スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

心斎橋林檎売りの怪 ~海~

 2011-04-28

moranapples.jpg



「ピカチュウ!定時ダッシュだ!」
「ピカー!(タイムカードを切りながら)」

Moranの「Apples」購入者対象インストアイベント夜の部に行ってまいりました。
Applesは、去年亡くなったZillの未発表音源集。
あとから聴いてると、作品っていうより、メモリアル音源な側面が強い。

トークの端々にもZillがいた。笑いながら当然のようにZillのことを話すメンバーが印象的。

乗り越えることは、忘れることではない。
思い出すことは、引きずることではない。
今を楽しむことは、過ぎた時間をないがしろにすることではない。むしろ逆だよね。

過去から連なる今。
今後、Zillの曲が演奏できるのは今のMoranしかいないんだし。
曲を残すって、とてつもなく素敵なことであるなぁ。とか。

整理券100くらいまでは出てた。

初めて見るすっぴんのHitomiはそれはもうとんでもないイケメンでした。
顔のパーツの配置が完璧だ!まつげ長い!唇ぷるぷる!
Hitomiさん、緊張して汗だらっだらだった。

Soanが知的なホストだった。肌を焼きすぎです。
喋り方とか首の傾げ方がなんていうかいけてるおにいさんのにおい(クンカクンカ

それでですね我らがSizna大先生を久しぶりに見たんですけど、なにあのシャレオツなボブカットとグラサン!テクノっぽい。
レザージャケットとカットソー。しーたんといえばジャージとタオルの印象が…ふはははは。
ジェッジジョンソンに紛れててもわかんないぜぇこれ。

質問で「しずな」の発音は「し」にアクセントをおくのか「な」を下げるのかについてがあった。
「ミイラ」か「ナズナ」かみたいな。ナズナのほうですよね。


「機材車で、誰かのiPodをシャッフルで流したら声優のドラマCD(?)でいきなり「いい匂いだ…!(男性の声)」って聞こえてきた。」というエピソードがあった。
一体だれがそんなものをiPodに突っ込んでいるんだよ…Moranわからない。

そのあと「左隣の人を口説いてください。」という問いで、HitomiがSoanに「いい匂いだ…!」って言って爆笑。
人見知りでも緊張しててもこのアドリブに強いところがアーティスト然としてらっしゃる。

んでね、Siznaが一生懸命Hitomiを口説くんだよ。

S「お………俺の部屋に来ませんか?」
客「うわあああああああああああ」
H「あはははははははは!」

S「カラオケできます!録音もできます!」
H「いや、行ったことあるけどさ。コメントCDの録音で。」
S「自分、自信があるの部屋だけなんで。」

しーたんかわえええええええええええええええええええええええええ!(心の叫び)
俺の萌えが火を噴いた。

サイン握手会、Soanさまの営業力がハンパなさすぎて手も足も出ない!どうしたらいいのかわからない!
その場で相手の特徴を掴み、瞬時に話のネタにし、持ち上げる能力…!
あたし、絶対にSoanさまに女子力で負けていると思うの><

ほんとうに何をしたらいいのかわからなくてされるがままに握手をして微笑み無駄な敗北感を味わいました。
Soanおそるべし…

Hitomiのまつ毛が…長いよぉぉぉぉぉ。
ぼーっと見てしまった。「※ただしイケメンに限る」という言葉をかみしめた。服を褒められた。
サインがね。あああ。

(Sizna先生はそのむかし、「海」という漢字が書けなかったので改めて書いていただきました。)
「まえはさんずいのところでかけなくって…(かきかき)」
「書けるようになったんですね?」
「はい。(かきかき)」
「えっ?」
「あっ!」
d48uzm.jpg
おい!

ちなみに下は「林檎」を書いてもらいました。はらいたい。
zbyte.jpg

今回全員「ファンに名前を聞いてからサインする」ということを徹底してたみたい。
こうなってくるともうしーたんに「微☆少女戦士」を書かせたい!どんな綴りになるんだろう。


Soanに女子力で負け、Hitomiにまつ毛の長さに負け、Siznaの愛嬌に打ち震える。

なんて素敵なインストアイベント。
Moran次は6月かな?ライヴいきたーい。


その後フレッシュネスでSoanの嫌いなアボカドバーガーたべた。
おつかれさまでした。

スポンサーサイト

女子力は小説よりも奇なり

 2011-04-27
なん!

じゃ!

こりゃあああああああああああ!

モテる女子力を磨くための4つの心得「オムライスを食べられない女をアピールせよ」等



>4. レストランではオムライスを食べられない女をアピールせよ

男とレストランに入ったら、真っ先にオムライスなどの卵を使った料理を探して「あーん! 私これ食べられないんですよねぇ~(悲)」と言いましょう。するとほぼ 100パーセント「どうして? 嫌いなの?」と聞かれるので、「嫌いじゃないし食べたいけど食べられないんですっ><」と返答しましょう。ここでまた 100パーセント「嫌いじゃないのにどうして食べられないの?」と聞かれるので、うつむいて3~5秒ほど間をおいてからボソッとこう言います。「……だって、……だって、卵割ったらヒヨコが死んじゃうじゃないですかぁっ! 赤ちゃんかわいそうですぅ! まだ生まれてないのにぃぃ~(悲)。ピヨピヨとすら鳴けないんですよ……」と身を震わせて言うのです。

その瞬間、あなたの女子力がアップします。きっと男は「なんて優しい天使のようなコなんだろう! 絶対にゲットしてやるぞ! コイツは俺の女だ!」と心のなかで誓い、あなたに惚れ込むはずです。意中の男と付き合うことになったら、そんなことは忘れて好きなだけオムライスを食べて大丈夫です。「食べられないんじゃなかったっけ?」と言われたら「大丈夫になった」とか「慣れた」、「そんなこと言ってない」と言っておけばOKです。

(文=恋愛マネジメント・エビオス嬢)





すごい><
常日頃「人生は壮大なネタ」を提唱している私だけどこれは負けを認めざるを得ない><

ちなみにこの記事によると><を使うと女子力がアップするそうです><

女子力って、何。


こういうのをバカにしてリア充リア充って言うと自称本物のリア充におこられそうだ。
って、そんな人いるの?
真面目な話をすると、女子力ってのはね、同族を蹴落とすためにあると思うよ。
同じカテゴリーに陳列されたものの中で最終的に自分だけが選ばれるためにある。
でもそのカテゴリーを出て目立とうとはしない。

・だいたいデザインの似ている服で、でもこっちの方が明らかにレースで差がついている。
これがポイント。

あくまで没個性集団の範囲内で自分だけの地位を確立するのだ。

「わたしのほうがかわいい」とか、「わたしのほうが知っている」っていう
わたしのほうがより選ばれる要素を持ち合わせている。

誰かとの比較によって悦に浸ることが何より大事。
女子というのは古来より男に「選ばれる生き物」という性質が強いですからね。
ここらへん面倒なフェミニストと真面目に喧嘩する気はさらさらないけどまぁそうでしょうよ。


しかし本当に人に差をつけようとおもったらまず没個性とは何ぞやから入らないとだめね。
没個性を極めると逆にすごい個性的になるとか。その逆もしかり。


とりあえず


スイアリの大江春泥ファンはこんどから魚を食べるときに「魚がかわいそうですぅ!まだステージにも立ってないのにぃぃ~(悲)」とか言ったらいいんでしょうかね。

春の海に逢おう風に舞う砂浴びて

 2011-04-25

書類を交わすうちに自分が今なにと闘ってるのかさっぱりわからなくなった。
ということの連続だった。この一週間。
喧嘩の行きつく先ってだいたいそうですよね。
ところであなた今何と戦っておられます?みたいな。平野綾じゃあないけど。

知り合いどうしの喧嘩なら、決着がつかない。
そもそもなんでこうなったのか、自分がなんで怒ってるのかの由来もわからなくて、最終的に自分のプライドに訴えて相手に傷だけつけて逃げる。あるある。

いけすかないオトナの喧嘩はさ、最終目標が「まっとうな代金をいただくこと」の一辺倒なのですよ。
だからブレずに最後まで喧嘩ができるというわけだ。
終わったらあちらさんと飲みに行きたいくらいだわー。


ここ最近ずっと被災地でこわれたものを急いで修理しています。ナカノヒトはそういう業種なので。
膨大な金属の塊が揺れて紙箱のように踊りだしたんだと。何百台と。

一か月前にやれ人のことを不謹慎だ厨だと言ってたであろう人が怒ることも考えることも放棄して生活していたとしても私この一か月震災のことをこうして考えざるを得ない状況なんですけどはい。
砕けてぼろぼろになった配線管を見ながら。

普通に生活しても遠いどこかの誰かの何かが影響するように出来ているな。
だからこそ自分の足元からどうにかすることも何かに影響するのでは。そう、だから自分を汚さないことも大事。

お金を使ったりごみを出したりした時に、その行く先々で起こりうる出来事を考えることが多くなったなぁと飲みながらぼんやり。


ここ最近の癒し。
ヒルガオの浜/Guniw Tools


春の海に逢おう風に舞う砂浴びて

鬱 鬱した心も 血肉の仕掛けなのなら
壊れた傘の次に 治せるかもしれないさ

陸風の浜辺で

目指せ心の第二ボタン

 2011-04-16
「光彩陸離たるもの」

2011.4.2(sat)西九条 BRAND NEW
OPEN 17:30 / START18:00
ADV¥2,000-(D代別) / DAY¥2,500-(D代別)

出演: SUICIDE ALI/ 電脳オブラアト / fool(f.東京) / -sai- / dieS(f.横浜)

なぜか素敵なイベントタイトル。
対盤GJすぎ。

・-sai-
・the fool

省略


・SUICIDE ALI
薄暗くていつも奥までよく見えない。
ドラムと照明の輪郭まで、視界では確認できていたのに、思い返すとよく見えなかったような。
黒い霧がたちこめていたような。
不気味、湿っている。底なし沼!

「愛すべき死刑台」と「弧を描く病」が続けてくる日は、以前はわりと頻繁にあって
そんな日はいつもこんな印象だった。

ここ最近は悲壮感よりも喪失感のほうが表現の比重が重たい気がする。あくまで個人の感想だけど。
前者は何かを失った自分を嘆くものであり、後者は何かを失った自分をひっくるめたその事象を語るもの。
底なし沼の底が見えなくて怖い。じゃなくて、深いのに底までクリヤーに見えて、「ああ、なんにもないなぁ」っていう寂しさ。
ここ最近見たバンドだとRuvieとAmber grisの対比がちょうどよい。

「抜け出せない」「ただ終わりだけが見える」のニュアンス。
悲壮感のエネルギーはすさまじい。黒くて、ドロドロの、破壊衝動。
それがある程度枯渇して、表現する人間が成長したときに、この曲の抒情性は、喪失感というものにある程度収まるのではないか。
アングリとかアンミュレの楽しさってのはここらへんなんだけどな。

そうなると悲壮感より喪失感の勝るスイアリって結局どういうバンドになるのかねぇ。
暗黒系にはならんだろうし。アングリみたいな森っぽいのもちがうし。
ディスパのような変遷を遂げるのか。うん?
ここらへんがふわふわ定まらないところが凡そ去年から続くスイアリに対する違和感だけど
次の新曲とか衣装とかああいったものでいずれ見えてくるんだと思う。

今日は奥まですごくくっきり見えた。服装のせいでなく。
影はあるんだけど、その空間自体は透明なのだ。
ラビシャンのコーラスかわいいな。ラビシャンかわいいなぁおい。

あとはとってもパリッとしてたというか。
下北沢名古屋に引き続きテンション高い。楽屋のせいですかね。

春泥様は誘拐ごっこでえらい頭降ってるわ返しのスピーカーのぼってよろけるわで
一回転してよろけたあとにニヤッてしたのちょうもえた!喉の奥から萌えがせりあがってきた。うろこー!
ひぃさまはアイラインとか盛りすぎるとかえって失敗するタイプだと思う。

ダブルチェックがだんだんセットリストにおける添え物のレタスみたいな扱いになってきていると思った。
ここ最近FS続きだったから魔法来るかなっておもったけどブランニューはFSしたいよう。
思考回路はショート寸前で首が不完全燃焼。
なっ!生殺しぃ!



1誘拐ごっこ
2愛すべき死刑台
3弧を描く病
~S.E~
4Double check
5正しい魔法の作り方
~S.E~



・dieS
荒瀬「しゅっしゅっぽっぽ!」

…もうだめだこのひと!

※ブランニューは電車が通ると揺れます。

しゅっしゅっぽっぽが客にそうとうウケていた。
気をよくしたのか煽りも「しゅっしゅっぽっぽ」
あとたこやきー!とか言ってたね。
ブランニューって、ステージの一番前が一段高くなってるんです。
シャーマンのギタソロでそこをフルに活用して跳ね回るスーパーMZKタイム。

MAD STAGEはこれまたこれぞdieSみたいな新曲。ギラギラして音の自分の境目のわけわからなくなるところ。
亮さまがきらきらしすぎてて煽りにきたときに眩しい。亮さまー!
亮さまとラビシャンはバンド内における立ち位置が似ているよね。
だからあんまりさわるとだめなんだよね。(誰かわかって

そんでそのMAD STAGEの後の天使がどんな暴れ曲よりも激しい。
暴れるバラード。
どうも天使のサビはドラムを見てしまう。ドラムがゲストヴォーカルくらいの勢いだぜこの曲ふっふー。
荒瀬センパイのシャツは白に戻っていました。
白に黒い羽根ってセグロセキレイみたいだとおもいます。
下北沢はテンションがつつましやかで心配したのでこのくらいアホなくらいが安心するです。
ああ、荒瀬かわいいよーう荒瀬(ゴロゴロ

dieSはこんなにこんなに暴れて頭ちょうだいとか狂いたいなのにヘドバン総数は実はほぼない。
生殺しは続く。くー。
よくわからないけどcozyさんに垂直跳びをさせたいとかずっと考えていた。

1.NO DRUG
2.シャーマン
3.MAD STAGE
4.天使
5.Scar.to.low.now.YOU.ME
6.バーサーカー




・電脳オヴラアト
トモロウさんのアイラインのヨレ具合が好きなんだよ!
ヨレてるほど好きなんだよ!
終電で力尽きてるギャルみたいなのがいいんだよ!

暴れた後なので歌モノがちょっとだけ眠たい。
トモロウさんの絶大なる安定感もエフェクトしております。

ベースのチューニングが崩壊していて加藤さんがダメだしをしていた。
途中でワンマンの告知したけどえっゴルスパするの?
うおおおその日はビッキャが…

わたしは!あたまを!ふりたい!ってことで虎虎虎だけ後ろで無駄に本気を出してみた。
イントロでわくわくするよねぇこの曲。
加藤さんは全力でいけめんだと思った。オーラがいけめん!うさんくささがいけめん!喋り方がいけめん!






「先輩の二の腕さわらせてください!」の一言がなぜか言えないなぜか言えないのげらげら。
卒業式に先輩に第二ボタンをお願いするノリでだな。がんばればいいのよね。

「先輩のパンツの第二ボタンください!」とかバカなことを考えながらメロンサワーちゃん。
こっちを見るな。


おつかれさまでした。かたい肉たべた。麺類禁止の春泥のかわりにそばめしたべた。ふひひ。

鬼の首取ったり!

 2011-04-15
ハンコを押すまでが勝負だった…!ああああつかれた!頑張ったのわたしじゃないが。

書類の裏側が読めないとバカを見るよーこわいよー。
そこにその固有名詞があることの意味をだな
じゅうぶんにお考えあそばせ。

にゃー!


一週間で吹き出物と寝不足と勝利を得た。
一週間で四合瓶が三本なくなった。

資本力も人員数も自分より大きなところからなるべく有利な条件を引き出す。
いつでも勝てる喧嘩ができるようにしてこそ一流。

上司はすごいなぁ。


最近酔いのメーターを振り切る前に胃がだめになるので非常に残念です。
鬼の首取ったり!いぇえええええええええい!


静謐に閉じ込めた凶暴

 2011-04-12
侍待主催イベント
【尾張覚醒の都】

2011.3.30 名古屋Bottom Line
ADV/\2000 DAY/\2500(Drink代別)
open  15:30 start 16:00
出演:侍待(Guest Vocal砦) / SUICIDE ALI / lix / Schwein / Lauder / Lustknot. / MILKY EMILY / LuLu(GUEST)


初ボトムライン。駅近くて良いな。広い木造のクアトロって感じ。
平日だけれどもゲストの動員が多かったからなんだかんだで思ってたより埋まった。
ホリデー、ハーラン、ファームときてELL系列の洗礼を受けずしてボトムライン。
クアトロも一回あったねぇ。




・Lustknot.
うたのおにいさんの眉毛がデフォルトで困り眉毛ですいませんそんな目で煽られたらどうしたらいいですか。
シャウトとデスボと普通の歌声に大きなギャップがあった。
ハードでラウドで拳とヘドバンの応酬。
最近の名古屋はリ●チ.のようなバンドを量産しているんだろうかとか
ベースの子がお客さんにお誕生日を祝われていた。




・Lauder
金髪と黒髪のツインヴォーカルで黒い人のほう歌の存在感なさ過ぎた。
この手のあれだと最近がきどうを見たのでちょいと物足りない感じ。
演奏がすごく玄人っぽい。
音がそんなに好みではないんだけど、ギターがすごく…メタルです…。



・lix
みんな楽器がシャア専用なのか。あかい。
lixのメンバー自体は二人なんですけどサポートも含めどこかで見た顔全般。
将さんとMstさんと剛さんとー

は、裕さんがスーツだ。裕さんがスーツだぞおおお。黒髪ゆるふわ。
みんな衣装がスーツっぽい何かであった。変えたばっかりの衣装どこいったんですか。もう荷物詰めたのかな(アメリカ行き前日)
スーツ好きだからいいと思いました。

勢い余ったちひろくんが前におりてきたら最前の人が全力で後ろにひいていて笑った。
Sugarを思い出すね。ふはは。
逆ダイのタイミングが難しい。。。。

生命線やったんだけど生命線が生命線だと気付いたのがサビでなんとなく逆ダイした時っていうくらい原型なし。
生命線っていうのはあれだ要約すると裕さんがSUICIDE ALIにいたときに作った曲だ。

今のスイアリでやって昔通りになるとも思わないけどやっぱり歌い手を変えるっていうのはほら、
歌う人にも聴く人にもたいへんたいへんデリケートな問題ですよ。
lixのファンがこの生命線きいてすごくいい曲だなって思えたらそれはいいことだなって思うけど
原曲を知っている且つ心のせまいわたしはすんなり聞けないね。
裕さんとMstさんが並んでるっていうこの視覚状況的にも。
この間のdieSのスリーマンみたいなカバー大会ならまだ楽しめたかな。
とりあえずこの生命線は誰得なんだろうか。私得しませんでした。ふわー。
バンギャル鬱陶しいねぇ。ははは。

そんな感じでなんだかもやもやしたまま終わった。心がブレている。




・Schwein
たまに聞こえてくる歌詞がおもしろいんだけど怖い。なのであんまり前に行きたくないです。
ヒナさまに目ぇひんむいてにやーって笑われてうわあああああ。
あのね、曲は黒くてちょっと前の名古屋系テイストが多くてけっこう好きだわ。
うるさすぎるギターも曲調にあってる。
ベースのひと、そのへんの現場にありそうな太い鎖じゃらじゃらしてて重そうだ。
ヒナおじさん四つんばいになったりM字開脚をしたりサービス過剰。あし!あし!
エナメルのホットパンツに惜しげもなく絶対領域が晒されていて顔よりもふとももを注視するのでした。
あの衣装かわいいよね。BPNにありそうだ。
あとやっぱりビジュアル系と厚底の美学。
ドラムの人は豚の被り物をしてるけどあれ前見えてるのかな。



・MILKY EMILY
「俺たちとにゃんにゃんしようぜー!」
それすっごいアンカフェを思い出す。カノン様。
頭がふんわりしていて軽そう。

きらきらじゃりじゃりの同期でベースギターボーカル。
衣装が全身いろんな色の水玉。宇宙百貨とかで売ってそうなあれです。サルエルとか。
水玉に…染ま…(バンド違い)
デコラという人種は絶滅したと思ってましたがまだあったんですね!

「さーおれたちと一緒にぃー!にゃんにゃんアイスクリーム☆」って煽られて目がちかちかした。
いつのまにか一緒になってにゃんにゃん☆していた。
ああこの自分の年甲斐も忘れ何も考えなくていい感じが素敵ですぅ(2●歳会社員女性)

ギターの人のメイクはそれ考え直したほうが…。眉毛とか。
あとチェケラさせられた。あああああああ。

なんか病院設定とかあったらしいけどいまいちつかめず。
原色と水玉で目がやばいっす!




・SUICIDE ALI
音出しを待っていたらえっちょっ待っ…

広いけど明るすぎない感じがよく似合ってたと思う。
音が一つ一つ綺麗に響く。結局シングルギターのバンドが好きなんだと改めて思った。
CHAINSAWにゃんにゃん…(やめれ

先週から続いて風のslaveが聴けてうれしい。
前に暴れる曲持ってきたから勢いでちょっと粗い部分もあったけれど
淡々とおなじ旋律が進む中の小さな変化とか、大きなうねりとか。
まさに旅、って感じのこの曲が好きです。

会場が広かったけどのびのびやってる感じが楽しかったな。音が澄んでいた。
抒情性とかシュールさが私は見ていて楽しかったです。全員が揃った時のこの静謐。
だけど気取りすぎない。

2月3月といいライヴが続いて、あとはここ最近を表す強烈な代表曲が欲しいかな。と。
初めはNEW ORDERだったし、次は人間の要だったし、
(笛吹とレバン記載漏れ)それ以後は(あくまで私の中で)代表曲が不在というか
魔法も、誘拐も、狼も、SDもパペチも今一つ「これは何を差し置いてもいま真ん中に立つ曲」ではなくて
そういうのがずうっと不在だなぁと思っていたので
そろそろキングの駒でてきてもいいんじゃないかな。なんて。
誘拐ごっこは最近まだ好きになったかな。
そして風のslaveはいつまでもそのSUICIDE ALIの外側を取り巻く空間。
FSは地面。

パペチ弾いてるときの春泥さまほんとに楽しそうだよね。笑顔でビチビチ跳ねてて、間奏のあおりとかほんとに生き生きしてるもん。
聴いてて楽しい曲と弾いてる人がいちばん楽しい曲ってのはたぶん根本的に違うんだろうなぁ。
でも楽しそうだからこっちもなんか楽しいなぁ。
今日もFSで〆でした。
HIY様の髪の毛はたてるよりおろし気味のほうが好きです。黒髪サラサラは正義。
なんだかWESTのときよりも断然ステージ使い切った!感があった。
ライヴ楽しいね!


~S.E~
1CHAIN SAW
2誘拐ごっこ
3風のslave
~S.E~
4Perpetual check
5Favorite song
~S.E~





・LuLu(GUEST)
「こいよクランケー!」
「薬をキメようかあああああああ!」
「血の雨降らせ」
「頭!頭!頭の診察だああああああ!(ヘドバン)」
「お前らのー動脈をー見せてみろー!動脈スキャン(曲名)」

みんな医療行為にそむきすぎワロタ
医療系…医療系…
最前がほぼナース。

ああ、バンギャルこういう設定にアホ本気なの好きです!すごく好きです!
3年前くらいにエリアで見たときと何も変わってない気がする。
あの、「ボーカル以外脱退」をしてここまでなにも変わってないのって逆にすごい。
院長…!院長素敵だわ…!院長しっかりして…!
ふらふらへろへろしながら
「えー、季節のかわりめなので(ゴホゴホ)みなさま体調には十分気をつけ…(ゼーハー)」
あの眼力と不思議ちゃんっぷりにさっき見た何かを思い出した。えっ。

ライブは診察会でチケットは診察券らしい。
物販に「手術中」の赤いランプついててふいた。

上手の髪がピンクい子はかわいいねぇ。
イケメンの変顔と痙攣ほどときめくものはない。
下手の短パンこぞうが無駄に短パンすぎた。白衣の下は短パンってなんか新手の変態だそれ…。

ひっじょーにノリやすくてああそこでヘドバン逆ダイしたら楽しいよねっていうツボが心得てある。
柱の前はほぼ埋まって客が逆ダイでぐっちゃぐちゃ。逆ダイはあれくらいするのが楽しいんだと思います。
あとなんか演奏が見た目以上にまともだった。ハイセンス!マイナー盤クオリティ。
いいなーLuLu楽しそうだなぁ。






・侍待(Guest Vocal砦)
晶菜姐さんの花魁とパンダのキグルミがきになってそっちばかり見てた。
ダークレッドの髪を結い上げて空色の打掛。
すごいなぁ。ああいう人形みたい。顔小さい!
踊るたびにかんざしが抜けるのはらはらした。
ファンの人の声援にこたえる声は確実に男であった。晶菜姐さん素敵すぎる。

最後着物の上をはだけてた。
インナーから透ける乳を凝視してもうたし。おっぱい!おっぱい!(すみません
ゲストボーカル入れたり音も多くて踊りありで楽しかった。

んで「今日はアンコールしないので楽しんでいってください」っていって
最後にヴォーカルの人が、「侍待は今日で解散します。ありがとうございました。」でそのまま退場。
取り残されて唖然とするお客さん。

わたし好きなバンドでこの解散の仕方されたら一生トラウマになったと思う。

いろいろびっくりしたけどおつかれさまでした。あう。



早めに終わって助かった。
帰り際にきしめえええええんたべた。
前回の名古屋の時に味噌煮込みきしめんの写メ貼ったんですが、あれに対し

「味噌煮込みうどんは太いうどんをぐつぐつ煮込んだものであり、
 きしめんはゆであがりのシャキッとした歯ごたえを楽しむものであり
 つまり味噌煮込みきしめんというのは邪道なんだよ!フ××ク!」

 と名古屋人に言われたのでふつうのきしめん食べました。そうなんですか。
 おいしかった~。出汁がしょうゆ色。

おつかれさまでした。楽しかったね。

羊肉の会

 2011-04-10
qiojg.jpg

マトンの串焼き。1本150円也。アバラのとこは200円。
クミンシードと唐辛子なんかがはいった粉をザラザラつけて食べます。粉のおかげでにおいが気にならない。
あと牛筋もクミンで食べたらおいしかった。
胃がぽかぽかする!

ひつじはたまに食べたくなるなぁ。

メニュー見たら「狗肉鍋」って。
ひらたく言うとワンちゃんの肉ですよね。
話には聞いてたけど大阪で普通にあると思いませんでしたよ。スープと炒め物もあった。
値段が割高すぎたので挑戦せず。

ここのお店は日本語がまったく聞こえてこない。

サイドメニュー頼みすぎておなかいっぱい。

次は串だけをひたすら食べる羊串限定GIG開催を固く誓った。
ひつじひつじ。

統一地方選挙

 2011-04-10
DSC_0255.jpg

声をあげることと、その内容及び結果は別々に評価されるべきだ。


選ぶの難しいね。わかんないよね。
でも調べて行動したっていう事実に、なにもしなかった自分は敵わない。
結果がなんであれ。

良い方に動きますように。

利き酒の会

 2011-04-09
DSC_0254.jpg

土と水と米の味。

味濃いものだと肉は負けるようだ。
淡麗だと鴨とかチーズなんか合うです。

次回は鰹の塩辛とかへしこでやろう。
魚介類の発酵した味と酒は最強。


大学の研究室飲みはコップでじゃばじゃば飲むからあんなに死亡してたんだな。
おちょこで飲んだら3時間飲んでもほどよい感じ。ふわふわ。

リフリッチがやってくる

 2011-04-07

みねさんにこれは聴けとアルバムを一枚渡されいそいそと再生したのが3週間前?

LIPHLICHかっけええええええええええええええええええ!
まずバンド名が覚えやすくてよいね。リフリッチ。リフリッチ。

みたいなLIPHLICH祭りです。久々にフルアルバムが隅々まで楽しい。ああこれすごい。
すごい変なバンドだなぁ。繊細でクドくて皮肉たっぷりぎらぎら!どう見ても黒夢好き。

歌詞が素敵。
「嫌いじゃないが好きではない」って曲とか。
『それは僕にとっては関係ないことだからおねがいさその口あけないで』ってフレーズがしばらくクセになりそうです。
これバンギャルへの皮肉だったらどうしよう恋が止まらない。←「その口あけないで」仮想対象者


対盤に…当たれ…!(THE VELVETも然り)
最近ふらっといいバンドに当たって予定みたらほぼ全部平日の東京ってことがね、よくあるんです。しくしく。

つーことでこれは買い直し必須。メモ。

・SOMETHING WICKED COMES HERE / LIPHLICH
discography2.jpg

強盗ごっこ。

 2011-04-07

dieS TOUR2011 "OBSESSION"

OBSESSION-3-同化NIGHT


2011.3.26(sat)下北沢MOSAiC

OPEN 18:00/START 18:30
前売¥2000/当日¥2500(D代別)

dieS/SUICIDE ALI/DISH
※ 各バンドが出演バンド゙の曲を1曲以上COVERします。

今日のイベントが、

dieSとDISHのツーマンではなく

dieSとSUICIDE ALIのツーマンでもなく

この3バンドでスリーマンをした、というのが
わたしにはとても面白いことであるなぁと感じましたね。俺得って叫んだ人手ぇあげてー!
いろんな意味で荒瀬すごすぎ。

人いっぱい。



・SUICIDE ALI
序盤のStitch DoLLから風のslaveの流れが本当に素敵だった。青緑色。
この組み合わせ好きだなぁ。沈んだり浮かんだり。
重たい曲なのに重たすぎないというか、どこか浮遊感があるのが好き。
ハコが白いから衣装もよく映えてた。ここらへんの曲ならやはし黒がよかった感は否めないが。

後から考えるに例えカバーがなくても今日のセットリストは充実してたな。
MOSAiCの床は照明が埋め込まれており、
薄暗い中で足元が光ってるの幻想的でいいですね。
春泥はうろこキラキラしてるね。かわいいかわいい。

DISHのカバーが…ドレスフラワー…だと?
イントロのシビィさんのシャウトまで忠実に表現してあってわろた。カバーっていうかコピーだと思った。
ああ、フライングVでも案外大丈夫なんだドレスフラワー。
「君がいなくなった」って絞るように歌うBit el bediが想像以上に違和感がなくて、
これ選曲は歌で決めたんだろうなっていうことをこっそり思ったり。

春泥さまギター弾きながらふらふら夢見がちな顔で横揺れしてて大丈夫このひと。
あとベースすごかったねぇ。全体に緊張があったけどベースは余裕で弾いてるように見えた。

そこから予想通りシャーマン。
なんか忠実に再現しようとすればするほどギターもドラムも音が足りない。そりゃそうだ。
シングルギター用にもうちょっとアレンジがあるといいかな。
「止めないでおくれ 俺はいま夢の途中」とか歌ってるスイアリがスイアリファン的にもうギャグでしかないので笑いながら暴れた。
お前にすべて捧げるファンタスティーック!
春泥飛ぶ飛ぶ。HIY様目が泳いでる。ラビシャンはやっぱり涼しい顔で弾いてた。
ラビシャンがかっこよすぎてこわいです。
わーカバーを乗り切った!乗り切ったぞー!的な人間の要。
後半は暴れ倒す。安心感も手伝ってヘドバン エンダ ヘドバン・・・†
狼の途中で、ギターの一弦がピックアップのはじっこに挟まってピーピー鳴ってた。
そのまま最期までぴろしさん。
最期FSだからテンション上がってあんまり関係ないですね。

緊張感を最後まで持って行ってうまく爆発させてた感じ!
たのしかったねー。

~S.E~
1Stitch DoLL
2風のslave
3ドレスフラワー(DISH)
~S.E~
4シャーマン(dieS)
5人間の要
~S.E~
6Perpetual check
7蒼い狼が見た絶景
8Favorite song




・DISH
マイクスタンドにカンペが貼ってあるー。
このイントロは…
えーっ
えーっ
うわー!
っていうDouble check。どうしてDouble checkを選んだ…
細かいところをあまり確認せずにDISHがDouble checkを選んだということにげらげら笑って拳あげてたら終わった。もったいない。
スイアリ史上で1、2を争う短い曲ですの。
あのべったりした声で「ぼ~く~の~崩壊してゆく自我に~♪」て
後半ほぼ歌詞が飛んでいたような気がするけど本家本元も割とそんな感じなのであまり気にしないですよ。
同期がないSUICIDE ALIってどうなるんだろうと淡い期待を寄せていたがDISHは何をしてもDISHでしかない狭量が素晴らしくDISHであった。

インダストリアルハニィでねもやんが「ありがとウサギー!」って
もう狙ってても天然でも何でも来いよ!可愛いー!水玉としましまのアイドル。
そのあとシビィさんが「\AC/」って叫んでた気がする。

in my headもなんかDISHでしかなかったねぇ。ってdieSになるはずもないんだけど
ふつうカバーって、聞いたら頭の片隅でオリジナルを同時再生して比べちゃうもので
DISHに関してはそれがまったくなかったわー。
オリジナルがどこにも見え隠れしないというか強烈にDISH。DISHでしかない。
あんなに正面切って気持ちよく「愛してる」って歌えるバンドだと思わなんだので
あはーすごく新鮮。
この曲ドラムを聴こう聴こうと思っていたのに結局歌にずるずる引っ張られておわた。

後半はUNDERGROUNDで暗くてじめっとしたところに突き落とされた。
「僕には君に合う何かが足りない」のくだりがとてもとても好きです。
なんかDISHといえばUNDERGROUNDくらいに思ってる。
ずどーん!と追い出される感じです。そうそうDISHはねー、聴いてるとえいやっと追い出されるの。
ここには私の居場所もない。

そこから気の遠くなるようなメロウイエロウでおしまい。
DISCO BEAT EMOTIONもバニラもちょっとふわっとした曲なのにこの喉に引っかかって重たい空気なんでしょうね。
しんどいのたのしい。ギターのことはよくわからないけど聴いてて楽しいな。


SE~THECURE/LOST
1 Double Check(SUICIDE ALI)
2 インダストリアル ハニィ
3 LIVINGDEAD GIRLFRIEND
4 in my head(dieS)
5 DISCO BEAT EMOTION
6 バニラ
7 UNDERGROUND
8 メロウイエロウ



・dieS
発情すーるのさーおまえはー俺をー見てー♪
もうだめこの歌詞何回聴いても笑ってまう!

荒瀬センパイのシャツが黒いの初めて見た。
あのプリーツのスカートかわいいよねぇ。意外と脚細いよねぇ。
拳を上げながら下半身チェックに余念がないわたくし。
BERLIN WALLは、拳を上げたいとかヘドバンしたいとか具体的なコマンドじゃなくって、ただ暴れたい。もがきたい。

MCで、ライヴができることの感謝と(公演中止多かったし)、義捐金とかいろいろ。
今日の荒瀬センパイはいつもの3割増ししおらしくてかわいかったよー。
ぎらぎらした感じは3割減だけど。はやくいろいろ元通りになるといいですよねほんと。

そこからDISHとの逢い初め話をはじめて、初めて聞いた曲ってことでメロウイエロウ。
MZKさんが壁にもたれながらゆっくりイントロを始めて
うわぁこれは本気のカバーだ。カバーアルバムだして欲しいくらい!
楽器隊の音楽的な幅の広さと、荒瀬大という人の懐の広さをひたすら思い知るメロウイエロウ。
いまさっき原曲きいたばっかりなんだけどさ、原曲を残しつつdieSはdieS。

そのあとの天使。dieS史上で最も激しい曲は天使ではなかろうか。と
梅兄さんのドラムを眺めながらそう思うのでした。

とうとうやったな誘拐ごっこ。
荒瀬「誘拐したーい!お前を誘拐したーい!」
同期ナシ。イントロはMZKギター。
サウンドががっちり骨太だから「誘拐ごっこ」が「強盗ごっこ」くらいの騒ぎだったよ!お前を略奪したーい!
ああ、うん、チャラくない誘拐ごっこ。えっ。
イントロの踊りまで再現するとは…。みねさんと爆笑しながら暴れてた。

笑いすぎて次の新曲がぎらぎら激しい曲だったことしか覚えてない。嗚呼。
バーサーカーまで短かったなぁ。

アンコールまで暴れきって完了。ここらへん暴れすぎて覚えてないでーす。
あらせのにのうでおいしそう。じゅる。



1.発情
2.シャーマン
3.Scar.to.low.now.YOU.ME
4.BERLIN WALL
5.メロウイエロウ(DISH)
6.天使
7.誘拐ごっこ(SUICIDE ALI)
8.MAD STAGE(新曲)
9.high-裸-light
10.バーサーカー
EN.ベクトル





SUICIDE ALIは草原。オリジナルに実直。なだらか。

DISHは尖った岩山。誰も踏み込めない狭量。鋭い。何をしてもDISH

dieSは大海原。なんでも受け止めて、飲み込んじゃう。

カバーはだいたいこんなイメージを持った。

楽しかったねー。すごいイベントだ。dieSありがとう。すごい。
ちぎっては投げられるネタを拾い切った。かな。満足である。



停電の影響か早く閉まるお店おおくて下北満喫できず。
新宿駅が暗くてびっくりでした。
こんどからどんなにハラヘでもラーメンは小にすることを誓った。おつかれさまでした。

未完成の夢を語るスケール

 2011-04-02

Jackman一周年記念100名限定ワンマン


『Neo DRAMA second Fantasista2011』

2011.3.22(tue)アメリカ村CLAPPER
OPEN18:00 / START18:30
ADV\3000 / DAY\3500


CLAPPERはハートランドとファームを足して2で割った感じのハコ。
100人入ったらいっぱいかな。8割くらいは埋まっている印象。


非常につまらない枠で括ると、関西のドマイナーの若くてキラキラした今風のバンド。
フリあり咲きモッシュあり。

びっくりするほど奇抜、これだけは絶対他にない。っていうものが現時点で、(私にとって)わかりにくい。
あ、これはちょっといいかも!ってセンスはちょこちょこあるんだけど、表現の仕方がまだ稚拙。でもそれも「可愛さ」だったり。
小さく奇麗にまとまるよりも、未完成でも大きいほうがいい。

探せば似た感じのバンドだっているのかもしれない。
ただ、曲が好き。これは絶対に。
曲が好き、っていう理由だけで、メンバーの名前も曲のタイトルも歌詞もあんまりわからない状態で、
いつまで聴いても退屈が襲ってこないので、これはかなり曲が好きなんだろうと思った。
頭からアンコールまで、後ろで突っ立って曲を聞き流してるだけでも退屈しない。

「いい曲」とか「悪い曲」とか、そういう絶対数はないんだと思います。
あるのは、「好き」か「なにも感じない」かと、それを感じる人数の問題で。

煽りで何度も何度も
「おまえらの好きな曲聞かせてやっから!!」
「いい曲を作って見せます。」

って。

「いい曲を作りたい」にこだわった結果、私はその「いい曲」が「好き」
この方程式は良い。何がどういいか客観的に語れないところがアレなんですけど、すっぽりはまる。
純粋に曲の良さだけでこの動員だとは思わないけど、少なくともここにいる全員が耳に残って曲に乗っかれるくらい。

ポップでキャッチーでありながら喉の奥に小骨のように引っかかる切なさ。
たまにギターが聞こえないくらい同期多い。同期もセンスのうち。

あと、上手く伝えきれてないけどそれでも何か伝わるところが可愛いヴォーカル。
ヴォーカルの子、白くてもちもちしてた。なんか美味しそうだと思った。
笑えば笑うほど困り顔。

何回か見て、今日初めて上手のギターがかわいいと認識したので黒髪が好きなんだと思いました。
衣装のインナーがただの黒とオレンジのヒモだよ!ヒモ!


ダリスの時よりも、より歌のメッセージ性というか、芯が強くなったと思う。

『「音楽に選ばれた人だから」きっと語れるから
  ノイズを消すのは難しい
  だから言いたいヤツには言わせておけばいい 』

ちょっと、涼平のアヤビエを思い出してしまうねぇ。
音楽的な表現自体の稚拙さと、奇抜すぎるセンスが変にお互いを引き立てあう。

この無謀さが楽しい!
頂点は高すぎるくらいがいい。

ほんとうに登れなくても、「高すぎる頂に挑戦するの図」だけで、その気概だけで相当面白い。
っていうところが。


しかし途中のMCで客同士の争いについて触れだしたときはどきどきしました。
「みんなさ、嫉妬とか、あるんだと思う。」
この時点で「うわー!言っちゃったー!」感。

そのまま「羅針盤」って曲につなげて、これは、アポロ11号に乗り込んだのは3人だけど、実際に月に降り立ったのは2人だけだった。という歌だそうだ。
まず船に乗り込むまでに何人も蹴散らさないといけない。っていうところまでMCで説明するんだもん。

これ歌詞の解釈によってはオチがたいへんなことになるぞ。

でも語ってる人のまなざしが最高潮に熱いからいいよわかるようんわかる!!
全編通してこんな感じだったなぁ。
何言ってるかあんまりわからないけど熱いものはばんばん伝わる感じ。
逆に冷静に上手い言葉で言われるとこの熱は失せるんじゃないかね。

この羅針盤って曲がいちばん好きかな。(1st じゃないほう)
どうしてこのバンドから「おいそこの空席に俺も乗せろ」なんて強かな歌が出てくるんだろう。わぁJackman素敵だ。

アンコールのG線上の歌姫もたのしかった~。飛び跳ねる。
一周年でこの空気と熱気は、今まで見てきたバンドを鑑みるとけっこう面白いと思った。

会場全体が一周年のお祝いムードで、外野がすいませんな感じでしたが澱みなくおもしろかったです。
おつかれさまでした。ありがとー。




せっかく心斎橋なのでフレッシュネスバーガーでフライドポテトをむさぼる会。
国内のハンバーガーチェーンで、国産の芋100%はフレッシュネスしかないんだよ!大好きフレッシュネス。


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。