スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

つりごろつられごろ

 2012-05-26
「DOUBLEFACED」
2012.5.4(金)西九条BRAND NEW
OPEN 16:00 / START 16:30
ADV ¥2,000-(D代別) / DOOR ¥2,500-(D代別)

〔出演〕SUICIDE ALI/Magistina Saga / メビウス / 【Noiz×NoiЯ】 / LiLith / アインゼーレ / Zig+Zag /pan-d-ra


転換中ずっとアヲイのミニアルバムが流れてて哀しい歌の再録カコイイ。
ちょっとまえに沁みついたものの名残で思わず手振りをしてしまった。


・【Noiz×NoiЯ】
こっちでライヴとは関係ない事案が発生していて聴いていたけどみてないみたいな。うん。わわー。


・Magistina Saga
おかしなほどの透明感が。
女性ヴォーカルなんだけども無色透明。ボカロのような不可思議さ。
無表情で淡々とフリするのが人形っぽくてかわいい。
ねぇねぇーあのフリの曲、スイアリの箱詰の胴体に聞こえ…る。
隔たりは存在するんだけども。フロアに対して一歩引いてる感じがなくなってていいなぁと思った。
こういうバンドは打ち込みより生ドラムの方がいいなぁ誰かドラム加入しないかしら。

ええっとですねCDのジャケットデザインをSUICIDE ALIの大江春泥役の方がされていましてね。
全力で釣られるひろしふぁん。ひろしさんの感性が好きです。



・pan-d-ra
違うしーここのバンドのヴォーカルもっとKISUIっぽかったしーって言ってたら脱退して別の人が加入したようだ。
長髪とゴスなメイクの似合うお耽美なメタラーないけめんだった。ナァァァァァァァァァ!
見た目だとコテ~耽美のあいだをさまよってるかんじだけどほほんのりジャパメタの香り。
特にオチのなさそうな寸劇が始まったんですけど大丈夫ですか。
見た目も音も派手で見てるぶんにはたのしかった。


・Zig+Zag
転換中のアナウンス「物販はバンドの命です。大事なことなのでもう一度繰り返します。物販は、バンドの、命です。」で笑いがおきていた。

今日一番の濃さ。一度見たら印象に残って忘れられない。
見た目も演奏も歌声も達者。バンド自体が芸人みたいな。
呪い系ヴィジュアル系バンド。口と兄で呪い!
何かすごく恐ろしくて不吉なものが、きれいにデフォルメされていてかわいい。
恐いことを歌ってるんだけど曲自体はコケティッシュ。
いろんなデフォルメの仕方に巧妙さを感じるのでした。
ここのドラムの音とギターのメガネがほんとうに好きだわー。
幸薄い月を聞いたのいつぶりだろう。

Zig+Zagとムジナの対盤が見たい。すっごく見たい。ちょう見たい。



・SUICIDE ALI
「弧を描く病」がセットリストにあったときのアタリ感すさまじい。
暴れない曲で人を殺せる暴れバンド素晴らしい。

具体的に塩味が濃いとか甘みが強いとかああいう味の濃さじゃなくて
いろんな味が複雑に混ざって、一言では言い表せないけれどずっしりと味に質量があるな。みたいな濃さ。
ワインで言うところのフルボディみたいな。
暴れるし、棒立ちの傍観者でもいられるし、冷たい。暗い。歪んでるし病んでる。でも、仄かに優しい部分も見えたり。

もっと煽りが強いバンドも、もっとパワーのあるバンドも、もっと暗黒で好みのバンドもいるんだけど
最大限に理由をつけると「このバランスが好きなんです」としか言いようがなくて
結局変わっても好きでいられてずっと行きたくてずっと行けてる自分の中でラッキーなバンドがスイアリなんだな。

好きでそれ以上でも以下でもない
でも惰性で見るのつまんないしもったいないからこれからもくどくど理由をつけて確認しながら見るよ!
っていうところで今日もたいへんコンディションがいいな、ってかんじの旅をしました。
「全力で行ってやる!」よりも、「なんか気分もノリも良くて気が付いたら全力だった。」みたいなニュアンスで。

大江春泥が土下座してるあたまと背中の上を転がっていってステージと柵のあいだに吸い込まれていった。
一本釣りされたあと船の床をすべって収納されるカツオを思いうかべた。
しゅんでいーしゅんでいー…
そこで頭がまっしろになった以外は横浜に続いて充実した旅の時間でした。

~S.E~
1弧を描く病
2冷たい影
3レバンデッシュリング
~S.E~
4誘拐ごっこ
5Favorite song
~S.E~


この次にメビウスみたいなバンドを見た気がするんだけど引き続き頭まっしろけ。しゅんで。


・アインゼーレ
ヴォーカルの人の見た目がヲトギさんっぽいなぁ。見事な黒髪アシメで黒メイク。
あとすっごい爬虫類顔!
それを抜きにしてもノリと勢いが2008年あたりのアヲイっぽい。
暗くて激しい歌謡曲を重低音で暴れる。
すごく哀愁とか怨念とかぎゅっとしたものを感じた。楽器隊のひとはおもいっきりカジュアルだったけど。
オープンに共感をさそって引きずり込むようなステージングではなくて、
淡々と歌って、淡々とシャウトしてるように見えるのになぜかやっぱり引きずり込まれてしまう。
お客さん多かったね~。
ゲスい見方をすると、変な事務所にとっ捕まらなけりゃ売れそうだなぁと思いました。
これはまたうまく対盤で見たいかんじが。
こういうときに音源を回収する機動力が(財布に)ないのがなんともアレです。
会場限定を拾っておくのだったわ。アインゼーレ覚えておくわ。


期待してたよりもお得感のあるイベントだったとおもいます。


夜行バスにのってもう一回地元にマイモドリ・・・†するのでトリを見ないで退出するよぉ。
どこぞの物販で「○○日のライブ来ませんか」と「いや平日無理なんで」の問答の繰り返しをしていて
「やめろよこの子困ってんじゃんよ。ヘヘッ!」的なことを言われたがたぶんあなたとは同年代かそれより上であるし今日もドリンクカウンターで写真失敗した免許証を晒すぷれいだしさくやさんそんなに成人女性としてちんちくりんなのか・・・。事故ってる。微少女戦士だから。免許更新したーい。



あたまのなかにうろこはえそう。はえて。

バスの中ほとんどUSJ帰りだった。
福山SAで薔薇のソフト食べたいんだけど夜はさすがにやってないよね。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/1143-9f38ca14
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。