スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

二度目の「Cut down the puppet strings」 その2

 2011-12-02
SUICIDE ALIレコ発記念 単独接続公演
「Cut down the puppet strings」


(つづき)
2011.11.23(Wed) 目黒LIVESTATION
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV ¥2,500 DOOR ¥3,000(D代別)
出演 SUICIDE ALI
O.A. アムじい

入場者特典(ストーリー小冊子)
新音源先行発売購入者特典(11/3ファッションショーチェキ)

「冷たい影」の次は、冷たい体 なんだ。THE COLD BODY


えーとあとはライヴの中身について。
注意!以下ストーリーの抽象的なネタバレを含みます。

・O.A アムじい 
入場特典:ストーリ小冊子
20113.jpg



紙芝居で、恒例のニューシングルの物語(コンセプトなど)が語られた。
入場特典の小冊子の内容と合わせてツッコミを入れたいところなどあるのですが
そもそもシングル「THE COLD BODY」の発売日は来年の1月11日。
発売日前に細かい情報がだらだらとよそで漏れてるのきらいですね。

というところで具体的なところを避けて要点を書きだすと

・ヒトは人間界での姿と、ファイフィルシーアでの姿、この二つの姿をもっている。
・人間界でヒトの形をしているからといって、ファイフィルシーアでもヒトであるとは限らない。
 ときに石、樹木、動物だったりする。
・人間界の自分はファイフィルシーアでのことを認識しているが、夢か何かだと思っている。
・ファイフィルシーアでの自分は人間界のことを知らない。
・ファイフィルシーアでの自分が殺されてしまうと、人間界での自分も何らかの形で死を迎える。その逆も然り。

こんなところかなぁ。
今回のストーリーで初めて「ファイフィルシーア」と「人間界」の関係がくわしく語られた。

アムじい、紙芝居しながら「これはワシのカンペじゃー!」とiPhone片手に喋る。
途中で「文字が(小さくて)見えない」とか
「(衣装が)暑い」とか
アムじいはそろそろ年金で弟子を雇えよ。
次のカンペがiPadになってたらウケる、という話をあとでしていた。

話が前後しまくったり途中でとまったり、アクシデントも多かったけれど
今日の入場特典にあらすじが書いてあったおかげでだいたい補完できたと思う。

相変わらず絵がうまい。色をほぼ黒しか使ってないのになんだあれー。
ふつうにぐだぐだでした。

・ライヴ本編
気合入れの円陣でかい。

新衣装のお披露目。
ここ最近3つの衣装は同じ方が作られてるんですが、今まででいちばんカッコイイ。

1つめは個人的に白い衣装が似合わないとおもってたのと当時の新曲とか(もにょる)
2つめ好き。黒くてカッチリした別珍みたいな素材の衣装と、チュールの質感
んで今回のは同じく真っ黒だけどもう少しハード エンダ 露出・・・†
クロコダイルみたいなエナメルとバックルと
黒ともグレーとも言い難い、渋い色の布がふわふわしてて
あと衣装の金具がわざと腐食っぽい加工してあったりで(見間違えだったらすいません)

「ヴィジュアル系の衣装っぽい衣装」のツボをおさえつつ、
よく見たら細かい部分でああーこれはちょっとお決まりとちがってておもしろいなぁ。みたいなの。
ハードさと繊細さが両立してあって、スイアリっぽい。どこか押し黙ったような頽廃。

こういう繊細な衣装のアー写はゾイサイトあたりで撮ったら素敵だろうなぁ。
綺麗に雰囲気出るとおもう。
顔だけギラギラ悪目立ちしてる普通にカッコイイ所謂アー写じゃもったいないよ。
SUICIDE ALIはフツーにカッコイイじゃだめなんだよ。(声を大にして)

ラビシャンが出てきた瞬間のどよめきがすごかった。

うわあああああああああああああああああ!
ラビシャンの!網タイツがあああああああ!


バンドには、一人だけでいいので「出てきただけでどよめきが起こるキャラ」があったら素敵だ。
ラビシャンのファンは網タイツを待ち焦がれていた。おめでとう。
素肌が好きです。網タイツはもーっと好きです。

はだかビスチェ(さっき命名)と、腰みのショーパンと、網タイツ。
ああ、あのひとはゴルスパの時から腰みのだったなぁというのを思い出した。
Bit el bedi氏の背中もそうですが露出は大事ですよ。マジイイ肉†

わたし、一番最初の上半身裸ペイントとアウアアコルセット以外にBit el bedi氏にふさわしい布はもうこの世にないと思っていたのでかんどうした。

大江春泥はフォルムがほぼ変わってないのですがワンショルダー似合っているのでいいのです。
胴のところが下にずれて「たいへんだ!春泥の乳首がいつもの場所にない!」って脳内でさわいでから、
春泥が肌色のインナーにペイントしていることに気付いた。残-ZAN-念。そのアンプどこの。

舞台セットはスクリーンみたいになっていた。
月夜にうかぶ建物の影、猫、色とりどりの灯りのついたお店。
路地裏に不気味な影。
兎に角ファンタジー。
Legend of manaの「月夜の街ロア」みたい。2:30あたりから。

HIYさまがドラムに座ったら背景と見事に同化していた。
ここ5年でライヴに行って、こんな手作りの舞台セットを見たのはシルフィーの古川さんとこかKathakaliくらいしか知りません。
こういう引き出しが増えるのは楽しいので毎回恒例になるといいな。

そんな目新しいものへのざわめきをよそに、冷たい影から1曲目。
不気味で重厚感のあるイントロ。
そのあと大阪主催以来のRepresentaがほんとうによかった。
歌詞に出てこないのになぜか冬とか雪とか氷を連想してしまう。
ピリピリとして心地いい緊張感と、序盤のこのダークでへヴィーなセットリストがシンクロしてた。
暴れてるんだけど、じっとり手に汗を握りながら、慎重に。

風のslaveの、薄いものを何枚も重ねるような繊細さが好き。
あと冤罪良かった。なー。

MCの後はスッパリとキャッチーな曲に入れ替わり。
蒼い狼がみた絶景の前に、Bitさんが「お前の狼は何色だー!」って煽ったらしくて、
その「狼」が聴こえなくて
北斗の拳の「お前の血は何色だー!」しか浮かばなくてしばらく悩んだ。

この並びの中で聴くとパペチのサビのあかるい浮遊感はけっこう趣があって好きかもしれない。
ほかに暗くてじっとりした曲やってるときはセットリストにあるといらないなぁーっておもうけど。
パペチは春泥がたのしそう。あーギター弾くのたのしー!って感じ。
リフものをテンポよくがりがりやってる時が本当に一番楽しそうだなーって見てるんだけど
意外とへんなところで裏拍になったりえ、え、今どうなった。てことをやっている。

Bit el bediのソロはおそらく、ストーリー小冊子の裏の「ファイフィルシーアに古くから伝わる民謡」。
珍しく3/4拍子の曲。たぶん。
ゴルスパで言うところの「くらやみのこども」みたいな、何かの曲の導入になるような曲。
どこか悲しくて、しっとりとした曲をTHIS NEW ORDERにつなげたその落差がすごい。

魔法で本編終わりかと思ったらDonor of lie 
これすごくしっくりはまった。あまりにかっこよすぎてDonor of lieで終わるの流行らせようぜ的な。

アンコールでBLACK BILLYのユースケさんがアムじいの服を着てギター持って登場。
前回見たときはすっぴんだったけどガッツリメイクしてるとなんというかはい。

ギター2本で新曲の「THE COLD BODY」と「人間の要」
やはり音が多い方が、人間の要とか押しなぐような勢いがあるね。
SUICIDE ALIはギターを募集中です。ほんとうです。

にしても最近の新曲はどれも素敵だ。見事にダークメルヘン。
変化していってる部分も、変わらない部分も今総じて好きなので、こういうバンドがいてくれることがほんとに幸せ。
FS聴かなきゃ帰れない~!ってことでダブルアンコール。

ああ!頭をふって顔をあげると網タイツがあるときの幸せよ

ギターを投げ捨てて客を襲いに来た春泥が今日個人的にいちばんウケた。


暴れきって発散しきった!おつかれさまでした!というよりも、「なにかすごいもの見たねぇ~」て
終わった後に静かにじくじくと考え、いつまでも記憶の中で温め続けるような時間だった。
こういうバンドになるとあんまり思ってなかった。

今後もっといいワンマンが出来ても、今後もし、SUICIDE ALIが大きく変化しても、
「この日はこうで、こんなことをした。」と、一つの指標というか、今のスイアリのオブジェというか、
どこかの誰かがアルバムに「grave of mind」とかつけてたけどほんとあんな記憶の墓石みたいに、
はたまた灯台みたいに頭の中に残るワンマンだと思う。


自分で自分の感想に「ドライになるかウェットになるかどっちかにしろよ!」とツッコミを入れたいですがこれで残しておきたい。

SUICIDE ALIが大好きです。

ファイフィルシーアにふるさと納税したい(物販を買いながら)

おつかれさまでした。
大阪も期待†


セットリスト
~アム爺紙芝居~


1冷たい影
2Representa
3笛吹童子
~S.E~
4冤罪
5愛すべき死刑台
~S.E~
6Stitch DoLL
7CHAINSAW
8風のSLAVE
~M.C~
9蒼い狼がみた絶景
10Perpetual Check
11誘拐ごっこ

~Goshiソロ~

12THIS NEW ORDER
13正しい魔法の作り方
14Donor of lie


EN.1THE COLD BODY
EN.2人間の要

EN.3Favorite song


20111.jpg
20112.jpg
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/1084-3209cad5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。