スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

君は空を飛ぶ魚の羽を見たことがあるか

 2011-06-23
CRUSH V-ROCK MIX Vol.2

2011.6.19(SUN)松江AZTiC canova
OPEN 17:00 / START 17:30
ADV\2,300 DOOR\2,800(D別)

出演: ヴェルテクス-Vertex- / Velous / SUICIDE ALI


まさかスイアリで松江に遠征するとは思わなんだ…しじみうまい。
松江市の萌えキャラで松江春泥っていうの作りたいとかほざいてました。

メンツが【ヴェルテクス-Vertex- / Velous / SUICIDE ALI…etc.】になってたんですけど
いつのまにかスリーマンになっていました。
やっぱり対盤少ない(6バンド以下)方が無理なくじっくり見れるね。

国道沿いに突如出現するハコは横長で音響も良く見やすかったです。
物販とドリンクが別棟にあるのがちょっとびっくりした。

そういえばヴェルテクスのライナーノーツをデスゲの藍ぼんがしているらしい。

・Velous
けっこう屈託なくりんち.みたい。
ベースの人の演奏も含めて自己主張の激しさは好きですね。ネックをすいすい移動する指。
ピアスホールでかあああああ。
おもに拳でデスボでメロディーはつややかに。

最後の横揺れの曲がいちばん楽しかったような…
しかしこんなにこんなバンドなのに横揺れのときに「左から!」って煽っててあらそここだわるんだ。と思った。



・ヴェルテクス-Vertex-
あちゃー似たバンド2つ続いちゃったねぇ。と思ったりもしたけど
音がカラッとしてて聴きやすい。主にギターの音作りによるものであると思われる。
5人バンドの割に音の空間がほどよく開けてあるというか、要するに耳疲れませんでした。
これでドラムいないのもったいないなー。

彩ヵさまちょうかわいい。まず名前が彩ヵなのがかわいい。口開けてにっこり笑うのかわいい。
ハードで轟音の部類に入りそうなバンドで真ん中に澄んだ綺麗な声の人がいるっていうギャップが好きで
やはりそこんとこちょっとセルムと重なる部分もあれど
何をしてても素直でまっすぐでピュアな印象を与えてしまうのはその人の味というか。すごく魅力的だと思う。
拳を上げることに抵抗がない。初めて見た人も笑顔で暴れられるんじゃないかな。

半年に1回くらい見るたびに、そういう持ち味は変わらず洗練されていってるように見えるので
ふんわりと上昇気流みたいなものを感じた。





・SUICIDE ALI
結論:スイアリの新譜が素晴らしい。

Donor of lieのレコ発でやらなかったDonor of lieをやっと聴いた。
冷たい影とトーンは同じくらいだけど、すごく無機質で
厚みが不均等な硝子越しにぼんやり見てるかんじ。ぼんやり見てたら、あくまで向こう側でなにか人が叫んだり動いたりしてる。
あーあーくるっているー
つくづく不気味でおかしなバンドだよ。今日は特に。

Aメロあたりでベースの使い方がリズムの役割をしてないぶん、各パートのちょっとしたふらつきがダイレクトに出てしまうので
難しさの中身で言うと風のslaveなんか似てるとおもったなぁ。
手に汗握りながら見てしまった。
馴染んできてもっとメリハリがついたらぐわーっとはまると思う。でも曲だけでけっこう好みなんで。えへへ。
薄氷をこわさないように息をひそめながらBメロの重たいリフまで持っていく感じ。

春泥さま登場してマイクスタンドガシャーン。
一か月飢えていたのでもうなにもかもが可愛い。春泥にうろこ生えてたらたいがいのことはいいんだと思います。

布じゃない顔に描いたうろこが復活してたり久々前髪アップだったりいろいろおいしかった。来てよかった。うおおお。
HIYさまのコルセットはどこにいったの。はだかだよはだか。
ボディペイントがしっかりしてあったので、かろうじて「上半身裸のドラマーが座ったら下半身が隠れて全裸に見える現象」は免れた。
背中にでっかい蜘蛛みたいなのが描いてあってそれなんてハンター×ハンターですか。黒魔術じゃなくて念ですか。
黒髪でデコバンドしてるからおもわず「団長…。」とつぶやいた。
ラビシャンのメイクが黒い。濃い。私は濃いラビシャンが好きだ。あれかっこいい。

Stitch DoLLからDonor of lieまでのこのダークで冷たい部分の流れがほんとに素敵で
冷たい影のギターは聞いてて楽しいギターだと思った。
久々に見るBit el bedi氏はやっぱり怖い。なんか今日は取り立てて目が遠い。何かが遠い。

魔法の終わりからトラブルに悩まされ続け春泥さまがシールド直。
なんか誘拐と要の途中の同期もズレたけどまぁ機材トラブルは仕方ないやねー

アンコールでBitさんが「SUCIDE ALIは…なかなかね、近づきにくいバンドかもしれないですが…」と語り始めて
「まぁ、ウチらこんなバンドなんで…」って呟くように言ったいつかのemmureeの想さんを思い出した。

いずれも『近寄りがたいのは自分で知ってて敢えてそうしてるけど楽しんでやっているので来れる人は来てください』っていうニュアンスだったと思うので
ああいうMCは素敵だなー。というかそういうスタンスのバンドが好きでしょうがないのもある。

「いつも最後に、こんな曲をやっています。(一番好きな歌をとか言ってたっけ)おまえら、いけるかああああああ!(ヴォーイ)」
で、FSで暴れておしまい。ヘドバンにはじまりヘドバンに終わる島根の旅でした。
おつかれシャン・・・†(さいきんはまってる)


~S.E~
1Stitch DoLL
2風のSLAVE
~雨~
3冷たい影
4Donor of lie
~S.E~
5誘拐ごっこ
6正しい魔法の作り方
7人間の要

EN.Favorite song
~S.E~ローエント街道



松江駅まで歩くか歩けるかという相談をしていたらハコのおにいさんが「あ、もしよかったらタクシー呼ぶので待っててください」って
おにいさんちょういい人ー!ホ○デーのハコスタと比べて感動するレベル。


駅でサカナ食べてヴォーイ。
知らない土地に遠征っていいよね。トビウオになりたい。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/1002-867cd937
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。