スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ぼくと契約して、第三世界に行ってほしいんだ。」

 2011-05-09
正しい魔法少女スイアリ☆マギカ

第1話 第三世界で逢った、ような……
第2話 旅はとっても嬉しいなって
第3話 もう鱗も恐くない
第4話 ヘドバンも、逆ダイも、あるんだよ
第5話 記憶なんて、あるわけない
第6話 ジャミエルが出てこないの絶対おかしいよ
第7話 想像力と向き合えますか?
第8話 アムじいって、ほんと天然
第9話 そんなの、ひさしが許さない
第10話 もう笛には頼らない
第11話 最後に残った赤い羽根
最終話 わたしの、至高の小説


元ネタ
mado



リアルタイム放送中は銀河美少年のことで頭がいっぱいだったので後から見た。
なんか思春期の女の子の「ハレ」と「ケ」がうまく書いてある鬱アニメっていう印象。
「ケ」を溜め込むと無敵の魔法少女は魔女になるのだ。
でも「ケ」はある側面では普通の人間が普通に生きるのに必要なエネルギーだったりする。
「ケ」を意識的に容認した瞬間に魔女=大人になるんじゃないかなぁ。
「少女」が「女」になるための通過儀礼を破壊しにいくっていう話なのかと勝手に思ったりした。

あの、軸になってる主張とか主旨が病んでるのに話の構造が健全なまでに綺麗というか。最近そういうの多いな。
最終話近辺でどかーんと裏切られる感じがよかった。うん。




コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mementomori0924.blog109.fc2.com/tb.php/982-52316db3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。