スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Oh!金爆ピック~愛の聖火リレー

 2012-07-08
ゴールデンボンバー
全国ツアー2012 Oh!金爆ピック~愛の聖火リレー~

2012.06.09(SAT) 大阪城ホール


今をときめくエアーバンド、ゴールデンボンバーのライブに行ってきました。
ワンマンは初めて行ったかな。

娯楽であることに於いて一点の曇りもない。
くだらないことに笑い、熱狂し、本気になって、あー楽しかったねって言いながら帰っていく。
深い意味はなくていいし、全部ネタだし、業界とか、収益とか、わたしには関係ないし、明日からの生活に何も役立たないことでいい。
ただこの時間を何の気兼ねもなく自由に笑って過ごすことの重大さ、貴重さ。

その境地にファンを引っ張るだけのパワーって素晴らしいと思う。
だからこそこの会場でこの人の数なんだと私は思いますよ。個人の感想です。

復活したわけでもなくそんなに深いキャリアを背負っているわけでもないビジュアル系バンドで、
城ホが埋まってこれだけコスで溢れかえってるこの光景は素直にすごいねぇと思った。けんじの尻の穴見ちゃったなぁ。って笑いながら。
これが配信の日だったら盛大に放送事故レベルですよ。
うたひろTバックずらしちゃだめええええええ。尻毛がまったく確認できなくてすごい。けんじすごい。
けんじ「俺のアナルが…スクリーンに!こんなにでっかく!こんなに!(両手を広げながら)」

ああ、かわいい。

「どーも。ゴールデンボンバーです。」でMCが始まり
フリの説明があり、自己紹介があり、V系独特のノリの説明もあり
「後ろのほうの人、ごめんね。せっかくチケットとって、がっかりしたよね。そこまで届くように、全力ではしゃぐから!」って言っちゃう。
今まで好きだった人も、今好きになったひとも、誰も置き去りにならない。

いつも小さいハコでやってたことを、そのまま大きい会場でやってるだけ。みたいな感じだった。
エアーバンドだし、同期が変わらなけりゃ当然音が変わってないというのもあるんだけども、
京都MUSEで見ても江坂MUSEで見てもクアトロで見てもやってることは変わってないなって。
ネタとホモと曲と面白いことの連続。

いろんなヴィジュアル系のバンドを見るにつけ、「中身が変わらずに規模だけ大きくなること」がどんなに大変で、どんなに不可能なことであるかをバンギャルの私は思い知らされてきたではないか。
だからこれはちょっと奇跡に近い。


またオープニングとエンディングのムービーが自虐的で強烈だった。

『売れて天狗になったゴールデンボンバーは人が変わってしまい、後輩バンドのギルドをぞんざいに扱う。
耐えかねたギルドのメンバーがゴールデンボンバーのLIVEのセットに爆薬をしかけ、逮捕される。
(ここまでオープニング)
数年後、出所したギルドのメンバーが事務所を訪れると事務所は移転しており、
もらった地図に示された場所までたどり着くとそこは公園。
事務所は段ボールハウス、ゴールデンボンバーはホームレスになっていた。
売れてから酒やギャンブルにはまって信用を失ったのが原因だ。(けんじはドブにはまった)

すっかり落ちぶれて変わり果てた先輩を見たギルドのメンバーが、ゴールデンボンバーの「広がる世界」をつぶやくように歌い始める。

「やり残した事ばかりじゃないか?
明日があるからと諦めてないか?
息をしているという事が
とんでもなく奇跡だろう
いかに時間を無駄に生きていた?
いかに自分を無駄に生きていた?
残された時間の中で
何をすべきだろう?」 』

やっぱりネタはネタなので全体的にギャグだったけどそれにしてもこの自虐すごい。
さすがオフィシャルサイトに「今がピーク」って書いちゃうだけある。


音楽の話をすると「曲が良かったです」「歌が上手かったです」に尽きます。
あとキャンさまのギターソロ数小節が微妙にうまくなってて努力の後が見えてほんとうに無駄だけどほんとうに無駄に感動していた。

チェンロンヘンクーの振り付けDVDが欲しいな。
寸劇は相変わらずいいガチホモ。明るく楽しいホモとは何かを知っている。
さいきんV系で寸劇やってるバンドもちらほら見てるけどここまでのクオリティのものは見たことないかな。
LIVEのすべてがふざけることを極めていて、ふざけることに本気。

やっぱりゴールデンボンバーは「弾けない」というよりは「弾かない」んだなぁって。
そのほうが面白いから。面白いこと最優先。

あと金粉かぶってオスカー像になったキャン様がおもしろすぎてキャン様が何しても笑うわあれ。


最後にほんとに大阪城ホール内をリレーで走りきってた。
歌いながら走ったキリショーすごい。
散らばったネタをうまく拾い切れないままただ笑って楽に見てた。そう、LIVEとは楽に見るものだ。

頭振って拳あげてフリやって、楽しかったね。おつかれ。



外に出るとビラ配りしてる人がたくさん。

どこぞのバンドが公園内で生演奏LIVEをやっていて、
「演奏しないゴールデンボンバーを見に来た皆さん。こんばんは。僕たちは演奏するバンドの●●です」
と自己紹介をわめいていたが今日敢えてそうすることが面白いとおもって言ってるんだったら本当にセンスのかけらもねぇな帰れ!と思いました。


さくやさんはうたひろの顔が好きです。


誘ってくれたあやちゃん(出戻りギャ)ありがとう。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/1161-dee759aa
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。