スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

薔薇と蛇とイケメンと

 2009-06-14
Versailles Presents

「革命のアンソロジー」

2009.6.8(mon) OSAKA MUSE
OPEN 16:30 / START 17:00
(D代別)

チケットはデッドワンでCDかDVD買った人にプレゼント。

出演:ミサルカ / Art Cube / カル・ヴァリ / ネガ / A&D / 摩天楼オペラ

Versailles急遽主演決定! 



すぐ近くのロールケーキ屋にある毒々しい緑色のロールケーキを妹にもらった。
チョコミントはヴィジュアル系。

きりゆうさん拾った。
ライヴ3日目。背中と首が死んでいる。


革命のアンソロジーは、Versaillesがメジャーに行くぞわっしょい!的な感謝イベント。
そんで肝心のVersaillesがツアーにランダムで出演するらしいんだけど大阪アタリでした。わぁい。
改名騒ぎが結局どうなったのかしらないから、もうヴェルサイユジャパンでいいじゃんって考えたところで脳内が終わってる。
KさんとヴェルサイユのVを手で作ってブイジャンプで跳ぶとかやってた。


んで本日はイベントのアンケート書いたらなにかのDVDがもらえるらしい。
もらえるものはもらっておくのだ。いざ!、と、アンケートをみたら

「仕切、場所取りなどの行為に関して(どちらかにまるをしてください)賛成 反対」

うわぁなんだこれ主に前の方にいる方々への踏み絵なわけ?
賛成反対って書き方がそのニュアンスがまたアレだ。

御大自ら腫れ物に触れなくてもいいと思うんだけど。




みんなSEがオペラ過ぎる。

VersaillesのライヴDVDの宣伝動画がループ。
いちいち煽りで笑えるってすばらしい。






・ミサルカ
さっきまでまわってた動画のKAMIJOと同じような台詞をはいてた。
同志たちよ!
衣装もなんだかそんなだしー。
金の山道テープとフリルとレースとバラと金髪。
ザ・Versailles見習い。的な。
ベースが黒髪ロングっていいよね!
御耽美に優雅になりきって煽ってるのにたまにそこらへんのオサレ盤みたいにぎゃいぎゃい煽っちゃうのがなんだか中途半端だなぁと。
ヴォーカルの顔だけが三次元で残念だ。メイクがんがれ。
ドラムががっつりロリるのは流行ってるのかしら。




・Art Cube
一曲目のイントロまで客がずっーとザワザワ。


ボーカルの首に!

生きた!でっかい!

白い!

ヘビが!


胸の内を察するとそんな感じ。
レムさまかーわーゆーしー。
PainWingではじまり。インパクトがあって耽美で豪華で同期じゃらーん。

ゼタ様の白い白菜みたいなヅラにずぼっとつっこむレム様。
今日のレムさまかなり甘えん坊!!
アウトロらへんの声伸ばさなきゃいけないところで、しゅーーっとゼタ様にすり寄って、顎のあたりで舌ちろっと。
問答無用でそれをひっぺがすゼタ様。
最終的にマイクスタンド巻き付けられてそれでもゼタ様にすりよっていくレム様。
それを見てほのぼのする、客。

なんだこの空気。

このバンドは、ヘタにガンノリされるよりもアウェーで客に奇異のまなざしを向けられザワザワされてる方が力が出るタイプ。
ゼタ様がうれしそうに乗馬鞭掲げる。

レム様とゼタ様の熱愛っぷりを観察していたらライヴが終わったぜ!
恐るべしArt Cube

御耽美でダークでゴシカルで無駄に豪華なのが好きな人は無難にツボだと思う。


あとはヘビがいないバンドよりもいるバンドの方がいいに決まってるじゃないですか。




1.Pain~Wing
2.失楽蝶
3.you're here






・ カル・ヴァリ
「とりあえず誰が見ても無難にかっこいいと形容する」という意味で、きりゆうさんに「かるばりは正統派イケメン揃い」とほざいたところ
「さくやちゃんの言う正統派だしなぁ」とあらぬ誤解をされました。
まるでわたくしが常日頃ブサイクにしか興味を示していないような言いようではないですか!





クロアからDolceの流れが、いい!ちょういい!ほんとにいい!

「完全にそこらへんのコテオサっぽい見た目なのに演奏すると華奢で繊細」
が、カル・ヴァリのいいとこだと思うんです。
見た目と中身のギャップ。
少なくともモンタージュのあたりまではそう。

最近の音源になるにつれてそんなのが薄れてきて、激しく煽ってぎゃーんとなりつつあって
で、このタイミングで前任ドラムがいなくなる。うーん。

ほんとうによくツインギターでDolceみたいな曲やろうと思ったよなぁ。
細やかなギターに、ひっそりと絡む声。
さっきまでメタルフレーズ全開のバンドばっかりだったのも手伝って、この音数が少なくて繊細で透明な空間にうっとり。
ちょこまかと煽る真ん中の赤い人だいすき。
いや、ほんとうに正統派イケメン揃いだ。誰かそうだと言ってくれ!
牡丹があんまりシズナじゃなくなってた。

最後に客との叫び合いで終わってて、ヴォーイ!の応酬で、全然似合わない。
この後にネガが同じことしてたんだけどネガのほうが100倍しっくりくる。
なんだか方向性の決め方とかが難しいんだなぁと。
ヘタに盛り上がろうとするとてんでダメになるけど、まったく盛り上がらないクロアみたいな曲ばっかやるとつまんないって思いそうな客層。
むー難しい。

でも好き。






1.クロア
2.Dolce~終幕のワルツ~
3.hindrance elimination
4.暗闇ノイローゼ




き「正統派の意味がわかった(゚∀゚)」
さ「そうだろう!わかっただろう(゚∀゚)」






・A&D
ヒョウ柄ファーでさわやかでむさくるしいほんのり90年代風味。

うわああああ薄いかおの黒髪眼鏡ベース。
うわああああ薄いかおの黒髪眼鏡ベース。
昨日のしーたん(岩瀬ガッツさん)と一昨日のしーたん(すっぴん)と並べてエンジョイしたい。
割と対盤かぶるから曲とフリおぼえた。
おーいぇーーー!
田澤みたいな高い声のヴォーカルがイマドキ珍しい。


このバンドはキーボード入れようよ!キーボード!






・ネガ
相変わらず日本語が不自由な子だった。
「○○しようかー!」の○○になんでもつっこむ。
ついてこい!フォローミー!
それは直訳だ!
ワンマンの宣伝で「集結してくれるかぁぁぁぁぁぁぁ!」
もうだめですこの子言葉選びのセンスが某マゴリアの先導者と同じレベル。
地下線…だから…?
全部同じ曲に聞こえて演奏雑だしうるさいしシンバルの位置高すぎたし。
あのシンバルの高さは一体どうなっているんだ。
煽って煽られて楽しいバンドって、冷静に見ると全部同じ曲に聞こえるのはもうしょうがないよね。
暴れたら楽しいんだろうな。
ベースの眼帯は三次元未満で正しい。
ギターの青髪は正しい。
壁ってやんないのね。





・摩天楼オペラ
どわーっと客が前に行く。

何回見ても衣装が残念。デザインというかお金のかけ方の問題だと思うんだ。
音が豪華で歌が豪華だから衣装もそれなりになればいいなー。
新曲がよくわかんないことに。
あんじーの顔ファンです。
赤いギターでキメ顔でコテコテのメタルフレーズ弾かれるとクラクラ。

基本的にここは 音源>ライヴ
演奏と歌がすごくいいけどそれ以外のところが非常に残念だ。だからここのバンドはライヴが残念だ。と思ってた。
バンドを演出する力。みたいなものがない。

MCで「インストアイベントやります。うちらのほっこりトークが~」とか言っちゃうとこで破堤。
ドラムがちょう美麗になってた。巻いて盛ろう。そうしよう。
メロディーが強くて頭に残りやすくて音が豪華なとこはいいとおもいました。
忘却セルロイドとEVE以外わかんない。



・Versailles
「ようこそ我が城へ!」ですでに笑い崩れる。
薔薇とフリルとレースにまみれた御耽美でメタルなの。
他に似たバンドあるんだったら絶対これ聴く!と思わせるとこが強いんだろうな。
メジャーも客の多さも納得できる素敵さだった。
私にはそんなに何回も見たいバンドでもなかったけど。でもね、なんか納得するんだよ。
やるだけのことを全力でやってる感。
KAMIJOの気迫は、あの恥ずかしいクサい台詞の数々をホンモノに変える。
心の中で恥ずかしがってる人に「同志たちよ、腕を上げろ!」って煽られても苦笑するしかないじゃない。
本気で心の底から煽りの台詞を言ってる(ように見える)から、その言葉はリアリティーがある。

じゃすみんゆーの頭にふえるワカメ生えてた。
衣装に乳がついてると喜ぶ。
ヒザキを最後に見たのがサルアシだった。あんまり変わってない。
Gacktの女装の20倍かわいい。

Phantasmagoriaだったら神歌、みたいなそういう一発でズドンと殺せる曲欲しいかな。と思った。











DVDがSWEETESTのディスクみたいだった。




おつ。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/503-51110716
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。