スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

10バンド出演14時半オープン、その苦しさ

 2013-07-23
2013年7月21日(日) 池袋EDGE
[Starwave Fest Vol.7 ~Tシャツ無料配布~]
Starwave Records presents

OPEN 14:30 / START 15:00
ADV ¥3,500 / DAY ¥4,000 ※D代別

出演:ミサルカ、Tokami、SUICIDE ALI、THE SOUND BEE HD、Calmando Qual、Capella、umbrella、Synk;yet、燭台(怪)、Magistina Saga

※入場者全員にイベントTシャツ無料配布!
※イベントラストに出演バンドによる大セッションあり!
※生Starwaveなんでやねん決定!(ゲスト:Hiroshi、Hibiki、ぼん。、蜻蛉)
※「ヴィジュアル系音楽」情報専門サイトNEW ROCKSの取材決定!

なんとかクラウンクラウンと並び長時間拘束出順非公開そしてだいたい再入場ナシという悪辣な環境のイベントの主催者として名高いスターウェーブレコードのフェスと銘打った10バンド出演14時半オープンというイベントに行ってきました。まぁ日頃は8~9バンドくらいか。

バンドの感想はチラシの裏というかアンケートに書きたいとして、2006年ごろからここにエントリー溜めておくのは強烈に思ったことの発露であり、啓蒙であり、自己満足であり、後から読み返して感じるものは心と頭の動きでつまり人生であり、ネタであり、それが出来るのが非営利のブログのいいところですね。

そういうブログで私が広く何を告知したいかというと、目当てのバンドを見るために6~8時間近くハコに拘束されなければならない過酷な環境に置かれたヴィジュアル系イベントの惨状です。
あれはない。悪辣な資本主義のルールに則り汚染されたビジネスの権化と化したスターウェーブレコードが、その貫徹された客が置き去りな劣悪空間の果てに築き上げたStarwave Recordsが、所属盤とジャスティンデイビスのパクリみたいな特典のTシャツをみせびらかして「おう、お前らは俺の王国で遊んでいけよw」といっているに等しいスターウェーブレコードが、実際にそのフロアで起こしていることとは共産主義下のソ連・モスクワもかくやと思わせる貧困なサービスを受けるためにできる疲れたバンギャの顔と目当て以外の出演者を愉しむフェスに反するような環境ですよ。
許せん。実に許せん。激おこぷんぷん丸なのであります。

そりゃあね、本命盤が出ると言えば、ファンとしては週末寝ていたいのに時間をとって、夜行バスで会場まで行くわけですよ。だいたい、出順非公開で再入場なし、14時半オープンで、やれドリンクカウンターに溜まるなだの、座らずに立ってくださいとか言われながらその時間から一通り見て終ったらもう22時なわけですよ。終ったら疲れてさっさと帰りたい
ものをラストに全バンドセッションとか姑息な手段でひきとめてどうしてくれるんだと、声を大にして言いたい。疲れ果てるのはずっと箱にいないといけないバンギャルと照明以下スタッフに決まってるだろ。そういう細やかな心遣いのないスターウェーブフェスが許せないのですよ。
バンギャルはなぜ立ち上がらないのだ。搾取されているのだぞ。鋼鉄の救世主が蹴っていった大地が下劣極まりない資本の論理によって蹂躙されている、その劣等な立場にバンギャルは放置されていながら、なぜ蜂起しないのだね。これが信長の野望なら民忠誠度が下がって一揆のひとつも起こらないとおかしい。もう本命盤とホーデンさんの生パンツ以外観ないぞ。絶対にだ。あれは素敵だからね。仕方ないね。

催し物を5分観るだけのために硬い地べたに必死にスペースを見つけ周りに気を使いながら座るバンギャルの気持ちが分かっているのか。何度もいうが、これは共産主義体験なのか。真の意味でのソ連を忠実に再現するイベントなのか。これはね、ポツダム民主主義粉砕の精神の発露ですよ。服従を、強いられているんだ。本命盤の名の下に。行列英雄とか叙勲されるんですか。偉そうにファンのマナーに訴える前にすることがあるだろうが。ええい、全部がことごとく気に入らない。こんなイベントの主催者はどんだけ面の皮が厚くて頬肉まで重力に逆らえずに垂れ下がってるんだよ。Tシャツのロゴを銀ペンで塗りつぶしてジャスティンデイビスとか書いて新宿西口のロッカー前で段ボールしいて寝てる人に無料配布とかはしないけれど本命盤のために待たされた時間を時給換算して満額お支払いいただいてから反省していただきたいものです。

申し訳ございません、少し興奮してしまいました。後半は忘れてください。
最後のセッションは見ていませんが、うっかりMr.SaTaNがあらわれて挑発しレーベル代表がそれに応じ髪を切ったりしながらプロレス団体デススターウェーブの立ち上げとかになるみたいなおもしろいことは起きないだろうなと思い帰りました。

繋がって出順をききだしてあとは好きなのを2~3盤見るだけならたのしそうですね。勝つのはせこい人だけです。

池袋EDGEは設備も良く見やすくスタッフさんの対応が高田馬場エリアののれん分けとは思えない程度にたいへん丁寧だったことだけは記しておきたいとおもいます。

※尚、本日の記事は尊敬する切り込み隊長やまもといちろう先生のこちらの記事のオマージュです。


スポンサーサイト

おととい買ったやつ

 2013-07-16
mel

まだ食べられるかな。
ものすごいタイミングで見る幻にメロンを盛られ思い出すきっかけを受信しました。冷蔵庫見て爆笑した。多謝。


最近は「丕緒の鳥」を読んでそこから果てしない十二国記ローテーションにはまり今日ようやく解脱。


これって、現実でもよくあることだよねぇ。っていうファンタジーの醍醐味。
女子高生トリップものの時点で現実でよくあるもなにもないかと思われますが、
それにしても今回のは想像以上に風刺が効いてて疲れた。

本編の続きがはやく出てぎょうそうさまとたいきの清いBLをだな…とゲス顔で夜につめたいメロンたべる。






「始まりの終わり」 とは。

 2013-07-15
紅蝉初ワンマン「始まりの終わり」

平成二十五年 七月七日(日)西九条ブランニュー
■開場 十八時 ■開演 十八時半
■前売 千五百円(飲物代別)


※当日来場者に未音源化曲「雨」配布

なんかよくわからないけど行ったら、なんかよくわからないけど来た知り合い大集合だった。
たぶんカレーの日とそれ以降のイベントがよかったんだと思う。
よくわからないの大事。

一度解散をしたのち「解散終了」という終わりの終わりを高らかに宣言し復活した紅蝉の始まりの終わりと銘打ったワンマンでした。うおおややこしい。

活動初期あたりから和風白塗りでアングラ界隈の人を寄せ付ける絶対的なセンスや圧倒的な世界観を持ちながらも聴衆を千尋の谷に突き放す演奏力(歌唱力)を放ち、プラマイでわずかに残ったものを頭の中で守りながらぬるく見守る感じだった。同期と演出その他はすごく好きなんだ。同期は。

特にすることなすこと御変わりないように見えるのに復活してから何かが楽しい。
白塗り和服の人があんまり縁起のよくない言葉を喚いてまわってる心底気持ち悪い。わたしはあなたのびょうきですー。
しいて言えばもう少しバンドっぽくなったかなぁ。
バンドっていうスタイルとの迎合というか。それはどこかで聴衆の振り上げる拳との迎合でもある。
うまい折り合いが生まれるのはもっと遠くに視線がある証拠だと思いたい。
最近の紅蝉は、ちょっと前に行ってみてみようかなって。
基本的に視界がきもちわるい(本日二度目)上に千切った小説の切れ端が顔にふりかかってくるけど。にぼしよりマシか。

いま通ってるあたりの諸々のバンドで暴れバンギャルとして使うべき筋肉は一通り鍛えられたとうぬぼれていたら右半身のあらぬところが痛くなって、世の中にはまだまだ使われていないバンギャル筋があるのだなぁと思いました。
拳の上げ方がちょっと特殊ですねん。デスクワーカー瀕死。

扇子つかってディスコっぽいのやったりとんだりはねたりしんみりしたり意外とふり幅多くて楽しかった。
見た目OKで演じ手として完璧で似たような曲ばっかりで飽きたりしないし頭おかしくて楽しいのでここまで揃ってるならあとは音のところを…と切に願いながらひさしくなおらないやまいをききます。
音楽以外のものでも勝負できる感性をもった人にこそこのジャンルで音楽でのしあがってほしいな。おもしろいので。

諸々の告知も先が楽しみだなーと思えるものばっかりで、また遠くないうちに見れる。たぶん。

今日はギターの明さんの脱退なのが唯一ざんねんだったけど、本人があっけらかんとしてるせいかほぼ涙なしのワンマンだった。

ここで名前を出すのも憚られますがカタカリなき今、ブランニューに生息している野生のヴィジュアル系は紅蝉かな。と思ってる。

刈さんって、錦鯉に似てるよね。


おつかれさまでした。楽しかった。



よくわからないけど貼る。



ワインを満喫。御一緒していただいた方々ありがとうございました。
目下西九条の飲み屋を開拓中。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。