スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

斜め上の住人たち

 2010-01-19
凛として時雨がdeadmanだったら9mm parabellum bulletはSugarだと思う。


あっ!石を投げないでください!




(Godを聞き流しながらCandyを途中まで歌ったらほとんど違和感がなかった)




それとはあんまり関係ないですがそうディスコミュニケーショーーーーーンです。ぜんぜん伝わりません。

言葉で相手に要件を伝えることの難儀さに心底へっこんだぞーわたしちゃんとした文章で書いたわよ!
「言葉は伝達手段でありながら物事を本質から遠ざけるのもまた言葉さ!さぁどうする!」というぜんぜん世俗的に役に立たない学問を曲がりなりに3年やった私ですがこりゃーヴィトゲンシュタイン死のうとか思うわ。

最強に自分の都合の良いように内容を選択して読んでいる神業。
それが無意識なのだったらもちろん他人の無意識を責めるわけにはいかない。が。
むしろそれに憤慨している私も日常的に同じことをしている可能性がたっぷりとあるわけです。が。


でもねぇこっちとしては非常に困るよ。うん。よし。と一念発起してそこらへんにいたきりゆうさんを捕まえてそれを読ませてみたら文章どころか文脈まで理解していただけたので
こりゃあもしかして、文脈というのは斜め上の立場に居る人にしか伝わりにくいものなんじゃないのかと。
直球ど真ん中、もっとも伝えたい当事者に伝わるのは文章ただそれだけで、それを「穿って見るスキルと立場がある人」にしか面白い部分は伝わらない。という立証の仕様がない仮説を立てて遊んでみる。

「穿って見てもいい立場の人」だからこそバンギャルブロガーなんて成立するのです。
例えばもし書くことになんらかの料金が発生する立場になったらどこもかしこもおもしろくなくなるんじゃないかな。
躍起になって斜め上の架空の住人で在り続けようとする気質みたいなのがなんかあるじゃんほら。
だから逆になんとかしてバンドの当事者にならんとする自己というスペースの確保に必死な人種はプギャーされるんでしょ。そういうもんでしょ。知ってる知ってる。

穿って見る人は見る人でステージがあってフロアがあるのにそのどこでもない場所にもう一つ仮想スペースを確保しようとする。
当事者なのに当事者をも横から見たかのようなその口ぶり。


話を戻すとしかしわたくしは文脈を読まなくてもいいように親切丁寧な文章を心がけてみたつもりでしたふじこふじこ。ここで言うなし。

書きたいことを書くだけの身勝手だけど、どうにもこの皮肉のセンスは理解して欲しいっていうことに限って存分にストライクゾーンを外すなぁ。
皮肉と反語表現なんて文脈を読まねばならん今も昔も文章の使い方の最先端ですよ。ほほほ。
和歌で会話してた平安貴族のスキルには脱帽するばかりです。



ほんとに初期衝動は「書きたいだけ」なんで、いいさいいさ。勝手にしろい。
で、残る達成感と悲しさに悶々としてみました。
そこまでされるとここに書いてあることもどう思われてるか不安だなー。ははは。

正面から来るなにかというのは意外と真意を汲み取りにくい。横から見られないぶん立体感がないからだ。
でも、「真意」も「立体感」も最終的に想像で穴埋めをして出来上がったものだから、それがない人にはそもそも正面しかないんだろう。

常に誰かの斜め上にいるつもりでその真意を汲み取ったつもりで、私は当事者じゃないですぅ!という顔をして語るのはリアルの世界では通用しないらしいよ。
だからどうするべきか考えあぐねている。私はまだ半分くらい斜め上の住人のつもりなので。正面こわい。


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/643-c7ebcf34
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。