スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ミューズアルタイア

 2010-04-19
アヲイPRESENTS
『BLACK SHOW CASE#1』

2010.4.17(sat) OSAKA MUSE
OPEN 16:30 / START 17:00
ADV.¥3,000(D別)

出演:アヲイ / EVER+LAST / Lycaon / LIX. / パノラマ虚構ゼノン / nil delete heads


LIX.とLycaonでアヲイもいるっていうからミューズに飛び込んでみました。
ふらっと様子見のつもりがなかなか充実したイベント。



・パノラマ虚構ゼノン
あの、後ろを向いて両手を広げて、ジャケットの背面に十字が刻んであるのそれすごい恥ずかしくてイイ!
最近よく対盤にいるなここ。
見るたびに歌詞を覚えていく。なんだヴィジュアル系のボキャブラリーって恐ろしい。
キミの体液がー!
カミテギターの人が遠目に見ると笑顔がくっくろびんの依織さんそっくりでうっかりときめきそうになりました。
この対盤で一発目は辛かろうに今日は良いコンディションなんだな、ってライヴ。
お立ち台でがに股でぴょんぴょんするのらめえええ。
良くも悪くもヴォーカルが強烈である。
あれとっぱらったらただのロックバンドになりそうだからそういう意味では好きだ。
シモテの双子をぼけーっと見てた。あの赤毛は良い赤毛。
勢いで押し切ろうとして押し切ってた。そこそこ楽しそう。





・LIX.
かっこよく歌おう、自分を良く見せようだなんて思っている人に届かない届かないって歌われても、それはたぶん1mmの現実味もない。
失くした、届かない、わめくのは簡単だ。

Re:viveで始まり
迷いのない目で「ここには何もない」って云った後に、ふわっとした悲しさがある。
ああ、なんか、このヒトは少しだけ取り繕うということをやめたのかなぁ。と。
表現することに対して身軽になった。緊張してるんだろうけど自然体。
単なる悲愴感の誇示ではなくてあれは喪失感。
そんなものを見て少しだけ身震いをした。結果よりもこの素晴らしい過程の生々しさ。
漾さんは遠いけど手鞠には近いかもしれない。なにが。

いやね、このままつまんねーバンドになったらどうしようかな。って、二ヶ月前に無責任にも思ったりしたわけだ。
ex.SUICIDE ALIとex.THE.GOLDEN SPIDERとex.Wednesdayっていうのは私にはそれだけで魅力的だったので。

は、でも2ヶ月でこれくらいならそこそこ好きだ。未だ「好き」よりは「好感」のレベルではある。
メロディーとかいろんなところが弱いけどこれからどうにかなりそうな感じ。
演奏も前よりバラバラした感じがなくなってたし。
裕さんのアイラインがしっぱいしているわ。
顔と首周りが痩せたのにふとももだけがむちむちしているわ。
そうか、栄養は全部ふとももに行くんだな。さくや、おぼえた。
2曲目でメロディーが行方不明になった。
やっくん突然にーっと笑いあの笑顔がトラウマになりそう。きもい。ぐすぐす。
ドラムの人が叩き方から顔からプラのブッチすぎてどうもこんにちは、ドラムの人の顔ファンです。
なんとかナイトメアって曲でPierrotのMASS GAMEのようなフリがついてたのでニヤニヤ。
ほら!だいたいそんな歌詞だし!
ええっと棒立ちで見ていいのかこれ暴れるのかどうしようどうしよう。
このままふわふわしてくれてたまに面白い暴れ曲とかあるといいな。なんて。

これって関東の方が需要ありそうだよねぇ。
とか言ってたら告知で初主催がロクメーなんだよねぇ。


あ、なんだろうこの安堵感。鼻の奥がツンとした。
断じてりゅーさんのファンとかじゃないですううううう(ふらふら



・nil delete heads
そとでぶどうじゅーすのんでたすまん…
ここポスターを見て勝手にりんち.みたいなバンドだと思いこんでいるはやく誤解を解かなきゃ!




・Lycaon
「噛み殺されたい奴はいるか…」
ってかっこよく煽ったのに私の隣付近にいたお客さんがですね、絶妙のタイミングにて
「えっ、蟹工船?」
とつぶやいたので呼吸困難になりました。おい、バンギャル。

コテオサのこの手の売れ線バンドのファンっていうのはぁぁぁもっといっぱい暴れて最前は恋をしていてどろどろしていて最終的になにもかもぐしゃーってなってくんなきゃやだやだぁ!

さっきからお立ち台で舌と胸元と腹を出しているサービス過剰な子は悠希たんって言うらしいよゆうきって名前はこの世に溢れているがなんでその漢字にしたんだよ人格の(・∀・) しか浮かばないよ。
ベルトをずらしてほんとうにサービス過剰だったので「そんなぱんつじゃ萌えねぇんだよ」とか叫びたくなりました。
悠希たん顔と声と頭の盛りっぷりといろんな存在が二次元だった。悠希…だから…?

そしてカミテの人の露出がおかしい。明らかに肌色の面積が多い。スポブラにしか見えない。うっ。
シモテは常にビューラーで睫毛を上げている最中の女子みたいなアホの子のような顔をしているしベースはやっぱりイカに見えるしドラムはだんだん可愛く見えてくるキモカワだしどうしようこのバンド全員おかしい!全員愛しい!
もう全てを投げ捨ててキャラ萌えに走りたいくらいわたしそのケトナーのアンプ嫌いなんだごめんな。
演奏はLIX.の方がマシなくらい。うそん。

Lily始まりよかったのに、印象に残らない暴れ曲つめこまれて最後の曲なんかはらしくていいなぁと思うんだけど。
ダメすぎて逆に愛しい。3年に一回こういう嵌り方をする。
ここまで書くと誰に言っても伝わらないだろうが楽しかったんだよ!ほんとだよ!

\じぇのっさいどー!ヴォーイ!/


1.Lily
2.Royal Order
3.Miss.DEVIL INSIDE
4.Who's bad psycho Party
5.The[1st] degree genocide holic




・EVER+LAST
黒い十字が刻まれた赤いぴちぴちの手袋…!
そのスパンコールがついた黒スーツ、嗚呼いぶし銀の香り。
どうしてそんなにメジャー煽りなの甲高い声でセンキューセンキューここは断じて99年の渋谷公会堂とかではない!!!!
あの話の長さはオッサン麺にありがちだとおもったらジュラシック…だと…?
ヴォーカルの人がたこせんを食べて歯が欠けて、今接着剤でくっつけてるから飛ばさないようにがんばりますだそうです。
どこまで本気なのかわかんないあのひと。
「30分でいいんで俺らに浮気してください」っていわれてときめいた。
そんなこんなで色気だらけのおっさんと90年代の香りでした。良い意味でメジャークオリティな感じ。
ドラム上手いなって久しぶりに思った。
いろんな人がよってたかって私のハードルを上げていくからさ。平澤さんとか梅さんとか。
むさくるしいさわやかな笑顔でフルスイング!
むさくるしいさわやかな笑顔でフルスイング!

需要はさておきこういうバンドはいつまでも居て欲しい。また見たいなぁ。





・アヲイ

「みんなも道に迷ったり、どうしていいのかわからない時があると思う。そんなときは俺らのところに来い。絶対に、生きてて良かったって、思わせてやるから。」

オトギの言葉は、文字にするとそうとう陳腐だ。他人がこのセリフを吐いたら鼻で笑うだろう。
オトギが言うから陳腐に聞こえないのね。
どこかにありそうな歌詞なんだけど、歌われるとドキっとする。少なくともMUSEの一番後ろまでは届いてる。
生きるとか死ぬとか、その後ろめたい部分をみんな持ってて、共有しようとしていて、ぶつけ合って、最終的に「生きろ」って叫んで昇華していく。これはそういう様式美。はたまた宗教。
それが上手いなぁって。私はそういうところが好きじゃないからどうもムック界隈が好きになれない。
好きなバンドといいバンドは違うさ。でね、アヲイは好きじゃないけどいいバンドの部類に入る。

人ぎっしりのMUSEのほぼ一番後ろで見てたのに、客がみんな折りたたみするから棒立ちの私の視界がぱっと開けてステージがよく見えるの!すごい!久々にこんなん見たわ。
ネオ手扇子でハコ全体が左右に揺れてる光景の爽快さと言ったら…!なんじゃこりゃああ。
一昨年の夏にSugarのツアーにいたからアホほど見たの。
思い出すわ蒸し暑さと手フリのタイミング。

赤いジャケットの頃に比べたらそりゃどんどん衣装とか普通になって外を歩けそうな格好になってるけど、最終的に「ヴォーカルキモイ」に集約されるからアヲイは快適。
オトギはいつだって妖怪。笑った顔が可愛くない。オトギが普通のいけめんになった時がアヲイの終わるときだと思いまぁす。
ギターの人はヒゲで上半身裸のイメージがあったのになにそのいかしたボブカットとかわいいしゃべり方。
でも私はいろんなところがMARだと思った。ごめんなさい。

久々に見たらドラム脱退て。
やむを得ない事情でもあるのかドラムちょう泣いてるしメンバーにもファンにも泣きながらありがとうこれからもアヲイを応援してくれアヲイは頂点を目指します!ってうわぁなんかこの空気うわぁと完全に部外者だけどちょっとほろっときそうになった部外者だけど。

頂点を目指します。か。
頂点はどこだろう。
私はこのバンドの質的なものが好きになれないけど目指す頂点に行けたなら手放しに賞賛したい。
良いバンドだね。って素直に思う。

今日はここで頭を振っておかねば後悔する!と本能的に悟ったのでヘアバンドをむしり取ってぶんぶんしておいた。

鈴虫と水鏡とメリーさんと生キル為ノ歌はやった。あとわかんない。
今更だけど音源欲しいなぁ。










たまには人の海に溺れてみたい。
カタマリの一部になってみたい。
ワンオブゼム。誰にも見られないし、そもそも誰も見てないし、誰でもないし、無個性。

いろんな角度から自分の位置確認をしないとブレることもある。今日はそういう環境がここ最近でいちばん快適だったわー。
LIX.はまた見にいこう。ストラップかわいいアー写欲しいあたしこれ以上バンド養えない…!


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/719-7436a128
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。