スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

張りつめた静寂に包まれた藤が丘で君を待っているんだ

 2011-02-13
Starwave Records presents
「-Starwave Fest Vol.2-」


2011年2月05日(土)名古屋MUSIC FARM
[開場 / 開演] 15:30 / 16:00
[前売 / 当日] ¥3,000-(D代別) / ¥3,500-(D代別)
出演/ SUICIDE ALI/Calmando Qual/ THE SOUND BEE HD/ the fool/ lix/ Frenzy (Mr.SaTaN Solo project)/ Re:dis/ KASSTRICK BACTERIA/

■ Starwaveアーティスト予約で入場された方には6アーティスト収録のコメントCD(名古屋版)※をプレゼント

前日:うおおおおぷらっとこだまが喫煙席しか残ってねえええええええ!
アーバンライナーは家から難波に出るのがそれなりにめんどくさい。
は、でも新大阪もかわらないか…?
大阪の隣は名古屋で、名古屋の隣が東京で、東京の裏に新潟があります。(バカバンギャル日本地図)

なんか31日からずっと見るのを迷いつつ…名古屋。ああ、名古屋いきたいよねぇ。よし。行く。


味噌煮込みった。濃い味噌汁。
DSC_0126.jpg


藤が丘駅前って、どうしてミスドとミスドが並んでるの。教えて偉い人。

オープンが30分早くなりますって事前に告知があり
日帰り遠征にはたいへんありがたい措置ですが
結局30分押して元の時間になった。意味ないー。



・KASSTRICK BACTERIA
打ち込みとギターと歌と煽りを一人でやってのけるインダストリアルでダークでハードで
ピアスいっぱいあいてます!的な
ドイツとかスウェーデンに行くとこういう音はよくあるんでしょか。
「暴れやすい同期」っていうのが好きなので
こういう重たくて、下から突き上げる音にふらふら酔うのは嫌いじゃないなぁ。



・lix
わー衣装変わった。そして何かのコスプレくさい。
ベースの立ち居振る舞いがルナシーだかジャンヌだか何かのライブDVDを見ているようでした。
どんなアウェーでも煽りまくって
うわあああああ俺盛り上がったああああクライマックスだああああ
みたいなテンションで終わるので
そういうところはあのヴォーカルつええな。とか。
1曲目の印象がラルク。ラルクいいっすよね!
裕さんのふともも。


・Calmando Qual
レーベルツアー=Takさんのギターに悶えるツアー
嗚呼、Takさんの青いしましまのPRSとけっこんしたい
全体の邪魔をせずに、ギターの旋律が歌ってるように聞こえる。
「ここ!」っていうときに好きな音が耳に入ってくると気持ちいい。
ついでに弾いてるヒトがヒトくさくなくてちょうかわいい。という至福。
黒いワンピースじゃなくて、シャツにズボンにリボンダイだった。
リボンがふわふわでかわいい。
なんかわたしって結局、黒髪ワンレンで化粧の濃い人に弱いんだ…!うおおおTakさんTakさん(ゴロゴロ

目黒と見事に同じようなセトリだった。
すでに決まっていることを楽しむ。というのは
同じ演劇を何回も見ているような感覚なのでして、
こんだけ演劇要素の強いバンドならこれはこれでたのしくてアリ。
でもそれは定期的に演目を変えなきゃ飽きるし飽きられるっていうリスクもあると思うんだよねぇ。
10年の変遷を辿ると、その時々にやってることがちがって
都度、楽しいんだろうけど
どこらへんがテーマか、つかみどころがないと見ている方は次の姿を見るのがつらい。好きになれば余計に。
それでも10年か、すごいなぁ。
10年間、未来を掴み取って続けてるっていうことはたぶん難しく尊いことだと思う。
Takさんのギターの音にうずもれたいな。




・Re:dis

「次の曲はバラードです!俺たち、こういう曲もできるんだよ!暴れるだけのバンドじゃない。」
あのね、それね、

言 わ な き ゃ か っ こ い い !

って全力でつっこみたくなった。つっこみどころあるの大事!言うからかわいいのか。そうか。
若い子(20代前半以下)がやっそうなラウドで暴れるヴォーイなバンドな。
で、で、バラードもあり。
なぜか機材が高そうだ。これ名古屋の人ですか。名古屋の人はなぜかいい機材持ってる認識です。

「オマエらが『抱かれたい!』って思うようないい曲すっから!」って煽ってて笑いすぎて気が遠くなったよ!どこのルシファー様。
暴れて頭ふってそのボキャブラリーでバンギャルを(奈落の底へ)堕とすんですね。

地味に3列目くらいで見てたら、ヴォーカルの子が「隣と肩を組んで!」って
地味に肩を組んでいくファンの人を見ていたら巻き込まれ
そのままヘドバン開始。頭ふっちゃったヴォーイ。みたいな。
なんか後ろからみると奇行の限りを尽くしているすげぇ光景だこれ。
わーヴィジュアル系って楽しいな。
こんなデ●ルとかリ●チさんみたいなカッコイイバンドがやりたいです!みたいなバンドが最近あまりに多すぎて、
演奏だけで印象に残るとは言い難いけど絶対に忘れられないバンドではあります。






・Frenzy (Mr.SaTaN Solo project)
ベースがTHE SOUND BEE HDのシモテギターの人になってた。
スティングレイいいですよねスティングレイ。へっへっへ。
裕さんが白塗り黒メイクでコルセットしててなにあれちょうかわいいいいいいいい。
裕さんの本気。feat.FUTOMOMO
SaTaNさまコス?SaTaNさまコスなの?

激しくないのに地味にヘドバンする曲すきだ。
地味にヘドバンっていいよね!

Mr.SaTaNがどんどんヒトになっていくけど結局「きもちわるい」のと「日本語喋ってるように見えない」から
あれはあれでいいんじゃないかなぁとか思います。
むしろ「見た目アレでいい人」なギャップに客はきゅんとするよ!
水吹かれたらやだああああとか思ってうしろで見てると今日はノー水害DAY
つっこめばよかったしー!ちょう避難損!ちょう避難損!
ないならないって言ってよばかー!あたし背面ダイヴしたかったのおおおおおおお!
やっぱり服を途中でぬいでホットパンツっていうかパンツいちまいで白塗りナイス。

ちくびに黒いテープが貼ってあるのをはぎ取ってピックのごとく客に投げていた。きゃー。
『いつか、最前につっこんでSaTaNさまの乳首の上からピップエ●キバンを貼ってやる!』
とか考えつつ
SaTaNさま体毛がうすくて白くていいなとかしげしげと眺めていた。
腹回りの体脂肪と骨盤がおんなのこであった。
体目当てっていい言葉だと思いますみたいな。

相変わらずどこまで同期でどこまで生ドラムかあんまりわからないけどひさしいけめーん。
客のノリがおばかでアツくてたのしかった。
バカにさせなきゃバンドじゃないし、バカができなきゃバンギャルじゃないっすよね!ですよね!




・THE SOUND BEE HD
バラードして粋やってdeleteで終わたー!
グリーンのネオンランプは毎回持ってきてるのかな。あれ下に置くと全員の陰影が妖怪っぽくて素敵。
ダークで気持ち悪くてビジュアル系のダサいところがなくて外タレっぽくて余計なこといわないしグダらないしバラードもあるよ!的な。

毎度「飽きそう」と「やっぱりかっこいい」のギリギリのラインを綱渡りするサウンドビーさん。
有り余る安定感も大きな柱だよね。
へたくそなバンドで毎回同じことされたら芸能人格付けチェックで言うところの「映す価値なし」ですわよ。
狭いハコで見ると音のごわごわ感が凝縮されて逆にカッコイイ。
派手にヘドバンする曲とかあったらたのしいだろうなぁ。

黒髪比率高いのが個人的に萌えポイントです。黒髪白コンのロマン。
だいすけさんちいさくてかわゆい。
あとシモテギターのサカナっぽいドMっぽい人が好きです。サカナだいすきだー(明後日を向いて





・SUICIDE ALI
けだるいリフで始まって、切なく盛り上がり、またけだるいリフで終わっていく。
浮上した、と思えば突然再び同じ旋律に戻り
失意の底をさまよう。
「誰かを壊す前に抱いて」ってつぶやくように歌うのが、良いよね。
愛すべき死刑台 という曲のシュールさ。不可解さ。素晴らしさ。
黒くて、硬派で、歪んでいて、異世界で、でもお伽噺。
そんなSUICIDE ALIが、一番素敵で、一番似合ってて、私はいちばんだいすき!
って思わせちゃうのはいま、バンドの人的にどうなんだろ。
でももう何を見せたいのかよくわかんないしー春泥ちょうかわいいしー頭ふっちゃうしー

「気合を入れてライヴをする」というコトが、必ずしも「より多くの客を煽ってノセること」ではない。
というのを気付かせてくれることが、暗黒界隈の美徳みたいに思ってる。

一度見たら忘れられないもの
奇妙な世界、楽曲
見た目

空気
たまに耳に飛び込んでくる歌詞

SUICIDE ALIの良さはそれに加えて、「なんか勝手にヘンな暴れ方ができる」こと。

「かかってこい」とか「前に来い」って煽られ
拳と拳で応えて暴れて笑顔で終わる「だけ」の曲がこれ以上増えるのは
うーん。。。。。あったらあったでいいけどない方がいい。どうしても必要なことならしょうがない。
ここで、確実に、「愛すべき死刑台ちょういい曲だな!で感想が終わることのかなしさ」を助長するものはそれだよ。しゅん。

引っ張ろう、盛り上がろう、という気合も十分で、自由に腕が動き、ベースがびっくりするぐらい素敵な旋律を奏でる。
すべてを顧みずに、SUICIDE ALIだけが好きで、SUICIDE ALIだけを見ているのならばこれは楽しくて素敵なライヴだねぇ。

私はそうじゃないから、今日の最高のコンディションでWESTに出たとしても、いずれ演奏以外は柔らかく同じ感想を辿るんだろう。
だけど大好きな曲をまだ聴いていたいし頭振りたいから見て、次のきっかけを待っている。今は渦の中。
春泥はかわいいなぁ。笑顔でぼんやり。うろこきらきら。

~S.E~
1Perpetual check
2愛すべき死刑台
~S.E~
3笛吹童子
4誘拐ごっこ
5Favorite song
~S.E~



・the fool

終電まにあわないからびゅーん!ごめん。
名駅まで遠いのがネックなのよねー。トリだったら宿とらないと危なかった。5月は日帰り無理ですな。
アンケート自爆。
インストア。。。。。ふええええ。。。。

お会いできた方も声をかけてくださった方もお疲れ様でした~!
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/926-e0911d18
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。