止めあいを始めるとファンタジーなバンドは苦しい。
ぎゃーぎゃー叫んでる人が言うことじゃないけどさ
「かかってこい」みたいなニュアンスの煽りがすごく居心地悪い。です。それはBitなの、Goshiなの?
別にBitに限らずだ。全体の空気がそんな感じ。

んでもバンドやってる方としてはあれだね、わーっと煽ってわーって反応帰ってくるのはそりゃ、楽しいよね。
そこのところの幸福を追求するのを責めるわけにはいかないので、でもSUICIDE ALIでこの空気はちょっと気持ち悪いなぁ!どうしよっかなぁ!春泥かわいいなぁ!ははは!←いまここ。
dieSもいたし寝てないしお祭り騒ぎだったということで…?え。
でも結局すごく楽しかったさー。脳みそにうろこ生えそう!


~S.E~
1冤罪
2僕と言う有害な要素
3Perpetual check
~S.E~
4人間の要
5正しい魔法の作り方
~S.E~



・dieS

アラセアミタイツ エンダ サクヤカミテ…†
今日はDEVILの日。FUTOMOMOの日ではない。

緊張感と高揚感でぐでんぐでん。SEから体をゆすりたくなるの。
あれがしたいとかこれがしたい自己顕示じゃなくて、体が動くのだからしょうがない。

ライヴが始まったら終わるまで絶対に止まらない。
最初の音からはけるまで、ずーっと前から吹く突風が途切れない。
いつも、ふと我に返る瞬間っていうのがほぼないのだ。
全身に暴風を受けてて、身をよじって息できなくて笑ってたらあ、終わった。
dieSかっこいい。うん。楽しかったわー。
網タイツが…ふおおおお。

MZKさんギターを持ってあれだけいつも動けるのすごいとか思うんだけど。
そんで幻影キラキラしてて好きだ。限りなくクリーン。
幻影にも天使がいるの。

最後のあたり
「なにもしたくなーい!」
「明日からー仕事したくなーーーーーい!」って煽られて
「ヴォーイ(ヘドバンするほど同意する、の意)」
ああもう働くバンギャル全力で同意するいいぞもっとやれ。

「首から上!いらない!」
ってバーサーカーで首を持っていかれました。
りょうさまいいにおい。りょうさまの胸板が好きである。にく!
今日のdieSは特に短くて楽しかった。
頭がバカになるよね。っていうか首から上なんてありませんからね。
ワンマン楽しみー。


1.NO DRUG
2.シャーマン
3.Scar.to.low.now.YOU.ME
4.幻影
5.high-裸-night
6.バーサーカー





・セッション
足元のセットリストの紙の上に、黒いマイクのコードがあったので
「残がい」という文字のうち「残」しか見えず。えっ?残-ZAN-とか。
もちろんそんなことがあってたまるか。

誰だ!セッションで残骸をやろうといったのは…!すごいなー選曲。
そしてやはり荒瀬の抜群の再現力に胸熱。

シビィさんがね、残骸のPVの、あの指を舐めるシーンを再現してて私の頭が大草原だったよ!
あとムニムニしてた。
ヴィジュアル系大喜利をやったら並み居るバンギャを打ち破って勝ちそうだこの人。

大江-Hiroshi-春泥が、下手でマイクをにぎってもじもじしていたら、荒瀬に真ん中に引っ張り出されてやっぱりもじもじ歌ってた。やだかわいいあの子。
櫻井Hiro司…。

2曲目は大阪でもやった「恋をとめないで」でした。まだ原曲を聞いたことがない。
THE VELVETのあのヴォーカルはいかなるテンションでこれを乗り切るのかちょっと興味あったけどいなかったです。しゅん。
梅兄さんがすごいたのしそーだった。
みんなぐちゃぐちゃになって終了†


1.残骸/バクチク
2.恋をとめないで/COMPLEX




暴れきったことよりも、なによりも、

「投げつけられるネタをぜんぶ拾いきった…†」という謎の充足感を得た主催でした。ほほほほ。

ワンマンを首を長くして待っている。首から先はなくとも。だ。
dieSおつかれありがとう。






物販席にいろんな「※本人です」がひしめいていた。

アンケートを書いていると後ろから

「せんぱい!お誕生日おめでとうございます!」
って聞こえてきてあまりの恐ろしさに僕は振り向かない振り向かないぞアッー!

ファンの方のご好意でせんぱいへの寄せ書き的なものに参加したら某S盤が全員書いてて笑いながら気が遠くなりましてよ。
なんかすみませんありがとうございました。


たのしかったなぁ。きみと時間の交差しないあしたからをなんとする。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。