スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

fool or wise

 2007-11-26
地を這う蟻の様に
惨たらしく群がるのは
依存に成れ果てた所為でしょう?
君は今 静かに、静かに
甘美な嘘に夢を見る




そこまで、そこまでリアルに私の心情を描写してくれなくていい!
だらだらショック抜けきらない砂糖ヲタはみんな聴くといいよ。ははは。





ええと、最近聞きすぎてよくわかんないことになってるのがこれ。

Thy soul, be deautiful.


Thy soul, be Beautiful/Ruvie




唄に、曲に、ブレがない。迷いがない。

一貫して透明感があって美しい。浄化されていく。これ以上の色付きをあきらめた淡い世界。

白でもなく黒でもない透明。なんかこれ、綺麗で、壮大で、作品として、いいねぇ。


作曲センスが大変好み。一樹曲って、プラで言うところの正曲みたいな。
なんかどこかほの温かい感じが好きだなぁ。底抜けの明るさじゃなくってほんのりした感じが。
実際舞台にはどこにも温度がないと思ったんだけど。あれ?


Type-Bの4曲目、「星天、狂騒。」の情感に脱帽です。これ絶対ナマで聴きたい。



なんでか知らないけど1stミニアルバムを発売したちょっと後くらいに買っているので聞き比べよーいドン。
その頃は地方にいたのでライブに行こうとかそういう発想はなかったのだけど、妙に感慨深いものがあります。
この音源はこれとこれとこれが余計!ってのが全部昇華されてるんだもん。
迷いがなくなったというか、変なしょっぱさがなくなったというか。

あ、でも最初から見た目と埋もれてる中身が釣り合ってなかったとは思う。



とにかくここまで好きになれるのもこれ幸いということでこれからもぼちぼち見に行こうかな。
まだ色々不可解だし。


砂糖もスイアリも相当不可解なんだけどね。

どうやらよくわからないバンドが好きらしい。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/66-ebc1f969
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。