スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

見る幻に毒を盛れ

 2009-10-10
TOUR"見る幻に毒を盛れ"FINAL

単独中毒公演


2009/10/04(Sun)横浜7th AVENUE
OPEN 18:00 / START 18:30
ADV¥2.800

「birthday」限定配布


dieSワンマン




dieSのワンマンでした。
男の人おおくてびっくりした!荒瀬が華奢に見えた。え。
バンギャル的な人とその他が混在していてステージもビジュアル系とその他が混在してよくわかんないことになっていた。あははは。
天井が鏡みたいになってて前が見えなくてもなんとかなるっていう。
ちょいとステージが低い。

やはりNO DRUGはじまりがかっこいい。ドキドキする。
最初の方はほんとにぼーっと眺めていたけど似た雰囲気とかテンポの曲並べちゃったのでだらけた印象。
分身とケイレンとfuckerのあたりがずーんとした。
ANGELから長いアンコールまでの流れは非常に良くて
ただ曲を横にだーーーーーって並べるワンマンをするからこういうとこはビジュアル系ではないけど一つ一つ曲聞いてそれで満足させるだけの破壊力が好き。
全てがエネルギーに満ちて血走って何か必死に生き急いでる感じがするのにどこか夢見がちなこのびみょーーな塩梅がたまらんのです。ロマンだよロマン。
見た目がマッチョで中身が乙女みたいな。なんの話だよ。

全体の流れとか構造とか神経質なことをちまちま考えて腕を組んでいたらあんまり楽しめないバンドなので、ただそこにある曲をただそこにある曲として聞きながら拳振ってたまに新生児とか幻影で感動してりゃいいんだわ。
そう新生児が本当に綺麗だったね。この曲はドラマチック。
叙情的なギターの旋律を押し割るように「ああ沈黙の闇 星だけがひとつ男を照らす」って歌い出しがうわぁかっこいいなぁもう。ヨダレでそうよ。
in my headがぐっときた。
マタドール歌うの難しそうだったけどなかなか愉快な曲でした。
そうだ荒瀬がテンション上がりすぎてカミテのマイクで「俺はいまはじっこにいるぜ!」とかどうしようもない煽りをしていた。
あーらーせー

このたび配布のbirthdayという曲は熱が籠もっていて歌詞の中身以上になにかこみ上げてくるものがあってすごい好きなんだけど聞けば聞くほどこれはなんていうB-Tの新曲ですかとかああすいませんほんと。

人が詰まっていて前があんまり見えなかったけど音を聞いて暴れるフロアを見てぷかぷかしてるだけで割と退屈知らずだった。んー。
りょうさまはでかいからよく見えた。でかいひとだいすき。


なんかこの、主にヴォーカルのせいで「敢えてギリギリビジュアル系にも見える」というイレギュラーさに於いて、重箱の隅っこつつくの楽しい且つハードな音が好きな人には良いのかも。ね。
今まで散々ジャンルに拘ると収まりの悪いバンドを見てきたけど特にdieSみたいなのは珍しい。変な子。
ゴリゴリ重低音爆音ではないですがかっこよくハード。このくらいが眠くなくて好きね。
死界以外の曲は全部聴けたかな。

ツアータイトルが「見る幻に毒を盛れ」なのでやっぱりシャーマン〆でした。
死ぬまでジャンプだ。死ぬまで荒瀬だ。

そんなこんなで初ワンマン堪能いたしました!おめでとう。






SE.die
1.NO DRUG
2.シャーマン
3.BERLIN WALL
4.MA(裸)RIA
5.分身
6.ケイレン
7.fucker
8.ANGEL JESUS dieS in EDEN
9.in my head
10.新生児
11.Matador~マタドール~
12.high-裸-night
13.サウンドマスターベーション
14.ベクトル

EN.1
1.birthday
2.幻影
3.侵入
4.バーサーカー

EN.2
1.シャーマン







終わったあとに横浜でスタンディンググリルバードしてきたよ。立ち呑み焼き鳥の意。
ぎゅうたんつくね。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/579-8e9e7264
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。