スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

たすけて!モデムさんが息をしてないの!

 2012-02-29
セッション エンダ宝塚 エンダ レーベルツアーからの生還…†
楽しかったのと疲れたのと。

スイアリが楽しかったらだいたい元気です。

家に帰ったらネットが死亡していてはやくピグ百姓になりたい。
スマホ(すまないがホモ以外は帰ってくれないか)で長文打てないひと。
設定はおかしくないから線が悪い。
ってことでお電話したらこんなん役所仕事って言ったらリアル役所のひとがかわいそうだろー
みたいな素晴らしい対応でした。
(^-^)

ああ、リフリッチの新譜が隅々まで素敵だなぁ。
近年まれに見るカッコいいジャケットと、印象通りの中身。
アルバム未だにヘビロテしてるし。
これコスチュームBPNでなくてよいのでは…。
しらんけど。

今日は4年に1度の日。今日こそ祝日でいいのに。
4年前の日記なぞ読んで当時の空気を味わってみるなど。

旅の道中いろいろあって絶妙なタイミング。
ちょっとまだ続けてみたいな、と思うことがあった。



とりあえず4/27の横浜なんですかあれは。
わたし毎日荒瀬せんぱいの方角を向いておがむわ。
突き抜けてアーティストなのに天性のブッキング能力があるのさ。
イベントなら結局dieSのイベントで見るスイアリが一番気味がいい。

いいことたくさん。最大のミッションは休みをとること!
スポンサーサイト

君とみるド変態

 2012-02-24
dieS TOUR 2012 “美意汚有症SAVAGE”

2012.2.10(fri)西九条BRAND NEW
OPEN 17:30/START 18:00
前売¥3000/当日¥3500(D代別)

dieS/umbrella/マイナス人生オーケストラ/ムジナ

うまくご当地のアングラで面白いバンドさらってる且つ対盤の数が適度。
dieSを見に行くといつもついでに楽しいバンドばっかり見れる。
4つともヴィジュアル系という重箱の隅をつつかないと出てこないような。


・ムジナ
最後の3曲くらい間に合った。
今日も今日とてステージに張り巡らされるお札、お札、お札、
ステージにおばけがいっぱいいるぜ。みたいな。
あのドラムの子は背中のネジまいたら永遠にゲラゲラ笑ってそう。
曲も世界観もきちんと構築されている、をさらにもう一歩上に押し出してるのがマヤさんのベース。
サウンドに重厚感を持たせつつ音楽として整理整頓されてる部分もあって
いろんな按配で「おもしろそうだな!また見たいな!」って思える。

前2~3列くらいは盛り上がってたような。
あの水玉の衣装は遠目にパジャマに見えます。

後で「アングラで和っぽい世界観で重たい歌謡曲なバンドは関西独特」という話になって
そっかーじゃあそういうバンド集めて祭りするべーと妄想したけどMも紅蝉もゴルスパももういないのであった。ヱ疽は休止中か。
音源さくっと回収。


・umbrella
ちょっと前にここで見たときの物足りなさがぜんぜんなくなってる。
ギターの人のギターがすごく唯さんに似てるなぁ。
かなりシンクロ。3ピースより断然こっちのがいい。

誰もコントロール役がいなくて、全員が全速力でチャリを漕いでそれで全体がなんとなく揃ってるっていうイメージ。
すべて同じ性質。
激情型というか、ぜんぶ前のめりなのに逆にそれでバランスとれてるかんじが面白い。
梅さんのドラム含め。
どうしようもなく引っ張られるような魅力。綺麗で不安定なものに揺さぶられる。

んでやっぱりシェルター好き。




・マイナス人生オーケストラ
「ドラムの●●が人間に戻りたいって言うんで今日で戻ることになりました!」
それつい数日前に別の青塗りバンドで同じような展開をきいた!

ポップチューンにあわせてのヲタ芸、悲しいお話、電飾、猫耳。
意味のあるものを部品に分解し、並び替え、切り貼りしたもの。それ自体は意味を持たない。
これが!サブカル!だー!
って全力でアホみたいに踊りながら言いたい。ゆっけかわいい。

すごく高度にたのしくバカなことをやってるバカなバンドだな。とおもいました。(ほめている)
凡人には考え付かないようなすべてメーター振り切ってる。
歌というか声量がちょっと足りないけど上手い必要がそんなにあるかと言われればそうでもなし。




・dieS
かれこれWESTワンマンから見てないからか全身の血が滾り
そうだな、dieSのファンは中毒者だなぁというのをしみじみ。

荒瀬先輩いつのまにか網タイツがニーソックスに進化していた。
細いのにむっちりした脚が…!脚がああああ!と悶えていたらあれですよ。
今日の煽りが
「大阪ー!変態になりたーい!変態になりたーい!」
心を読まれた…だと?

今日一番ストレートにロックロックしてるのにやっぱりヴィジュアル系的には重箱の隅の隅の隅くらい。
しかしながらこのデビルズアートデカダンスのヴィジュアル系らしさよ。
荒瀬のねばーっとした歌がすごくねばーっとしてていいの。

サポートがTakさんになって初めて見た。
元々とても好きなギタリスト様なのですが他のバンドとまた違った一面が見れるというか
すごくcozyさんと相性いいなっておもった。
こんな轟音バンドなのに音の粒がきれいに見えそう。
そしてin my headが音源品質すぎて震えるのであった。
幻影は少しウワモノが少ないかなって印象。

アンコールで「おおさかド変態」て
ああまったく否定しないからふとももさわらせてください!





1.シャーマン
2.MAD STAGE
3.Matador-マタドール-
4.in my head
5.デビルズアートデカダンス
6.幻影
7.侵入
8.Scar.to.low.now.YOU.ME
9.バーサーカー

EN.high-裸-night




ウワサの「THE † BIBLE」を買ってそのまま焼き鳥屋に直行。
きょうなんでスイアリいないのいっていいながらジューシィな鶏のあしを食べた。ふとももー!
コラーゲンスープで〆
おつかれさまでした。

爆発寸前Night ver.C

 2012-02-13
DSC_0650.jpg


爆発寸前NIGHT 2012 ver.C


2012年2月12日(日)西九条BRAND NEW
16:30 OPEN 17:00 START(~20:00)
チケット前売り:1500円 当日:1800円 (ドリンク別)

 DJ 浅井博章


爆寸、それはヴィジュアル系が生み出した文明。

バンギャル漫画作者、蟹めんま様のこちらの記事で爆寸の雰囲気がわかるとおもいます。

ver.Cは~2000年までの曲が中心。
Mしか行ったことがなかったんだけどCの方がちょっとお客さん多いかな。
浅井さんが「今日久々にソールド打とうかとおもったくらい集まっていただきました!」て

2000年当時がもはやバンギャルどころかヴィジュアル系もほとんど知らなかったもんで
バンギャルを開始して遡ったものばかりですがそれにしてもあの
Pierrotのイントロの高揚感はなんなんだ!
曲名が頭に浮かぶよりも先に、イントロに聴き覚えがあったら体がかってに前に突っ込むの。

加害者の僕から被害者の君へー!(これはディル)


akiコスさんがいけめん。しばらく見ていると清春に空目する。
今回は選曲をいつもと違うもの中心にしたらしい。
アルカロイドのない爆寸もさみしいなぁと思った。
は、でもマスター楽しかった。

マリスのN.p.s.N.g.s.と孫の神歌をみんな間違え過ぎだ。
どわーって人が押し寄せて歌が始まった瞬間にいったん引いた。
そのあと神歌もやりましたけど。ダッダッダッダダッダッ\あさいー!/
神歌でゴフッって逆ダイくらうをああー神歌だなーって実感。


ICONOCLASMからPleasure Gardenのつなぎがほんとーにかっこよくてさぁ。
今後 DJ浅井博章 VS DJニッチ とかあるといいな!妄想。


ジャンヌがかかったらものすごい勢いと数のジャンナーが突っ込んでくるから気をつけろ!
ゴフッ!
ジャンヌのヘドバンは首を酷使するよね。

って思いながらああああAdolf!突っ込むAdolfあああああ。
今日はいつものキリトコスさんいないなぁっておもったら後のクリーチャーで出てきはった。
コスさんみなさんそうなだけどもはや本人降臨の勢い。

マグロの青江さんコスの人がめっちゃかっこよかった。
女性なのにほんとに「女装したオカマ」に見える。素晴らしい。美しい。
つくづく石井の衣装ってすごいな!とコスさんを目前に思うのでした。

DUNEをまったり聴きつつ。わほーDUNE名曲。
砂丘にはもうだれも いなああああい!

MEGATERONみんなAYAくんの振りしててYURAさまロンリネス…オウフ。
ガラコスさんなんと机持ち込み。んで半紙食ってる。
Huntingでyasuさまがヴァンパイアしてた。えっ。

全編ルナシーでSUGIZOが3人くらいいたような。ステージが華やか。
ディルHydraの時に脈衣装の薫、京、Die。こっちもステージが豪華だった。うおー。
Hydra→CREATURE→MASTER→ジャーマンパワーで首終了のお知らせ\(^o^)/
あんちゃん似すぎやで…

うおー!D-SHADEの最前ドセンにemmuree×DISH×L'eprica Tシャツが…!
とおもったら知人だった。ウケた。

アンコールでメドレー、なぜかI'llの後に「バーカ!」で残-ZAN-が来ると身構えていたらI'llで終わった。
浅井さんが「薫くんにフォローされてるからセットリストに見られるのこわいんですからね!あんなの流してるんだって!」
ってしきりに言っていた。

あとBKSNタオルの英文の部分は蜘蛛の意図の歌詞の英訳だそうです。

ということで最後の最後に蜘蛛の意図。
イントロでみんな奇声をあげながら前につっこむ!つっこむ!
なけなしの首を振って硝子の破片を浴びた。

次回4/22にジャンヌ限定の告知。
あと爆寸は名古屋に上陸しますて。

ピエロ限定とか。ないかな。


オフィシャルからセットリスト頂戴しました。

G/LUNA SEA
蜜と唾/Dir en grey
ケミカルリアクション~Chemical Reaction~/Laputa
Black Box/ROUAGE
La Vie En Rose/D'ERLANGER
N.p.s.N.g.s./MALICE MIZER
ICONOCLASM/BUCK-TICK
Pleasure Garden/FANATIC◇CRISIS
Speed/Janne Da Arc
Adolf/PIERROT
マグロ/cali≠gari
MARIA/黒夢
Freeze My Love/GLAY
DAHLIA/X JAPAN
HALLELUYAH/GARGOYLE
ノソ_ミのなくならない世界/筋肉少女帯
エンジェルダスト/Plastic Tree
[eko]/MASCHERA
With-you/La'cryma Christi
Kissing blue memories/SOPHIA
DUNE/L'Arc~en~Ciel
FLOWERS OF ROMANCE/CASCADE
プチ天変地異/メトロノーム
FLASHBACK FLAG/宇宙戦隊NOIZ
MEGATRON/Psycho Le Cemu
タッチ/Raphael
ザ・V系っぽい曲/ゴールデンボンバー
商業思想狂時代考偲曲(平成版)/ムック
バイオレットハレンチ/メリー
神歌/Phantasmagoria
PRECIOUS…/LUNA SEA
GET A LIFESIAM SHADE
雷-Raigyo-魚/Wyse
Hunting/Janne Da Arc
Hydra/Dir en grey
CREATURE/PIERROT
MASTER~Go beyond dimension~/Laputa
GERMAN POWER/SEX MACHINEGUNS
BELIEVE/D-SHADE
ever free/hide with Spread Beaver
ROSIER/LUNA SEA
紅/X

MEDLEY 2012
WHITE PERIOD/La'cryma Christi
クリーム/Plastic Tree
to fly high/MASCHERA
風にきえないで/L'Arc~en~Ciel
I'll/Dir en grey
蜘蛛の意図/PIERROT

リクエスト1勝4敗。

ドリンクカウンターでほろよいの桃を頼んだら、
おねいさんがチケットの裏に「ほ(も)」って書いててほろよい落としかけた。
ほもおいしいです。ごくごく。

おとといと同じ焼き鳥屋でまたしてもコラーゲンスープ!かわ!きも!
明日の首がこわいよーこわいよー。既にピキッって。あああああ。

おつかれさまでした。




プチ天変地異

 2012-02-13
DSC_0646.jpg

2/11が定例の梅苑公開日でしたがまだ1分咲き未満。今年寒いもんなぁ。

蝋梅は満開。香りの洪水。
最近いい加減アタゴオル玉手箱の読みすぎだけど、においを視覚で感知するとどういう世界が見えるんだろう。
DSC_0645.jpg

きょうはセットの炊き込みご飯を生湯葉丼に変えたよー。うましよー。
DSC_0641.jpg

「この胡麻豆腐コーヒーの味がする」
「え…」
(食)
「これはwwwwwモカwwwww」
「モカwwwwwwwwwwwwww」(ことばにならない)

ザ・貧乏舌っぽい会話

早々に京都を離脱して西九条で爆発寸前。

Cut down the puppet strings 大阪

 2012-02-12
SUICIDE ALI レコ発記念 単独接続公演
「Cut down the puppet strings」


2012年1月21日(土)心斎橋 CLUB ALIVE!:
[O/ S] 18:30 / 19:00-当日券¥3,000(D代別)

OA:アム爺の紙芝居
※入場特典有り


言葉に表すならAndante apassionata
歩く速さで、情熱的に

東京のワンマンよりもゆったり、あまり緊張せずに見れた。
同じ構成の演目を2回見てる、ということもあったのだろうけど
もっとゆったり楽しんでるのが伝わってきた感じ。

非常に良い意味で「なにもかも身の丈に合ってる」っていうのが全体を通しての感想でした。
ベストを尽くすことと、ベストを尽くしているように見えることの間には必ずフィルターがあると思うんですが
そのフィルターを通り抜けて創意工夫がちゃんとここまでアウトプットされてるな、と思った。
ステージセットがあって、ストーリー冊子が配られて、紙芝居があって、いいLiveがある。

工夫は多いのに、特に何か「狙い通りやってる」とか「巧いことやってる」っていうドヤ顔する方向に走らないのがたいへん好きです。
鬱陶しくなくて最高にかっこいい。
あと客として居心地がいい。
紙芝居をしたからといって、それはスタンスとか意思表明の類ではなくて、シンプルにそういう作品があるだけ。
芸人よりは職人気質のバンドかな。「どう見えるか」よりも必ず先に「何をするか」という実技が来る。
ぜんぶ大真面目にやったことの結果で、それが見てるこっちには(ときには斜め上の方向に)すげーおもしろい。

またセットからなにから全部手作りっていうのがいいね。
予算と時間と贅沢な制作環境がたっぷりあったなら、もっといかついものも出来るんでしょうが
こういう工夫と手間の結果に会えるからここらへんの界隈のバンドが好きなんだ。
しっかしひろしさんほんとに絵がうまいなぁ。
目黒の時よりも手描きのセットが一枚一枚見えるようになってた。

全員登場して揃ったところで今回の衣装かっこいいなと再確認。
ピンポイントでこのキャラだけ好きっていうのはあったんだけど、
全体の統一感を大事にしつつ一人ずつかっこいいっていうのが今まであんまりなかったので。
1曲目の1発目の歌詞がちがうというアクシデントもありつつ。
Representaって毎回違うバランスで違うアレンジに聞こえる。んで毎回いいなって思う。再録希望。

ラビシャンが網タイツに網模様の黒いニーハイを重ねていておみ足がまぶしい。
ニーハイにお花さしてあるしなんなんだー!この可愛い生き物はー!
Bitさんがセクハラをしていたがぜんぜん萌えない上にくやしさがつのるのはなんでだろう。

中盤のStitch DoLLと風のslaveの流れがすごく好き。この2曲は相性がいいな。
風のslaveの茫洋とする感じがほんとにかっこいい。
saillaの前のアカペラソロもよかったね。

去年の11月以来のTHE COLD BODYはギター1本でもそんなに足りないって感じしなかった。
※SUICIDE ALIはギタリスト募集中です。

なぜかワンマンの時だけ春泥のメイクが変に濃かったり薄かったり。春泥さまはフツーがイチバンなのよ。
アイテムの筆がハケになっていた。

とりあえずスイアリはワンマンを見たほうがいい。ということがよーくわかった一日。
たたたたのしかった。




~アムじい紙芝居~
~S.E~
1冷たい影
2Representa
3CHAINSAW
~S.E~
4弧を描く病
5愛すべき死刑台
~ファイフィルシーアに伝わる民謡~
6THIS NEW ORDER
7僕という有害な要素
8レバンデッシュリング
~S.E~
9Stitch Doll
10風のslave
bit~solo~
11痣-sailla-
~MC~
12Perpetual check
13蒼い狼がみた絶景
~S.E~
14Road of the wing
15笛吹童子
16誘拐ごっこ
17Donor of lie

~S.E~
EN.1THE COLD BODY
EN.2人間の要

EN.3Favorite song
~S.E~

†ザ・V系っぽい花†
120121_162855.jpg




発狂して久々にプリクラとか撮ってみたんですけどあの勝手に目が異常に大きくなる機能が全機種についてるのはなんでなんだぜ…そんなにみんな目がスモールなのか。
ナチュラルでもアップにするとけっこうやばかった。
春泥ブルー!

帰りにしゅんでいしゅんでい言いながら海鮮をつついて帰りました。
頼むから白子の前では言ってくれるな。
東京のひとに難波の道案内をしてもらうわたくし。
生きたエビばりばりー。生ガキがしめさばがあまーい!
DSC_0621.jpg

今日これでやっと2011年が終わった感じがした。
以前「いつ好きになったかじゃなくて、今どれだけ好きかだろ」って書いてた人がいたけど
スイアリは自分の中でおおむね「今が一番好き」を更新し続けているのでとっても好きです。やー素晴らしいバンド。
おつかされまでした。

何かの間違い その2

 2012-02-08
DSC_0639.jpg

ムヅナ…。おしい!

たぶん開演ギリギリだなー。

永遠の永遠の永遠

 2012-02-05
DSC_0632.jpg
DSC_0633.jpg
DSC_0635.jpg

どこまでも似た形の繰り返し
でも、完全に同じなものはひとつもない。

分裂、とか
増殖、とか
ちいさなアシンメトリーなもののシンメトリーな配列でアシンメトリーな全景を構築していく。

「作品を見る」というより「作品が居る、作品がわたしを取り巻く」っていう感覚のする展示だった。

『魂の灯』っていう、鏡張りの小部屋に、無数の電球が光ってる空間に入る作品がちょう宇宙的。
あと3時間くらい滞在して前後左右不覚になりたい。
本来床に水をいれていたけど今回はしてないそう。
水の質感含めて作品だと思うのでこれだけすごく残念。

休日だからか長蛇の列。平日に行きたいなぁ。
お、これは好きだ。と思った作品のタイトルの多くに「月」がはいってた。

これだけタイトルと作品の中身が一見わからないものだと、展示のレイアウト組む人大変だろうなぁ。
そこ!番号とタイトルがちがーう!ってなりそう。

マンレイ展以来の国際美術館でした。
市長さんもここは仕分けしないでいただきたいですね。

堂島のあたりは大阪で唯一快適だと思える。働くならここらへんが最高。


その後バレンタインのブツをゲットするべく阪急と阪神を行ったり来たりしたんですけど、
サダハルアオキの阪急限定の柚子プラリネとショコロンなにこれ。草間彌生展とコラボしたの…?
と思った。
https://web.hankyu-dept.co.jp/ecshop/shohinDetailDisplay.do?mstShohinId=162317

ここのボンボンショコラ好きだわぁ。
あとトイスチャーのシャンパントリュフをお迎えして帰った。
物欲食欲いっぱい。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。