スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

完成に向けて

 2013-03-30
桜を見ると去年この時期に亡くなったお犬様を思いだし。
桜がなくても思い出すんだけどさ。
きっと毎年満開の桜に併せそんなことを考えるのだろう。華々しく拾われてきて華々しく去っていく。

お花見にはちょっと寒いけどいつもこんなものかなー。水筒に八海山の熱燗突っ込むレベル。

さいきんは自分の中で勝負みたいなイベントが多くて心境は春を越えて初夏の新緑の生命力。ジャングル。
早く本物の夏を迎えて、秋には実を結びたい。

興味本位のアイデアで強く生きるための知恵を歪めることはできないけど、少しでも可動域があるなら絶対にこちらに曲がってきてほしい。理解してほしい。私に。

近頃は豆ご飯が食べられるようになりました。
桜エビとかホタテとか、魚介と一緒に炊くとうまい。








スポンサーサイト

これは…!

 2013-03-29
DSC_0216.jpg

待ってる。

最近よく思い出す歌

 2013-03-17
私が戴く、誓いのその日は、君と共に祝いたいの。
だから、ついておいでよ。

彩冷える時刻に、街並みは美しい。二人歩いていたら、「夢は叶う」と君。
でも私は(少し否定的に)言う、
「『根拠の無い自信はあるんです』なんて台詞、売れるための最低条件で、結局売れなかった人もみんな言っていた。」

月霞む、フォークに何の気もないようにウインナーをさせば、「自信家ね」と君。
でも私は(少し挙動不審な動きをしてから)言う、
「本当は、君がいつも側にいてくれないと怖いんだよ。結局一人じゃ何もできなかった。弱いよね。」

「恋人たち」はね、「永遠」を願う。あの頂を目指すのは、私たちだけじゃないけれど、今は、掴むべきものが見えている。

赤く濁れり、天空を見上げて、周りはもう一段下に。この夜はもう、すべてを覆う。
君は私を追いかけてくれる?

そして、ゆらめく声が聴こえて、土の精すら私を認める。
少しでもいい、口にするのは、誇大な言葉は嘘になりそうで。

でも私は(生来の気質のせいで)言う、
「例えば、この歌詞の上で堂々と戴冠式をあげようよ。私を信じてくれている君と二人で。」

「恋人たち」はね、「永遠」を願う。あの頂を目指すのは、私たちだけじゃないけれど、今は、掴むべきものが見えている。
この「トキメキ」はね、泣き止む君への、最大幸福の証。
時は今まさに、私は王冠を探してみせよう。そう、自分自身のために。





カレー食おうぜ!

 2013-03-15
『ブランニューキャンプフードVOL.1』

2013.3.12(tue)西九条ブランニュー
OPEN 16:30 / START 17:00 Adv.¥2,500- / Door.¥3,000-(共にD別)

出演:闇のアルバム / Escalena 【Vo:はるひ, Gt:隆斗(ex ムジナ) , Ba:マヤ , Dr:げんじょー(ex Renny Lilyサポート) , ゲストGt:Kaito(ЯavanteD)】 / SHILFEENYU(f.札幌) / Sigret / 紅蝉 / 輝~ヒカリ~(f.名古屋)

3000円でドリンク1杯とカレー2皿食べるついでに紅蝉とか見ようぜ!的なかんじで行きました。
DSC_0188.jpg
古川ともさんとmayaさんによる手作りカレー対決。
ミスター味っ子なのか?美味しんぼなのか?ああ?
完全にカレー動員ですはい。

紅蝉の刈さん誕生日だった模様。入場特典が青いガリ。
かばんに入れるとくせぇーッ!こいつは普通のガリ以上に臭いがぷんぷんするぜぇー!とおもったがビニール袋に入ったガリをカバンに入れるというシチュエーションが人生でそんなになかったわ。
 
遅刻したら一個前のバンド(バンドじゃないけど)がいろいろ壮絶だったらしい。
いろんなところにきんかん飴が散らばっている。知り合いの顔が死んでいる。何があった…!


・闇のアルバム

あれって、GlamorDesignのヴォーカルのひとなんじゃ…
独特のねばーっとした歌い方が。見た目のラフさよりも無機質な暗黒。
かっこいいなぁあれ。そしてキラキラのギター。


・Escalena
マ、マヤさんがエプロンにバンダナだぞー!ツインテだぞー!絶対領域だぞー!
みーんなのハートを、いただきまやや!
相変わらず聞いてて上手くて楽しいベース。指が踊るような。
あとのバンドのMCによると「今日の出演者ほぼ全員、マヤさんなら抱ける」らしい。
あんな新妻まやさんがカレー作って家で待ってたらそらそうだ。
で、バンドは春陽さんのソロがバンド形式に。そういえばお二方ともex.ドレミ團か。この言い方が与えるものがネガティブなものでないことを祈ります。
ギターはex.ムジナの隆斗さん。ブランニューで見るとクロ×ヒメの方を思い出す。
音はごっついんだけど独特のやわらかさのある弾き方が好き。
春陽さんはバンドでも弾き語りでも、語り部のような雰囲気。
シルクハットかわいいザ・年齢不詳。今日の出演者は総じて年齢不詳シリーズ。
最後の曲の前に、本日のカレー作り助っ人の現役バンドマン兼フレンチシェフの登場。
髪がピンクだけど普段はヅラですって。
ドラムの人が金髪のリアル住職だからみんな手に職をつけまくりである。
すごく演奏がしっくりくる感触なのにバンドというよりは確かにユニットとかセッションとかそんなかんじ。気ままに気楽に。お酒がおいしい かんじの。
最後にやった電氣ブランよかったね。


・SHILFEENYU
ニュニュさんの歌声は四方八方からわーっと降ってくる不思議。同じ音響なのに。
透き通った声と甘い声の使い分けがかわいい。
無邪気で澄んだ女の子のような声かと思えば、憂いを帯びた低い音まで。どきどきした。
あとやっぱり古川さん(キイロさんと呼ぶべきか)と顔とか骨格が似てると思う。
今回は雰囲気が似た曲が続いたので少しぼーっとしたかな。



・紅蝉
鬼さんこちら手の鳴る方へ 消されるべきは私です。
白塗りで和服でドヤ顔。
棒立ちで、うげーしんどい。って言いながら見ることを強いられそうな見た目なのに意外とヴィジュアル系のノリに迎合してるというか、ライブっぽいアホっぽいノリの許容範囲が広いバランスが絶妙に楽しいのだと思う。
基本的に寺山修司の世界観(ドヤァ)的な雰囲気。
ベースの人がベースを投げ捨てて煽ったり動きが多い 。
世界観というかセンスがとても好きなので、もうちょっと歌が上手ければ。というのをいつかのアークデューからずっと言っている気がする。ジャリバンの宿命。
音楽的に一番好きな紅蝉のパートは同期です。私はあなたの同期です。
耳で補完できるほど曲を聞き込んでいないので、アンコール(仮)の同期なしの犬つらたん。
暴れすぎて肩がおかしくなった。たのしかったよぉ。


で、お待ちかねカレー。
最初は若干混乱したけど出演者の皆さんで配膳とか回収とか頑張ってらしたので後はてきぱきと。


A:マヤさん作
DSC_0187.jpg

ゲスト参加のバンドマン兼フレンチシェフな人との合作。
「家庭的なカレーを目指しました」とのこと。
具材が適度にとろけていて、まろやかでやさしい深みのある味。市販のルー(こくまろ)しか使ってないそうな。うそだろ。
ライスボールは柿の種を砕いたものを衣にして揚げてある。ここらへんがなんかプロっぽい。
付け合せのスパム?のようなものがカリカリに揚げてあるのがこれまたおいしい。なんだろこれ。
ごはんに味があったのを含めるとカレーはやや塩気が強いのかな。と思った。


B:古川さん作
DSC_0186.jpg
こちらは逆にルーを一切使わない。なんていうか、現地のカレー。みたいな。
古川さんが直々にネパールで仕入れたスパイス使用らしい。クミンくらいしかわかんないけどすごく刺激的な香り。
阪本解説員によると、煮込むときに梅酒を使っているそう。
刺激的な香りに加えてお肉がごろごろ入っているのと、ナッツとコーンの歯ごたえがたのしい。
アーモンドらしきものが丸ごと入ってるのはびっくりした。
ターメリックライスと一緒にたべるとおいしい。
レタスを必死にちぎってるニュニュさんが可愛かったんだぜ。


ステージをコンビニの駐車場のごとく占拠してカレー食ってる白塗りの気持ち悪い人の群れを横目に真剣にカレー味わってるフロアっていう絵面がなんかやばい。

投票の結果は古川さん33票、マヤさん23票。
その後バンドマン票(新妻票と呼んでいる)がAに続々と入るも古川さんが勝ち、3000円分のクオカードをゲット。
古川ともさんはクオカードというものの存在を知らなかったぽいので、必死に説明する紅蝉の知さん。
ズッともだよ!
あれは確か全国のコンビニとかファミレスとかガソスタで使えたはずです。

負けたマヤさんの罰ゲームは古川さんのリクエストによりマイクスタンドを駆使したポールダンスでした。
戸惑いながらピンク色のライトのもと一生懸命やってる感じが逆にエロい。
ほんじつカレーの出来栄えといい出で立ちといいマヤさんに比べるとバンギャル系女子の女子力全員死亡の様相。
最前付近で紅○の人がすわりこんでかぶりつきで見ていた。

ライブ後においしいご飯たべてぐだぐだ出来てよいのでまたあるといいですね。ルネッサンス情熱。
次はビーフシチューがいいナ~。

ご一緒してくださった方ありがとうございました。

スオミ

 2013-03-11
晴れていて風の強い日は絶好のチャンス。
兵庫県立美術館にマイオリ…†てきた。


森と湖とHIMとコルピクラーニの国!!!!
ああ、好きだよフィンランド共和国。というかスオミ。
DSC_0166.jpg

入口にあったムーミンの家でさりげなく存在を主張するバンギャル椅子
DSC_0165.jpg

入口のボードをつらつら読んでいると、日本の90%くらいの面積の国土に人口たったの約540万人でヨーロッパで名高い経済大国とは。
GDPのこととかいろいろ考えちゃう。失業率はまぁアレとして。
GDPデフレーターの推移 - 世界経済のネタ帳

物販でモラングッズなぞ漁ろうとおもっていたらさすがになかった。見つけられなかっただけかな。
わたくしもアルヴァ・アアルトの日用品に囲まれながらマリメッコの柄のベッドで寝る生活をしたいものです。

古典的な絵画や造形にはじまり絨毯、日用品、建築画に至るまでボリュームが多くて楽しかった。
自然にあるものをよく観察する、そこからパターンを創りだす、模様になる、形になって、で、やっぱり自然と調和できてる。
豊かで遊び心が見えるようなものが実はすごく合理的だったりする。椅子の脚とか。

カレワラのレイアウトとか挿絵の配置がおもしろくて、こっこれはつかえるー!と(何に)

最近梅田を歩いているとそういえばみんなマリメッコの花柄のかばんを下げていた気がする。
行きたいねぇフィンランド。

ついでだけどなんとNightwishが来日。しかも東名阪。
大阪のチケット取れるとよいですね。サポートヴォーカルのひととっくに正式メンバーになったと思ってたら違ったみたい。
なんかAnetteの時よりアンチ少なそう。うん…。

関西のタダ友

 2013-03-03
2013年1月24日
ツイッター上で「なんか適当でどうでもよさそうなライブに行って感想をぐだぐだ言いながら鳥貴族で飲もう!」みたいなことになり。

旧ホリデー、現アッシュ大阪の無料ライブに行ってきました。
検索してもオフィシャルサイトどころかアメブロすら出てこないバンドばっかり。
まぁ、ロマンシング性がタダ見できるからいっか。


チケットフォーマットの一番上の行は早く直したほうがいいと思う。
Ash-1



社会人なのか、それともE●Pの学生なのか…!みたいなバンドが続き。
「あれは化粧をこうすればこういう顔になる!」と
アッシュ大阪の冊子をめくりツッコミを入れながらだらだら見ていた。
そんなに狭くないハコに30人いたかなぁという感じなので、バンドマンと明らかに目が合ったときの圧倒的なきまずさ。

ドドドマイナー盤のライブで最前に人がいないと、「立って!」「前に来て!」と煽られ続け目をそらすバンギャルという構図になるので、
いや、少なくても最前に人がいてよかったね!ほら!みたな謎安心感。

フリがあって衣装があって常連さんがいてのいわゆるヴィジュアル系バンドはやはりロマ性だけなのであった。
風太せんぱいの衣装に羽根が生えていた。
学園設定はもうやめはったの?
くだらない下ネタを全力でキラキラ楽しんでいるバンド。ゲスアル系を自称しているみたい。
漏れ聞こえてくる歌詞がなんかおかしい。
全力でフリやってて楽しそうだなぁ。

そしてロマ性終わったらより一層人が少ない。

物販で営業するバンドマンを横目にだらだらどドリンクを飲んでしゃがむ暇なかんじ。

特段にぐだぐだ言う感想もあるでもなくお初天神の鳥貴族に収容されて与太話で盛り上がり初見の人間と見る幻に毒を吐く。
関西の若いギャこわいで。喋ったら人が死ぬんやで。

おもしろかった会話でも抜粋して書こうかとおもったけど大部分がオフレコなのでやめておこうと思います。

それなりに飲み食いしたのに1人2000円行かなかった。

旧ホリデーの無料ライブでぐだぐだして鳥貴族に収容される会(不定期)次回の開催をお楽しみに!
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。