スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ブランニュー漂流してきました

 2009-10-03
漂流の旅


2009.10.1(thu) 西九条BRAND NEW
OPEN 17:00 / START 17:30
ADV¥2,000(D別)

出演:マイナス人生オーケストラ / TAFUCA(f.札幌) / 8-ait-(f.東京) /
   紅蝉 / Kathakali / Musette*Minette



和服の衣装を半分だけ着て前髪をクリップで留めて顔を白く塗っただけのいったんもめんのような人が外でバンギャルに営業をしていた。ぜんぜん営業になっていない!(絵ヅラ的に






・Musette*Minette
幕の手前にもうひとつ目の粗いネットが張り巡らされていたのでバンギャル防護ネットとかあれで底引き網をするんだとか色々言っていたらオルゴールの音色と共にスタート。
ボーカルとギターの二人組。
生成のガーゼ素材のふわっとしたワンピースとかドレープたっぷりのボレロとかとにかく白一色でいいなあれ可愛い。
裸足で足首には鎖なので囚われの少女って感じのアレです。見た目は苦しゅうない。
ボーカルの子が「世界は穏やかに眠っている」とか語り始め「輪廻が…」とか言い出したのでうわぁなんというSound Horizon好きな子だ!
楽園へ還りましょうお兄さま!
曲と曲の合間にオルゴールとかセリフがあったり意外とロックテイストのある曲もまるきりそんな感じ。
ここまでやるならもっとがちがちに演出組んで舞台セットとか凝ってみたらいいと思う!

あとから聞いたらMaRiLLのヒトらしい。えー!






・8-ait- (f.東京)
おにいさんが一人で和服でギター持ってなぜかR&Bっぽい曲で「心の闇をさらけだしてください!」て
その、「さらけだしてください」のあとに「俺が昇華して救ってあげます」みたいなニュアンスが見え隠れするところが好きになれないポイント。
あ、ギターの音は好きだった。
どっかの国で銃を乱射した少年の内面を歌い上げてみました、みたいな曲があったんだけどネタにするには不謹慎だし表現にするとおもしろくないし。
淡々と何かに対する反逆精神のような何かを歌い上げられところであなた今なにと戦っておられます?っていう。表現というものが少なからず虚構に属するその面白さがわからないのかなんなのか、虚構がないから逆に現実も何もないのかなぁと。その境目のだらしなさがひたすら居心地わるかった。なまじ歌にソツがないだけに。








・紅蝉
こっちはもう闇をさらけ出すだけ出しておいてあと放置!むしろ氏ね!くらいの勢いだから愉快だなーと指さしてゲラゲラ笑いながら見られて息がしやすいよいよい。
これはネタなんですという予防線みたいなものに安堵する。
白塗りで和服でアングラ。
キモいとかブサイクを通り越して異形っていうんでしょーか、恐いよ!ホラーだよ!
ぶつぶつ本を読みながら痙攣したりセリフを喋ってみたりしてた。
「どういう見た目でどういう音を出せば人はジリジリとした恐怖を感じるか」っていうの知ってるよねこのヒトたちは。
見る人の想像を喚起することによって補完され増幅される恐さ、みたいな世界がまるきり江戸川乱歩でした。ありゃあ行間が恐いのである。
んでもわりとノリのいい曲が多いところが退屈知らずでいいのかな。
願わくば演奏あともうちょっとなんとかならんかな。求む整然とした騒音。
ステージがステージなわりに若いバンギャルがわちゃわちゃ暴れていてそこらへんの齟齬が面白かったり。
ジュリセンwww
しかしヴォーカルが柵から身を乗り出すと客が本気で逃げていた。キモいという認識はちゃんとあるようだ。
途中で拡声器を持ってフロアに降りるヴォーカル。
こっちを見るな!こっちに来るな!
しねしねしねしねー♪ってみんな楽しそうだった。
は、久しぶりにみたけどなかなか良い方向に行っているバンドでした。あと対盤かなぁ。
ベースの裸コルセットに和服は変態ぽくていいよね!







・TAFUCA(f.札幌)
ふるふるは何歳だー!と叫びたい。
妖精さんですあのヒト。
そんでヴォーカルの子も妖精さんだった。
顔立ちというか骨格というかがそっくりなもんで思わず親子ですか、とか突っ込みたくなった。
レースで出来た鳥かごのようなセットの中で歌う少女ニュニュととベーシストふるふるの図。
外見も中身も完璧にイノセントなロリータ少女ヴォーカルって誰もが安易に想像してしかし実は成功しにくいものなんだけど、いま目の前にほぼ理想通り。
ほんとうに鈴のような透き通った歌声だった。あれを聞いたあとだとこの界隈の大抵の女子ヴォーカルの発声はそれは苦しく聞こえるだろう。
MCもおろおろしてるのがかわいくてかわいくて!
背中に羽根蟻のような黒い透けた羽根がついてて綺麗。すごいなー作ったんだろうなぁ。
当たり前だけどふるふるが歌ってるのが想像できるような曲でした。
好きなことを好きなだけとことん煮詰めてしている感じが好きです。







・マイナス人生オーケストラ
Tシャツにピンクのジーンズに銀色のスニーカーの体操のお兄さんで曲がまるきりコドモAとかキボウヤ本舗とかあのへんのにおい。
フリが楽しくてモッシュできてわっしょいわっしょい。
全力で笑顔で体操できるバンドっていいよね!
ベースがちゃんとビジュアル系のベースで無駄に感動した。
またなんか拡声器持った人がフロアに降りてきて「死ねって罵って!」と書かれた紙を見せながら拡声器を押しつけられたので「死ねー!」と言ってみた。
ブランニューの中心で死を叫ぶ。
また死ねしね死ねと歌ってバンギャルが楽しそうなのでなんだこれは流行っているのか!
ピコピコ系にもヴィジュアル系とそうでないのがいるけどこれはヴィジュアル系だと思った。
なにかが麺。








・Kathakali
お、なんだか勝ち気だ今日は。
うちがトリだぜ!文句あるか!オーラ。
ギタープレイがえらいハツラツとしていた。なんかいいことあったんですか。
ノア様が夜なべして作ったステージセットがかなり迫力あって圧巻。あとで写真を貼っておこう。
頑張ればKathakaliが5人バンドに見える!
色んな意味でBerryさまがフリーダムでした。
ノア様それ以上太ったらロキって呼ぶからね!(やめろ
散々わちゃわちゃして最後にしっとり終わり!
Berryさまが「僕としっとりしてくれますか」と斬新な煽りをしていた。
はーいつも通り楽しかったな。土の香りがしそう。



SE
1.蓮
2.新世界
3.Feel Fine
MC
4.God's still alive
5.シャングリラ

EN.最果ての街に






よく考えたら今日一人もドラマーがいなかった。
おつかれさまでした。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/575-e387a276
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。