スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

堕ちるべき処はひとつ

 2012-08-20
SUICIDE ALI 2ndフルアルバム「Tainted Gallery」発売記念ワンマン
「Emerge of Tainted Gallery」
Starwave Records presents

2012年8月19日(日)池袋サイバー
OPEN: 18:30 / START 19:00
前売 ¥ 3,000 / 当日 ¥ 3,500 ※D代別

※ご来場の方に特典あり(ポストカードでした)

先行発売を予定していた2ndフルアルバム「Tainted Gallery」の発売延期が前日に告知されました。
特にそのことに関する悲壮感も重圧も感じなかった。わたしはね。ふつうにLIVE楽しかったねーって。
いいんだ。レコ発を記念してワンマンをする日に売らないといけないという決まりはないんだ。え。

まず中身をすっ飛ばしてスイアリとそれを取り巻くすべてのコンディションだけの話を点数に表すと私の中では50点くらいのワンマンだったかなぁと思います。

ヴィジュアル系好きなひと100人が見て100人が好きになるバンドじゃない。
でもその中の2人くらいはすごく好きだとおもう。10人くらいはちょっと興味があると思う。

ほっといても来る人は来るんだよ。私は行くんだよ。
ダークで、気持ち悪くて気品とユーモアに満ちた空間はちょっと他にないって信じてるよ。
でもね、ワンマンに人が集まるというのはもともと好きな人をその気にさせるのもあるけど「ちょっと興味ある」っていう人に対するハードルが日頃どれだけ低いかだと思うんだよね。
アルバムだとか、特典だとか、日程だとか、そこそこスイアリが好きで、いつも気にかけてブログを見てる人にしか情報がまわってなくて、ファンじゃなけりゃあんまり3000円払いたくないようなイベントを普段されてたらそれはハードルが高かったんじゃないかなぁ、といろんなバンド見てる私はそう思いました。※個人の感想です。
中身自体は前回の関東ワンマンとは質の違う良さが見えて楽しかったから少し寂しい。

ギターの音はいつもより良かったな。
カミテにいたのにベースが大きすぎてギターが聞こえないのはなにがどうなってるの。
歌の調子はいつもの平均の少し下くらい。

衣装はよかった。だいぶよかった。ワイパン。
新曲もかなり好きだったし転換中に幕にうつったPVは思った以上のクオリティーっぽかった。

というのをぜんぶ混ぜて50点。アルバム延期も含めて。

たぶんこのままじゃだめだなという空気を感じながらも私はSUICIDE ALIがすごく好きというかいちばんトチ狂ってる旅人の部類に入るのでこういうぬるま湯が続いてもそれはそれで好きなままかな。という体たらく。

んでLIVE(旅)の中身。
今回は紙芝居がないので延々と曲。
極限まで上り詰めたり、煽ったり、暴れたりも要素としてあったけど、どこか飄々としていたのが前回と違う空気。
脱力してるように見えてじつはすごい重量感がある。
もしかしたら底でふつふつと何かが滾ってるような不気味さ。
これだから黒いバンドが好き。

頑張って盛り上げてる姿を見て手に汗握る、じゃなくて、この変な浮遊感と重量感に支配されながら見るのが楽しい。
Stitch DoLLのイントロのアレンジがたいへんかっこよかったです。
初披露の「四十七の弦」もここ最近の新曲の系譜を継ぎ
煮え切らないところがシブいような、ダークでテンポの良い激しい曲だった。
ドラムをねちねち聴きたい。音源ほしー。ください。
全体的に今日ドラムの安定感にすごく救われた。安心のHIYさま。

本編最後のほう「Donor of lie」で一度つかんだ高揚感も「風のslave」でふわっと沈んで
最後に「行商人の絵画」が来たところがすごく腑に落ちた。
ああーいままで重ねてきた12曲の〆はこれだなぁって納得するような曲だった。
ずっと同じところを這いずり回るような、アンニュイだけど壮大に広がっていく曲。

ギターのミスがかなり響いてて残念。春泥がんばれー。
アウトロでひとりずつハケていって、最後に春泥がギターを置いて帰るのがすごいかっこいい。
春泥の衣装の肩紐がブラひもに見えるとか最後まで思ってた。
あれいい。ああいうチラリズムは大事にすべき(ちがう)

ラビシャンさん、網タイツを履くは一時の恥、履かぬは一生の恥ですよ。真顔で。
衣装がかわるたびにbitさんのシルエットがどんどん初号機に近づいていくの。
途中でフリンジのパーツを外してドラムにひっかけていたので「あれは装甲板ではないの。エヴァ本来の力を私たちが押え込むための拘束具なのよ。」を思い出しながら一人で笑ってた不審者がこちらになります。
Favorite songで客を掴んで引きずりにいくbitさんはエヴァやったんや…。

途中のMCとアンコールでも黒くてコテコテのお兄さんたちの口からアルバム発売延期のお詫びまたお詫び。
「お詫びとして物販に出ます」ってなんかその普通なのに言い方の罰ゲーム感すごいぞ。

あの空気で「ソロをそろそろ弾きます」って言った半々魚人のひとすごい。だいすき。

Favorite songが終わるまで帰れないので怒涛のダブルアンコール。
ファンがステージにのぼって土下座ヘドバン。今日サイバーで良かったね。ほら。

バンドマンのお詫び VS バンギャルの土下座

THIS NEW ORDERとか今日はやらなかったあの曲やこの曲を思い出して、曲が増えたんだなぁってしみじみとおもった。
中身が濃くていい旅だったし、また次はもっと面白いものが出てくるのを期待できるような旅だった。
出来れは良いコンディションに巡り合いますように。
PVとあんないい新曲を聞かされて手ぶらで帰るのやっぱりちょっとグギギギってなる。
10月まで待ってる。
今はちょっとまだ余韻のお湯に浸かっていたい。スイアリだいすき。ぶくぶく。

~S.E~
1冷たい影
2冤罪
3CHAINSAW
~S.E~
4弧を描く病
5Stitch DoLL
6笛吹童子
~MC~
7蒼い狼がみた絶景
8誘拐ごっこ
9四十七の弦
~S.E~
10レバンデッシュリング
11Donor of lie
~S.E~
12風のSlave
13行商人の絵画

~S.E~

EN.1人間の要
EN.2正しい魔法の作り方

~S.E~

EN.3Favorite Song

アルバムのジャケットを模したお花。
DSC_0189.jpg

ついでなので「行商人の絵画」のデモバージョン。10月17日発売のアルバムにはリテイクが入るよ!バァン!


おつかれさまでした。ありがと。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/1174-48ac678d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。