スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

炎がお前を見つけたのだ。

 2010-12-09
tour 2010 続・見る幻に毒を盛れ

dieS 単独中毒公演

2010.12.4(sat)下北沢MOSAiC
OPEN 18:30 / START 19:00
Adv.¥1,000 (D別)


thank you,SOLD OUT!!!!!!!!!!!

入場者特典:『BERLIN WALL』無料配布


P1000361.jpg

P1000360.jpg

SEからシャーマンが始まって2時間半くらい?もうちょっと、あったかも。
一つも止まることなく、滞らず。かといってさらっと流れることもなく
今、この空間はすごくいい時間の流れ方をしているなぁってin my headのギタソロを聞きながら
笑顔でふらふら暴れる反面、どこか手に汗を握りながら見ていた。


最初にステージから始まる緊張感と覇気みたいなものを感じて、ああこれはイベントではない。ワンマンだ、と思ったの。
たくさんある曲の中から、何を心臓とし、何を頭とし、何を手足とするのか。
ワンマンというのは、『バンド』というヒト一体ぶんを表現するためにあると思います。
およそ2時間半、この白いほぼ正方形のハコの中で、一体のヒトができる。
なにを語り、なにを好み、どんな風にあがき、何処に向かうか。

赤黒いドロドロしたシャーマンも、暗がりに浮かぶ光のような天使も、
音、言葉、立ち居振る舞いが、ひっくるめてdieSっていうヒトを形成する。

だから、dieSは絶対にワンマンをすべきだったし、私はそれを見るべきだった。
続・見る幻に毒を盛れ。

自分が好きだと信じるものは絶対に手放してはいけない。
そして、どうしてそれが好きなのかを見極める努力を怠るのもだめだ。
例えそれが、結果として好きなものを手放す要因になってもだ。

『見る幻に毒を盛れ』は、そういうことじゃないの。って私は思ってる。

フロアにいる人もステージにいる人も、dieSがすごく好きなんだよね。
でもその「好き」は、私の頭の中で幻に変わっていってしまうから、それを打ち破って今の姿を見聞きし、楽しむ強かさが要る。
そんで、dieSには今、楽しませてくれるだけの器量がある。
夢のような光景を、力強い音色で、絶えずこれは現実だ現実だー!と訴える。
そういうとこ強いバンドだようほんとに。びっくりするぐらいおもしろい。


…で、そんなことを考えなくてもギラギラしたサウンドと変なお兄さんたちが楽しませてくれるから、突っ込んでいったらいいんじゃないかな!
この中でMZKさんだけが下北沢だと思った。あれ…。
ふおーバスドラでかい。梅さんの頭がばくはつしている。

赤いライトと、正面を見据える荒瀬のでっかい目が印象的。あの目がとても好き。

fuckerでお立ち台に足をかけ ふとももfeat.網タイツ を撫でまわす荒瀬(うたのおにいさん)をみて、隣の人が悶絶して崩れてた。通報したい。
BERLIN WALLはどこか無機質な感じと空まで抜けるようなサビのギャップが素敵さ。

「dieSではじめてやった曲を」って
birthdayがすごーい情感たっぷりでよかったなぁ。
そこからの新生児と幻影と。dieSの抒情的で綺麗な部分。
荒瀬も亮さまも笑顔が印象的だった。ニヤニヤじゃなくて、ニコッて。
新生児がねーちょうすきなんだよねー。
入りのドラムからギターから歌いだしからなにからもうもう。星だけが一つ男を照らす。


手を伸ばして煽ってはじまり新曲のタイトルが「発情」
「欲情」でも「劣情」でもなく「発情」なの。
ウワーこれすごくちゃんと歌詞カードを読みたい。きゃー。
やっぱりイントロの印象が「バクチク」であった。

待ちに待ったNO DRUGにて

荒「しぶやー!(ヒロフミ)」

ま   た   か   よ
あああああたしNO DRUGだいすきなのにひどい!
一瞬で頭が大草原。げらげら笑い崩れる一部の人たち。
しぶやと言っておきながら亮さまの肩つんつんしてた。
オマエを殴りたーーーーい。グーで殴りたーーーーーーい!


マラリアかバーサーカーかどっちかの入りがギターとドラム合わなくて焦るー
頭ちょうだい!

荒瀬センパイ、「家に帰りたくなーーーーーい!」ってさっきまで煽ってたのが
「帰らなーーーーーーーい!今日は家にかえらなーーーい!君たちもかえらなーーーい!」に進化していた。
あーあーのひと天才だなこりゃ。
(遠征ギャは)家にかえらなーーーーい。

本編最後は天使。あーこれでぴったりはまった。
悲しい天使は、お客さんであり、ステージの上にもあるのさ。
クライマックスを力強く綺麗に締めた。



アンコールで続・毒盛Tシャツ着用。
cozyさんのTシャツに歓声があがっていたけれど、あの歓声を意訳すると「cozyさんが!服を!着た!」だよね。
タンクトップは下着認定なので私は初めて服をまとったcozyさんを目撃したわけです。
なんかTシャツを着てもじもじしてる人に弱いみたい。
梅さんはゆずのTシャツだった。なして。

亮さま出てきて、客に「お前と狂いたーーーい!」って言わせて、「いいんじゃね~?」って。
あああのひとはたぶんすごくモテるとおもいますみたいな。
high-裸-nightでメンバー1人ずつ「いぇー!いぇー!いぇいいぇいいぇい!」の煽り。
cozyさんが意外と煽る煽る。
一周したら男煽りと女煽り。
男すごい…。

high-裸-nightでベースを見る派!
うしろちらっと見たらフロアが沸騰してた。
最後はやっぱりバーサーカーで頭を献上して締め。頭ぶんぶん。

全身の血が煮えたぎるような思いをした。

毒を盛ったの。わたしはね。わーい完全燃焼!



SE.die

1.シャーマン
2.fucker
3.BERLIN WALL
4.Scar.to.low.now.YOU.ME
MC
5.分身
6.Matador-マタドール-
7.ケイレン
MC
8.birthday
9.新生児
10.幻影
11.発情(新曲)
12.NO DRUG
13.in my head
14.MA(裸)RIA
15.バーサーカー
16.天使

EN.1.侵入
2.high-裸-night
3.ベクトル

EN.2.バーサーカー





終演後になんかTシャツ着てたら写真撮影できるっていわれたからうわああああ。
テクノアイドルユニットを結成した。シクヨロ!
dieSS_2.jpg
●泥さんごめんなさい。


リリたすとみねむらと焼肉打ち上げ。

「荒瀬の二の腕おいしそうだったよね。」
っていいながら肉をジュウジュウ焼いていた。

おつかれさまでした。あたまなくなったし。すきすき。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/867-934279b4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。