スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

急†募

 2012-04-28
親切な中毒者の方、至急荒瀬センパイの新衣装の下半身の形状についてくわしくおしえろください†

セブンスアベニューの天井の鏡越しに確認したんだけどいまひとつ把握できなかった。
かはんしんがきになってよるもねむれない。
ゴシカルでダークでマッドネスなかはんしんを期待しながら実家に帰るよお><

もう大阪ミューズで確認するか…。
3日は野波浩トリビュート展とハモンセラーノとサングリアソーダとかはんしん。メモ。

スイアリも対盤も主催者も環境も楽しすぎて何から言っていいかよくわからんような頭おかしいイベントだった。頭パーン。


中華街バイキングに行ったら隣の修学旅行と思われる男子中学生の群れが帰ったあと皿ににんじんだけがこんもり残ってて人のこと笑えないけど笑った。

中国式のお寺でおみくじ引いたら「晩婚です」って出てきたのさ。
\知ってたアッー!/
スポンサーサイト

涙は流せるのに魂がないなんて

 2012-04-25

ほんとうにおかしなはなしだよ!(デボルさん)

モランのひとみさんがインストアでニーア好きっていってて
DODの新宿エンドの微妙に続編だったのでこりゃーやるかとうっかりプレイしてみたら話がひどすぎて仕事の納期と相まっていま最高にメンタルがひどい方向に充実している†
エミールが吹き飛んだ時点でもう積みゲーにしようかと思った。しにたくないよぉ。
そんなにゲームしないけどRPGの世界観って終末思想に支えられてるんだなぁとおもった。
賛否両論分かれてはいるがDODの再評価とサントラ再発はニーアが売れたからじゃないかね。



山羊もばくすんも行けずカリカリと働いていたが4月まったく充実していない。
燭台(怪)のひとはワーク・ライブ・バランスを提唱すべきだ!

今日はラジオのために早めに帰ったのでした。
横浜までに納期やっつけたいね。デビルズアートデカダンスききたい。ドナーオブライききたい。カニシューマイたべたい。

TaKaRaの缶チューハイがガソリンです。
缶チューハイはあれがいちばん気持ちよく酔える。あと甘くない。

つかれた。

スーツのイケメン大勝利

 2012-04-20
EAT YOU ALIVE 主催 LIVE EVENT
【Half Breed Family vol.1】



3月29日(木)@大阪CLUB DROP
前売¥3000/当日¥3500(D別)
open 17:30/start 18:00

出演:EAT YOU ALIVE / cocklobin / The 3rd Birthday / Diverse Glare in Riot / TOKYO HEROES / トーマス / BIOSPHIA

しまったーッDROPは予約にすると半券がないんだったーッ!
全バンドロゴ入りのツアーステッカーもらったのがせめてもの救い。

なんか意外と高音がデカいみたいな不思議な音響だった。人がぎっしり。
トーマス(※全員顔が好み)を見に行きました。


・The 3rd Birthday
途中で入った。ここのバンドさんはずっと三周年をしているのか。パラサイト・イヴなのか。



・トーマス
なんなんだよトーマス!
一体どういう採用基準を設けたらこんなキラキラしてない素敵なイケメンばっかり集まるんだよ!
こう、一人ずつ順番に顔を見ていって一人もガッカリしないという。
不健康そうなイケメンがスーツを着ているだけで目の保養です。スーツという記号の勝利である。

おそらくShall we dance?で始まって
最初に見たときよりいくぶんか歌の調子がよかったんだけどもう少し盛り上がる曲でパンチが欲しかったかな。
周りの何を気にするでもなくひたすら「つっぱってる」って表現がぴったりだと思った。
若気の至り全開っぽいのにどこかストイック。かっこいいねぇ。
なんとなくベースラインを耳で追いながらふらふら楽しんでた。
こんなにツンツンしてるのに最後のしっとりした曲がよかった。勿忘草っていうらしい。

ベースのひとのステージドリンクは今日は普通のドロリッチだった。
しいて言えばギターの人の顔がすきです。


・Diverse Glare in Riot
シモテのひとの網タイツふとももしか見ていなかった。一見カジュアルそうなのに変態。
一番最初のバンドとほぼ印象が同じだった。なんとなく重ためのミクスチャー的な。ちがうんだろうけど。


・cocklobin
たぶん絶対にcocklobinのcocklobinたるところが好きなのに
ああーどんどん理想の音からかけ離れていくー。
素晴らしいメロディに完全に陶酔することもなければ我を忘れて暴れるでもなし。
でも両方の要素がちょっとずつ押し合いへし合いをしていて
黒いのが好き!神秘的なメロディが好き!激しいのが好き!
なんだけど、なんだけどおおおおお
波長があわないというか悶々としていた。
依織さんが幸せそうなので基本的には見てて幸せです。
ぐりざいゆー!





・BIOSPHIA

「なんだっけ、バンド名が思い出せない。あのビオトープみたいなやつ。」
「絶対にちがいます。」

ボーカルのひとが黒レザーで鋲が付きまくったガテン系のおにいさんで
ドラムのひとが金髪の王子様系(衣装も)で
あれはチェンジでしょう!チェンジだろう!とどうでもいいことを考えていた。
どうみてもex.ベルグリードの鳴さんです本当にありがとうございました。
「CDを買ったらメンバーの写真がランダムに出るんだけど、お前ら俺ばっかり出るからっていらんっていうなー!」
がウケていた。やっぱりポジションがドラムだ!(なにが)

お客さん多かったねぇ。
具体的に何が違うってわけでもないんだけど、ノリとか歌メロのクドさを聞いて「あ、関西のバンドだー!」と思った。
モッシュからは避難したけどなかなか楽しかった。



・TOKYO HEROES
フロント3人全員歌えて喋れて顔芸も出来るというたいへん芸達者なバンド。
演奏の安定感すごいわー。ブレない。
「もう時間が遅いので巻でいくようにっていわれたんで!」っていいながらゴキミさんリンダさん喋る喋る。
年齢とMCの長さは比例する。さくや知ってる。

6月の雨って曲がね。好きだね。
去年、お客さんのノリがイマイチって言ってた「人違いでした。」は今日見たら普通に盛り上がってた。




やっぱりスーツっていいよね。


こんなにバラエティに富んだいい主催なのに主催者を見ずに帰ってまじ申し訳ない。
時間がねぇ
でもこれ以上開始が早かったらトーマス間に合わなかったし。うーん難しい。


おつかれさまでした。

今風立つ方へ

 2012-04-11
DSC_0012.jpg

桜が散る前にセドリック(いぬ)が天使になりました。

もともと天使レベルの可愛さだったけどな!

こんなにさみしい桜もなかったと思います。
またあいたいね。
セッターでもあんな器量の良い子はあんまり見ないよ。
湿った鼻あててふんふんされたい。


じっとするの苦手なのでだらだらと生きている。
生きることはこんなにも不謹慎である。
わたくしの不謹慎に付き合ってくれるみなさんに感謝。

名古屋系リバイバルの兆し(てきとう)

 2012-04-03
~あなたの知らない世界その60~

2012.3.26(月)西九条ブランニュー
OPEN 17:30 START 18:00
ADV\2,000 DOOR\2,500(D別)

ブランニュー恒例のセッションイベント
ピエラーにも兄弟にもなれなかったがおもしろそうなので(と飲みに)行ってみたの巻



・VaViDⅢ

「えっヴィドールのセッションだとおもってた」
「ViViDですよ」
「ああー」

ごめん本家は一度だけ見たことがあるけどまったくネタがわからない。


・非エロ
Upset…ヴォーイ!
主にアマルコルドとex.紅蝉で構成されているPierrotセッション。
わたし白塗りじゃない知さん初めて見たわ。
見事に目に十字がアレな感じだったのでマジイイ出オチだった。

「えー、この髪型(長髪)でどうやってピエロしようかと考えた結果…私が消える(ラピュータ)的な感じに…」
うわーその誰にも通じない通じたとしても歳がバレる踏絵みたいなMCやめえええええ
(フラッシュバックするDISHの渋谷(さん))
Adolf、Creature、ENEMYやったっけ。
若干後ろからみてもうん。誰もピエロ知らないよね。みたいな。実物私も見たことないし。
背中を押したり権力を握ったり無表情な愛しい人がまだ狂わずにいたりしないしぃぃぃぃ。

次回はガ●ット(ガゼットではない)のセッションするそうです。
関西のセッション界隈で名古屋系が大人気!(個人の感想です)



・nh
あのVo.の人は無所属って書いてあるわりになんであんなイタくない程度のクオリティのコテバンドの衣装なんだ。
見た目的にはおジュイだとおもった。
あああとっさに曲名が出てこなかったSchweinの椅子…
再生不能な!!!!DNA!!!!!
すごいぜ、Dir en greyのセッションでGAUZEあたりの曲をやる人なんて久々に見たんだぜ。ここまできたら演奏とか気にしないぜ。
つみとばつのあと羅刹国という攻めのセットリスト。
れいっせっきかいらーい!じゃき!で無駄に逆ダイして無駄に頭降ってしまったふははは楽しい。

どうでもいいけどシモテの人がファンにデスボで「さくやああああ!さくやああああ!」って呼ばれててヒッ!ってなった。




・ドメスティックサイコファミリー

幕が開く前から前方から「あいえ」とか「まこ」とかいっぱいきこえてきた。
2~3列埋まったうえに(この後のバンド見てないけど)今日一番の盛り上がりだった。deadmanなのに。
ムジナの充さんがアリスアウアアの帽子かぶって体を変な方向に折り曲げながらウェルカーム!て。
弦楽器がTONE[+]PUZZLEという関西のキラキラのギャルバンドの…でも今日は真っ黒だった。
ギターの音がいい感じに音源で聴くdeadmanに近づけてあったように思う。
ドラムのトヲルさんいつもより黒くて白い眞呼さまっぽいメイクだったけど挙動のおかしさはあれが平常運転だよねえ。
lunch boxがすごーく盛り上がっていたのでした。

盲目の羽根と星を手に
please god
lunch box

すごいなーdeadmanのコピーすごい需要あるんだなぁ。
please god よりgodが好きですわたし。



一通り満足したのでアンカフェセッション見ずに帰りました。だって飲みたかったんだもーん。(今日のメインイベント)
こういうことをするからネオと迎合できないんだよ僕たちは!とその後のアンカフェ復活に思うところがありました。


あー焼き鳥日本酒天国。おやすみーにどとめをさまーすーなー♪




人魚と半半魚の鱗

 2012-04-02
SUICIDE ALI 音源配布主催ツアー

『SpreadAtlas vol.8 in 心斎橋 CLUB ALIVE!』
Starwave Records presents

OPEN: 15:00 / START 15:30
前売 \ 3,000 / 当日 \ 3,500

出演:SUICIDE ALI、ミサルカ、Order in DisOrder、Dieu、アマルコルド、REVINE、
Grand Guignol(大分)、DELACROIX



入場者特典:SUICIDE ALI未発表音源「行商人の絵画」


出た3バンドくらいがMCで「久々にこういうコテ系のイベントに出れてうれしいです。」とか「こういうコテコテなイベントに出ることが少ないですけど」とか
関西だとアンダーコードプロダクションやELE-musicにあんなバンドやこんなバンドが健在なあたりあんまりコテが下火とかそういう印象ないんですが。
ドマイナー近辺でコテ系が減っているのかな。関西どうなっとるの。



・アマルコルド

白塗りのお化けみたいな人がぬぼーっと。
黒くてずるずるした衣服に足だけ裸足で、また足の動きが鶏みたい。
同期と楽器の音がけだるく流れる空間におばけ。
ずっと見てる方が置き去りで退屈なんだけど、こういう放置プレイ好きな人は好き。

MCでVoの知さんが
「基本的に自分が同期をメンバーに送りつけて、そこに楽器の音をのせるっていうスタイルなのですが、今回楽器隊が楽器から曲を作ろうと。個人的にこの曲がいやで、ミックスもいちばん適当にしたんですがなぜか出来がよかったという。」
って言っててはじまった曲がいちばんなんかこう、やっと客の入り込む余地があるというか。
かろうじてノリができる。ヘドバンできる曲だった。
「歌うのが恥ずかしい」みたいなニュアンスのことを言っていたけど、
取りつく島のある曲とか、バンドスタイルとか、ああいうのがすごく苦手なんだろうか。
完全に知さんの世界で、そこに他人が入り込むのが想定されていない。
こういうキャパのないバンドはそれはそれで好きだな。
(歌がもうすこしうまければ。あでもこのあいだより良かった。)


・REVINE
コテ系のバンドでメンバーそれぞれ蝋燭を持って荘厳な雰囲気で登場。

と思ったら、おーいなんで登場SEがクロノ・ク●スの星の塔だよー。
凍てついた炎が…時喰いが…
もうこれだけでこのバンドだいぶ贔屓目に見る(てきとう)
いや、贔屓目に見なくてもこれ系のバンドの中ではけっこう楽しかった。
暴れるコテなんだけど、うるさすぎなくてメロディーが懐かしいかんじ。
同期でやっちゃいそうな旋律をシモテGtの人がせっせと弾いてたのがなんかいいなぁと思いました。
あのふともも出してるひと存在がエフェクターだわ。

軍帽かぶって敬礼する曲とかあってたのしかった。
Voの人が「最近のV系はキラキラしてアイドルみたいなのが多いけど、俺たちはこういう黒コテ系をシーンで流行らせたい!」と熱弁をふるってらっしゃった。
黒コテ系という言葉はあんまり聞かないけど言ってる事とやってることのバランスが良いなぁと。
ほんとに曲が好きだったのでぼちぼち見たいなぁ。


このあいだから別のバンドでも
「音源ありますか」
「ないですがチェキならありますどうですか」
のやりとりを繰り返してる。それはーパンがないならお菓子を食べろ的な発想ですよー。ぐずぐず。
配布音源終了したらしい。音源くれー!


・Grand Guignol(大分)
十字架!血糊!黒ミサファッションに青口紅のヴィジュアル系きましたー!
一昔前のキュアの後ろの方の小さいバンド広告に出てそうなナリだなぁ。
mana様の集会レポートに写りこんでそうなナリだなぁ。
でも音楽自体はブラックメタルとかデスメタルとか。
もっとこうV系のジャリバンドを想像していた。

大丈夫か、大分県ではこのジャンルで生きていけるのか。大分いけますか!
既にドン引いている関西人を前に
「みなさま、わたくしたちの呪いの前に声も出ないようですね。あははっはははは…†」
おかあさーん、あのひとたち、客が引くのに慣れているよー…。

「次回、池袋しゅとうに出演します。」
あっ、それはたぶん手刀とかいてチョップって読むとおもいま…す。
CDがアラモードマガジンの何かから出るって言ってたので活動方針はV系よりもうちょっとアングラサブカル寄りなのだろうか。
んでも関西でアライブに出て東京で手刀に出るっていう選択はなかなか手堅くやってるなーとおもった。なにが。
途中でゴスロリのギターのひとがフロアに降りてきて暴れていたのであんまり前で見たくない感じです。蹴るなー蹴るなー。


・Dieu
スーパー飲酒タイム。


・DELACROIX
名古屋のバンドってこういうハードコア×ミクスチャー×V系 みたいなの多いよね。
ばしっと抜けのいいバンドサウンドでかっこよかった。
スティングレイいいですよね。スティングレイを持っている人がSugarのロキさまに見えたとか内緒ね。



・Order in DisOrder
メジャー行きかけのディスパみたいなセルムみたいな何か。
暴れやすい、曲がいい、歌メロがきれい。濃すぎないし押しつけがましくない。
まだ勢いが足りないところもあるんだけど、ちょっとこれは好きだなぁ。
トーマスあたりと対盤しないかなぁ。
ドラムの音がすげーかっこいい!とおもって良く見ると将さんなのであった。



・ミサルカ
「僕はピエロ、あなたは魔女」という一度聴いたらぜったい忘れられないフレーズ。Jesterイイ曲。
さっきまで黒くてエナメルとバックルだった空間に突然薔薇とシャンデリアが似合いそうな高級感あふれるお耽美バンドがマイオリ…†
時間たっぷり使って、わりと激しい曲ばかり。4曲くらいしたかな。
演奏とか衣装のクオリティーとかアルバムとか、いろんな要素が重なって
今すごく上り調子なバンドだなっておもった。もっといろんなバンドとがつがつ当たってほしいです。
今日メイクが少しヨレてたけど。
さわさんのありがたいMCは「阪神ファンのみなさんいけますか!俺は巨人ファンなんだけどね!」でした。
さわさんはどうしてヴィジュアル系なの。ふともも担当だから。

ああああrinさんかわいい。下々を見渡すシロフクロウのような高貴なほほえみ。
↓シロフクロウ
images.jpg
rinさんより身分の高いバンギャルなんかいないからギタソロでみんな座るんだとおもいます(真顔)
アンプのところに鏡おいてるrinさんの女子力に全力で悶えた。
ふおーruiさんいいにおい。




「よっしゃああああSinのフリできたよー!」
「できた!」
「今日の仕事おわった。」
「えっ」「えっ」


・SUICIDE ALI
この並びで見るスイアリは確実に界隈のラスボスだった。悪の親玉みたいだった。
要するに品がいいのに複雑にワルそうという私が好きなバンドの最高の条件を兼ね備えていた。

最近の春泥さんはちくびポロリがないから安心して見れるよね!胸部の布補強あざまーっす。
あたらしいワイヤレスが搭載されていつも以上にぶんぶん暴れていた。
春泥は見てるだけで幸せ。えへへ。

民謡の独唱ではじまってそこからSEに入ってしまうとニューオーダーへの流れを切ってしまう感じがしてちょっとだけ違和感。ちょっとだけね。
初期の曲から比較的新しい曲に移ろう時間。
暗くて、ポジティブさがない曲の連続だけどテンションは確実に上がるという素敵なセットリスト。
前半はもちろんのこと、後半の冷たい影→Sequential soda→Donor of lieの畳み掛けるような流れが綺麗だった。
Donor of lie終わりはなんだか残すものがなく綺麗に終れるな、と思いました。

こうしてみると最近はちょっと展開が多くて浮き沈みの複雑な曲が多いのかな。
実は風のslaveの次くらいにDonor of lieが好きだよ。
雲を踏むようなAメロ、畳み掛けるBメロ、から激情のまま暴れるサビ。
どの場面もすごく好き。
この曲があるからまだたくさん歩ける気がする。

レバンデッシュリングやらDonorやらいろんな歌の歌詞がここいちばんの行方不明。
HIYさまが口パクをしたり春泥がにやにやするレベル。
Bitさんの記憶逃げて行かないで。

んで死刑台のベースほんとかっこよいわ。
ラビシャンのベースはラビシャンの容姿に負けず劣らずのエロさ。
Bitさんがラビシャンをまじまじと見て「うでの産毛がみえるよ」って言っててあんまり洒落にならんレベルのセクハラだそれ。
ビットエロバディーウって呼びたい!
未完成の官能小説SUICIDE ALIの完成を目指して(以下東京都議会の検閲により削除されました)

アンコールはいつも通りFSでぐしゃーって。うろこじょりじょりー(再)
おつかれさまでした。なんか最近でいちばん完全燃焼したスイアリ。
東京より大阪のが持ち時間長かったかな。1バンド少ないし。やはしふつーのイベントでも6曲くらいは聴きたいところ。
やっと(スイアリの部分だけは)主催見た感じがした。



ファイフィルシーアに伝わる民謡
~S.E~
1THIS NEW ORDER
2愛すべき死刑台
~S.E~
3レバンデッシュリング
4誘拐ごっこ
~S.E~
5冷たい影
6Sequential soda
7Donor of lie
~S.E~

EN.Favorite song




ミサルカのアルバムを回収。
ふつかめ終了。明日はブランニューでピエロセッション!
既に全身サロンパス。ウロコ生えそう!(保湿的な意味で)

おつかれさまでした。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。