スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

冷たい熱に灼かれ

 2012-08-05
忘れるのがいちばんこわい。ざざざっと。

ピュアサウンドPRESENTS
「2012 MOVE ON BRIGHT~NEW AGE SUMMER SPECIAL~」

2012年8月3日(FRI) umeda AKASO
OPEN/START 13:00/13:30
前売/当日 3,200円/3,700円(ドリンク代別)
Crimson Shiva / リルト / REALies / 2nd Dyz / BIOSPHIA / DEAR / Vallquar-ワルキューレ- / SUICIDE ALI / パノラマ虚構ゼノン / Jackman / Order In Disorder / ASTRAY

・タイムテーブル事前公開
・再入場1回までOK
・終演後記念品あり(ステッカーでした)
DSC_0169.jpg


フロアもステージも若い。夏休みの中高生総ざらい。
多すぎず少なすぎずなかなか快適な人の入りよう。前はずっと盛り上がってるし。後ろは座れるし。
タイムテーブルと再入場アリは大事よねー。としみじみ。みんな目当てだけに3200円払ってるわけじゃないし。
愛しのスイアリさんは近年まれに見るちょうアウェーなイベントで面白かったです。
ちょっと後ろからも見てみたかった。


・ASTRAY
あれは…ex.BERLINのボーカルなのでは…好きだったよBERLIN。地味にスイアリとカップリングツアーしたよ。
メンコで「かぐやぁ~!」ってきこえてきてあーはいはい輝夜さん輝夜さん。
赤いキラキラしたいまどきのバンド、って感じだった。
かぐやさんのキャリア的にはおっと誰か来たようだ。
歌いながらフリをしたら両方がお座なりになるので、歌と振りとどっちかにしたほうがいいんじゃないかな。
かぐやさんがハートを作りながら歌う時代なのだなぁということをしみじみと感じております。
歌メロは懐かしいかんじ。



・パノラマ虚構ゼノン
演奏ものせかたもうまい。ボーカルの人の豪胆な煽りと歌い方が気持ちいいですね。
シャウトがほとんど同期だったのが気になったけど気にするものでもない。
ギターとベースが上手いんだと思った。

バンドカラーがさっきのとかぶってるけどより鮮烈。
アクが強いのに少し洗練されてるかんじもする。
でも楽しくなって咲いたり暴れたりできる気軽さもあるし。1柵前がほとんど暴れておった。
これはつくづくリカ●ンのアクトで見たかったわ。(姫路公演が延期になりました)
Who's bad psycho partyみたいな曲があった。
歌の途中に「同期の音上げてください!」って言っててそっか今日リハなし一発勝負か。



・Order In Disorder
なぜ金髪にしたー!夏休みだからかー!
目鼻立ちのはっきりしたひとは黒髪の方がすてきだとおもいます。うう。
具体的に誰が悪い、というわけでもないのだけど演奏がごちゃごちゃしていてたいへんに聞きづらい。
どこか神秘的な曲と繊細な歌メロ、黒くて硬質な空気がとても好きなだけにこれはちょっと痛い。



・Jackman
絶対Jackmanは見ようと思ってたらいい位置に来たぜ。
だいぶ前にメンバーが変わっていたようだ。
あんなに可愛かったあずさんが赤髪とぽってりした赤い唇。そして、脱ぐキャラに変貌していた。あたらしい。
V系のホットワードは●カオン。
アイドルがグラドルになったような喪失感をかんじた。あずさんかわいい。

「このメンバーになって、CDも、ちょっとは売れて。ちょっとね。オリコンインディーズチャート18位を獲得しました!」
「こんなもんじゃないんで!こんなもんじゃないから、そのために、最低限のことをします。12月●日、ワンマンします!」
「最低限のワンマンを。最低限をやります!」
MCで言っている内容は大変不遜であり物騒なのですが、舌足らず感がかわいいので全体的にかわいい。
歌詞もそうだね。絶対上をとってやる!っていう気概を歌詞にのせる。その、のせ方がいつも可愛い。
曲も演奏がどうとかじゃなくて曲がいいなぁってストレートに思えるものばっかり。
ちょっと大人びたかとおもったけど曲のキラキラメルヘンっぷりは変わってなかった。衣装は和柄を随所に。ギターのケモノ耳はかわいい。
このフロアの無邪気な沸き具合も納得。
ワンマンに行く余裕があるといいな。師走に。




・SUICIDE ALI
SEの、SUICIDE ALIは貴方の物語であるのくだりはきちんと入ってて、
で、冷たい影の最初の1音からスパーンと始まる。
非常に短い時間。4曲。でもそこで物語を語るSEを敢えて残してくれるようなスイアリが好きよね。

会場の温度を上げたか、下げたか、で考えると
完全に下げたかなー。はははアウェーアウェー。
一緒に楽しむ余地はあるんだけど、向こう側が透けて見えない完璧に造り上げられたバンドの良さみたいなものを実感しました。
例え頭を振らなくても、暴れなくても、見てて胸に残るようなどす黒さと繊細さだった。
いい温度の下げ方。絶対零度。

改めてこのバンドで誘拐ごっこみたいな曲をすることが一周してきもちわるくていいなとおもいました。

冷たい影からの冤罪でテンション上がった。
最近セットリストに冤罪が復活している。今日は春泥のカッティングも冴えてた。池袋のリベンジ。ふふー。
ラビシャンの合の手が意外としっくりきたわ。
今日はないけど弧を描く病のコーラスといいラビシャンの万能っぷりにはいつも驚かされるばかりです。
次の衣装なんでふつうのタイツにしたんや…
網タイツ見納めかもしれないからしっかり見た<●><●>

AKASOは初めてだし広い会場でどうかな、と思ったけどのびのびとプレイしててこっちも楽しかった。
ぶつかったりああいう心配がないのでいいね。
短かったけど充実した。

冷たい影の最初から汗は飛び散ってる春泥さま。ファンデヨレてるよー。
あとから他のバンドの人のブログを読むとずっと楽屋が灼熱だったらしい。
フロアの後ろの方けっこう空いてて涼しかったから囲いつけて出演者の化粧スペースにしてあげておくれ。
バンギャルは多少窮屈でもいいんだからさー。

なんかまたみんな痩せた。いやん。

SE
1.冷たい影
2.冤罪
3.誘拐ごっこ
4.Favorite song


・DEAR
い…いけめんがいない…絵ヅラがすごい斬新だぞ。しかし一番きらっきらしてた。騙されそう。なんじゃこりゃ。
ひかるげんじみたいな衣装だとおもった。全力でダサい。
もうね、ふつうの人が「敢えてダサいことをやってみよう!」では絶対に到達不可能な領域。ある意味才能だとおもう。
見てるとすげー楽しい。おかしい。



再入場で途中でおでんを食べに行くー。
見たかったバンドが全部スイアリの前にかたまってたのでイベント構成における世間的なニーズへの配慮と自分の嗜好のズレを気にしながらおでん。
たこぶつときゅうりとミョウガうまい。

ちょっと頭が痛かったのでサイダーしか飲めなかった。


ゆっくり栄養補給して、記念品うけとりにいこうとしたらたっぷり1バンドくらい時間おしてた。
今日はほんと精神的に充実している。やっぱりみんなライブハウスの2Fを飲み屋に改造するべき。


・BIOSPHIA
おおーみんなまだ元気に暴れているなぁ。
ベースのみどりあたま(ヅラ)の黒くてうごうごした生き物がいい味を出している。
バンド内にきもちわるい人枠は必要である。
いつも見るたびにボーカルとドラムの顔が逆だなぁとかくだらんこと考えてしまいます。
ライブはノリやすい、聴きやすい、暴れやすい、でたいへん素敵です。
エナメル!バックル!のガテン系コテバンド。


・ワルキューレ
ひかりたん…!いつのまに足がそんなに細くなったの…!でもお腹まわりの肉が相変わらずすげえ。
巨漢のゴスロリといえばデスゲの人なんかを思い出しますがああいうのインパクトあるなぁ。

ドラムのひとが腕を骨折していたので修二郎さんがサポートだったよ。
90年代ジャリバンドのサウンドでヘドバンしてぎゃー!みたいな。
いいなぁあたまふりたい。
シモテギターも緑頭(地毛)だった。帽子かぶって魔女っこ。
ラビシャンファンがわきたっていたらしい。おまえらベースのラビシャンですとかアテレコやめろよ!


記念品のステッカーもらって夜の梅田。


仕事の休憩時間に抜けてスイアリを見て戻ってまた再入場でワルキューレをみにきたけこさんのタイムトライアルすげぇ。
しかも遠征明け。
日本の遠征スポットを総なめにしているけこさんはそろそろ遠征ノウハウで本を出版するべき。
百戦錬磨のバンギャルは今日も日本各地を飛び回ってます。
あしたは恒例の夏のSW(スタイリッシュウェーブ)名古屋\ガガッデゴーイ/

良いイベントだったね。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/1170-09028381
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。