スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

月に啼く。

 2008-08-15
『 dazzling ruddy afterglow 』



2008.8.11(mon) 京都ARC DEUX
OPEN 17:00 / START 17:30
ADV¥2,800 1drink別途¥500


出演:KYOKUTOU GIRL FRIEND/IRODORI/アヲイ/カル・ヴァリ/
   Like absolute myself/Sugar


久々に狭いハコだー!
きっと京都MUSEが改装中だからです。
チケットは全部シャッフル。
引き換え16時からのはずが30分押し。
そのまま開場も開演も30分押しで困った。暑い!

ARC DEUXのオフィシャルサイトの機材一覧は細かい料金設定が書いてあってなかなか面白い。
ツインリバーブ確かにあるある。スモーク1050円なんだ。へぇ。



ハコの作りが特殊なもので楽屋の出入り口が客席からばっちり見える。
ていうか勝手に視界に入るんだもん。
変身前のしずな見放題。ぎゃー。










・IRODORI
英字表記になりました。
衣装が和風じゃなくなっとる!!
見た目ヴィドールみたい。曲は変わってないけど煽りが普通になっててつまんね。
ちょっと前までは「かかってこーい!」が「近う寄れー!」であれ好きだったんに。
そんでいつのまにシャグラスが加入しているのですか。
いろどりのはなをさかせましょ♪ って曲が楽しそうでいいな。
えーでも和服がよかった…






・Like absolute myself
とりあえず黒い服でヴォーカル京ヘヤーでABメロシャウトかなんかでサビは美メロ。
演奏悪くないし歌声も好きな方だけどそれってデフォだわ。
最近こういうの全部同じに見えるんよね。病気かね。







・カルヴァリ
うおおおおおやられた!きゅんとした!ノックアウトだ!ばきゅーん。
あの、たまにキラリと有用性を発揮する凡庸なヴォーカルだいすき。
じっくり見ないと凡庸なバンドに見えちゃう。
やーよくわかんないけど面白いわ。
よくわかんないとこが好きだわ。
ちょっとだけ昔のSugar見てる気分。
いつの間にか必死でこのバンド何が面白いか言葉にしようとしてるとことかさ。
首下り坂の不協和音が好き。
んでやっぱりFatimaなのよぅ。
重たい曲が重すぎないのが素敵ね。
ヴォーカルが手袋してるってだけで割と私の中ではポイント高かったり。



音源買っちゃった。普通に良かった。 月1くらいのペースで見たい。







・KYOKUTOU GIRL FRIEND
アンプの上にプーリップ設置。
「俺の彼女はリストカッタァァァアァァァァァ」って叫んでた。
感情むき出しで叫んでるのかいやでもちゃんと歌ってる。
結構お目にかかれないジャンル。こういうの何と形容していいのかわかりませぬ。
また演奏渋いんよね。全員玄人だ。
派手なフレーズないけど上手さが伝わってくるもん。






・アヲイ
苦手苦手言いながらなんか楽しくなってきた。
回数見るっていうのは強い。
前のツアーのセルム現象。
アルバム買っちゃおうかな。うへへ。
なんでタイトルDEADMANにするねん。
そろそろ手フリとか完璧に出来そう。しないけど。

あー…おとぎかわいい……(?






・Sugar
楽器隊板付き

アンプラグドの時にやってたあのキューティーハニーみたいな前フリ

Loki様入場

スタート

ツインリバーブは素直な子。ちょっと柔らかい。
そりゃ黒猫しようとか思うよ。思うさ。
やっぱりディーゼルは未だに違和感だなぁと実感。
柔らかくて艶のある音色の方がSugarに合ってると思うんだけどね。
そうだから今こそ黒猫。わかってるぅ。にゃーお。
ろきさん結局喉治らないみたい。
ひっさびさ劣情でテンション上がった。
あんあん喘いでるとこのベースがだいぶ変わってた。
ちょっと切ない。

「もっと君たちの可愛い声を聴かせて。そしてもっと…君たちの可愛い顔を見せてください。」とかLoki様は肉の妖精のくせに死んだ魚の目で言い出すからああこのヒトほんと疲れてるわ。
自腐で上手に来て逆ダイのように激しく柵にぶつかりまくってたし。
ろきさんそれはバンギャルの技です。

あとは真悟が「みんなのおかげでここまで来れました」とか言ってたかな。
そんな地方ラスト。あと東名阪。

黒猫とか爆笑しながら見てたのに今なんか笑えない。
ステージの上が面白い以前に面白いことしてる「人」を意識してしまう。
どの曲もそんな感じ。アフターグロウでオープンに煽られるとなおさら。
確実にステージと客が近くなった。なおさら狭いハコ似合わない。
その距離感の破堤はきっとこのバンドの命取りね。
Sugarってバンドは客に突っ込まれて笑われてなんぼだし、
バンドはあたかも客という人間を無視してるようなその距離がたまらなく素敵だった。
「人間」と「人間」じゃなくて完璧に「バンド」と「客」なの。
そういう意味で今のSugarは客のニーズがらズレつつあります。
奇しくも前任ベースの脱退からです。おかしいね。

でもそれとは関係なく私は単純に目の前のSugarが楽しくて好きですよ、って話。
いつか飽きるかもしらんが。
今日初めて見ても好き。今日初めて見たらよかったのにね。
月啼きがアホほどいい曲だった。







男娼と黒猫
劣情、鮮やかなる秘め事を
MC
マリシャス
苦悩と憂鬱に溺れて
afterglow

EN
月に啼き、朝を晒う花と




コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/261-15ee759f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。