スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

永遠をいま 願い続ける

 2013-06-27
(1)
MEJIBRAY 「BLITZ of MESSIAH」

2013/6/1 OSAKA MUSE

OPEN 17:30 / START 18:00
ADV\3500 DOOR\4000(D別)

ちょっとそこまでMEJIBRAYを見に。
サンキューソールドアウトでした。
フロアの入口でスタッフさんがペットボトルの水を渡してくるようなライブは…あっ(察し)

開演待ちをしていると四方八方から「緊張してやばい」とか「本物の●●を見たら死ぬ」とか「2曲しか知らないけど大丈夫かな」とかきこえてくるので焼肉のにおいを嗅いで味を知るわけではないけどすごい上昇気流真っただ中のバンドに感じる。

そんな興奮状態のままSEが鳴り登場した今回の衣装の黒ロリめとっぴが予想以上に可愛かった。あの衣装を考えてめとっぴに着せようと思った人は尊敬します。
4人とも見た目だけでキャラが確立されてていいよね。揃った時のドバーン!ってかんじ。
そしてとりあえず真ん中の人を見ていれば退屈しないというのはすごいいいバンドだなとこれまでの人生経験からそう思います。
一挙一動が狂気じみてて感情的にみえるけどああこの人は無様なことはまったくしないなと思わせるほどの洗練された何か。
もう少し歌うところを歌えていればなーでもまぁいっかーっていうのはかつてのディルアングレイを思い出しますね。はい。
何かの曲の途中で演奏がふと止む一瞬に「愛してる♡」って呟くのだいぶあかんかった。
かわいい…つづくかわいい…。

メサイアで始まったと思うんだけど記憶が不確か。

なんでかわからないけどメジブレイはすごい初見でもノリやすい。
ヘドバン!はい!折りたたみ!みたいな。全曲そんなかんじで自分の中のバンギャルスイッチオンで全自動で楽しく過ごせる。
乗りやすい、暴れやすい、サビが強烈に覚えやすい。ライブで楽しい要素が全部はいってて、
「次は動員1000人を目指して大阪のビジュアルシーンを盛り上げて行きたい」って綴さんが言うとリップサービスがすべて本気に聞こえるから不思議。おふざけとか嘲笑みたいな感じのものがないのだな。
すべてが真っ正面な本気の言葉に聞こえるので強い。

あとステージの狂いっぷりと客の本気度合がいいつり合いで、お互いが本気でかかっていってるし。
純粋にバンドとファンのぶつかり合いとはこれを言うのであって、おまいらが上から目線で客のマナーにケチをつけつつせこいチケットの売り方で喧嘩を売ることではないのであってという池袋の底辺くらいを思い至り白目。
それはいいとしてだな。いいライブでした。
トロシナのカミテにモッシュ!で前に人がおしくらまんじゅうは危ないなと思った。
まぁ半分より後ろにいれば問題なし。

最後らへんにカルマをききながら、もう少ししたら、駆け出しのビジュアル系バンドマンによるセッションでみんなサバトとかカルマとかやるんじゃないの。と。迷彩とかアドアみたいに。
なぜかInvisible Tower makerがすごくすごく好きです。


熱狂の渦に巻き込まれ、頭を振り、拳を上げ、跳びあがり、終演後ズタボロになって、コンビニで1リットルのアクエリアスを買った。

つづくかわ…つづくかわ…とかいいながら心斎橋を徘徊して帰るよ!



(2)
OZ ONEMAN TOUR 2013
「THE LAST CRY」


2013/6/2 大阪RUIDO
OPEN 18:00 / START 18:30
ADV\3500 DOOR\4000(D別)

Butterflyで感極まったなつきさんが客にマイクを向けて、「永遠を今 願い続ける」って歌わせるのは切ないし、非常に美しい。
それと同時になぜか過去ヴィドールで「永遠は 在り得ない」って歌わされたのを思い出して
すげぇな!ヴィドール!客になんてことを!とおもって「短命の花へと~」のあたりでむせていた。

熟成された演奏とノリと熱さと(こちらが一方的に)笑える具合が居心地よくて。
淡々と頭を振ってこぶしを上げながら。
ああこんな素敵な私の中でD'espairsRayのポジションに立てそうなバンドなのになぜこれが解散ツアーなのか。
活動8年半ってMCで言ってたけど長いなぁ。うかつにもったいないとか言えないアレだけどそれにしてももったいない。
StigmaもLEADもVENOMもこんだけ楽しく盛り上がってるのに、なんで最後がWESTワンマンなんだろうなぁ。演奏も安定してるし。あのディーゼルはかっこいいな。ふぉー。とかぼやく。
じゃあどうすればこのバンドは続いたの?っていろんな解散が近いあたりのライブを見るたびに思うんだけど、それもちがうなぁっていうのも毎回思うところがあり。
「足を止める場所が此処ならばそれこそが答え」ってキングオブビジュアル系のひとがいってた。
有終の美といいますか、解散ツアーっていう糸が支えてすごくいい空間ができる具合がちょっとるびえおもいだしたよー。
残り2本もたぶん全力でいいライブするんだろな。きっと。音源を買おう。

ラスト2曲前くらいでなつきさんのズボンが股から尻にかけて裂け、1曲をディオーラのよかたんよろしく足をクロスさせて歌い切ったのをアンコールで告白して大爆笑という事案が発生していた。
なつきさんのかっこつけてるのにこのズッコケぶりが愛しい。

あんまり知らないバンドの解散ツアーのしかもワンマンなんて職業がライターか何かじゃない限りご遠慮したいものだけど、先月それを拭って今日来るきっかけになるくらい素晴らしいLIVEをしたかっこいいバンドだった。
たくさんのライターの火を忘れない。




ひさびさに二日間の一人参戦エンダよく知らないバンドのワンマンに行く。
百聞は一見にしかずな部分も発見できたのでまだまだ現場主義で行きたい。
ヴィジュアル系楽しいですね。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/1221-75807b96
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。