スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

自意識の垂れ流し

 2009-11-16
フランシュリッペの新作カタログにうろこがプリントされているシリーズがあったというタレコミをいただきました。
うろこ!!!!!!!
なにそれちょうほしい!!!!!!1
もう物販で作ったらいいとおもうよ。
うろこプリントってわくわくする響きだね。


本日は授業の半ばで頭が蒸発してきたので近所のカフェでお茶してきましたの。
かっこよく言うとエスケープ。
黒缶の茶葉を出してくれるとこが休業だったので仕方なく別のところに。
ポットサービスでロイヤルダージリン。
一人でお茶をすると世界はじぶんのものだと錯覚できるのは何故だろうね。

ああそんで、日本人って、ロイヤルって言葉の意味をあまり意識することなく乱用してない?
ロイヤルってば、王家のって意味だよ!王家!

王室のミルクティーがキリンにペットボトルで量産されていたら逆に不穏だろ常考とか。


カフェに「ゾウの知恵」っていう本が置いてあったので読みました。
ゾウの行動を逐一人間の機微に当てはめて物語りを構築しつつたまに生物学的な蘊蓄でリアリティを演出するというそこそこいけ好かない本でした。
でもなんか、泣いちゃう。

「ゾウは自意識があるから他のゾウを大事にする」

ゾウがほんとにそうなっているのかわかんないのにそういう物語を断言してるところが神話じみているのだけど、それを抜きにしてこの表現は非常に美しい。

だって、人間だと、そうはいかない。むしろ逆!って場面が多い。

エヴァンゲリヲンの人類補完計画なんてさー自我の境界線がだらしなく他者にひらかれた世界を目指すのだ。
自意識の有り余るいい歳したオトナが孤独に耐えかねて。


自らに生じた孤独故に、孤独だから他者に慈愛を向けるゾウ、っていう物語は人間をやめたくなるくらいには美しいストーリーだよね。


ブロガーなんて有り余る自意識の産物で他人を愉快にも不愉快にもさせる。わぁいぼくたち人間。すべて自意識の世界で君を愛そう。


はーでも無意識に対向車線にはみ出るわたしプライスレス。
毎日が危険運転\(^^)/さぁ、おまえの違反点数を数えろ。
は、まだ路上ではないから京都市の人は安心してくれたまえ。
さいきん機材車で遠征するバンドマンsugeeeeeeeeeeeとか改めて思いました。
さくや、こんどからあんまりHIY様のナカノヒトを粗略に扱わないでおくわ!!



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/601-5ecec466
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。