スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Shift Side presents 『【black Innovator】』

 2012-01-10
Shift Side presents 『【black Innovator】』

2011.11.6(SUN) 心斎橋CLAPPER

【出演】emmuree/Art Cube/DISH/L'eprica/トーマス

DISHを見に行きました。
東京にいると錯覚するようなメンツ。CLAPPERでぎりぎりだったなぁ。ちとせまいかも。
オレンジのリキュール入りのココア飲んでいきました。


・トーマス
正面からストレートにぶん殴られた感覚。
スパーンと抜けの良いかっこいいロックバンド。
清く正しく美しいただの反逆精神のかたまりみたいな。がむしゃらっていいこと。
直感でおーこれは好きだぞーとおもった。
ヴォーカルの方はこれが平常運転だったら申し訳ないですがのどの調子がだいぶ悪い。

ほんとうにどうでもいいんだけど、もう出てくるひと出てくるひと全員顔が好みでなんじゃこりゃああああ。
トーマス…恐ろしいバンド…!
ベースの人のステージドリンクがドロリッチなのは一体なぜ。水分よりカロリー補給。
お客さんの暴れっぷりがかっこいいと思った。

検索しにくいバンド名ですね。
http://www.thomas-official.com/


・DISH
アンダーグラウンドではじまったけど比較的ゆるいテンションで後に続いた。
最近DISHで癒されているよくわからない状況。絶対に癒し系ではないなぁ。
曲調だけふんわり優しくて、おふとんに入ったら針が仕込んであるようなところが好きだ。
ゆるく落ち着くけど悲しくなるような、あの曲が49でいいのか。
そろそろ新譜ほしいですね。
今日のMCはたいへんストレート。
あれが誰かの真似なのか渋谷(さん)の平常運転なのか私にはわかりませんでした。


・emmuree
想さんのアイメイク全般が2曲目のあたりでなかったことになってた。
ウォータープルーフってなに、食えるの?みたいなかんじで。
暗闇にぼやーっとうかぶ白い顔とつぶらな瞳。祈りのポーズ。
いつもどおりの目の周りがある程度黒いメイクより、少年にも老人にも見えてさらに異形。
久しぶりにemmureeで死にそうになった。重たいものを飲み込む感覚。
emmureeの安定のつかめなさ。ごめん、これは一生わからないわ。の連続。
不可解さを保証してくれるもの、に対する安心感とやるせなさが好き。
手紙と祈りを両方聴けたのがすごく久々でした。
手紙のイントロがすごく好きなんだ。




・L'eprica
射抜くような視線が忘れられない。
なんか、こんな、強かったっけ。って。
クドさとか、深さ、濃さまでいくともっと強いバンドっているんだろうけど
真っ暗だから、ろうそくの火がすごく明るい。とか
すごく明るくてまぶしいから、小さな影がものすごく濃く見える。とか
そういう強さ。儚さ。
演奏も歌も雰囲気も。
ダークなんだけど、どこかほの暖かいところが素敵だな。完全に冷たくも完全に鋭利でもない。
かかげたぁー†
おそらく、これが私がみる最後のL'epricaでした。惜しい。


・Art Cube
扇子を持って踊るZ様かわいい。ちょうかわいい。
「このイベントは黒いバンド集めてるって聞いたけど、あたしたちアウェーだったわよねぇ~」って笑いながらおっしゃってた。
確かに黒くてごてごてなのに、唯一、ハッピーな感じになれるバンド。
どのようなイベントにもアウェー枠は必要さ。
前回見たときは音が少ない感じがしましたが今日は密集したハコのためか特に気にならず。

最近の曲知らないし、まったり様子見るかぁー、と腕を組んでいたら、Pain~Wingとか失楽蝶とかぶっるーへぶーん!
イントロで臨戦態勢。ただいまよりヘドバンを開始する!
わっすれかーけたー!the pain !
一度暴れた曲は忘れないのがバンギャル。
お前の身体は逆ダイのタイミングを知っている。


出順も対盤の数も中身もバランスよかった。良いイベントでした。

めるさまとけこさんと夜の街に繰り出し旨い焼き鳥。
心斎橋もまだまだ飲み屋を開拓しなければー!とおもった。めるさまの遊び方を見習いたいです。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/1097-6584a119
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。