スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ゆらゆら揺れながら白くなれ嘘の世界

 2009-03-01

友人のノシさんに教えてもらった。↓

Plastic Tree ツメタイヒカリと空中ブランコを掛け合わせてみよう
その名もツメタイブランコ



Aツメタイヒカリ(歌詞)×空中ブランコ(曲)





B空中ブランコ(歌詞)×ツメタイヒカリ(曲)





マキラがマキラに見えない。いや、そこじゃない。


なんというシンクロ。ヘンじゃないのにヘン!
原曲知らない人が聴いたら違和感ないだろう。



情報によるとGLAYはなんだかTAKURO様ご本人が「うわー、●●(昔作った曲)弾きながら○○(新曲)歌えるよ!俺進歩してない!」と仰っていた模様なので、えーと、
これどっちも正曲だっけ?
長くバンドやってる且つメインコンポーザーが変わらないとそういう曲って出来てくるんだろね。ラルクとかB'zとかでも出来ると思われます。

やーしかしこれどっちもシングル曲じゃないな。アルバムの4曲目くらいに入ってそう。




Bを聴いたノシさんが一言
「ドラム変わったら空中ブランコってこんな感じなのかな」


やめてえええええええええええええええええ



この曲に関しては例えドラムのリズムは変わらなくてもちょっとでも音変わったらショックだろうな。
もしこれから先ライヴで空中ブランコを聴く機会があればどうしても一度はイントロでげんなりすること請負。


さて私のCDの買い方が悪いのかなんなのかここ最近は空中ブランコを凌駕するシングルが出てません。


基本的にシングルの出来映えって、サビのフレーズを口ずさみたくなるかどうかで決まると思うんです。
(わー、Sugarって口ずさんだことがない)


よっぽど個人製作とかアングラじゃない限りはA面の曲単体のインパクトとわかりやすさと覚えやすさでほぼ決まる。

だから作品として評価するのアレなんですが空中ブランコはね、もう

キャッチーでもなく明るくも楽しくもなくただひたすらダークな叙情性と明確な世界観の提示があるのにインパクトがあってサビが覚えやすい。
すごいお得感。


世界観とか歌詞ってあれだよあんまりギチギチ設定とかテーマ煮込むととっつきにくくなってそこに敢えてしがみつく一部のマニア気質の崇拝対象にしかならんのに、あ、でもなんか歌えると思わせるギリギリのライン。
まぁこれはプラファン向けに出したってどっかのインタビューで言ってたけど。

メジャーデビューをして新規を確保しつつインディ時代の動員を生かさず殺さずキープしたい諸君はたまにこういう作品を出したまえ。的な。エラソーに。ははは。


ってバンギャルの私がバンギャルの感覚でものを言うのでさっぱりアテにはならないんですが

またプラみたいな規模のバンドでそれをやるからかっこいいわ。うん。かっこいい。

そんでカップリングの「月の光をたよりに」
これが表題曲の後に来るからいいんだわー。
美しい虚飾のステージが終わって外に出て、外の空気にほっとするみたいなそんなニュアンスで発売当時このCDを延々とヘビロテしておった。
ライヴ終わって外に出たらそんな感じしませんか?
わたし9GOATSとかemmureeの後だと特にそう。


なんか空中ブランコの宣伝になったけどもういいや。
PVどーん。


213VW0QW7XL__SL500_AA192_.jpg
アマゾン




コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/433-218cd125
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。