スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

にゃにゃにゃーにゃ

 2012-06-30
犬も猫もケモノは大きいのがすきです。
おでぶじゃないんだ!大きいんだ!

肉たっぷり。
DSC_0108.jpg

やっ…やめろやああああああ寝とるんじゃあああああ
608435586.jpg

大型犬専門の犬カフェとかないかなぁ。
扉を開けた瞬間にじゃれてどつかれたい。さぁ!全力で来い!踏んでください!


月組のロミオとジュリエットを見てきました。
明日海りお様かっこいい。演技はエネルギッシュで、どこか清潔感のある美少年だった。
そあんちゃんに見える。ごめんなさい。
もはやどの方面に謝罪したらいいか不明である。

さくやさんは家族モノと、どうぶつモノと、悲恋モノと、ひとまず世の中のお涙ちょうだい的なバナナの皮を全部踏んですべる頭の造りなのでジュリエットが薬を飲む前からもはや涙で前が見えませんでした。


ジュリエットの赤いレザー(?)のドレスがすごーい素敵。
これですこれ
遠くから見ても写真で見ても全体的に衣装が素敵だった。重たいだろうなぁ。

私の月組の記憶が2003年くらいで止まっていたので、全員歌が上手い月組が斬†新なのでした。
ロミオとティボルトが役替わりらしい。逆のほうも見て見たかった。

ヅカの演出家で小池先生と柴田先生とex.オギーといえば
「とりあえずなんかずっとセットが回転している」という印象だったけどやっぱり回りっぱなしなのであった。
話は廻る廻る回転木馬のように。

死の役のひとと愛の役のひとがずっと背景の中にいて
話すでも歌うでもなくそっと場面に寄り添って踊ってるのがなんかいいな、と思いました。

そんな感じで本編の演出はとっても素敵だったのにフィナーレがやばい。
ロックアレンジ苦しい。ダンスビートもヒップホップ要素も苦しい。
ロケットの衣装がなんかすごい。
ハートの光るシャンシャンはジャニコンか。ジャニコンよく知らないけど。

大劇場が満員御礼っぽかった。すごいね。

焼肉たべて解散。血が増えますように。
貧血どうやったら治るんだろう。鉄剤以外で。
スポンサーサイト

ハナちょん

 2012-06-23
DSC_0100.jpg

じいちゃんちのいぬ。もふりまくり。ふぇへへへ。


父のお見舞いで帰った。
おなか切っても翌日から歩いてOKなんですね。まぁ前日までビールを飲んでいたようだが。
「シャワー浴びて大丈夫ですよ」っていわれてた。うそん。

結果良好で一安心。


明日からまた雨か。がんばろね。
同化nightのコラボグッズたのしみ。パープルがいいな。

音楽は娯楽です。

 2012-06-23
・バンドと客を食い物にする音楽業界からの脱却~元ビジュアル系バンドマンインタビュー
http://kasakoblog.exblog.jp/18141274/

・音楽家が音楽を諦める時
http://masahidesakuma.net/2012/06/post-5.html

・CDはもはや音源ではない~音源無料配信サイト「フリクル」
http://frekul.com/about/message

・違法ダウンロード法(禁止法)まとめWiki
http://www39.atwiki.jp/dl-ihou/pages/38.html

話題になってる(一部炎上ともいえる)記事をざざーっと見て
あれこれ考えて結局「ああー、要するに不景気なんだなぁ」という感覚に落ち着くんだけども

見る方にとって結局のところ音楽(バンド)は娯楽である

ということがどこの問題の要素にも入ってるとおもいます。
じゃんじゃんお金が世の中にあってみんなの生活に余裕があったらこんなこと悩まなくてよかったかもしれない。


音楽やってる方とか、売る方とか、音楽に生活とか人生をかけてるひとには申し訳ないのだけど、
見てるわたしにとってやはり音楽は娯楽です。
極限状態になったときに生命維持活動とか生活必需品の中には真っ先に入らない、という意味で。

「音楽がないと生きていけない!」という感情もやはりあるんだけど、それは今ゼイタクをしているからでそう思える幸せな環境にいるってことだと思う。

チケットを買うことも、感動することも、友達とはしゃぐことも、終わった後に飲むことも、CD買って握手してプレゼント渡すこともひっくるめて私にはマナーを守って楽しむこと以外なんの責任も義務もない娯楽ですよ。
「好き」という気持ちの楽しいやり過ごし方ですよ。
(という意味で今AKB以上に真面目に娯楽を売ろうとしてるところがどのくらいあるんだろうか)

それは飽きたら他の楽しみを探すし、生活が苦しくなったら削るし、いざ地震とか災害とか戦争とかあったら自粛を求められるかもしれない種類のものだ。

で、いまは生活が苦しいんだから、そこにきてさらに締め付けを苦しくするのは得策なんだろうか。
DVDのリッピングはいままでなぜか法の網をスルーしてきたのが今になって改正したという見方もあったりして私はよくわかんないんですが、

いずれにせよ窮屈なかんじがするよね。気分よくないね。
みんなは音楽をどうしたいんだろう。CCCDが出たときも漠然とそうおもった。

とにかく窮屈で苦しい思いをしないといけない娯楽なんてさっさと鞍替えするのが普通のお客さんだとおもう。
義務とか責任とか知識がなくても、誰でもある程度自由に楽しめる美しいものだったからこそ音楽は選ばれてきたのでしょう。

だから一つ目の記事の、
「バンドを神格化させるようなおかしな関係ではなく、
バンドとファンが同じ視線で、
互いに助け合い、互いに成長しあうのなら、
バンドの法人化が一番。
ファンに株主になってもらえればいい。
それが理想的な姿だと思う」

にも物申したいところがありまして。
株主になったところでそこで背負うものを持ったときに果たしてファンはファンでいられるのかな。
何をしても「私は株主だから」という同情めいた不自由がついて回るのではないかな。
それは「好き」とか「これいいな!」という一番大事な感覚を踏みつぶすことではないのかな。
「私は●●の株主だから」という立場をみんなが持ってしまうと、本当に他にいいものが出てきたときにそれが成長するのを抑えてしまうんじゃないの。


事実、マイナーバンドに通ってると、もはや「ファンは数少ない株主」という構造が出来上がってて、バンドもファンもそこにあぐらをかいて共依存してると感じるところもありますしああ人のこと言えねぇなぁゲラゲラということもあります。うわーつらい。

それって最初に批判されてた
「一方、バンドや音楽事務所などはファンを食い物にし、
バンドを宗教の教祖のようにあがめさせ、
洗脳し、神格化することで、
一部の熱狂的かつ少し頭の弱いファンから、
お金を貢がせることばかりに熱心になっていた。」

と同じことだとおもうんだよねぇ。一部の熱狂的かつ少し頭の弱い株主…
それがいいとかわるいとか思わない。
応援したいという気持ちに同情が混じってても、好きという気持ちに批判めいたものがはいってても、それはそれだよ。

売る方も株券であれチェキであれお札が入ったレターであれ、自尊心が許すのであれば、
取れるときに取れる人から取っといたらいいと思います。お金。
ただあぐらをかきすぎてチケットの発売方法とかバンドマンの言葉ひとつで株主みたいなファンが全員上がった愉快な話もあるのでこれは単純にその人の売り方のセンスの問題だよ。


愚痴になっちゃったけどともかく
「いい音楽」とか「楽しい音楽」の話をすっとばして、やれ違法ダウンロードが~とかスタッフが~とかファンが~とかノルマが~とか業界を批判してる俺宜しく渾身のネガティブキャンペーンばかりをしているひとたちを見るにつけ、ああ、業界死んでも音楽は死なないしめんどくさいからこいつらいっぺん滅びたらいいわぁ。
と心の片隅に終末思想を掲げながらわたしは自分が本当に楽しいとおもったものに対価を支払うぞー!

とポジティブに思うので7月4日は下北沢に行って7月7日は神戸に行くんだよ。
おもしろいことは好き、つまんないことは嫌い。

こんな時間にビールを飲んでパソコンに向かうものではないなぁと翌朝考えるだろうなぁ。寝ます。


Father's Day

 2012-06-17
◆ビールとソーセージのギフトを実家に送る

◆母がソーセージを朝食に出す

◆父、「このソーセージは夜ビールと一緒に食べるんだぞ!」

◆もめる

◆怒った母から電話がかかってくる←new!


ボスケテ\(^o^)/

スーパービールクズの会

 2012-06-16
行ってきたぜーBBWJapan おーおーさーかー(煽り風に)

logo-osaka-front.jpg

「クールビズに対抗してビールクズという昼間から飲む運動を提唱したい」
というのがついったーで流れてきたので
昼間からバンギャルでベルギービールを楽しむイベントに参加してきました。
総勢81種類のビールとおいしそうな屋台のベルギー料理たち。

俺たちが…(ジャンッ)ビールクズだぁぁぁぁぁぁぁぁ!(ガシャーン)
DSC_0081.jpg

ベルギーのロックバンドによるステージもあった。
勝手に咲いて勝手に手バンして勝手にメロイックサインで応えるぼくたちわたしたち。
r600x600.jpg
8c1cf6fcb78711e181bd12313817987b_7.jpg
演奏ふつうにかっこよかったです。

何も言ってないのに摩さまTシャツを着てきたりemmureeのティッシュを持ち込んだり漆黒のシンフォニーのタオルをひるがえしたりデスゲイズの名を叫んだりマジイイ酔っ払いでした。
ちがうんだ!座席が濡れてたときのためにひっつかんできたタオルがたまたまこれだったんだ!

ビールのソースをからめたフライドポテトがおいしすぎて毎日食べたい。
料理全般がほぼジャガイモだったので芋好きのわたくしには天国でした。
サラダも付け合せもぜーんぶ芋!
DSC_0082.jpg

フルーツのビールとホワイトビール全般はなに飲んでもおいしかった。(実は二回目)
レッドビールがすっぱい麦茶。

かの有名なシメイブルーはさすがに濃厚でおいしい。まろやかな飲み口なのにアルコール8%
DSC_0088.jpg

11%のもあったけど手を出さずじまい。
9月は六本木でもあるそうだ。
次はドイツビールのイベントがあるそうなのでまたもやクズに成りに行こうとおもいます。

5杯飲んで1回抽選をみんなで2枚応募したけれど撃沈したのであった。ビール詰め合わせほしい。

あと酔っぱらって「今日近くでやってる手ごろなV系のイベント」をケータイで探しはじめてほんとうに人がアライブに吸い込まれていった。ビールこわい。

おつかれさまでした。

思い出せ…!

 2012-06-13
成龙很酷をLIVEで聴いて、「これは次の爆寸で来ると踊れないぞ…覚えないと!」
と無駄に必死に覚えようとしたんだけどどこかに振り付けがわかるやつ売ってませんかね。
PVじゃわかんない。PVが笑うしかなくてすごい。うたひろの逆ダイくらってゴフッってなりたい。
(毒グモ女も爆寸でやっと覚えたひと)



ゴールデンボンバーのアルバムを改めて聴いてるとどれも最後のバラードが普通に良くて困った。
「広がる世界 歌詞」でググるんだ!さぁ!
NHKの合唱コンクールの課題曲でも行けるんじゃないのこれ。あとあしたのショーとか。

爆寸でお見かけする金爆コスさんのクオリティーがいつも素晴らしいので今回も期待しております。

もはやリクエストを何にするかで悩むくらいしか人生におけるディスパーズレイ的な楽しみがないんだよ!なんとかしてくださいよ!ディスパーズレイ!ディスパーズレイ!と思い出したように発狂する。ごすろりあぼーん。

*****

本日は牛の生レバーを食すのがほんとうに禁止になるのを知りました。
鶏の生レバーもいいけど、牛に代わる生レバーの次期有力候補は馬だとおもいます。
けっこういろんなところで食べれるけど阿蘇で食べたのがいちばんおいしかった。九州いきたいねぇ。空が広い。

しっかし牛はだめで馬とか鶏とかはオッケーなんだから変な話だよ。
なまにくーたべたい。

さてさて紫陽花がむくむくする季節に今週はクールビズではなくビールクズになってきます。
ロリータブランド各社はこぞって派手な紫陽花柄のロリ服を出すべきだとおもいます。
あと紫陽花のヘッドドレスほしい。むしろでっかい紫陽花を被りたい。

とりとめがないのが日常

暗いけどアツい。

 2012-06-12
emmuree全国“幽閉”TOUR
『e´【acute】in OSAKA』

5月14日(月) 大阪RUIDO
開場 17:00 / 開演 17:30 前売 ¥2800- / 当日 ¥3300-

【出演】The CANDY SPOOKY THEATER /DISH / umbrella / ムジナ / emmuree


emmureeのイベントに外れなし。
ここにムジナが出るのが大変有意義だと思いました。
どの地方のお呼ばれバンドもそうだったのかもしれない。

DISHを見に行きました。



・ムジナ
和紙に筆書きの「前の方に居る方は汚れる恐れがあります」という趣旨の注意書きをピシャッと前に出して
そのまま血糊吐いてケイレンしながら歌ってた。
どこかで見たことのある光景でもかまわない。
この、わー!やらかした!やっちゃった!感がいい。
あとファンのノリがこれぞヴィジュアル系インディーズ的な無茶ブリに近い感じで、特にこのメンツの中で見てるとおもしろいね。
ブランニューだと何とも思わないが。
「君が好きで好きで」って歌ってるやつをあとでアンミュレの想さんがネタにしていた。
もう少し音源増えるといいなぁ。
とーるさん今日もかわいかった。

最後の2,3曲くらいは見れたのかな。最後に自然に拍手起こってた。




・DISH
ねもやんの「大阪、暴れてくれまんの(流し目)」で全私が爆発!心の鼻血を流した。
あれがアイドル!あれがアイドル!

DISHの中身自体は、ダメージを受けてる時に見えると加速していくダメージに歯止めがきかないシャレにならない感じなので
心身ともに健康なときにきっちりダメージを喰らいにいきたいですね。渋谷(さん)こわいよう。
その時の向こうとこっちの空気とか気分に必要以上に左右されるバンドだとおもった。むしろそれが楽しい。みたいな。
インダストリアルハニィでドラムの人の誕生日が祝われていた。

箱舟の最後は「僕には資格がある君にはない」って聞こえたんだけど。
歌詞カードとはちょっと違うのかな。




・The CANDY SPOOKY THEATER
遠巻きに見るとペギィちゃんかわいいんだけど
ずっと見てるとあれは「ペギィちゃん」じゃなくて「ペギ夫」だな!とおもって
巨漢の雄叫びあげてるロリータかわいい。ペギ夫かわいい。
5年くらい見ててやってることがさっぱり変わってなくて
そして、ぼちぼち見ても最初に見たときの衝撃が変わらず残ってるのでこれはこれで素敵なことだな、と。
変遷を思い出してつらい、ということがないので。
ずっとコミカルでホラーで壊れたおもちゃみたいなバンド。
曲がいいな、と思うところの醍醐味の半分以上が同期だったりするのでそりゃ感想も思い出も崩れないわ。

全通とかしたら辛そうだけど。

ギターのひとのおでこがかわいい。
初めてJACKのすっぴんらしきものを物販で目撃した。
普通にかっこいいんだけどあれがああなるのか!と思うとなかなか感慨深い。
JACKでかいよー(背が)



・umbrella
こんなに音もノリもアッパーなバンドだったっけー。
拳でフロアが沸いてた。
それでもカラッとしない、ちょっと湿っぽい感じが好きだったりします。
なんかバンド名と合ってる。

春さんと渋谷(さん)は異母兄弟ではないのか。顔面が近親。
春さん「新潟では関西弁が通じなかった」と言っていたのをメンバーに「春の喋り方が通じないだけ」と言い返されてた。

演奏は全員前のめりの全力疾走ってかんじ。黙々と降り続ける豪雨。



・emmuree
ふええ…アンミュレで迎えヘドバンをする日がくるとは…
グレイノートと頽廃と葬列あたりすごいテンションだった。景色がアンミュレじゃないみたいだった。
あとアンミュレでミラーボールが回ってるのを見る日がくるとは思いませんでした。

でも無機質で黒くて、綺麗に狂ってるかんじがして、しっかりアンミュレだった。
余計なものが一切ないような、隙間も心地よく感じるような演奏で、聴いてて気持ちよかった。
最近暴れて楽しいことに徹しているのでこうやってじっくり聞いて気持ちいい演奏も楽しい。
安定感から来る安堵感が根底にあって、そこから上に向かって伸びる表現に狂気とか闇があって
こういう居心地のよさはほかにないと思う。

アンミュレのツアーだからあたりまえだけと今日アンミュレがトリで然るべきだったな。

あとこれは全バンドに言えることだけどルイードのかっこいい照明があんまり似合ってない。
雰囲気モノのバンドにはつらいかも。
ルイード自体は綺麗でとても快適なハコであります。



ここらへんのバンドの客層で月曜はどうなんだろーと思ったけどいい感じに埋まってた。
よくお会いする関西のバンギャルのみなさまにはほぼ全員会えた気がする。





ラーメン…ラーメン…と呟きながら豚骨ラーメンしてきました。
明日の名古屋はdieSか…いいなぁいいなぁ。


けっこう重大なのに

 2012-06-11
昨日の旅のフライヤーでさらっとSUICIDE ALIさんのアルバムの詳細が発表されてた。

2nd フルアルバム「Tainted Gallery」
1.Introduction(仮)
2.四十七の弦
3.剥離
4.弧を描く病(Album ver.)
5.動脈(Album ver.)
6.Stitch DoLL(Album ver.)
7.燃ゆる炎
8.THIS NEW ORDER(Album ver.)
9.Perpetual check(Album ver.)
10.灰色のカーテン
11.不透明シンドローム
12.行商人の絵画

1stアルバムですら未発表曲2曲だったのに豪華だなぁ。
(スイアリの音源のほとんどは再録曲でできているんだ!)

あ、あ、あれだけアレンジを変えたRepresentaがないよおおお
といいながら居酒屋でしおれたキャベツを食っていた。
あれこれ言いながらくだをまいてる時間が楽しかったりするんだ。

PVどの曲で録りますのん。

来週も旅だね。


頭の中を整理して臨みたい。

大阪城ホール

 2012-06-09
エアーバンドのゴールデンボンバーを見に行ってきました。

ワンマンは初めて行ったな。

DSC_0079.jpg

コスさんとバンギャルの群れに恐れおののいた。
これだけの人を熱狂させること自体が実力だし、他の誰も持っていない才能だと思う。
そこに貴賤はないよね。あったとしても決めるのは私でもあなたでもない。

コントもパフォーマンスも、「こうなったらくだらなくて面白いだろうなと思えること」に対して全力だった。
どうしてあそこまで真っ直ぐにこだわることができるんだろう!
とおもった。

ああいうポジティブな主体性は見ていて気持ちがいいものです。

ちょいとツイッターでも触れたんだけど、逆に、「●●みたいになりたくない」とか「(悪しき)全体を変えたい」だとか、仮想敵を作って騒いで集うネガティブな主体性が好きではないので。
ってーかそういうのはアートにしろ運営にしろ経営にしろ自然と上手くいかないんじゃないかな。
人は人と比べてもあんまり幸せにはなれないからね。(比べることが必要な時もあります)

という意味で比べるもののない幸せな空間でした。
けんじのパンツはいいパンツ…


ツアーが終わるまでネタバレ禁止だそうなので感想などまたこんど。


明日は大好きな旅。
まいにちたのしいー。

月、月が見つからない

 2012-06-04
二人は誰にも見つけられないー♪

というわけで一面曇りである。


今日は部分月食らしい。皆既月蝕にあいたい。とっても。


ごほうびー

 2012-06-02
DSC_0069.jpg

DSC_0070.jpg

最終日までずっとお天気がよくて風が強くて気持ちよかった。頑張った。


ありがとありがと。

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。