スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

生命の傾斜落ちゆく妄想の、記憶2。

 2010-06-05
SUICIDE ALI new maxi single「Stitch DoLL」発売記念主催

『Spread Atlas vol.3 in 鹿鳴館』



2010.5.30(sun) 目黒鹿鳴館

OPEN 16:30 / START 17:00
ADV¥2,800

出演:SUICIDE ALI / 十神 / The fool / dieS / Calmando Qual / SaTaN / GPKISM

主催と聞いてガシャーン。


BGMがRammsteinなの。さすが目黒鹿鳴館。
そういえば野暮用でフィンランドロックフェスに行きそびれたよ。


このハコ雰囲気に嵌るバンドはぴったりハマる。
それにしてもSUICIDE ALI主催史上で1、2を争うくらい素敵な対盤なのだわ。
サイバー主催とアンミュレがいたナルシス主催と良い勝負ですわ。
関東のバンドは面白いの多くて良いね。まー詰まるところ無い物ねだりなんですけど。

「このメンツであとアンミュレとかレプとかいたら完璧」って話したらそれ7月のLIX.主催だった件。

…。

白DAY。ゆがむしんぞー!





・GPKISM
だんだん真ん中の人のキャラがおもろいガイジンになりつつある。
あの黒髪のでかいスイアリひろしみたいなベースどっかで見た。なんか耽美なバンドで見た。ミサルカかなんかにいた。
フロントがみんな、でかい。
ロングジャケット!外タレゴシック!な中、後ろでぺしぺしとドラムを叩いているどこでもドラがシュール。ドラかわいい!ドラかわいいお!
アップテンポでノリやすい曲がふていて聞きやすかった。
は、でもやっぱり同じ曲とフレーズの無限ループにきこえるです。






・SaTaN

無駄にたぎるスイアリファンなぼくたち。
結局へんなバンドだいすきというところに落ち着く。

ああーある日突然回転ヘドバンが出来るようにならないかなぁとか期待して頭を振り続けたけどぜんぜん見通しが立たず。
どこから何をどう見てもひいなさまがいけめん。
あの改造しまくったギターどうなっとるん。
頭を振りすぎたのとひいなさまがイケメンすぎてさくやたん死にそうよ。
真面目に聞いたらこういう音ってなんていうのデスメタル?4曲程度で耳が飽きる。
でも暴れたらそんなの関係ないのだわ。ふっふー(変なテンション
「両手を上げろぉぉぉぉぉぉ!段取りがあるんだ!たのむ!上げてくれ!」

Mr.SaTaNが降りてきた。Mr.SaTaNが最前で折りたたみしてた。通報しようかとおもった。
ひいなさまがいけめんなのはテストに出るから覚えておくといい。
悪魔のご加護を…!


セトリ拾う。

#1.DE∀TH, SLAUGHTER, DESTRUCTION
#2.JINGLEBELLS FROM THE HELL/地獄のジングルベル~サタンが街にやってきた!
#3DANCIN'WITH THE ZOMBIE/死霊の盆踊り
#4.JUST DEVIL MADE ME DO IT/悪魔が俺をこうさせた!
#5.GUILLOTINE/ギロチン






転換中にBUCK-TICKの曲のあらゆるフレーズが聞こえてきた。ええええ。

・Calmando Qual
サングラスを外したら歓声。
うああああああ目黒にいま!目黒にいま!ちいさいジョニーデップがああああ
鹿鳴館にマッドハッター出没と聞いて(ガバッ
なんかこの芝居がかった動きに席がある小さいハコっていう環境がすごくあってる。

いいよね、あのつま先から髪の毛のさきっちょまでウソくさい感じのバンドって。
微笑みの向こう側に生きた人間の私生活が伺えないというスキルの高さよ。
響さんなんですかその英語の吹き替えのようなうさんくさい日本語は。
「われわれがぁぁかるまんどぅくばぁぁぁるです!」
ちいさいデップがけたけた笑う。
サビも底辺を這うようなメロディーが古風。中身はちょっとまえの暗黒バンド。
そんでポジパン大好きです。みたいな。あとむやみに楽器の音全般が好き。
ベースのヒゲの人ちょうかわいい。
「男の涙はそんなんじゃ売れねぇんだよ!」とかいわれた。
キュン。





・dieS
おまえの前で狂っていくー♪
楽しくて座ってらんない。立ってもいられない。
シャーマンのイントロにことごとく弱いわたしです。
どの曲もだけどイントロの高揚感が秀逸。ドキドキする。

見ては行けないものを見てしまうスリットの中身。
「荒瀬は今日ひろしのためにin my headをするよー。だって、繋がりだからね!」って言ってたらわかりやすい行動ありがとうございます。おいしいです。
繋がり…。
新曲のノリやっと覚えた。おそい。
天使が好きなのに最近聴けていないの。

MZKさんが眼鏡ー!
どんどん狂っていくフロアを煽動する荒瀬、という図が好きなので快適。
底からドロドロ沸き上がってくる情念と、でもどっか独りよがり。
in my head幸せである。あいしてーるー!
あらーせかっこよかったよ。どこ見てるかわかんないのが好き。

おもしろいということは何にも代え難い正義さ。


1.シャーマン
2.Scar.to.low.now.YOU.ME
3.in my head
4.high-裸-night
5.バーサーカー




・The fool
水害に遭うから避難したらなんか控えめにかけてた。
基本的にフロアに水撒いていいのはワンマンだけだと思うんだわたし。
頭の弱そうな愛嬌たっぷりのヴォーカルであれはどこに行っても何をしても同業の年上に可愛がられるタイプだな。かわいくて、セクシーで、愛嬌があるんだけど受け取る人によってその全てが減点対象になる。たぶん。
あのね、語尾に「☆」ついてそうよ。ちょっと雅思い出したよ。
まぁバンド名がバンド名だからいいと思う。
どこもかしこも俺のギターを聴け!って感じのロックンロール宜しく爆音で
どちらかというと業界受けの方がよさそうだけどそれを踏まえるとけっこうがっつりヴィジュアルメイクしちゃってるこの倒錯はなんだろう。
アシメ金髪青髪赤メッシュというセオリーを全部踏襲してるし。
椅子にすわってぽけーっとみた。ああもう首いたぁいの。





・十神

べっ、別に、Dのコピーバンドとかじゃないんだからね。



一挙一動と漏れ聞こえてくる歌詞がおもしろすぎて「十神wwwwwwwwwww」って感じ。
あーなーたーのてーくーびー。
告知で御耽美なイベント名を仰るたびにげらげら笑う我々です。
すごいこのバンド想定の範囲内の歌詞しかやらないからおもしろすぎる。
なんで君、Agatoって名前にしたの。全力でASAGIにしか見えないぞそれ。

ヴォーカルがステージに座り込んで、それを目がけて2柵からバンギャルが突撃し体当たりをしては2柵にかえっていくというEREMIAを彷彿とさせるちょうおもしろい煽り曲をしているのを散々笑い
挙げ句の果てに「恥ずかしがるな!」と煽られて腹筋が崩壊した。
何事も恥ずかしいと思った時点で負けているのであります。しみじみ。
満足そうで楽しそうに暴れたり演奏したり歌ったりしてたから楽しそうでいいなぁと。
そう、ほんとーに楽しそう。見てるこっちまで楽しい。
まず、自分が満足する。
それに加えて目の前の誰かが満足してるっていうのが全てで、自分の満足が相手に共有されなくても楽しそうならそれが一番だなぁって。そういう昇華が出来てる。

自意識の多いあっくんがいた。

いつのまにか笑顔で手をひっぱられてヘドバンに巻き込まれたからついでに隣にいた某dieSファンも巻き込んでおいたの。笑顔で。
ネタすぎて愛しい!




・SUICIDE ALI
スイアリが似合うっていうのもあるけどまたStitch DoLLという曲がロクメーに合うのよ。
暗くて荘厳。サビどこか人間くさいところがまた倒錯している所以。
人形に人への執念を持ち込む虚しさを知っていながら、その虚しさがもたらす幸福感も頭でわかっているという悲劇みたいな喜劇みたいな。
「本気にならなければまた失うこともない」っていうのは、なかなかこの素晴らしい距離感を愛する人種には身につまされる話であります。
本気になるのは期待をするということ。

好きだ好きだとごねながら、ずっと相手に何らかの動作を所望している自分の卑しさに気づいたとき、相手のアクションがはじめからスタートラインにないものしか愛せなくなる。
虚構を愛するとはそういうことなんだ。
だって、無機物の塊への期待は妄想として昇華されて自分から逃げていかないの。
それが虚しかったりアイデンティティだったりする難儀さというのは界隈の人にはある。やっぱり。
その滑稽さが自分を見ているようで、だからこの曲に一定の愛着と嫌悪を感じるのは必然である。
私の「好き」は妄想よ。


それでね、あのね、新しい衣装の破壊力にまだ免疫ができていませんの。主に弦楽器。
やっぱり笑いがこみ上げてくる!だめだ!あのブラひも!
初っぱなから新曲だったけどノリでがんばった。今までのバンギャルスキルとフィーリングでのりきった。
折りたたんで匣に入れられて第三世界に飛ばされるのさ。わたしが。

スイアリはずっーとおもしろいバンド。格好いい、とはまたちょっとニュアンスが違う。
ヘンでかっこいいっていうのはある。
こんなにいつも何かをするたびに全力でツッコミをいれたくなるバンドってなかなかないよね。と思います。想像の余地がちゃんとあるから可愛い。ひねくれない。
春泥さま、その股ひらいてジャンプされるとアングルが非常に困ります。
ふとももふにふに。
Bitさんがますますキリトだった。どうしよう。
風のslaveが聴けたらいつでも幸せってくらいこの曲が大好き。ドラムえらいはりきってた。

告知はインストアイベントと主催とワンマンでした。
もう12月の予定を出されると1年終わった気になるよ。はやい。
土下座をしていると走馬灯のようにいろんな思い出が蘇ってついでに誰かのカミソリ負けが見えて死にそう。あはははは。


久々にこんな幸せな主催だったね。めいっぱい空気を吸い込んだ。おつかれさまでした。



SE
1.Traitor
2.CHAINSAW
SE
3.Stitch DoLL
4.誘拐ごっこ
5.風のslave
SE(レバンデッシュリングピアノver.)
6.レバンデッシュリング
7.THIS NEW ORDER

アムじい告知
en.1
8.Favorite song
SE(ローエント街道)




旅は続く。(夜行バス的な意味で
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/758-a9e5d30f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。