スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『繚乱祭其ノ弐拾-融解編-』

 2012-08-23
『繚乱祭其ノ弐拾-融解編-』


2012年7月7日(土) @神戸Mersey Beat

OPEN 17:30 / START 18:00
ADV \2,000 / DOOR \2,500(D代別)

<出演>
SUICIDE ALI / ムジナ / セツナ神姫。 / Eins bei Vodka

2000円持って行けばだいたい面白いものが見れるのでひそかに楽しみにしています繚乱祭。
あと見たいバンドが長い持ち時間で見れることは幸せだよね。マージーのイベンターさん厳選の4バンド。で、
繚乱祭は6バンド以上は出さないんだそうです。素敵だ。快適快適。
尚且つ本日は試験的に出順完全公開だったそうです。最初からわりと人いた。


・セツナ神姫

岡山産の巨漢の和柄のヴィジュアル系が同期を背負って歌って踊る。煽る。
ヴィジュアル系というかヴィジュアル系ピン芸人だと思いました。
広島とか岡山とかああいうレベルの田舎だと、V系好きとつるんでもV系の中でのジャンルの趣味が合う人員がいないとかよくあるしバンド組もうとしたらなおさらだろうなぁ。と勝手に想像しておいた。広島出身の私的に広島は田舎です。
は、でも今日はサポートベースがいた。完全にいじられ要因だった。

なぜか3曲くらいで終了して、その後、次のバンドの演奏はタイムテーブル通りとのアナウンス。
長い休憩で酒飲んでまったり。エンダ年 齢確認。



・ムジナ

ひとりが血糊をはくと、おおー!パフォーマンスだ!となるのだけど
全員一斉に血糊をはくとコントとかギャグっぽくていいなぁ。なんかブフッて笑える。全員一斉であることが重要。
学ラン腕章に白塗り血糊。いろいろ絵に描いたようなバンド。
ずっと暗い歌謡曲が続くんだけど、そのジャンルの中でも激しかったりさびしかったり。
同じような曲に飽きる、ということがなくメリハリがあるので好き。
我慢大会しなくていいもん。

CDがシングル1枚しかなくって、ほとんど曲名がわからずじまい。
ムジナは池袋手刀とかに出たらいいなぁと思ってる。


・Eins bei Vodka
ヘソ出しのかわいい子きたああああああ。
中東っぽい民族衣装に身を包み踊る、歌う、そしてふつーにビジュアル系っぽいノリもあっておもしろい。
ボーカルとベースとギターの3人編成。
ヴィジュアル系としてはイレギュラーでとっつきにくい部類なのに、あんまり客を置き去りにする気もなさそう。むしろがっつり振り。
クレオパトラが云々とストーリーを真面目に語られた。
こういうの次に出てくるバンドのせいで慣れてるけど、改めてこういう倒錯が好きだなと思った。
バンドの小難しい演出を見て真面目に突っ込みをいれるのが趣味です。
そのくせMCで「神奈川から来ました」ってフツーに言うし。
神奈川はエジプトの植民地やったんや。

実はバカ水溶液の後藤さんから噂に聞いていたEins bei Vodkaさんでした。楽しみにしてたら予想より楽しかった。
編成も音楽も中身は違うけどなんか思いだしちゃうよね。
ああ、今日ここの対盤にKathakaliがいたら絶対におもしろかったよねぇって。鼻がツン。
ウチとは似てないっすよ!って怒られそうだけど。ぶははは。
ギターの音が大きすぎるところまで似なくていいのに。
それにしても同期と演奏のバランスはかなり改善の余地が…。

なんとCDが驚愕の50円。ひと桁間違ってませんか。ねぇ。
あるやつ全部くださいと言って購入するも今日のドリンク代に満たない金額なので逆に胸が痛んだのであった。
かわいい子がアンケートをもってうろうろしていたので遠巻きに眺めてはニヤニヤするぼくたちわたしたち。



・SUICIDE ALI
春泥さま手の甲までうろこぎっしり。
鮮度がよくてシャキッとしたギターの音。弦張り替えたばっかりみたいなかんじだった。あくまでかんじです。

冷たい影からの冤罪がしっくり来て満足。
一番新しい部類の曲と、一番古い部類の曲。
どちらもダークで激しい曲だけど、冷たい影は情感が水みたいにじっとりあふれてて
逆に冤罪はすごく無機質な感じがした。
ぱっとバンドを見たときにbitさんの表情も相まって無機質に黒い印象を受けるのだけど、
この無機物と、どうしようもなく有機物。ナマモノ!なかんじの繰り返しが愛しい。
ヒトっぽくないところとヒトっぽい情感の繰り返し。
敢えてこうしよう、とか、こう見せよう、よりも、
なにか仕方なく溢れちゃった。みたいなところがいいんだ。

冤罪は今のスイアリに合っててすごくかっこいいな。もっとセットリストに入れてほしい。
イントロからAメロのギターとドラムの掛け合いが不穏で気になったりした。
カッティングがんばれー。

中盤のStitch DoLLと風のslaveの繋ぎも素敵。濃紺から青みがかったグリーンへ。
今日は1曲1曲を愉しむというよりは、降ってくる数曲のかたまりの味を確かめながら見た。
長い持ち時間だからできることだよ。ほんとーに来たかいがあった。

本編Donor of lieで終わるのがやっぱり好きだ。うへへ。
さんざん頭ふってぐしゃぐしゃになった頭に、Donor of lieのイントロが聴こえてくると
あああああまだあったー!まだ残ってたー!ってなる。

出しつくしたね。すがすがしく。

あと久しぶりに誘拐ごっこのBitダンスをすこしだけ目撃して普通にむせた。
あんなにカニっぽかったか…?無表情で長身の黒光りするおにいさんが蟹ダンス。
チェキを買いながら蟹が…蟹が…と言っていたら「普段どんだけ見てないんですか!」ってごうしファンに怒られた。
いやーどうもすみませんでした。スイアリ魚介類ばっかりだな。

今日は七夕。
ハケたあともずっとVariable MessiahのSON OF A BITCHが流れてた。
HIY様が今日は祈るようなポーズで去って行ったのがただただ印象的だった。


~S.E~
1冷たい影
2冤罪
3誘拐ごっこ
~S.E~
4Stitch DoLL
5風のSLAVE
~S.E~
6正しい魔法の作り方
7人間の要
8Donor of lie
~S.E~

EN.Favorite song
~S.E~


マージービートで半券もらったのはじめて。
半券は記念に取っておきたい派なのでうれしい。今までの一枚も捨てたことない。


スイアリ6周年おめでとう第一弾。
DSC_0122.jpg
手に取れる星を掴んで~♪はちがうバンドか。
続くことは何よりも尊いことだよね。

雨っていってたのに晴れた。
もらったお菓子を食べながらビールを片手に帰る(さいてい)


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/1175-74f9c34f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。