スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

昨日の補足とか

 2010-07-08
「そなたが娘の婿というわけか。よくぞここまでやってきた。果たして天界に住むにふさわしい者かどうかわしが試してみるとしよう」

 突然のことに驚いている漁師。その耳元に天女がこっそりとささやきます。
「たぶん父はあなたを試そうとしていています。恐らくは食事の仕方であなたを見極めるつもりです。この天界では食べ物をいただくときは全て横に切ってから口にします。
どうかお忘れなきように・・・」

 天帝は漁師を饗応の場に招待しました。ずらりとならぶごちそうに喜びつつもこれは天帝のテストです。先ほどの天女のささやきを思い出しながら手落ちのないように出されるもの全てを横に切って口に運びます。あまりの卒のなさに天帝はポツリと言いました。

「瓜ぐらいは縦に切って食べたほうがよかろう」

 その言葉を真に受けて漁師はついうっかり瓜を縦に切ってしまいまいた。すると、切った瓜からはみるみるうちに水が溢れ出してきました。その勢いは止まるところを知らず、瞬く間に川となり大河と成り果ててしまいました。

七夕伝説



うん。だいたい合っている。ファイフィルシーアっぽいね。
そして伝説とは理不尽ね。



あとこれEither Wise or Foolよいです。
自作のPVって最近みないなそう言えば。ヴィドールのオカルトプロポーズを思い出したいやなんでもない。




"物質に呑まれ 抵抗する、ロマンチスト
川の底で眠る魚達も 今を共に見聞きし生きる。

逃避癖の男が星に願いをかけている
背後に怯えるのは小動物だから

何億光年もかけ、辿り着き 燃え尽きるその瞬間に
つまらぬ奴につまらぬ願いをかけられた

自分の教えを持たないから
けし粒程の存在に意味を探す

逃避癖の男が星に願いをかけている

ゆるがないものは十数個の粒子のみ
光は選んで弾き返せ。

目を開けて眠る魚を見て笑う子供達

無知がロマンチストを育てる"



精神測定学だったかなあのへんはちょっとかじっただけなんでさっぱりくわしくないけど。
アメリカの学者ガードナーの多重知性では、当初の7つの知能に加え8つめの「博物的知能」、つまり自然への探究心や人工物との識別が近年人間の知能の1つに加えられたらしい。
なんとなくそれ思い出した。
無知がロマンチストを育てる。いいねこのフレーズ。




そういえばなんでVELVET EDENが復活してるんだろう。びっくりです。
非常に見たいのですがお盆の最終日に夜行バスで帰る勇気がありません。


ああードイツ負けちった。押されっぱなしだったのが信じられない。
クローゼェェェェェェ


ニュースつけたら「日本を下したオランダには勝って欲しい」というよくわからない理論を振りかざしている人がいた。

矜持の持ち方が間違っているのか
そもそもプライドが存在しないのか
その発言が完全なる善意の塊であり(法律用語の方の善意な)
私の底意地が悪いからそういう見方になるのか


たぶん全部だ。


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/784-60211e22
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。