スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

カレー食おうぜ!

 2013-03-15
『ブランニューキャンプフードVOL.1』

2013.3.12(tue)西九条ブランニュー
OPEN 16:30 / START 17:00 Adv.¥2,500- / Door.¥3,000-(共にD別)

出演:闇のアルバム / Escalena 【Vo:はるひ, Gt:隆斗(ex ムジナ) , Ba:マヤ , Dr:げんじょー(ex Renny Lilyサポート) , ゲストGt:Kaito(ЯavanteD)】 / SHILFEENYU(f.札幌) / Sigret / 紅蝉 / 輝~ヒカリ~(f.名古屋)

3000円でドリンク1杯とカレー2皿食べるついでに紅蝉とか見ようぜ!的なかんじで行きました。
DSC_0188.jpg
古川ともさんとmayaさんによる手作りカレー対決。
ミスター味っ子なのか?美味しんぼなのか?ああ?
完全にカレー動員ですはい。

紅蝉の刈さん誕生日だった模様。入場特典が青いガリ。
かばんに入れるとくせぇーッ!こいつは普通のガリ以上に臭いがぷんぷんするぜぇー!とおもったがビニール袋に入ったガリをカバンに入れるというシチュエーションが人生でそんなになかったわ。
 
遅刻したら一個前のバンド(バンドじゃないけど)がいろいろ壮絶だったらしい。
いろんなところにきんかん飴が散らばっている。知り合いの顔が死んでいる。何があった…!


・闇のアルバム

あれって、GlamorDesignのヴォーカルのひとなんじゃ…
独特のねばーっとした歌い方が。見た目のラフさよりも無機質な暗黒。
かっこいいなぁあれ。そしてキラキラのギター。


・Escalena
マ、マヤさんがエプロンにバンダナだぞー!ツインテだぞー!絶対領域だぞー!
みーんなのハートを、いただきまやや!
相変わらず聞いてて上手くて楽しいベース。指が踊るような。
あとのバンドのMCによると「今日の出演者ほぼ全員、マヤさんなら抱ける」らしい。
あんな新妻まやさんがカレー作って家で待ってたらそらそうだ。
で、バンドは春陽さんのソロがバンド形式に。そういえばお二方ともex.ドレミ團か。この言い方が与えるものがネガティブなものでないことを祈ります。
ギターはex.ムジナの隆斗さん。ブランニューで見るとクロ×ヒメの方を思い出す。
音はごっついんだけど独特のやわらかさのある弾き方が好き。
春陽さんはバンドでも弾き語りでも、語り部のような雰囲気。
シルクハットかわいいザ・年齢不詳。今日の出演者は総じて年齢不詳シリーズ。
最後の曲の前に、本日のカレー作り助っ人の現役バンドマン兼フレンチシェフの登場。
髪がピンクだけど普段はヅラですって。
ドラムの人が金髪のリアル住職だからみんな手に職をつけまくりである。
すごく演奏がしっくりくる感触なのにバンドというよりは確かにユニットとかセッションとかそんなかんじ。気ままに気楽に。お酒がおいしい かんじの。
最後にやった電氣ブランよかったね。


・SHILFEENYU
ニュニュさんの歌声は四方八方からわーっと降ってくる不思議。同じ音響なのに。
透き通った声と甘い声の使い分けがかわいい。
無邪気で澄んだ女の子のような声かと思えば、憂いを帯びた低い音まで。どきどきした。
あとやっぱり古川さん(キイロさんと呼ぶべきか)と顔とか骨格が似てると思う。
今回は雰囲気が似た曲が続いたので少しぼーっとしたかな。



・紅蝉
鬼さんこちら手の鳴る方へ 消されるべきは私です。
白塗りで和服でドヤ顔。
棒立ちで、うげーしんどい。って言いながら見ることを強いられそうな見た目なのに意外とヴィジュアル系のノリに迎合してるというか、ライブっぽいアホっぽいノリの許容範囲が広いバランスが絶妙に楽しいのだと思う。
基本的に寺山修司の世界観(ドヤァ)的な雰囲気。
ベースの人がベースを投げ捨てて煽ったり動きが多い 。
世界観というかセンスがとても好きなので、もうちょっと歌が上手ければ。というのをいつかのアークデューからずっと言っている気がする。ジャリバンの宿命。
音楽的に一番好きな紅蝉のパートは同期です。私はあなたの同期です。
耳で補完できるほど曲を聞き込んでいないので、アンコール(仮)の同期なしの犬つらたん。
暴れすぎて肩がおかしくなった。たのしかったよぉ。


で、お待ちかねカレー。
最初は若干混乱したけど出演者の皆さんで配膳とか回収とか頑張ってらしたので後はてきぱきと。


A:マヤさん作
DSC_0187.jpg

ゲスト参加のバンドマン兼フレンチシェフな人との合作。
「家庭的なカレーを目指しました」とのこと。
具材が適度にとろけていて、まろやかでやさしい深みのある味。市販のルー(こくまろ)しか使ってないそうな。うそだろ。
ライスボールは柿の種を砕いたものを衣にして揚げてある。ここらへんがなんかプロっぽい。
付け合せのスパム?のようなものがカリカリに揚げてあるのがこれまたおいしい。なんだろこれ。
ごはんに味があったのを含めるとカレーはやや塩気が強いのかな。と思った。


B:古川さん作
DSC_0186.jpg
こちらは逆にルーを一切使わない。なんていうか、現地のカレー。みたいな。
古川さんが直々にネパールで仕入れたスパイス使用らしい。クミンくらいしかわかんないけどすごく刺激的な香り。
阪本解説員によると、煮込むときに梅酒を使っているそう。
刺激的な香りに加えてお肉がごろごろ入っているのと、ナッツとコーンの歯ごたえがたのしい。
アーモンドらしきものが丸ごと入ってるのはびっくりした。
ターメリックライスと一緒にたべるとおいしい。
レタスを必死にちぎってるニュニュさんが可愛かったんだぜ。


ステージをコンビニの駐車場のごとく占拠してカレー食ってる白塗りの気持ち悪い人の群れを横目に真剣にカレー味わってるフロアっていう絵面がなんかやばい。

投票の結果は古川さん33票、マヤさん23票。
その後バンドマン票(新妻票と呼んでいる)がAに続々と入るも古川さんが勝ち、3000円分のクオカードをゲット。
古川ともさんはクオカードというものの存在を知らなかったぽいので、必死に説明する紅蝉の知さん。
ズッともだよ!
あれは確か全国のコンビニとかファミレスとかガソスタで使えたはずです。

負けたマヤさんの罰ゲームは古川さんのリクエストによりマイクスタンドを駆使したポールダンスでした。
戸惑いながらピンク色のライトのもと一生懸命やってる感じが逆にエロい。
ほんじつカレーの出来栄えといい出で立ちといいマヤさんに比べるとバンギャル系女子の女子力全員死亡の様相。
最前付近で紅○の人がすわりこんでかぶりつきで見ていた。

ライブ後においしいご飯たべてぐだぐだ出来てよいのでまたあるといいですね。ルネッサンス情熱。
次はビーフシチューがいいナ~。

ご一緒してくださった方ありがとうございました。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/1210-ba857327
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。