スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

たださん、また雨だよ。

 2007-12-20
Plastic Tree 10th Anniversary sleeping forest of zero gravity

大阪BIG CAT

2007/12/12(wed)
O/18:00 S/19:00
ADV¥4,800


折角デッドワンに行ったのにアンミュレのアルバムがない!どこにもない!
がっかりした。なにしに来たの私。帰ろう。ん?


あー…そう、ライブ。













舞台セットがかわいいね。太陽とか月とか、木とか鹿とか虫とか。
眠れる森。
木には密かにPlastic Treeと書いてある。
ほの暗くて、湿度のあるほわんと浮いた感じが、ああープラだな。って思います。




バンドサウンドがどこまで必要か考えると困る、ってバンドいるじゃん。

主に竜太朗の浮遊感とか、生活感のなさを生身のバンドにちょこっとのせてる、おかしな感覚で。
ドラムはどかどか叩いてるし、ベースも主張するし、ギターもマキラ節炸裂で、それになぜか上手く乗っかってるボーカル。的な。
どっかアンバランスだけどそのアンバランスさがまた魅力だったり。

音源が音源っていうより「作品」だからライブとの誤差もまた然り。


私は、プラの音というとまひるの月とか絶望の丘あたりが好きなので。あんまり音が詰まってなくってほわんとしてるあの感じが。
ヘイトレッド~とか聴いてると、ん?って思っちゃう。


ただ、あくまでバンド形式である以上ライブはライブ、なのだね。
違和感をうまく昇華させるだけの技量がある。
どの曲もライブだからこその楽しさがある。
サイコガーデンとかベランダとかきいててそんなこと思うわけで。
思わず前に行っちゃうし、後ろでもかまわず暴れちゃうし。ああ、楽しい。すごい楽しい。
目の前で展開される光景に心を奪われるこの瞬間があってこそ。


メランコリックの折りたたみで前方の人がが潰れてて、あーあれに混ざりたいな。とか。
見ろ人がゴミのようだ。


なんだろ、良いライブでした。



ここ半年音源買うのをさぼっていたため曲名ほとんどわからず。

ただ、楽しかった。2、3日余韻が消えず。素敵。


さくやはマキラのギターが好きです。
さくや的V系ギタリストランキングの3位以内には確実にいる。




ステージショッピングは次回も継続する模様。
ばっちりー!

よく学校の先生とか番組の司会者が使う棒あるじゃないですか。のびるやつ。さきっちょに人差し指立てた手とかついてるやつ。
あれ今回は先がスプーンとフォークになってて、ぶっちがスプーン使って物販紹介してる間に竜太朗がフォークでステージセットの鹿攻撃してた。
鹿かわいそす。

「スプーンよ、フォークになーぁれっ!」

ああああああ。かわいいこのひと。



あまりのかわいさにいやまふ買っちゃった。まふ。

いやーまふ







プラはまた行きたいな。な。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/73-0b275011
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。